世界(地域/岡山)に目を向けグローバル 366 岡山県を中心にグローカル GPS APS

岡山 中心 グローカル 地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・

岡山 中心 グローカル 地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・

岡山 GoToEat 岡山県10月下旬スタート / 岡山県内のスーパーや百貨店や商業施設のほか、金融機関でも販売する予定など約300カ所で80万冊




    新型コロナウイルスで打撃を受けた飲食業を支援する国の「GoToEatキャンペーン」。事業の一つであるプレミアム付きの食事券の販売が、岡山県では、来月下旬からスタートすることになりました。

国から事業の委託を受けた、県内の企業で作る団体が発表したものです。
1セット1万円で販売される食事券は、500円券が25枚つづりとなっていて、1万2500円分と2500円分多く飲食店で食事が出来ます。
10月下旬から、岡山県内のスーパーや百貨店のほか、金融機関でも販売する予定で、利用可能店舗は3000店を目指しています。
販売と利用の開始は同じ日で、詳しい日程や店舗の情報については、今後、専用のホームページで順次発表していく予定です。
GoToEatキャンペーンは、食事券以外にも予約サイトを経由して飲食店を予約すると、次回以降に使えるポイントがもらえる事業も始まる予定です。


/////
GoToイートは10月下旬から ( 岡山市内)
 

 新型コロナウイルスの影響で、売り上げが落ち込んでいる飲食店を支援する国の「Go Toイート」のキャンペーンで、岡山県内で使えるプレミアム付き食事券の販売が、来月下旬から始まることになりました。

国が進める「Go Toイート」のキャンペーンでは、都道府県ごとに購入金額の25%分を上乗せした食事券を発行するほか、予約サイトを通じて飲食店を利用した消費者に、1人あたり最大1000円分のポイントを還元します。
23日、食事券の発行を行う県内の企業でつくる団体が、岡山市内で会見を開き、キャンペーンの内容について発表しました。
それによりますと、1セット1万円の食事券は、額面500円の券が25枚つづりとなっていて、県内の飲食店で1万2500円分の支払いができるということです。
販売は、来月下旬から県内の金融機関や商業施設など、およそ300か所で行われ、あわせて80万セットを発行する予定だということです。
食事券は来年3月末まで使うことができ、感染対策を徹底していることなどを条件に、来月1日から飲食店を募集することにしています。
発行を行う団体の責任者を務める、両備ホールディングスの三宅健夫副社長は「飲食店からは『年内で閉店する』といった切実な声もあがっている。このキャンペーンで、少しでも岡山の飲食店を支えていきたい」と話していました。
/////

10月下旬からプレミアム付き食事券販売へ 「GoToイート」の説明会 岡山

国が行う経済対策キャンペーン「GoToイート」の説明会が23日、岡山市で行われました。

(両備ホールディングス/三宅健夫 副社長)
「飲食店の皆さまに少しでも元気になってもらう、足しにしてもらう」

 岡山県では国から委託された「両備ホールディングス」とグルメ情報誌などを発行する「ビザビ」が共同で、プレミアム付き食事券の事業を行います。

 500円券の25枚つづり、1万2500円分の食事券を1万円で販売します。岡山県内の商業施設など約300カ所で80万冊を販売します。

 食事券を扱うには新型コロナウイルスの感染拡大防止に協力し、国の産業分類で「飲食店」に該当することなどが条件です。
 コンビニエンスストアやスーパーのイートインコーナー、デリバリー専門店などは対象外です。

 岡山県では10月1日から飲食店の募集が始まり、10月下旬からプレミアム付き食事券が販売されます。
/////
比較 
京都「GoToイート」10月7日から先行予約 25%上乗せの食事券、ウェブで


 新型コロナウイルスの影響を受けた飲食店を支援する国の事業「Go To イート」について、京都府の事業推進団体は23日、購入額の25%が上乗せされる「プレミアム付き食事券」の先行予約を10月7日正午からウェブで始めると発表した。同20日から府内の参加店舗で利用できる。


 コロナ禍で苦しむ飲食業界の支援に向け、農林水産省が企画。7月下旬に始まった観光支援事業「Go To トラベル」に続く消費喚起キャンペーンで、食事券の発行と飲食予約サイトを通じたポイント付与の2種類がある。

 都道府県ごとに実施する食事券の発行は、京都では府商工会連合会など3団体でつくる「京都Go To Eatコンソーシアム」が担い、9月24日から府内約2万6千店の飲食店を対象に参加募集を始める。感染拡大予防のガイドラインに賛同したことを示す京都独自のステッカーを貼ることなどが条件となる。

 食事券は1冊5千円分(千円券3枚、500円券4枚)で、4千円で販売する。1回5冊(2万5千円分)まで購入でき、発行冊数は約160万冊(約80億円)。販売は来年1月末までだが、予算に達すると終了する。

 利用は府内店舗に限り、期限は来年3月末。ウェブで予約の上、全国のファミリーマートにあるマルチメディア端末「ファミポート」で購入、発券する。先行予約は10月15日まで。京都GoToイート事務局075(276)4051。午前9時半~午後5時半。土、日曜・祝日休み。
/////

岡山廃校で開催「マチノブンカサイ」に6アーティスト 入場制限し無料で

 「マチノブンカサイ2020」が9月27日、旧内山下小学校で開かれる。



 マチノブンカサイは、NPO法人「ENNOVA OKAYAMA」が2012(平成24)年にスタートした音楽イベント。新型コロナウイルス感染拡大により体育館でのライブを中止、グラウンドで行うこととなった。

 出演するアーティストは、徳島の「四星球(スーシンチュー)」、2012(平成24)年以来の登場・奇妙礼太郎さん、岡山出身のアーティスト・さとうもかさん。地元アーティストとして、4人で出場「ミヲトリオ」、「ジャマーズ」が出演する。今年は練習会なしでの登壇となる一般参加型楽団「トウヤマタケオと内山下ハイコー楽団」も演奏する。

 同団体代表の田辺光さんは「ずっとオファーをしていた四星球が初めて出演してくれる。みんなの抱えたフラストレーションを壊してくれる。奇妙礼太郎さんは、ミディアムテンポの大人の魅力を味わってほしい。岡山出身のさとうもかさんは、女の子の恋愛をシティポップにのせて聞かせてくれる。地元アーティストからは、とにかく賑(にぎ)やかなバンド・ジャマーズ、ミヲアワツバサのみをさん、あわさんに伊藤玄樹さん、山田淳平さんを加えた4人でもミヲトリオが出演する」と話す。

 飲食店ブースには、「CRAZY ICE CREAM(クレイジーアイスクリーム)」(大供3)、「HUTTE FIORE(ヒュッテ・フィオーレ)」(内山下1)、「RACCOS BURGER(ラコスバーガー)」(磨屋町)、「城下公会堂」(天神町)、「Sleep Smooth(スリープ・スムース)」(表町1)が出店する。

 体育館では、北川伯爵さん、国際交通さん、ファンキー大統領さん、K.U.D.Oさん、岡本方和さんのDJを聴くことができる。


 田辺さんは「これまでもマチノブンカサイは、地域の人と一緒に作ってきた。今年は、中止せざるを得ないのかと考えたが、出演アーティストも関係する多くの人の協力があって開催することとなった。しっかり予防して、前向きな一歩となるマチノブンカサイを、みんなで作っていきたい」話す。

 開催時間は11時〜19時。入場無料(人数制限有り)。


//////

3密避け海辺でグランピング JR西と下電ホテルが施設を整備

 JR西日本(大阪)と鷲羽山下電ホテル(倉敷市大畠)は23日、ホテルの敷地内に整備したグランピング施設を報道向けに公開した。開放的な空間で豪華キャンプを楽しめる施設で、3密(密閉、密集、密接)を避けながらの新しい旅のスタイルを提案する。25日から宿泊を受け入れる。

 瀬戸内海を望む敷地にドーム形テント(約30平方メートル)を2基設置。中にはダブルベッド2台とソファを備え、大人4人まで泊まれるようにした。外にもいすやテーブルがあり、潮風を感じながらくつろぐことができる。

 瀬戸内エリアの魅力を発信するJR西の「せとうちパレットプロジェクト」の一環。宿泊プランには、瀬戸大橋を間近で見られるクルージングや夕日観賞が盛り込まれ、夕食は地元産のサワラやタコが味わえるバーベキュー、名物のばらずし、シャインマスカットなどを提供する予定。大人1泊2食で3万円から。政府の観光支援事業「Go To トラベル」も利用できる。

 同ホテルの永山久徳社長は「新型コロナウイルスでホテルは打撃を受けているが、安心できる空間を多くの人にアピールしたい」、JR西岡山支社の平島道孝支社長は「児島ジーンズストリートや倉敷美観地区など他の場所に足を運ぶきっかけになれば」と話した。

//////


アウトドア初心者も気軽に瀬戸内の自然楽しんで JR西日本がグランピング事業を開始 岡山


ウィズコロナ、アフターコロナの新たな観光スタイルを提案します。ホテルのような設備やサービスを利用しながら自然を堪能できる「グランピング」事業にJR西日本が乗り出しました。

 青い海に、豪華な食事。JR西日本が25日、販売を始める旅行プラン「SETOUCHI GLAMPING」です。

 倉敷市の鷲羽山下電ホテルの敷地内に設置されたテントには、キャンプ用品や食事が用意されていてアウトドア初心者も気軽に楽しむことができます。

(記者リポート)
「中に入ってみると大変広くて内装も豪華です、さらに海が近く、こちらに座って景色を眺めることもできます」

 テントには最大6人が泊まることができ、大人料金はJRの乗車券などとセットで1人1泊3万円からです。
 新型コロナウイルスの影響でJRやホテルの利用が落ちこむ中、首都圏や関西圏から旅行客を呼び込むのが狙いです。

(JR西日本岡山支社/平島道孝 支社長)
「コロナの影響でお客様のニーズの多様化、なお一層深まっている。新たな旅のスタイルを提案できるんじゃないかと」

(下電ホテル/永山久徳 社長)
「グランピングやキャンプというのは3密とは一切無縁。是非ゆっくりと自分を見つめ直す時間を味わっていただきたい」

(記者リポート)
「瀬戸内海を周遊できるクルージングも体験できます、下から瀬戸大橋を見上げるととても迫力があります」

 約30分のクルージングでは瀬戸内の「多島美」を堪能できます。
 また無人島でのフィッシングやビーチヨガなども体験できます。

 JR西日本の新しい旅行プラン、「SETOUCHI GLAMPING」は25日から2021年1月17日まで旅行会社や下電ホテルを通じて購入できます。

//////

岡山 新型コロナ感染確認から半年 ( 2人の容体が重症化し、命の危険があったこと ) 岡山市の「隠蔽体質」か??



 3月22日に岡山県内で、初めて新型コロナウイルスの感染が確認されてから半年がすぎ、これまでにのべ148人の感染が確認されましたが、県や岡山市などは、いずれも軽症や無症状としてきました。
しかし、このうち2人の容体が重症化し、命の危険があったことが医療関係者への取材でわかりました。

70代男性、60代女性がいた、、、



/////

参考

/////

ある秋の風景 JR岡山駅が大炎上!? 実は自然現象


  岡山市中心部の桃太郎大通り。ビルや並木の間をまっすぐに延びる道路の先にあるのはJR岡山駅。その新幹線ホームの上から激しく炎が上がり、空は赤く染まっている-。

 実は夕焼けが雲に反射して炎のように見えたのです。撮影されたのは9月22日午後6時前。ちょうど日の入りの時間です。街灯がともり、信号は赤、車のテールランプの赤色やヘッドライトも彩りを添えました。

 この日は秋分の日。太陽が真西に沈む日であります。桃太郎大通りは岡山駅から東へ延びる東西方向の道です。このため秋分の日に、通りの真西にある岡山駅の後ろに夕焼けが映え、炎上しているように見えたようです。


 撮影したのは岡山市中区にある山陽学園大の白井信雄・地域マネジメント学部教授(58)です。状況などを聞きました。

 -どういうタイミングですか?

 「岡山市の老舗商店街である表町商店街に徒歩で向かっていて、桃太郎大通りの横断歩道を渡っている途中に岡山駅が燃えているように見え、一瞬立ち止まって急きょスマホで撮りました」

 ―どんな印象でしたか?

 「きれいというより、不思議な景色を見た感じです。不吉なのか、幸運なのか。桃太郎大通りは路面電車も含めると8車線あって駅まで見渡せる目抜き通りです。岡山の象徴的なものを感じました」

 ―近くのマンションに近く引っ越す予定だそうですね。

 「そういう意味でもいい記念にもなりました。街の中で夕焼けが見られるのは素敵ですね。みんなで市街地の夕焼けスポットを見つけ、コンテストをすればいいのではないでしょうか」

岡山 瀬戸芸を事例に地域への影響研究 岡山大とベネッセ



  岡山大とベネッセホールディングス(岡山市)は23日、アートの島として知られる犬島(同市)、直島、豊島(いずれも香川県)を事例に、アートによる地域づくりに焦点を当てた共同研究を本年度から進めると発表した。2022年に開催される次回の瀬戸内国際芸術祭(瀬戸芸)期間中にシンポジウムを開いて成果を発表する計画だ。

 ベネッセグループは1980年代から直島でアート事業を展開。2010年に3島などで始まった瀬戸芸は国内外から注目を集め、昨年は延べ117万人超が訪れた。共同研究では、こうした活動が地域の持続可能性や島民の暮らしにもたらした影響について、同大の研究者が島民アンケートや瀬戸芸関係者への聞き取りなどを通じて調査・分析し、他地域・国でも応用可能なモデル化を図る。

 同大側の主なメンバーは、釣雅雄・同大大学院社会文化科学研究科教授(経済政策)や頼藤貴志・同医歯薬学総合研究科教授(疫学)をはじめ、経営戦略や社会イノベーションを専門とする研究者ら。

 同社の安達保社長は「これまで取り組んできたアートによる地域再生モデルが、これからの時代に貢献できれば」、同大の槇野博史学長は「これからの社会は人間の価値や豊かな生き方が重要になる。研究を通じてそれを世界に発信したい」とコメントした。

 同大によると、同大と同社はともに国連のSDGs(持続可能な開発目標)に注力。同大はその好事例として島の研究を望み、同社は取り組みの検証を求めていたことから、共同研究が実現した。

このページのトップヘ