世界に目を向けグローバル 366 岡山県を中心にグローカル GPS APS

地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・

岡山がかわる?   路面電車岡山駅乗り入れ2案議論

 路面電車のJR岡山駅への乗り入れと同駅東口広場の在り方につて、岡山市が有識者らの意見を聞く検討会の第3回会合が22日、同市役所で開かれた。前回会合で広場のレイアウトを示した4パターンの配置案のうち、イベントや待合などに使う「シンボルゾーン」を拡張する2案に絞り、意見交換した。 2案はともに広場の噴水付近に電停を設け、同ゾーンを200平方メートル拡張した上で案内所兼待合所を新設する内容。両側にあるタクシーと一般送迎のゾーンの位置を現行通りとするか、入れ替えるかで案を分けている。 会合では、シンボルゾーン拡張に異論はなかったものの、結果的にタクシーや送迎のエリアが狭まることに「駅舎からタクシー乗り場までの距離が遠くなり、高齢者や障害者に不便」「送迎スペースが縮小されれば、さらなる混雑が予想される」などの意見が出た。 市は、この日の議論を踏まえて2案の修正案を次回の検討会で示す予定。

//////
e

イオン 岡山 周辺  路面電車岡山駅乗り入れ2案議論 岡山がかわる?
////// 

岡山 後楽園・延養亭の特別公開始まる


 岡山市の後楽園で22日、江戸時代に藩主の居間として使われていた延養亭の特別公開が始まった。後楽園は延養亭からの眺めが最も美しく見えるように造られたとされ、入園者は初夏の陽光を受けた新緑の景色を満喫している。28日まで。 延養亭は木造平屋255平方メートル。後楽園の築庭が始まって間もない1689(元禄2)年には存在していたと伝わる。1945年の岡山空襲で焼失したが、築庭当時を描いた「御茶屋御絵図」などを基に60年に復元された。 入園者は主室の畳に座り、ボランティアガイドの解説を聞きながら、ピンク色のサツキや緑の木々で彩られた眺望を楽しんだ。外国人の姿も目立ち、米・サンフランシスコから来日し、岡山を観光中の男性(69)は「景色が美しく素晴らしい。特別な体験ができた」と話した。 隣接する茶室「臨〓軒(りんいけん)」も公開され、倉敷市ゆかりの日本画家・池田遙邨(1895〜1988年)が描いた竜の天井画が注目を集めている。 特別公開は各日午前9時半、10時20分、11時10分、午後1時、1時50分、2時40分からの計6回実施。土日は午後3時半からも行う。予約優先で各回先着15人。入園料のほか参加料200円が必要。問い合わせは後楽園事務所(086—272—1148)。※〓はサンズイにケモノヘン、右に奇

岡山市消防局が火災注意報発令


 岡山市消防局は22日、管内(市と岡山県吉備中央町)で火災が多発し、空気の乾燥した状態が続いているため、火災注意報を発令した。発令は11年ぶり。 同局管内では今年に入り、毎月前年を上回るペースで火災が発生しており、4月16日には前年より3カ月早く100件に達した。今月21日までの件数は計131件(前年同期比48件増)で、死者は4人(同3人)、負傷者10人(同13人)。 同局は「降雨量が少ないため、田畑のあぜ焼きが燃え広がるなど異常なペースで件数が増えている。屋外での火の取り扱いには特に厳重に注意してほしい」と呼び掛けている。

加計学園以外の応募、「原案」では可能 獣医学部新設


 学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設について、国家戦略特区での事業者の選定に関する内閣府の「原案」とされる文書が22日、明らかになった。原案では、他の学校法人も応募可能な要件だったが、最終案では、実質的に加計学園しか応募できない内容となっていた。原案通りだった場合、同じく設置を目指していた京都産業大(京都市)も応募できていた可能性がある。

 22日の参院決算委員会で共産党の小池晃議員が指摘し、記者会見で公表。朝日新聞も同じ文書を入手した。

 内閣府の最終案では、獣医学部の設置場所について「広域的に獣医師系養成大学の存在しない地域に限り新設を可能とする」とされ、昨年11月9日の国家戦略特区諮問会議(議長・安倍晋三首相)で決まった方針にも盛り込まれた。だが、原案とされる文書では、「広域的に」「限り」の部分がなかった。

 獣医学部の新設をめぐっては、京産大も京都府綾部市内での設置を計画。政府の特区ワーキンググループのヒアリングを受けていた。

 小池氏は、原案に「広域的に」などの文言が追加されたことで、「(同じ関西圏の)大阪府立大に『獣医学類』があるため、断念せざるをえなくなり、加計学園に一本化された」と指摘した。加計学園が獣医学部設置をめざす四国には獣医学部はない。

森と川のそばで料理や買い物を  岡山 石山公園  イベント「後楽の森と川パークマーケット」

 緑に囲まれた空間で買い物や飲食を楽しむイベント「後楽の森と川パークマーケット」(NPO法人ENNOVA OKAYAMA主催)が28日、岡山市北区石関町の石山公園で開かれる。こだわりの料理やおしゃれな雑貨など47のブースが並ぶ。 岡山市を中心に、岡山県内外の飲食、雑貨、書店などが出展。県産の野菜、天然酵母パンをはじめ、インドカレー、唐揚げ丼、石窯ピザといったフードメニューが充実している。本物の花や葉、果物などの自然素材を加工したアクセサリー、革小物、着心地にこだわった洋服、手編みかご、本などもある。 ステージではギターの弾き語り(午後1時)、ジャズバンドのライブ(同2時)も繰り広げられる。 マーケットは旧城下町エリアのにぎわいづくりになればと、2013年6月から不定期で開かれている。11回目となる今回はテーマを設けず、バラエティーに富んだブースを楽しんでもらう。同法人の石井範子事務局長は「ゆったりとしたイベント。買い物をしたり、ピクニック気分で芝生の上でご飯を食べたりと、好きなスタイルで満喫してほしい」と呼び掛ける。 午前10時〜午後3時。雨天の場合は6月4日に延期。詳細はイベント名のフェイスブックやホームページに掲載している。

このページのトップヘ