世界に目を向けグローバル 366 岡山県を中心にグローカル GPS APS

地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・

岡山市、理研など2施設誘致提案
岡山空襲の痕跡を写真

岡山市は1日、国が募っている政府関係機関の地方移転の誘致提案で、経済産業省所管の独立行政法人「情報処理推進機構」(IPA、東京都文京区)と、厚生労働省所管の国立研究開発法人「理化学研究所バイオリソースセンター」(茨城県つくば市)の2施設について提案していることを明らかにした。
 IPAは、インターネットの安全性確保などを調査、研究する機関で職員数255人。巨大地震など自然災害の際にリスク分散できるよう、西日本の拠点を新設するよう提案している。同センターは、研究機関が科学実験に使う生物の細胞や遺伝子の収集、保存に当たっており、職員数112人。保管や提供に当たる副拠点を設けることを申し出ている。
 岡山市政策企画課は「災害が少なく交通拠点性に優れた岡山市への立地は政府関係機関側にもメリットがある。地域にとっても関連雇用の創出などが期待できる」としている。
 国は今年3月、東京一極集中の是正を図る地方創生の一環で、253の候補施設を示して政府関係機関の移転先を地方から募り始めた。締め切りは8月末で、道府県が取りまとめており、同市は岡山県に提案書を提出した。

////
政務費「広報」の支出が大幅増

2014年度に岡山県議55人(欠員1)へ支給された政務活動費の収支報告書が1日、開示された。支出では「広聴広報費」が前年度比29・9%増となり、今年4月の改選を前に各議員が広報紙などで活動のアピールを強化したためとみられる。
 政務費は各議員に月額35万円が支給され、14年度は総額2億3100万円。1人当たりの支出額は420万?122万円だった。
 経費別(10項目)では、広聴広報費が5015万円で最も多く、1人当たりは258万円を筆頭に24人が100万円を超えた。13年度から支出が可能になった中央省庁や国会議員などへの陳情・要望活動費は13人が計84万円を計上した。
 自民の7人と民主・県民クラブの1人が全額を使い切った一方、47人は残額を返還。返還総額は前年度より126万円少ない4137万円と、2年連続で減少した。返還の会派別平均は自民45万円、民主・県民ク102万円、公明214万円、共産58万円、県民・緑121万円だった。
 報告書は県議会棟で閲覧できる。県議会は15年度分から全支出の領収書を公開することとしたが、14年度分に添付されている領収書は「1万円超」の支出のみ。
////

岡山県庁で「ゆう活」始まる / 岡山県内路線価 7年連続で下落
夕活

岡山県庁で「ゆう活」始まる

岡山県は1日、職員の子育てや余暇充実のため、出勤時間を繰り上げることで早めの退庁を進める「ゆう活」をスタートさせた。国の提唱に同調し、8月末まで続ける。
 本庁の68課室のうち、業務に支障がない25課室で取り入れた。初日は午前7時すぎから登庁する職員の姿が目立ち始め、同7時半に始業。対象職員の3分の1に当たる約100人が参加した。人事課では半数の11人が出勤し、書類やパソコンに向かっていた。
 同課の梶谷貴政主任(39)は「庁内も静かで仕事がはかどりそう。退庁後の時間は家族との団らんに充てたい」と話していた。
 出勤を繰り上げた職員の終業は午後4時15分で、残業は原則禁止。通常業務の時間内(午前8時半-午後5時15分)は外部との連絡などに影響が出ないよう、各職場でローテーションを組んで対応する。
/////
岡山県内路線価 7年連続で下落

国税庁は1日、相続税や贈与税の算定基準となる2015年1月1日時点の路線価を公表した。
 広島国税局が公表した岡山県内の路線価は、6293地点の平均増減率が前年比0・5%減と7年連続で前年を下回った。ただ、下落率は前年(1・0%減)より0・5ポイント縮小。JR岡山駅南に昨年12月開業したイオンモール岡山(岡山市北区下石井)近くの市役所筋などで評価額が上がった。
 県内の最高路線価は岡山東税務署管内の「岡山市北区本町、市役所筋(東側)」で、1平方メートル当たり103万円と34年連続トップ。ピークの1992年(716万円)と比べると約7分の1の水準だが、前年比9・6%増と2年続けて上昇した。中国地方では前年と同じ3位。
 イオンモール岡山近くの「同下石井1丁目、市役所筋(西側)」は11・0%増の91万円で、岡山西税務署管内トップ。上昇率は中国地方全50署の最高路線価で最も大きかった。
 県内13税務署別の最高路線価では、倉敷管内の「倉敷市阿知1丁目、倉敷駅前広場通り」も1・8%増の29万円。同管内の最高路線価で前年比プラスとなるのは23年ぶり。西大寺、瀬戸、玉島は横ばい。下落した7署のうち津山、玉野、新見は下げ幅が縮まった。
 県内で路線価が上昇した地点は1214カ所で、前年(940カ所)から大幅増。うち828カ所を岡山市が占めた。
 同市内の不動産鑑定士は「イオン開業やマンション開発で岡山市中心部の評価額が上昇し、県全体のマイナス幅圧縮につながった。一方、周辺部や県北部では下落傾向が続いており、地域間の格差が広がっている」としている。
/////

東京の県アンテナ店で商品券販売 (プレミアム商品券)

岡山 鳥取 アンテナショップ

岡山県は1日、鳥取県と共同で、東京・新橋のアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」で使える20%のプレミアム付き商品券を14日から発売すると発表した。同日は岡山県出身のお笑いコンビ「千鳥」らによるPRイベントをショップ内で開く。
 千円券6枚つづりを5千円で販売。1万冊を用意し、ショップ1階で扱う。1人何冊でも購入でき、来年1月13日まで商品購入や飲食代に使える。事業費1400万円は両県で折半し、ともに消費を促す国の交付金を財源に充てる。
 発売イベントは14日午後1時からで、千鳥の大悟さん、ノブさんとともに、父親が鳥取県出身の縁からお笑いコンビ「ココリコ」の遠藤章造さんが来場。訪れた人に商品券や特産品をPRする。
 問い合わせは岡山県マーケティング推進室(086 226 7365)。

岡山と倉敷で観光スタンプラリー

岡山 を 絆でつなぐ

大原美術館 倉敷

岡山、倉敷市などでつくる「岡山・倉敷」観光推進協議会は7-9月、県外からの誘客などを狙いに、両市の観光スポットを巡ってスタンプを集めると特産品がもらえる「イイこと発見! ハレルヤ旅スタンプラリー」を実施する。
 JRと県などによる大型観光企画デスティネーションキャンペーン(来年4-6月)にちなんで企画した。対象は新幹線普通車指定席(往復)と観光施設の入場券などをセットにした岡山・倉敷ぐるりんパスの購入者ら。スタンプは岡山市の岡山城、後楽園、ももたろう観光センターと倉敷市の大原美術館、旧野崎家住宅、倉敷駅前観光案内所の計6カ所に設ける。
 スタンプを三つ集めて、同センターまたは同案内所でくじを引くと、白桃缶詰、帆布ポーチ、マスキングテープをセットにした岡倉賞(50個)などの賞品が必ずもらえる。計2千個の賞品がなくなれば終了する。問い合わせは事務局の岡山市観光コンベンション推進課(086 803 1332)。

「進撃の桃太郎」で岡山観光巡り  スタンプラリー「進撃の巨人」

進撃の巨人  Yahoo!検索(リアルタイム) twitter情報

進撃の桃太郎 Yahoo!検索(リアルタイム) twitter情報
秋のおかやま桃太郎まつり

岡山城 ライトアップ

岡山城 花火

岡山市は30日、異世界での巨人と人類の戦いを描いた人気漫画「進撃の巨人」とコラボレーションしたスタンプラリー「進撃の桃太郎」を1日から始める、と発表した。市内の名所を訪れ、スマートフォンの画面に“出現”する巨人を撃退していく内容で、鬼退治をする桃太郎の気分を味わいながら観光地巡りを楽しんでもらう。

 巨人が出現するポイントは桃太郎大通り、岡山城、近水園、たけべ八幡温泉、西大寺観音院、市サウスヴィレッジの6カ所。専用アプリをダウンロードし、各ポイントでスマホをかざすと、名所の背後にそびえ立つ巨人の姿が画面上に浮かび上がる。画面中央の「アタックボタン」を連打すると攻撃でき、撃退すればクリアとなる。
 3カ所クリアで、カレンダーやノートといった進撃の巨人オリジナルグッズを先着順にプレゼント。6カ所全てを巡ると、抽選で非売品のパンフレットなどがもらえる。

 同市、おかやま観光コンベンション協会、岡山商工会議所でつくる岡山ビジットアソシエーションの主催。市観光コンベンション推進課は「市内を広く回遊してもらい、市の魅力の再発見や知名度の向上につなげたい」としている。10月末まで。問い合わせは同課(086 803 1332)。

/////
岡山で寺社巡りフォトコン作品展

岡山県内の寺院や神社の四季折々の風景を捉えた「第5回吉備の国寺社巡りフォトコンテスト」(山陽新聞社主催)の作品展が30日、岡山市北区柳町の同社さん太ギャラリーで始まった。5日まで。
 県内外から寄せられた431点のうち、佳作以上に選ばれた54点を展示。最優秀賞の岡山市北区、平松進さん(74)の「成満(じょうまん)水行」は、宗蓮寺(同津寺)の水行がテーマ。逆光をうまく取り込み、水しぶきを力強く浮かび上がらせている。
 優秀賞に選ばれた総社市、東利晃さん(60)の「天井画に陶酔」は、円城寺(岡山県吉備中央町円城)の本堂の天井画を女性3人が見上げている様子を切り取った。同じく優秀賞の倉敷市、豊福義一さん(69)の「今年も咲きましたね?」は、雨上がりの安養寺(同市浅原)に咲く桜を4羽のカモが眺めているような構図に仕上げている。
 会場で表彰式があり、入選以上の13人のうち出席した12人が表彰状などを受け取った。平松さんは「撮った時は寒さが厳しかったが、頑張りが評価され、うれしい」と話していた。
 午前10時-午後5時。入場無料。
/////

このページのトップヘ