世界に目を向けグローバル 366 岡山県を中心にグローカル GPS APS

地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・

無血開城から150年 備中松山城が無料開城 岡山・高梁市

 「天空の山城」として全国から観光客が訪れる岡山県高梁市の備中松山城。戊辰戦争に巻き込まれ無血開城をした日から18日で150年を記念して無血ならぬ「無料開城」が行われました。

 険しい山道を歩いてきた観光客を、よろいかぶと姿のおもてなし隊が迎えます。

(高梁市観光協会/南賀隆 さん)
「こういったお城が残ったり、高梁の町が今あるのは無血開城して戦禍を免れたというのが1つあるのかなと思いまして、そういう意味では意義深い日だなと思います」

 1868年、旧幕府軍と明治新政府軍の間で鳥羽伏見の戦いが始まると、松山藩は旧幕府軍の一員として朝敵になりました。知らせを受けた山田方谷らは「無謀な戦いを避けて板倉家の存続を図るしかない」と、無血開城を決めました。それからちょうど150年を記念して18日から4日間、天守閣への入城料が無料です。

(記者)
 「さらにこの4日間限定で公開されているのが、備中松山城に14ある櫓のうち唯一2階建ての櫓、こちらの二重櫓です。この櫓が建てられた目的は分かっていませんが、天守閣の真裏にあるという立地から見張りに使われていたのではないか、そして通常1つしかない出入り口が表と裏の2カ所にあるため、非常時の逃走用に使われていたのではないかと言われています」

 備中松山城は歴史ブームを追い風に、天空の山城として大人気に。2013年度には約5万人だった来城者数も、昨年度は10万人を突破しました。

(広島県から来た人は―)
「全然知らずに来たんですけど、大変ラッキーです。立派なもんですね、高い山の上にこんなもん造るなんて、素晴らしいわ」
(青森県から来た人は―)
「高梁駅から吉備国際大学の方と大学までご一緒したんですよ。そしたら学生さんが歩いていくんですかみたいにね、すごく心配してくれて、その意味が今ようやく分かったっていうか」

 無料開城と二重櫓の公開は21日までです。

//////
国内唯一“天空の山城”備中松山城「無血開城」150年 無料公開を21日まで 岡山・高梁



 かつての備中松山藩(現岡山県高梁市)が、新政府軍に備中松山城(同市内山下=国史跡)を無血開城して18日で150年。これを記念し、同市教育委員会は同日から本丸の無料公開を開始した。21日まで。

 城内では普段は非公開の二重櫓(国重要文化財)を特別公開。無血開城までの流れを紹介したパネルなども展示され、各日午前10時〜午後3時に市教委職員らが説明をしている。

 初日に続き、21日にはボランティアが甲冑姿で出迎える。午後5時からは天守をライトアップしている。

 同藩は最後の藩主・板倉勝静が幕府の要職だったため戊辰戦争で朝敵とされ、明治新政府軍から征討の命が下る。だが、藩の執政だった陽明学者・山田方谷らの決断で戦火を交えることなく、平和的解決の道を選び慶応4(1868)年1月、城を明け渡した。

 同城は天守の現存では国内唯一の山城で、晩秋の雲海で“天空の山城”として人気だが、同市教委では「山田方谷らの英断がなければ、城の今の姿をはじめ、現在の高梁の街も違ったものだったかもしれない」(三浦孝章文化財保護主事)。

 訪れた観光客は、そんな歴史の大きな分岐点を再認識するように展示物に見入っていた。

 問い合わせは同市教委社会教育課(電)0866・21・1516。
//////

岡山「エキチカ」で折り紙作品展 JR岡山駅地下通路広場


 岡山県内で芸術活動に取り組む人から募った作品を展示する「アーティスト応援プログラム」(岡山市スポーツ・文化振興財団、市主催)が、JR岡山駅地下通路広場のショーケース「エキチカart box」で開かれている。3月30日まで5期に分けて紹介する。 第1期(今月30日まで)は、折り紙教室の講師を務める片岡元子さん(74)=中区=が、折り紙作品約80点を出品。切れ込みを入れた1枚の和紙で数十〜100羽ほどの鶴を折った「連鶴」で、えとの十二支の漢字やタワーを表現した力作が並び、通行人を楽しませている。 鑑賞していた女性(85)=北区=は「細かい部分まで丁寧に折られており、感心しました」と話していた。 同プログラムは、市民の作品発表の場づくりを目的に3年前から実施。2期以降の一部で展示スペースに空きがあり、絵画や工芸、書道などを募集している。問い合わせは同財団(086—232—7811)。

「イプシロン」岡山・倉敷で撮影成功 瀬戸大橋上空に光跡 / 岡山大・惑星物質研究所長に薛氏

「イプシロン」岡山・倉敷で撮影成功 瀬戸大橋上空に光跡

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小型ロケット「イプシロン」3号機が打ち上げられた18日早朝、倉敷科学センター(岡山県倉敷市福田町古新田)の三島和久主任学芸員(47)が同市内で撮影に成功した。

 撮影場所は、内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝付町)から約500キロ離れた鷲羽山山頂付近。三島主任学芸員は、午前6時6分の打ち上げから、地上140キロ付近で機体が朝日を受けて輝き始めるまで約3分間、3秒の露光時間で南南西の空に向けシャッターを切り続けた。

 写真は約40枚を合成しており、瀬戸大橋上空に描かれた光跡の先に光る機体が写っている。三島主任学芸員は「輝くロケットは月と同じくらい明るく幻想的な光景だった」と話している。


/////
岡山大・惑星物質研究所長に薛氏

 岡山大は18日、任期満了に伴う次期惑星物質研究所長に、同研究所の薛献宇教授(52)を充てる人事を発表した。任期は4月1日から2年。 薛 献宇氏(シュエ・シャンウ)日本学術振興会外国人特別研究員、岡山大固体地球研究センター(現・惑星物質研究所)技術補佐員、助教授など経て16年から現職。専門は鉱物学。スタンフォード大地質学科博士課程修了。中国河南省出身。
/////

フジ 山崎夕貴(岡山県 出身)アナが自宅公開、女子アナらしくない部屋の装いに視聴者感激

 フジテレビの山崎夕貴アナウンサー(30)が18日放送のフジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」(木曜後9・00)で自宅内を公開した。

 「突撃!!となりのチャチャッとキッチン」と題した企画で、とんねるずの2人とカンニング竹山、永島優美アナウンサーがサプライズで山崎アナの自宅を訪問した。竹山が「女子アナの家に行っていいの?」とコメントすると永島アナは「アナウンス室的にも基本的にはNGだと思いますが、山崎さんは“別枠”ですよね」と答え笑いを誘った。

 朝の情報番組「ノンストップ」の打ち合わせと聞いていた山崎アナは玄関ドアを開けた瞬間、とんねるずの姿を見て「えっ!?はっ!?何してるんですか?」と目を丸くした。

 洗濯物を部屋干ししている姿や、単身者用の冷蔵庫の中身を公開。実家から持ってきた化粧台やタンスを使っているため、統一感のない装いだが、ネット上では山崎アナの飾らない姿が話題になり「女子アナなのに庶民的な部屋の雰囲気がいい」「感じいいなあ。人柄がにじみ出ている」「あんなに働いているんだから、もっといい部屋に…」など感心する声が集まった。

 交際中のお笑いタレント・おばたのお兄さん(29)との“デート”について聞かれると「定食屋さんに行きます。(おばた)があまりお金がないので、安めのところに」といい、支払いについては「割り勘です。きっちり割り勘」と明かした。

//////
//////

秋元優里アナの不倫相手は“親衛隊長”だった! 文春スクープも元親衛隊メンバーからのリークか?

 不倫疑惑を報じられ、『ワイドナショー』(フジテレビ系)への出演を休止している秋元優里アナウンサーだが、不倫相手と見られる妻子ある40代プロデューサーは、なんと「秋元アナの親衛隊長」と呼ばれていた人物だったという。

 同局の生田竜聖アナと離婚協議中である秋元アナだが、昨年末から年明けにかけて複数回にわたって不倫密会していたことを「週刊文春」(文藝春秋)に報じられた。これを受け、フジテレビは当面の間、秋元アナの番組出演を見合わせるとしたが、その相手は2016年11月に生田アナとの別居が報じられた際にも関係が疑われていた人物で、秋元アナは、このときは「やましいことはない」と否定していた。

 しかし、今回、人気のない田園地帯の竹林に入ってまで密会していたという具体的な話が出てきてしまい、不倫関係はほぼ確定したと言っていい様相だ。

 相手のプロデューサーは、秋元アナが出演する報道番組『BSフジLIVE プライムニュース』や、海外ドキュメント番組などを主に担当してきた人物で、フジ子会社の役員にも名を連ねているが、5年以上前に「秋元アナの親衛隊長」と呼ばれていたことがあると、フジ局員が明かす。

「秋元さんは、局内でも話になるほど、上層部の応援を取り付けるのがうまいんですよ。ある上司に見せられた秋元アナからのメールは、ハートの絵文字だらけ。まさに“魔性の女子アナ”ですね。そんな彼女のとりこになって、仕事上で応援する人々が増えていたので、『秋元親衛隊』なんて呼ばれていたんです。以前、滝川クリステルの後を継いで『ニュースJAPAN』を担当したのも、その“秋元親衛隊”のプッシュのおかげだと言われています。秋元さんがフジの女子アナには珍しくバラエティにあまり出なかったのも、親衛隊が守っているからだという話でした。親衛隊の中でも、特に秋元さんをプッシュしていたのが、今回の不倫相手なんですよ」

 このプロデューサーは、結婚前の秋元アナと交際のウワサが立ったこともあるほどで、親衛隊の中でも代表的存在であったことから、秘かに「親衛隊長」と呼ばれていたのだという。親衛隊は、秋元アナが生田アナと結婚するやシラケムードが漂い、自然消滅したそうだ。

「俳優・生田斗真の弟であるイケメンの生田アナに、秋元さんは入社直後から露骨にベタベタだったんですよ。親衛隊のおかげで報道中心にやってこれたのに、その親衛隊を裏切るように入社2年目の新人アナに夢中になってしまい、反発を買ったと思いますよ。今回のスキャンダルだって、もしかすると元親衛隊からのリークじゃないかって言われているぐらい」(同)

 不倫相手が親衛隊の“生き残り”となれば、なお局内からの風当たりは強そうだ。局員は「正直、いま彼女をプッシュする人は、もう局内にはひとりもいないのでは?」と話す。秋元アナは、まるで「ファンに手を出してしまって総スカンを食らうアイドル」状態か……?
//////

全国初「貨客混載」認可書を交付 岡山・矢掛の会社に中国運輸局岡山支局

 中国運輸局(広島市)は18日、タクシー会社「二葉観光運輸」(岡山県矢掛町上高末)に、タクシーで荷物を運べる「貨客混載」サービスの認可書を交付した。貨客混載は、過疎地の物流や交通手段の確保を目的に国が昨年9月に解禁し、認可は全国で初。同社は今後、運賃体系を検討し、4月から始めるという。

 中国運輸局岡山運輸支局(岡山市北区富吉)で、岡田和史支局長が「地域活性化に向けて頑張ってください」と同社の頼正宏志社長に認可書を手渡した。頼正社長は「全国初だけに、アドバイスをもらいながら、地域の便利屋としての役割を果たしたい」と話した。

 貨客混載は、過疎法による指定地域のうち人口3万人未満の中山間地、離島などが対象。タクシーや貸し切りバスによる荷物運搬のほか、トラックといった貨物車両で旅客を運ぶことができ、経営が厳しい過疎地の事業者の新たな収入源にもなると期待されている。

 同社は昨年10月に申請し、認可は16日付。運転免許を返納した高齢者らのニーズがあると見込み、当面は収穫した野菜を農産物直売所に出荷するケースを想定。スーパーに注文した食料品や日用品を自宅に届けたり、観光客が地域を散策している間に荷物を宿に運んだりするといったサービスも検討していく。

//////

全国初の認可 タクシーで貨物の輸送可能に 岡山

 岡山県矢掛町のタクシー会社が全国で初めて、タクシーで貨物も運ぶことができる認可を受けました。

 全国初の認可を受けたのは岡山県矢掛町の二葉観光運輸です。二葉観光運輸は従業員33人、タクシーのほか、貸切バスや貨物輸送事業も行っています。国土交通省は、去年9月過疎地域に限りタクシーで、人だけでなく貨物も運べるように制度改正しました。中国運輸局の管内では二葉観光運輸だけが申請し全国で初めて認められました。

(二葉観光運輸/木村 奈美 さん)
「中山間地域で人口も減少していますし高齢化率が非常に高い地域で、今回の事業で人だけじゃなくモノも運んでいけるということで地域活性化の役に立てればいい」

(記者)
「タクシーの利用者の中には免許を返納して『通院の足』として活用している高齢者も多く貨物輸送が可能になることで生活の利便性がさらに向上することが期待されています」

 このほか、人と物の輸送を「かけもち」することで事業者の収益を改善させることも今回の制度改正の狙いの1つです。

(岡山運輸支局/岡田 和史 支局長)
「タクシーの維持公共交通の維持は、非常に厳しくなっているんですけど、貨物と合わせて輸送することで生産性を向上させて、地域活性化をしていけるようなそういったことを期待している」

 二葉観光運輸ではタクシー利用が少ない昼間の時間帯に、地域の農産物の出荷などに活用することを計画しています。今後、料金体系を検討して今年4月の事業開始を目指しています。

//////

全国初 タクシーの荷物輸送を認可 岡山 矢掛町

地方の公共交通機関と物流をともに維持しようと、タクシーが乗客だけでなく荷物も運べるようにする規制緩和に伴って、岡山県矢掛町のタクシー会社が荷物を輸送するための国の認可を受けました。タクシー会社がこうした認可を受けるのは全国で初めてだということで、会社は農産物を直売所に運ぶなどの事業を始めたいとしています。

認可を受けたのは、岡山県矢掛町でタクシー事業などを行う「二葉観光運輸」で、18日、頼正宏志社長が中国運輸局岡山運輸支局で認可書を受け取りました。

国土交通省はこれまで、タクシーが宅配などの荷物を運ぶことを原則、認めていませんでしたが、地方の公共交通機関と物流をともに維持しようと、去年9月、人口3万人未満の市町村を対象に、国の許可を受ければ荷物も運べるよう規制を緩和しました。

乗客と荷物を運ぶのは、乗り合いタクシーなどではこれまでも一定の条件で認められていましたが、中国運輸局によりますと、規制緩和に伴ってタクシー会社が認可を受けたのは全国で初めてだということです。

認可を受けた会社では、ことしの春から、地元の農家が収穫した農産物を直売所に運ぶなどの事業を始めたいとしています。

頼正健志専務は「農家の人たちが高齢化し、車の運転が難しく出荷できない状況があるので、こうした面の支援も行っていきたい」と話しています。
//////

このページのトップヘ