世界に目を向けグローバル 366 岡山県を中心にグローカル GPS APS

地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・

岡山県 河川監視カメラを増設  (西日本豪雨受け)  費用は約6800万円  河川監視カメラを5倍以上に


西日本豪雨を教訓に岡山県の伊原木知事は、県内の河川の監視カメラを現状の5倍に増設することを明らかにしました。

岡山県が監視カメラを増設するのは、倉敷市真備町の末政川、高馬川、それに真谷川や
岡山市東区の砂川など県内24河川の41カ所です。現状の7河川10カ所と合わせ5倍に増設することになります。

これは伊原木知事が今日の定例会見で明らかにしたもので、去年の西日本豪雨で被災地の水位の把握が難しかったことから増設を決めたとしています。来年6月までに順次設置し県民にもインターネットで情報提供し、今後さらなる増設も検討するとしています。

また伊原木知事は、豪雨で発生した災害廃棄物について、被災地の公費解体の実績を踏まえ、推計量が1.5倍の44万トンに増えたことを明らかにしました。ただし機器を追加導入し中間処理施設の能力をアップさせており、目標通り来年6月をめどに処理を完了したいとしています。

/////

西日本豪雨受け岡山県が河川監視カメラを増設へ 

西日本豪雨を受けて岡山県は川の水位などの状況をリアルタイムで確認できる河川監視カメラを41カ所増設すると発表しました。2020年6月までには運用を開始したいとしています。河川監視カメラは矢掛町の小田川や岡山市東区の砂川など、県内7の河川、10カ所に約10年前に設置されたもので、県のホームページからリアルタイムで画像が確認できます。県は2018年7月の西日本豪雨を受けて倉敷市真備町の末政川や高馬川を含む24の河川、41カ所に新たに河川監視カメラを設置することになりました。カメラの価格は1台150万円から200万円と10年前の10分の1程度になっているということで、県は2020年6月の出水期までにカメラを設置し、パソコンやスマートフォンで確認できるようにしたいとしています。
/////
西日本豪雨を受け河川カメラを増設へ 「近くの川の水位の状況がリアルタイムで分かるようにしたい」 岡山県
昨年の西日本豪雨を受けて、岡山県は河川の様子をインターネットで配信する、河川カメラを24河川41カ所に増設することを明らかにしました。

(岡山県/伊原木隆太 知事)
「普通の人がインターネットで簡単にクリックすることで、お住まいの近くの川の水位の状況がリアルタイムで分かるようにしたい」


25河川51カ所に設けらる

 河川カメラを増設するのは、西日本豪雨で決壊した倉敷市真備町の末政川など24河川41カ所です。今回の増設であわせて25河川51カ所に設けられます。

 費用は約6800万円で、来年の出水期、6月をめどに設置しインターネットで河川の状況を配信します。

 また、豪雨の災害廃棄物の処理について処分は来年6月に完了し、仮置場は以前の計画より2カ月ほど遅れ来年9月ごろに完了すると発表しました。
/////

岡山県、河川監視カメラ5倍増 水位変化で避難行動に期待

 昨年の西日本豪雨を受けて岡山県は16日、河川監視カメラをこれまでの5倍に増やすと発表した。河川の水位の変化がインターネット上で確認でき、住民の避難行動や、自治体の避難情報の発令に役立つと期待される。

 現在、県が管理する河川では7河川10カ所にカメラが設置されているが、これを今年度中に25河川51カ所までに増やす。大規模な浸水被害を受けた倉敷市真備町地区にはこれまで河川監視カメラがなかったが、小田川の支流、末政川と高馬川の2カ所に設置する。その他にも、河川の合流点など水位が上昇しやすい場所や、ダム付近に重点的に整備する。

 事業費は6800万円。従来と比べて低コストでコンパクトなカメラを導入することで、多数の設置が可能になった。カメラは24時間作動し、5分間隔で画像が更新される。画像の公開は国が開発中のシステムを利用する予定で、来年の梅雨時期までに誰でもインターネット上で確認できるようにする。

 県河川課は「これまでは大きな川が中心だったが、中小の河川にも数を増やすことできめ細やかな河川状況の確認ができるようになる」としている。
/////
河川監視カメラを5倍以上に
去年の西日本豪雨を教訓に、岡山県は、川に設置している監視カメラの数を現在の5倍以上に増やし、その映像をインターネットでいつでも見られるようにすることで、住民の迅速な避難を目指すことになりました。

これは、伊原木知事が16日の記者会見で明らかにしました。
岡山県が管理する川では、7つの河川の10か所に監視カメラが設置されていますが西日本豪雨で決壊した倉敷市真備町を流れる小田川の支流にカメラはなく、住民の避難に役立てることはできませんでした。
これを教訓に、県は、24の河川の41か所に新たにカメラを設置し、監視カメラの数を現在の5倍以上に増やすことを決めました。
倉敷市真備町を流れる末政川や高馬川などの西日本豪雨で決壊した地点の周辺や、川どうしが合流し、水位が上昇しやすい場所が対象になっています。
このほか、岡山市北区建部町の旭川ダムなど、3つのダムのそばにも設置し、放流の状況を見られるようにするということです。
県は、来年の梅雨の時期までに監視カメラの映像をインターネットで公開したいとしています。
伊原木知事は、「市町村が避難情報を出す際に役立ててもらうとともに、住民自身に映像を見てもらい避難行動につなげてほしい」と話していました。

/////



/////

元シーガルズ山口舞さんが大学広報担当に 岡山の中国学園大「経験役立てたい」


バレーボールVリーグ1部(V1)女子の岡山シーガルズは16日、前主将で5月に現役を引退した2012年ロンドン五輪銅メダリストの山口舞さん(36)が中国学園大・中国短大(岡山市北区庭瀬)の広報担当に就いたと発表した。就任は1日付。

 シーガルズが中国学園大女子バレー部の強化支援などで大学側と交流もある中で採用が決まり、22日に同大で辞令交付式がある。正職員として入試広報部に配属される予定で、山口さんは「新たなチャレンジで不安もあるが、自分がどこまでできるのか、楽しみな気持ちが強い。バレーボールで培った経験も役立ててたい」と話している。バレーボール教室や講演会などの活動はシーガルズを窓口に、継続していくという。

 山口さんは大阪国際滝井高から02年にシーガルズ入団。13年から主将を務め、13~14年シーズンは過去最高のリーグ準優勝、日本代表では12年のロンドン五輪で28年ぶりの銅メダルに貢献し、16年リオデジャネイロ五輪にも出場した。

岡山 運動部に続き文化部も 週2日以上の休養日を設けるべきか検討


中学・高校のクラブ活動について在り方を検討する会議が岡山市で開かれ、運動部に続き文化部でも週2日以上の休養日を設けるべきか話し合いました。

 中学・高校の文化部は地域の行事や運動部の応援に参加し、活動が長時間になることが指摘されています。


会議の様子

 岡山県教育委員会では文化庁のガイドラインをもとに、週2日以上の休養日を設けることなどを検討していますが、
学校からは練習量が必要な吹奏楽部では充実した状態で本番に臨みたいなどの意見が出ていました。

 県教委はこれらの意見を踏まえて9月に方針を策定し、来年4月から各学校で実施します。

(岡山県 生涯学習課/新田治彦 総括主幹)
「日常生活のバランスのとれた生活が送ることができるように、部活動の在り方を見直していっていただけたらなと」

 運動部については原則週2日以上の休養日をとり、活動は平日2時間程度などとした方針を昨年策定し、今年4月から実施しています。

岡山 瀬戸大橋塔頂体験ツアーが人気 毎年春と秋開催、次回から日数増


本州四国連絡高速道路(神戸市)などが毎年春と秋に開く「瀬戸大橋塔頂体験ツアー(スカイツアー)」が人気だ。参加申し込みが定員を上回る状況が続いており、参加者を決める抽選の当選倍率は10倍前後で推移。橋の開通30周年の節目だった昨年春には26・8倍に上った。同社はニーズに応えるため、各季6日の開催日数を今秋から増やす方針を固めた。

 ツアーは同社と岡山、香川両県が主催。瀬戸大橋のほぼ中間地点にある与島パーキングエリア(坂出市)に集合し、近くの北備讃瀬戸大橋の主塔に登る。塔頂は海上175メートルの高さで、つり橋の造形美や備讃瀬戸の多島美を楽しめる。瀬戸大橋開通10周年の1998年春に始まった。


瀬戸大橋スカイツアー参加の当選倍率

 スタート時に計2日、1日当たり35人だった開催日数と定員は、参加申し込みの多さを受けて徐々に拡充。現在は春と秋に各6日開き、定員は1日当たり150人になっている。今年春は計900人の定員に7773人の応募があり、当選倍率は8・6倍だった。

 本四高速によると、これまでに利用者からアンケートなどを通じて「普段、車で走るときとは違う素晴らしい景色を見られた」「橋の建設時の苦労話も聞けて興味深かった」といった声が寄せられている。

 同社は開催の増加日数を検討中。1日当たりの定員は変えないが、参加者の決定方法は抽選から先着順に変更する予定。500円だった参加費も見直す。「一人でも多くの人に参加して橋への理解を深めてもらい、利用促進につなげたい」としている。

岡山 住宅など2棟全焼 津山市


 昨夜岡山県津山市で、住宅と離れが全焼する火事がありました。けが人はいませんでした。

昨夜9時50分頃、津山市妙原の無職、小林進さん、80歳の離れから火が出ていると
近所の人が119番通報しました。火は2時間30分後に消し止められましたが、木造平屋建て離れと隣接する木造2階建て住宅のあわせて2棟が全焼しました。

出火当時、住宅には小林さんと、小林さんの妻や子などがいましたが、全員逃げ出して無事でした。警察が火事の詳しい原因を調べています。

このページのトップヘ