世界に目を向けグローバル 366 岡山県を中心にグローカル GPS APS

地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・

三菱自水島 軽生産43%減 岡山

三菱自動車水島製作所(倉敷市水島海岸通)が26日まとめた4月の生産実績によると、軽自動車(トラック・バン除く)の国内向け生産台数は7628台で、前年同月に比べ43・6%減少した。三菱自の燃費不正問題で「eKワゴン」などの4車種の生産を停止していることが響いた。
 乗用車を含めた総生産台数(現地生産向け部品輸出=台数換算=含む)は、前年同月比38・1%減の1万9595台。
 水島製作所は熊本地震の影響で部品が入らなくなった4月18日夜から一部の操業を停止し、不正問題が発覚した同20日からは不正対象となった軽4車種の生産をストップしている。
 不正対象車はほかに「eKスペース」と、日産向けの「デイズ」「デイズルークス」。4月の軽の生産台数のうち4車種は計7620台で、ほかはアイ・ミーブの8台。
 同製作所では軽のほか、乗用車のランサーなどを生産している。


(  岡山県知事、倉敷市長、総社市長さんらのがんばりは、ありがたいですね! さらに できれば、日産のゴーンさんに面会して欲しいですね!)

幸せな気分に バラで巨大ハート 岡山県和気町

岡山県和気町の水口忠勝さん(69)が自宅庭でバラを大きなハート形に育て、地元を中心に評判となっている。最盛期を迎えた花は全体をピンクに染めており、見る人を幸せな気分にしている。
 バラは高さ約3メートル、奥行き約1・2メートル。水口さんがつる性のバラ「安曇野」を円筒形になるよう育てていたところ、知人が「ハートの形になったら面白い」と提案。昨年12月に支柱を仕立て直し、ハート形につるを誘引した。花は17日に咲き始め、25日にほぼ満開に。直径約3センチの花を数多くちりばめたハートは遠くからも目立ち、うわさを聞いた園芸愛好家らも訪れているという。
 バラ栽培が趣味の水口さんは「6月上旬まで楽しめそう。気軽に立ち寄って」と話している。

岡山県で開発の最新EVアピール 横浜のテクノロジー展に試作第2弾
OVEC TWO
「OVEC(オーベック)―TWO(ツー)」
岡山県と県産業振興財団は25日、横浜市で開幕した「人とくるまのテクノロジー展」に、部品メーカーなど県内16社と連携して開発した電気自動車(EV)の試作車第2弾を出展、自動車メーカーの技術者や調達担当者にアピールした。

 試作車「OVEC(オーベック)―TWO(ツー)」は、三菱自動車の軽EV「アイ・ミーブ」を改造。軽量化を図った最新車両を前に、県が設けた開発拠点・おかやま次世代自動車技術研究開発センターの吉田寛センター長らが、後輪ホイールに組み込んだモーターでタイヤを動かす構造を来場者に説明した。

 同車開発の第2期プロジェクト(2014~16年度)に参加する16社は、搭載した製品の展示やパネルで技術力をPRした。サスペンションを開発したヒルタ工業(笠岡市茂平)の笹田典則営業1部長は「三菱自の燃費不正問題の影響で見通しが厳しい中、仕事量を確保するため一社でも多く取引先を開拓したい」と話していた。

 自動車の最新技術を紹介する同展は27日まで。国内外の538社が出展し、3日間で約8万人の来場が見込まれている。
///////
岡山のEV技術を結集、4輪モーター内蔵のギャラン (オーべックワン) OVEC-ONE

初のテクノロジー展 岡山で開幕OVEC-ONE
/////// 

OVEC ONE
「OVEC(オーベック)―ONE(ワン)」
///////

岡山理科大に教育学部開設

岡山理科大(岡山市北区理大町)の教育学部開設と、同学部などが入居する新校舎の完成を記念した祝賀会が26日、同大で開かれた。
 同大を運営する加計学園(同所)などが主催。学園と県内外の教育、政財界などの関係者約300人が出席した。
 加計孝太郎理事長・総長は「常に夢を持ち、実現に向けて前へ進み続けたい」とあいさつ。柳沢康信学長は「教育学部は海外にも教員を輩出することを目標としている。大いに期待してほしい」と決意を述べた。安倍晋三首相からのビデオレターが上映され、鏡開きで節目を祝った。式に先立ち、歌手加山雄三さんのコンサートもあった。
 教育学部は4月に開設した。新校舎は鉄骨11階地下1階延べ約2万7千平方メートル。教育、理学部などの研究室や講義室、レストラン、増床した新図書館が入居するほか、多目的活用スペース「スチューデントコモンズ」など学生が集えるスペースを多く設けている。創立50周年(2014年度)を記念して13年9月に着工し、今年3月に完成した。

岡山県警が新庁舎当初計画見直し

 岡山県警は26日、岡山市北区内山下で建設を予定する本部新庁舎について、当初計画の見直し案を明らかにした。当初計画では高層部分が近くの後楽園からの眺望に入り込み、園内から見える景色を保全する同市景観条例に違反する恐れがあったため、高さを約5メートル低くした。
 見直し案によると、新庁舎は解体した県庁南庁舎跡地に建設し、地上13階地下1階延べ約1万9千平方メートルで、高さは約60メートル。当初計画で屋上に設置する予定だったエレベーターの機械室(高さ約5メートル)を建物内の13階に納めることで高さを抑えた。
 岡山市景観条例は、新庁舎が建つエリアを後楽園背景保全形成地区に指定。高さ20メートルを超える建物を建設する際は「園からの景観に及ぼす影響を極力軽減し、良好な眺望を保全する」ことを求めている。当初計画の場合、季節により建設地から約800メートル離れた後楽園の樹木の間から屋上の機械室が見えることが、昨秋の県警の調査で分かったという。
 県警によると、計画の見直し費用として16年度当初予算に約8千万円を計上。19年度としていた完成時期は半年程度遅れる見込み。
 この日の県議会産業労働警察委員会で見直し案を示した。県警の間野洋児総務統括官は「適正な庁舎を整備できるよう取り組んできたが、ご迷惑をお掛けする」と述べた。
 県警は入居する県庁舎の一部が耐震構造でなく、各部が分庁舎などを含め10施設に分散し緊急時の連携に支障があるとして、新庁舎建設を計画していた。

このページのトップヘ