世界に目を向けグローバル 366 岡山県を中心にグローカル GPS APS

地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・

医療、介護制度の相談3割占める 岡山市
医療 福祉 関係 入学

( 医療・介護  仕事に従事する人 スケッチ 美人 サポーター)

岡山市は15日、新しい市民病院(北区北長瀬表町)に開設する在宅医療・介護の相談窓口「市地域ケア総合推進センター」について、昨年12月下旬からプレオープンさせている市役所での利用状況を明らかにした。相談は3月末までの約3カ月間で118件あり、医療や介護の制度に関する問い合わせが37件(31・4%)で最も多かった。
 大森雅夫市長が記者会見で、相談の総件数などを公表。「相談件数は決して多いとはいえず、センターの存在が十分浸透していないのではないか。啓発に努めたい」と述べた。
 センターは保健師や社会福祉士らが常駐し、在宅の医療、介護のサービスについて幅広く市民や専門職らの相談に応じる。
 市医療政策推進課によると、3月末までの相談は「介護保険ではどんなサービスがあるのか」といった医療や介護の制度自体に関することが37件で最多だったほか、「在宅の医療や介護の受け方」が15件、「病気の治療法」と「センターの業務内容」が各14件だった。
 相談してきた人は、医療や介護のサービスを受けたり希望したりする本人が延べ41人、家族が同39人、保健師ら市職員が同8人などだった。
 センターは5月1日まで市役所9階に構え、新しい市民病院が開院する同7日から同病院1階に移る。職員数は現在の4人から10人に増え、体制が拡充される。

新庄の「がいせん桜」満開  岡山県
がいせん桜通り 新庄村

 岡山県新庄村中心部にある「がいせん桜」が満開となった。宿場町の趣を残す通りを薄紅色の花が彩り、観光客らが山あいの遅い春を満喫している。
 日露戦争勝利を記念して1906(明治39)年、旧出雲街道沿いの約400メートル区間にソメイヨシノ137本が植えられ、枯死や新たな植樹を経て現在133本が並ぶ。今年は例年より1週間ほど早く、5日に開花した。16日ごろまで見頃が続くという。
 連日、家族連れやカップルらが“桜のトンネル”の中を散策し、写真撮影などを楽しんでいる。同県久米南町の夫妻は「古い町並みに桜が映え風情がある」と話した。
 19日には「がいせん桜まつり」が開かれ、村特産のヒメノモチ販売などがある。問い合わせは新庄村役場(0867 56 2626)。

岡山で「フェルメール展」開幕

「フェルメール展」
(  フェルメール を スケッチ !)
オランダを代表する画家ヨハネス・フェルメール(1632~75年)の現存全作品を最新のデジタル技術で複製した「フェルメール 光の王国展」(岡山シティミュージアム、フェルメール・センター銀座実行委員会、岡山放送、山陽新聞社主催)が14日、岡山市北区駅元町の同ミュージアムで開幕した。約350年を経て制作当時の輝きが再現された展示品に、美術ファンらが見入っている。
 開会式で松田正己山陽新聞社社長、大森雅夫岡山市長が「人々を魅了している静謐(せいひつ)で写実的な作品が一堂にそろった。再現された色彩も楽しんでほしい」などとあいさつ。宮内正喜岡山放送社長らを加えた7人でテープカットした。
 同展は、生物学者の福岡伸一青山学院大教授が総合監修。アムステルダム国立美術館の修復資料に基づいて色のくすみをデジタル画像処理で補正したり、色調を損なうひび割れを消すなど、最新の画像処理・印刷技術を駆使して複製を完成させた。
 会場では、37作品を制作年代順に紹介。訪れた人たちは、初期の宗教画「聖女プラクセデス」や、青いターバンの少女が振り返る「真珠の耳飾りの少女」など、あふれる光の表現が印象的な作品をじっくりと鑑賞していた。岡山市の公務員の女性(37)は「描かれたばかりのように鮮やかで、迫力がある。細かな描き込みや色使いから、フェルメールの世界観が伝わってきた」と堪能していた。
 会期は5月6日まで(4月20、27日休館)。午前10時~午後6時。一般千円、高校・大学生700円、小・中学生400円。俳優小林薫さん、宮沢りえさんによる音声ガイド(別途料金500円)もある。

地方創生へ岡山など12知事連携
岡山・伊原木隆太   スケッチ
(  岡山 伊原木隆太 スケッチ がんばれ!「地方創生」! )

鳥取、岡山県などは14日、全国の知事12人が参加し「地方創生」への政策を提言するグループの発足式を、20日に東京都内で開くと発表した。子育て支援や、地方で若者が活躍できる環境づくりに向けた施策を連携して研究し、国に提案する狙いだ。
 名称は「日本創生のための将来世代応援知事同盟」。鳥取・平井伸治、岡山・伊原木隆太の両知事以外に宮城、福島、長野、三重、滋賀、広島、山口、徳島、高知、宮崎の知事が加盟する。40~54歳と若手が多い。
 発足式には滋賀、宮崎を除く10知事が出席予定で、石破茂地方創生担当相を招き、グループの宣言を発表する。石破氏は14日午前の記者会見で「(2016年度に創設する)新型交付金も含め、意見交換をさらに密にしたい。子育てなどの観点から傾聴に値するものがあればいい」と述べた。
 グループは5月23日に岡山市でイベントを開き、今後の取り組みを話し合うとしている。
 伊原木知事は「地方創生は独自の発想と実行があってこそ実現される。若者世代をさまざまなステージで支援して呼び込み、地方から創生をリードする」とコメントした。

岡山市内4認定こども園で開園式
入学式 スケッチ

岡山市が初めて開設した認定こども園4園の開園式が13日、各園で行われた。
 認定こども園は保護者の働き方に関係なく子どもを受け入れ、0~5歳の子どもを預かる保育、3~5歳児への幼児教育を併せて行う。国が今月スタートさせた「子ども・子育て支援新制度」で普及を目指している。
 市立4園は中山(北区一宮)、御津金川(同御津金川)、太伯(東区神崎町)、灘崎(南区片岡)の各認定こども園。0~5歳の計686人が通う。
 御津金川認定こども園の開園式には4、5歳児85人と保護者らが出席。市の田中克彦岡山っ子育成局長が「安全で安心して子育てできる地域づくりを進めたい」、佐々江敦子園長が「笑顔があふれ、地域に開かれたこども園にする」と述べた。園児たちは童謡を披露し、開園を祝った。
 市は4園のほか、施設が隣接する岡南保育園と岡南幼稚園(ともに北区七日市西町)を統合した市立認定こども園を来年4月に開設する予定。

このページのトップヘ