世界(地域/岡山)に目を向けグローバル 366 岡山県を中心にグローカル GPS APS

岡山 中心 グローカル 地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・

岡山 中心 グローカル 地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・

新型コロナ 岡山県内で21人感染確認 累計1万5000人超 (ワクチン 全国 2回目 55.1% / 岡山県 2回目 50.07%) マスクなし 増加傾向! 「第6波」の眼!


新型コロナ 岡山県内で21人感染確認 累計1万5000人超 (ワクチン 全国 2回目 55.1% / 岡山県 2回目 50.07%)

 新型コロナウイルスは22日、県内で21人の感染が発表され、感染者の累計は1万5000人を超えました。

新たに感染が確認されたのは倉敷市で6人、岡山市で5人、総社市と津山市でそれぞれ4人、赤磐市と井原市でそれぞれ1人の、あわせて21人です。
年代別では40代が4人と最も多く、30代と20代がそれぞれ3人、10代と10歳未満が2人ずつなどとなっていて、若い世代に感染が広がっています。
一日の感染者の数がふたけたとなり、20人を超えたのは3日ぶりです。
これで県内での感染確認は、のべ1万5002人となりました。

/////

ワクチン 
全国 
1回目 67.2% 
2回目 55.1% 


岡山県 

1回目 58.63%
2回目 50.07%


/////
3日ぶりに20人超え 岡山県で21人が感染 【岡山】



9月22日の新型コロナウイルスの感染状況です。

岡山県では21人の感染を確認、3日ぶりに1日の新規感染者数が20人を超えました。

これで県内の累計感染者数は1万5000人を超え、1万5001人となりました。

また、全世代のワクチン接種率は、2回目の接種率が50%を超えました。

(内訳は、倉敷市6人、岡山市5人、総社市4人、津山市4人、赤磐市1人、井原市1人です。)

/////
受験控えた中高校生など 新たにワクチンの集団接種対象に ( 岡山県はいいね! 岡山市は「受験生枠」をつくらない! 不親切な「岡山市」)

若い世代が新型コロナに感染するケースが増える中、岡山県は、この冬に受験を控えた中学生や高校生などを、新たにワクチンの集団接種の対象に加えることになりました。

県が行う集団接種の対象に新たに加わるのは、いずれも県内に暮らし、この冬に受験を控えた中学3年生や高校3年生などです。
また、接種の対象となっていない小学生も感染するケースが増えていることから、12歳未満の子どもと一緒に暮らす家族も新たに対象となります。
接種の会場は、岡山市北区の川崎医科大学総合医療センターで、9月29日から行われます。
モデルナのワクチンが使用され、県はあわせて6000人ほどの接種を見込んでいるということで、22日からインターネットの共通予約システムで予約を受け付けています。
このほか、倉敷市も12歳から中学3年生までの希望者を対象に、24日から特別に接種の機会を設けることにしています。
会場は倉敷市の川崎医科大学で、9月30日まであわせて4回の接種日を設けて、1日あたり25人の接種を予定しています。
予約は職域接種専用コールセンター086−435−5801で受け付けています。

/////
新型コロナ岡山21人香川8人の感染確認 香川は25日から時短要請緩和へ


22日、新たに岡山県で21人、香川県で8人が新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。
香川県では対策本部会議が開かれ、25日から飲食店の時短要請が一部緩和されることが決まりました。

岡山県では岡山市で5人、倉敷市で6人などあわせて21人の感染が新たに確認されています。
感染者の累計は1万5千人を超えました。
感染者を年代別に見ると、20代から40代が10人と全体の約半数を占めています。
香川県では高松市で5人、丸亀市で1人など、あわせて8人の感染が新たにわかりました。
新規感染者が5人を超えるのは4日ぶりです。
感染者を年代別に見ると、10歳未満から70代までの幅広い年代で感染が確認されています。
香川県は感染者数の減少を受け、飲食店に対する営業時間短縮の要請を緩和することを決めました。
高松市では県の認証を受けた店に限り、酒類の提供が午後7時半まで。
高松市以外は全ての飲食店で午後8時まで可能となります。
まん延防止等重点措置解除後は、感染状況を見ながら対応を決めるとしています。

/////

岡山 受験控えた中高生ら接種予約開始 岡山県、12歳未満の子の家族も ( 岡山県と倉敷市は、「受験生枠あり」 岡山市は「受験生枠なし」、寄り添わない「岡山市」??)


 岡山県は22日、12歳未満の子どもがいる家族やこの冬に受験を控えた中高生らを対象に、新型コロナウイルスワクチン接種の予約受け付けをスタートさせた。岡山市内に設けている県営集団接種会場で、29日から打ち始める。



 相次ぐ子どもへの感染を防止する狙い。会場は川崎医科大総合医療センター(岡山市北区中山下)で、ワクチンは米モデルナ製を使用する。いずれも県内在住者が対象。既に別の医療機関で接種を予約した人や他社のワクチンを1回接種した人は対象外となる。

 希望者はインターネット上の県の共通予約システムで申し込む。

 1回目の接種は29日~10月28日で、2回目は1回目を打った4週間後。県は計約6千人への接種を予定している。


このほか、倉敷市も12歳から中学3年生までの希望者を対象に、24日から特別に接種の機会を設けることにしています。
会場は倉敷市の川崎医科大学で、9月30日まであわせて4回の接種日を設けて、1日あたり25人の接種を予定しています。
予約は職域接種専用コールセンター086−435−5801で受け付けています。

////

岡山 対面×オンライン=「ハイブリッド型授業」 コロナ禍の新たなスタイル 中学校で試験導入( どの小・中学校でもできるように? 岡山県)


 子供への感染が拡大する中、新たな授業のスタイルが模索されています。対面とオンラインを組み合わせたいわゆる「ハイブリッド型授業」が、玉野市の中学校で22日から始まりました。

教室で授業を受ける生徒の横には空席が目立ちますが…欠席ではなく、家からオンラインで授業を受けています。

玉野市の荘内中学校で22日から導入されたクラスの半分は対面、半分はオンラインで参加する「ハイブリッド型授業」です。

(生徒は…)
「みんなオンラインで家でするより少ない人数でも教室と家で分かれた方がやりやすかった。」

この中学校は、これまでもオンライン授業を積極的に活用してコロナ禍でも教育の機会を確保してきました。

感染状況によっては、オンライン授業ではなく半分が対面で授業を受けられるハイブリッド型授業も取り入れたいと今回、3年生で試験的に導入しました。

(生徒は…)
「きょうは新鮮で楽しく授業ができて慣れればこういう授業もありだと思った。」

(荘内中学校 谷本知佳教諭)
「私も慣れていないので子供たちの学習を止めないようにできることを積み重ねながら日々改善していくしかない。」

子供たちの教育の機会を守るため、コロナ禍で変わりつつある授業のスタイル。

荘内中学校では、2021年度中にハイブリッド型授業を全ての学年に広げたいとしています。

/////
オンラインと対面を同時に取り入れる「ハイブリッド型授業」【岡山・玉野市】



教育現場では、オンライン授業など感染拡大を防ぐための模索が続いています。
玉野市の中学校では、オンラインと対面を同時に取り入れる「ハイブリッド型授業」が試験的に導入されました。

荘内中学校で試験的に実施された「ハイブリッド型授業」です。
半数は対面で半数は、自宅からオンラインで授業に参加します。
生徒のパソコンは玉野市から1台ずつ支給されていて、数学の授業では自宅と教室の生徒でペアを組み、画面を共有して問題を解きましたが、課題も見えてきました。
感染が拡大した際の分散登校も視野に、今年度中には「ハイブリッド型授業」を全学年でも試行したいということです。

/////

岡山 後楽園を夜間ライトアップ「幻想庭園」 コロナ影響で中止に


 秋の紅葉の時期にあわせて、岡山市の後楽園が夜間ライトアップされる恒例のイベントが、ことしは新型コロナウイルスの感染状況が見通せないため、中止されることが決まりました。

後楽園で毎年、春と夏、それに秋に行われている「幻想庭園」は、夜間にライトアップされた幻想的な風景を楽しむことができるイベントで、去年の秋は感染対策を行った中で実施され、岡山城の「烏城桃源郷」と合わせておよそ3万5000人が訪れました。
ことしも紅葉が見ごろを迎える11月19日から28日まで開催される予定でしたが、県は「今後の感染状況が見通せない」として22日に中止を発表しました。
県によりますと、ことしの春と夏のイベントが、直前や期間中に中止となり関係者への影響が大きかったため、秋は早い段階で中止を決めたということです。
県都市計画課は「残念だが、コロナ禍という状況でご理解をいただきたい。来年に向けて夜の庭園を楽しんでもらえるイベントを、改めて考えていきたい」としています。

岡山 小学1年~58歳の157人が計算技能競う「そろばんコンテスト」 珠算教育の普及を【岡山・岡山市】


 そろばんを使った計算技能を競うそろばんコンテストが岡山市で開かれています。

緊張感漂う会場でパチパチとそろばんの玉を弾く乾いた音が響きます。

このコンテストは、珠算教育の普及などを目的に岡山県商工会議所連合会と日本珠算連盟岡山県連合会が開いたものです。

競技は、かけ算やわり算など6つの種目の合計点で競う個人と団体競技のほか、画面に現れては消える数字を暗算するフラッシュ暗算などの種目別競技も行われ、23日は小学1年から58歳の157人が参加しました。

(参加した児童は)
「難しかった。」
「いつも通りできました。」

例年、各部門の上位2人は全国大会に進みますが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で2021年の大会は中止となっています。

このページのトップヘ