世界に目を向けグローバル 366 岡山県を中心にグローカル GPS APS

地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・

四国(岡山 香川)フェリー 12月16日から運航休止へ/ 宇高航路、12月中旬に休止 瀬戸大橋と共存できず 
宇高航路、12月中旬に休止


玉野市の宇野と高松とを結ぶ宇高航路は、109年の歴史に幕を閉じようとしています。
四国フェリーは、11日朝、四国運輸局に、来月16日からの航路の休止届を提出し受理されました。

午前8時半過ぎ、運航にあたる子会社「四国急行フェリー」の堀川社長が四国運輸局を訪れ、宇高航路の休止届を提出しました。
連絡船として始まり、多いときには年間400万人が利用した宇高航路ですが、瀬戸大橋の開通以降利用者が減り現在は、年間14万人まで落ち込んでいました。
他の会社が撤退する中、四国フェリーは1日5往復の運航を続けてきましたが、2011年から続く赤字が、昨年度は1億円近くに膨らんでいました。
宇高航路は、地域経済や観光にも重要として、岡山・香川両県と高松市・玉野市は、これまでに8900万円に上る財政支援をしてきました。

/////

宇高航路、12月中旬に休止 瀬戸大橋と共存できず 

昭和の時代に本州と四国をつなぐ海上交通の大動脈だった「宇高航路」の歴史が途切れる。唯一の運航会社、四国急行フェリー(高松市)は11日、同航路の12月16日からの運航休止を四国運輸局に届け出て、受理された。瀬戸大橋の通行料金の引き下げに対抗できなかった。休止とすることで再開の道を残したが、廃止に極めて近い状況に置かれている。

「非常に残念だが、許容できる赤字額ではない」。高松市内の本社で記者会見した堀川満弘社長は苦渋の決断だったことを強調した。2020年3月期は1億円を超える最終赤字を見込み、瀬戸大橋との共存の道は諦めざるをえなくなった。

同航路は1910年に宇高連絡船として開設された。四国運輸局によると、87年度の同航路の輸送人員は396万人だったが、88年4月に瀬戸大橋が開通してヒトやモノの流れが変わった。瀬戸大橋の通行料金も下がり、2018年度は13万6千人まで落ち込んだ。

同航路を巡っては、国道フェリー(高松市)が12年10月に運航を休止。現在は四国急行フェリーが唯一の運航会社として1日5往復していた。4月に開幕した瀬戸内国際芸術祭(瀬戸芸)2019に期待を寄せたが、収益の改善には至らなかった。そして、瀬戸芸の閉幕から1週間後、運航休止を届け出た。


画像の拡大
四国急行フェリーを抱える四国フェリーグループ(高松市)は10年2月に1度、同航路の廃止届を提出している。この時は地元の要望や社内の「ミニマムでも残してほしい」との声を受け、廃止届を取り下げた。

今回は廃止ではなく休止とすることで再開の可能性を残した。堀川社長は「離島航路に準じた支援が受けられるように行政が動いてくれるなら、再開したいという思いはある」と述べた。運休後も設備は残し、社員はグループの中で吸収する。

同航路の休止届が提出されたことを踏まえ、香川県の浜田恵造知事は「残念であり、重く受け止めている」とコメント。岡山県の伊原木隆太知事は「利用者が大きく減少している現状を鑑みると、残念ではあるが、やむを得ないものと受け止めている」とのコメントを発表した。

今回の運休を受けて、香川、岡山、高松、玉野の2県2市は今後、「宇野高松間地域交通連絡協議会」を開き、対応策を話し合う。堀川社長が望む離島航路に準じた支援は、長らく訴えてきた経緯があり、瀬戸大橋とつながる四国は離島ではないと、手厚い支援を受けられずにきた。休止という形で行政側にボールを投げたものの、再開への道は極めて険しいとみられる。

/////

宇高航路、12月16日休止 四国急行フェリー届け出 109年の歴史に幕

宇高航路(玉野市・宇野港―高松港)を唯一運航する四国急行フェリー(高松市)は11日、12月16日からの航路休止届を国土交通省四国運輸局に提出した。同運輸局は受理した。宇高航路は1910(明治43)年に国鉄連絡船が就航して以来、本州と四国を結ぶ主要航路だったが、109年で歴史を閉じる。

 瀬戸大橋との競合などで業績が悪化し、維持が困難になった。同社は「利用者に大変な不便をおかけし、深くおわびする。長年のご愛顧と支援に心より感謝します」とのコメントを出した。午後に記者会見し、詳細を説明する。

 同社によると、2014年の瀬戸大橋料金水準引き下げなどの影響でフェリー離れが加速。利用者が少ない夜間・早朝便の廃止などコスト削減を進めたが、岡山、香川県と玉野、高松市から補助金を受けても収支が改善しなかったという。

 同航路にはグループ会社が1956年に参入。四国急行フェリーに移管された2013年度は1日22往復し、年間約43万人が利用した。減便を重ね、18年度は5往復、約14万人にまで落ち込んでいた。

 宇高航路は瀬戸大橋開通直後は3社が運航していたが、12年までに2社が撤退していた。

/////

宇高航路フェリー休止届け

 玉野市の宇野港と高松港とを結ぶ宇高航路で、唯一のフェリーを運航している高松市の四国急行フェリーは、売り上げの減少に歯止めがかからず、存続は難しいとして、来月16日から休止する届け出を、11日、四国運輸局に提出し受理されました。
109年続いたこの航路の歴史に幕が下りることになりました。

四国急行フェリーの堀川満弘社長は、11日午前8時すぎに高松市の四国運輸局を訪れ、宇野港と高松港を結ぶ宇高航路で運航するフェリーを、来月16日から休止する届け出を提出して受理されました。
休止の理由について会社では「輸送数量は日々激減しており、要因は瀬戸大橋通行料金のETC割引制度が、大幅に拡充されたことによる。コスト削減にも限界があり、売り上げの減少に歯止めがかからず、業績の悪化が著しいため、これ以上の航路の維持存続は困難な状況だ。大変なご不便をおかけすることを深くお詫び申し上げる」というコメントを発表しました。
届け出のあと堀川社長は記者団に対し「あくまで休止であって廃止ではない」などと話し、午後3時から高松市の本社で記者会見して、詳しく説明するとしています。
宇野港と高松港を結ぶ宇高航路は、明治43年に鉄道連絡船として開設され、昭和60年代には、旧国鉄の連絡船と3つの会社のフェリーが24時間、1日に150往復以上運航していましたが、瀬戸大橋の開通や、その後の通行料金の値下げなどによって利用客が減少し、現在は、四国急行フェリーのみが1日5往復を運航していて、この航路の109年の歴史に幕が下りることになりました。

玉野市の宇野港では、フェリーを利用する人たちから運航休止を惜しむ声が聞かれました。
岡山市北区から訪れた20代の男子大学生は「最後の宇高航路が運航休止になると知って、記念に乗りに来ました。自分や周囲の人は、高松に行くのに電車を利用することがほとんどなので、休止はさみしいですがしょうがないのかなと思います」と話していました。
また、15年ほど前から、仕事でフェリーを利用しているという運送業の60代の男性は「岡山と徳島を行き来するのに週2、3回使っています。瀬戸大橋を使うこともありますが、フェリーだと乗っている間は休むことができました。橋が強風などで通れなくなった時にも、フェリーがある安心感があったので、航路が休止になるのは残念です」と話していました。

玉野市の黒田市長は「瀬戸大橋との共存共栄が難しく、経営的に厳しいという話は会社側から聞いていたが、休止という経営判断に驚くと同時に、100年以上にわたる歴史が途切れるのは、大変残念に思う。今後は、関係する2県2市で会社側の説明を聞いた上で、休止によって生じる課題にどのように対応していくのかを協議し、足並みを揃えて対応していきたい」と話していました。
岡山県の伊原木知事は「生活交通や物流面で重要な役割を果たしてきたが、利用者が大きく減少している現状をかんがみると、残念だがやむを得ない」とコメントしています。
/////
宇高航路 12月16日から運航休止

高松と宇野を結ぶ宇高航路を唯一運航している高松市の四国急行フェリーが、来月16日から運航を休止することになりました。

けさ四国急行フェリーの堀川満弘社長が四国運輸局に運航休止届けを提出し、宇高航路の休止が正式に決定しました。宇高航路は現在、四国急行フェリー1社のみが運航していて、瀬戸大橋料金の引き下げやトラック輸送量の減少などにより赤字が続いていました。

おととし4月からは1日5往復に減便するなどコスト削減を進めてきましたが、利用客の減少に歯止めがかからず航路の維持・継続が難しいことが原因としています。
/////

四国急行フェリーが宇高航路の休止届を国に提出 

玉野市の宇野港と高松市の高松港を結ぶ宇高航路を運航する四国急行フェリーが、業績の悪化に伴い国に航路の休止届を提出しました。来月16日から運航を休止します。宇高航路は岡山と香川を結ぶ大動脈として、かつて複数の会社が24時間運航していましたが、瀬戸大橋の完成以降事業者の撤退が続き、現在は、四国急行フェリー1社が1日5往復、運航しています。四国急行フェリーは休止の理由を瀬戸大橋のETC割引制度が大幅に拡充されたことにより利用者が激減し、売り上げの減少に歯止めがかからないためとしています。休止届の提出を受け、岡山県や香川県など関連自治体が参加する連絡協議会の開催が決まりました。国と2県2市が参加し、会社側の意向を確認したうえで、宇高航路のあり方を議論する予定です。
/////

四国フェリー宇高航路打ち切りへ 「企業努力では困難」社長会見

高松市と岡山県玉野市を結ぶ宇高航路を運航する四国急行フェリーの堀川満弘社長(65)が11日、記者会見し、同航路を12月16日から休止すると発表した。これまで財政支援を続けてきた香川県や市の担当者らも、対応に追われている。

 記者会見で、堀川社長は「利用者には深くおわびするしかないが、企業努力だけではどうしようもないと判断した」と理由を述べた。一方、「再開できる力はある」として、施設や船などは維持し「第三セクターでの運航などを国や行政に提案していく」と話した。

 四国急行フェリーには香川、岡山両県と高松市、岡山県玉野市が2015年度から年3000万円(17年度からは1500万円)を上限に財政支援をしてきた。今後について、香川県交通政策課の担当者は「重要な航路なので、無くなると地域への影響が大きい。県としては継続をお願いしたい」と話す。

 今月15日に2県2市や四国運輸局などによる協議会が高松市内で開かれ、同社が説明する予定。その上で県などは財政支援のあり方も含めて検討するという。

 浜田恵造知事は「休止届の提出は残念で、重く受け止めている」とコメント。大西秀人市長は「非常に残念だが、経営上の判断なので致し方ない。今後は事業者の意見を聞きながら、関係者と十分協議して対応していきたい」と話した。
/////



///// 
宇高航路、瀬戸大橋と共存できず

/////

岡山 真備地区復興計画推進委員会 / 「がんばろう真備!!」 被災地復興願うメッセージ ゼッケンにさまざまな思い
岡山 真備 浸水域



 昨年7月の西日本豪雨で甚大な被害を受けた倉敷市真備町の復興計画について、着実に進めるための委員会の初会合が開かれました。

倉敷市真備支所で開かれた初会合には、住民代表や有識者など22人が参加しました。
会では真備の復旧・復興に向けたこれまでの取り組みや、今年3月に策定された復興計画の進捗状況などが報告されました。
出席した委員からは「標高差だけのハザードマップだけでなく、夜間など時間帯も踏まえた避難経路を作れないか」などの意見が出されました。
倉敷市は、委員会で上がった意見をもとに見直し計画案を作る方針です。

/////
真備の復興計画で避難態勢強化


 西日本豪雨で甚大な被害を受けた、倉敷市真備町の復興計画を、進捗状況に合わせて見直すための検討会が開かれ、伊東市長は、再び災害が起きた場合の態勢の強化などをさらに進めていく考えを示しました。

昨年度、策定された倉敷市真備町の復興計画は、豪雨で決壊した小田川など4つの川の堤防工事が終わる、令和5年度までの被災者支援や、まちづくりの具体策が盛り込まれていて、進捗状況に合わせて毎年、内容が見直されることになっています。
11日、真備町で開かれた検討会には、伊東市長や大学の専門家、それに住民の代表などおよそ20人が参加しました。
この中で出席者からは、避難所の水や毛布などの備蓄品を、想定される避難者の数に合わせて整備することや、避難所までの道路が狭く移動しづらいため、道路を広げる対策を行うべきだなどといった意見が出されました。
伊東市長は「ハード面の整備など、復興計画は順調に進んでいると思う。今後は、避難行動など防災力を高める取り組みを進めたい」と述べ、再び災害が起きた場合の態勢強化などを盛り込む考えを示しました。
市は、市民にも意見を募った上で、来年3月末までに改訂版の計画をとりまとめることにしています。
/////
被災地復興願うメッセージ ゼッケンにさまざまな思い

「がんばろう真備!!」「岡山に元気を届けます」―。岡山市で10日開かれた「おかやまマラソン2019」では昨年同様、西日本豪雨の被災地復興を願うメッセージゼッケンを背中に着けたランナーの姿が見られた。生活再建に弾みをつけようと完走を期する被災者や、10月の台風19号を機に「災害が『人ごと』ではなくなった」と心を寄せた関東からの出場者も。豪雨から1年4カ月たつ中、ランナーたちは復興への思いを文字に込め、沿道の人と共有しながら駆け抜けた。

 倉敷市真備町の自宅が2階まで漬かり、リフォームを進めている女性(61)は〈サブ4(4時間以内の完走)〉と目標を書いた。約15分遅れてのゴールだったが、「充実した走りができた。生活の再建も一歩ずつ進めたい」と汗を拭った。

 今春、自宅の改修を終えた同町の男性(64)は〈復興支援に感謝〉と記して初出場し、フルマラソンを完走。「昨年はマラソンに出ようという気にもなれなかった。ここまで支えてくれた人たちにお礼の気持ちを伝えたかった」と笑顔を見せた。

 「おかやまマラソンには毎年参加しているが、災害が身近に迫ったことで被災した岡山の人への共感が一層強くなった」。そう話したのは、台風19号で約1900戸が浸水被害を受けた川崎市の会社員男性(49)。自宅は浸水を免れたが、吹き荒れる風や雨への恐怖で不安な一夜を過ごした。ゼッケン(500円)の売上金が豪雨と台風双方の被災地支援に充てられると知って初めて購入、〈応援をありがとう〉と書いて沿道の声援に応えた。

 〈がんばろう高梁〉と大きな字で書いたのは、高梁市消防本部の男性(58)。豪雨時、ボートで市内の浸水家屋から子どもやお年寄りを救助して回った。「自宅の再建ができていないためか、夜も明かりがともらない家がまだある」と、復興途上にある地元に改めて思いをはせた。

 倉敷市真備町のパート(49)は〈感謝の気持ちを忘れず走ります〉とつづった。全壊した自宅を今年2月、同じ場所で再建したものの「お金や心の問題など大変なことはまだまだある」とした上で、こう続けた。

 「多くの人に気に掛けてもらえることが、復興への長い道のりを歩み続ける力になる」

/////


/////
おかやま マラソン 2019-11-10


///// 

岡山コンベンションセンターで消防訓練
岡山コンベンションセンターで消防訓練

「秋の火災予防運動」に合わせて、岡山市北区の岡山コンベンションセンターで、地震による火事を想定した訓練が行われました。

訓練は、震度6強の地震が発生し、3階の空調機械室から出火したとの想定で行われました。
消防車両14台が参加し、通報を受けてかけつけた救助隊が、5階に取り残された住民ら3人を、ハシゴ車とロープを使って助け出しました。
このあと、消防隊員が施設に向かって一斉に放水しました。
また、コンベンションセンターの職員が消火器の扱い方を学ぶ講習も行われ、防火への意識を高めていました。

/////
中高層ビルの火災を想定 消防訓練

秋の火災予防運動に合わせ、岡山市できょう、中高層ビルの火災を想定した消防訓練が行われました。

岡山市北区の岡山コンベンションセンターで行われたきょうの消防訓練。

震度6強の地震でビルから出火した想定です。

秋の火災予防運動に合わせ行われたもので、消防隊員70人などが参加し中高層の建物で火災が起きた際の救助手順を確認しました。
ビルの5階で自力では動けない負傷者が見つかると地上まで張ったロープで担架を吊り下げ下ろしました。

岡山市では今年に入ってから昨日までに175件の火事が起こり7人が亡くなっていて、市消防局では空気が乾燥する時期の火の取り扱いに注意を呼びかけています。
岡山コンベンションセンターで消防訓練 00

/////

岡山 宇甘渓 恒例のライトアップ 川面に「赤橋」幻想的


 岡山県吉備中央町下加茂の景勝地・宇甘渓で、恒例のライトアップが行われている。シンボルの「赤橋」と、ライトに照らされた周辺の木々が川面に映り、幻想的な雰囲気を演出している。18日まで。

 宇甘渓は、岡山市境近くにあり、県道沿い約1キロにわたってカエデやモミジなどが茂る人気の紅葉スポット。赤橋は旭川の支流・宇甘川に架かる長さ約50メートルの朱色の橋。紅葉シーズンに合わせ、町が欄干などに約500個の電球を取り付け、午後5時から同9時まで点灯している。

 昼夜の寒暖差が小さいためか、紅葉は例年より1週間ほど遅れているが、「これから色付きが増すはず」と町観光協会。スマホで写真を撮っていた会社員(23)=同町=は「車で通りかかったらライトアップされていた。初めて見るが、とてもきれい」と話していた。

冬支度! スキー場でリフトの取り付け / 冬の高速道路 安全を祈願 津山、除雪車など出動式

 本格的な冬の訪れを前に、鳥取県との県境に近い鏡野町のスキー場で、スキー客などを運ぶリフトに座席を取り付ける作業が始まりました。

鏡野町上齋原の「恩原高原スキー場」には、2つのゲレンデに合わせて5基のリフトがあり、11日朝は、このうち上級者用のリフトで、座席の取り付け作業が始まりました。
スキー場の管理業務を行う職員たちが、重さ80キロほどの2人乗りの座席を運んだり、ワイヤーロープに手際よくネジで固定したりしていました。
スキー場では12日までに、合わせて330余りの座席を取り付けたあと、試運転やブレーキのテストなどの安全確認を行って、来月21日のスキー場開きに備えることにしています。
恩原高原スキー場の釜本博継所長は「シーズンの始めから終わりまで、雪が途切れることなく降り、多くの人に来てもらえることを期待しています」と話していました。
スキー場では、来年3月初めごろまでの営業を予定していて、昨シーズンを上回る6万人の来場をめざしたいとしています。
////
冬の高速道路 安全を祈願 津山、除雪車など出動式

降雪シーズンを前に、高速道路で除雪や凍結防止に当たる車両の出動式が11日、津山市河辺の西日本高速道路津山高速道路事務所であり、関係者が安全を祈願した。

 同事務所や岡山県警高速隊北部方面隊など7機関から約100人が出席。神事で、神職が除雪車や凍結防止剤散布車、道路巡回車など計9台をはらい清めた。

 大本英輝所長が「利用者がいつでも安心して高速道路を使えるよう、尽力してほしい」と訓示。作業員らが車両の回転灯やウインカーなどの動作を点検し、次々と出発した。

 同事務所は中国、岡山、米子自動車道と地域高規格道路「美作岡山道路」の計約115キロを管理。2018年度の作業日数は、前年度より13日少ない48日(平年57日)だった。

////

このページのトップヘ