世界に目を向けグローバル 366 岡山県を中心にグローカル GPS APS

地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・

岡山高島屋「大北海道展」始まる 海鮮弁当やスイーツなど1千種


北海道の魚介類やスイーツを集めた「大北海道展」が24日、岡山高島屋(岡山市北区本町)で始まった。5月6日まで。

 初登場5店を含む52店が約千種類を販売。ボタンエビ、ウニ、イクラを盛った海鮮弁当(2484円)、七飯町産ブランド牛のステーキ弁当(2268円)、チーズ入りスフレに十勝産イチゴをのせたオムレット(458円)などが並ぶ。

 海鮮丼セット(2906円)を提供するイートインコーナーもあり、初日から大勢の買い物客でにぎわった。

 同店は「素材にこだわった逸品ばかり。大型連休とも重なるので家族で来てほしい」としている。午前10時〜午後7時(26日〜5月5日は同8時、同6日は同5時まで)。

岡山 岡山県西部 矢掛町 警察かたる不審電話相次ぐ 
お金の話は詐欺


 
「犯行予兆電話」昨年3万4千件 アポ電ss500

23日、岡山県西部で警察官をかたる不審な電話が相次ぎ矢掛町の70代の女性が数十万円以上の現金をだまし取られました。県警が注意を呼びかけています。23日正午頃、矢掛町の70代の女性の家に警察官をかたる男から、詐欺の犯人を捕まえたところあなたのことがリストに載っている、金融庁の人が行くのでキャッシュカードと暗証番号を準備するようにと電話がありました。その後、自宅を訪れた男にキャッシュカードをだまし取られ数十万円以上の現金が引き出されたということです。矢掛町と井原市では23日にこの件を含めて3件以上の不審な電話がありました。県警は警察官や金融庁の職員が通帳やカードを預かることはなく一人で判断せず最寄りの警察署に相談してほしいと話しています。

/////

警察官かたる不審電話相次ぐ矢掛町で被害も

岡山県内で警察官をかたる不審電話があいつぎ、矢掛町では
高齢の女性が数十万円を引き出される被害にあったことが分かり
ました。

岡山県警によりますと、被害にあったのは、矢掛町の70代の女性
です。

きのう正午ごろ、警察官をかたる男から「詐欺の犯人のリストに
あなたの家が載っている」と電話があり、訪ねてきた男に
キャッシュカードを渡し暗証番号を教えたところ、数十万円を
引き出されたということです。

岡山県内では警察官などをかたりキャッシュカードを騙し取ろうと
する不審電話が今月だけでも81件が確認されています。

岡山県警では「不審な電話は一人で判断せず、家族や警察に相談
して欲しい」と注意を呼びかけています。

/////
電話で警察官かたりカード詐取 70代女性に被害、岡山県警が注意

 岡山県警は24日、警察官をかたる不審電話が23日に岡山県矢掛町と井原市で少なくとも計3件相次ぎ、うち1件でキャッシュカードをだまし取られて多額の現金を引き出される被害が発生したと発表した。窃盗容疑で捜査するとともに、注意を呼び掛けている。

 県警によると、被害に遭ったのは矢掛町の70代女性。23日正午ごろ、県警の警察官をかたる男から「詐欺犯人のリストにあなたの家のことが載っている。金融庁の人が行くのでキャッシュカードと暗証番号を準備するように」と電話があり、訪ねてきた金融庁職員をかたる男にカードを渡したところ、現金を引き出された。

 井原市でも同じころ、いずれも高齢者宅に同様の不審電話が2件あったという。

 県警生活安全企画課は「警察官や金融庁職員が自宅を訪ね、通帳やカードを預かることはない。1人で判断せず、警察などに相談してほしい」としている。

/////


/////

岡山 河川の改修工事 出水期までに完了めざす意向 (8500人が仮設住宅などで避難生活)  ソフト面の対策は引き続き課題/ 【ボランティア情報】倉敷市 24日現在
子供を守れ




  西日本豪雨で決壊した川の復旧工事について岡山県の伊原木知事は梅雨のシーズンまでに完了させる考えを改めて示しました。県は倉敷市真備町の小田川の3つの支流など西日本豪雨で決壊した10の川16ヵ所について復旧工事が去年8月に公表したスケジュール通りに進んでいることを明らかにしました。このうち岡山市を流れる旭川の決壊箇所については工事の完了時期を今年6月中旬から前倒し今月、完了したということです。一方、被災した農業用共同利用施設の復旧工事については今年3月までの完了を目指していましたが全国的な資材不足に伴い完了時期を今年10月末までに変更しました。

/////

岡山県 決壊の堤防 復旧工事6月完了へ

西日本豪雨で決壊し被災地に大きな被害をもたらした堤防の復旧について、岡山県の伊原木知事はきょう、すべての決壊箇所で6月までに工事が完了する見通しが立ったことを明らかにしました。

去年7月の西日本豪雨では倉敷市真備町や岡山市東区などで10河川、16ヵ所の県管理の堤防が決壊し、復旧工事が進められてきました。

工事現場の人手・資材不足が懸念されていましたが、伊原木知事はきょうの定例会見で6月15日までに工事が完了し、ハード面では出水期までに対応できる考えを示しました。

一方、被災地では8500人が仮設住宅などで避難生活を続けていることから伊原木知事は、災害時に命を守る行動にどうつなげるかなど、ソフト面の対策は引き続き課題が残っているとの認識を示しました。
/////

決壊箇所の復旧工事 前倒し完了へ

岡山県は、昨年の西日本豪雨で被害を受けた、旭川の決壊箇所について、復旧工事の完了を4月下旬に前倒しすることを明らかにしました。

会見で伊原木知事が示しました。
4月改訂された災害復旧に向けた行程表=ロードマップでは、旭川の決壊箇所の復旧工事の完了予定が、今年6月から4月下旬に前倒しされました。
また、末政川や高馬川といった小田川の支流や高梁川など、すべての河川の復旧工事が、梅雨の出水期までに完了する予定であることが改めて示されました。
一方で、養魚場や選果場などの農業施設は、建設資材が不足しているため、復旧工事の完了予定が今年3月から10月末に延長されました。
県では、できるだけ早く担当者と情報を共有しながら復旧を進めたいと話しています。
/////
【ボランティア情報】倉敷市 24日現在


 現地活動は原則土・日曜で、大型連休中は他に29日を活動日にする。まび復興支援ボランティアセンター(真備町箭田の市真備保健福祉会館、086―697―0111)のホームページなどから2日前までに予約登録(予定人数に達した時点で締め切り)し、当日は同会館前で午前9時〜10時に受け付け。公共交通での来所が望ましく、最寄りは井原線・吉備真備駅。被災者の派遣要望などは午前9時〜午後4時に受け付ける(電話は平日のみ)。
/////

岡山でクイーンのトリビュートバンドがライブ 映画のラスト21分を再現
 

  クイーンのトリビュートバンド「9UEEN(キュイーン)」が映画「ボヘミアン・ラプソディ」の最後21分を再現するライブが4月28日、岡山クレイジーママ・キングダム(岡山市北区中央町)で開かれる。

 決めポーズのフレディー・トオル・マーキュリーさん

 12周年記念ライブ「スーパーハードロック2019」の中で行われる。クイーンのほかにAC/DC、ヨーロッパ、浜田麻里さんのトリビュートバンドも出演する。

 9UEENは、ボーカルのフレディー・トオル・マーキュリーさんが率いる静岡県浜松市出身のアマチュアバンド。ギターのブライアン・五月(さつき)さん、ベースのポン・ディーコンさん、ドラムスのロジャー・ミチャラーさん、コーラスなどのスパイク・ミカゲ・エドニーさんの5人編成。岡山でのステージは4度目。トオルさんは「普段はお盆シーズンしかライブはしない。難易度の高いコーラスに注目してほしい」と話す。

 今回のイベントは、同ライブハウスの平井成一さんが同映画の試写会を見ている時に思い付いたという。1975(昭和50)年4月28日、岡山県立体育館(岡山市北区いづみ町)に初来日で訪れたクイーンのライブに当時高校1年生だった平井さんは行けなかった。44年後の同日にクイーンを見たいと思い企画した。

 映画の終盤、ロンドン郊外ウェンブリー・スタジアムでのライブエイドのシーンを再現する。グランドピアノ、壁のようなギターアンプ、ピアノの上に置かれたコーラのカップなどをオリジナルで製作。衣装やライブ中継のカメラマン役など7曲21分の完全再現を試みる。

 17時開場、17時30分開演。入場料は3,000円(別途ドリンク代600円)。

岡山・新見市 衛星使って自動で田植え スマート農業の普及へ実演研修会



岡山県新見市で、農業の未来を担う自動運転の田植え機の実演研修会が行われました。

 新見市のJA阿新が、情報通信技術を活用したスマート農業の普及に向け、実演研修会を開きました。田植え機は搭載しているGPSと水田脇に設置した基地局で衛星から正確な位置情報を得ることができ、自動でまっすぐ走ることが可能です。


農業の作業効率化へ期待

 これにより長時間、神経を使う運転がなくなり疲労を軽減することができます。また、農作業に慣れていない人でも簡単に使えるため省力化につながります。

 最新技術を取り入れることにより、熟練した技術を持つ農家の減少や高齢化による人手不足といった課題を抱える農業の作業効率化へ期待が持たれます。


参加した人は-

(参加した人は-)
「だんだん農業をする人がいなくなった時に、少人数でやろうと思ったらこういう自動化も考えの中に入れておかなくてはいけないのかなと思っています」

このページのトップヘ