世界に目を向けグローバル 366 岡山県を中心にグローカル GPS APS

地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・


岡山で130年続くマシュマロ和菓子「つるの玉子」、新ブランド開発に挑戦 / クラウドファンディングサイト「キャンプファイヤー」

 

 岡山市の桃太郎通り沿いにある「つるの玉子本舗下山松壽軒(しょうじゅけん)」(岡山市北区平和町2、TEL 086-222-2357)が現在、「明治創業の日本初のマシュマロ和菓子屋から新ブランド『つるたま』誕生」プロジェクトを展開している。


 岡山領主池田家の御用菓子屋の「加喜屋」で修行した下山治四郎が、日本に入って間もないマシュマロを使って黄身あんを包んだ菓子「つるの玉子」を開発して1887(明治20)年、現在の地で創業した同店。130年間、「安全を第一に」という教えに従い、合成着色料や保存料は使わず、原材料を厳選して作り続けている。「つるの玉子」のほか、120年間同じ製法で作る「きびだんご」、ぎゅうひをクレープ生地で包む「調布」などの菓子を作る。

 同プロジェクトを担当する下山恭正(やすまさ)さんは、「つるの玉子」の他にマシュマロ和菓子が他社を含めてもないことに疑問を持っていた。「130年間、別のマシュマロ和菓子が登場していない。創業者が工夫して開発したように、無いものを新たに作る挑戦をしている」と話す。

 同プロジェクトではマシュマロ和菓子の新ブランド「つるたま」を立ち上げ、第1段階の公表をするイベント開催費用、今後の商品開発の費用の協力を呼び掛ける。第1段階は5種の菓子を6月下旬に公表する予定。現在、マシュマロ羊かん、ごまあんを包んだマシュマロまんじゅう、マシュマロあんペーストなどが開発されている。

 下山さんは「マシュマロは温度管理、生地を流してから固まるまでの生地の取り扱いが難しいが、挑戦しがいがある。マシュマロ和菓子が菓子の一分野として普及し、いろいろな人が作って種類や技術が発展し、新しい文化になれば」と話す。

 支援はクラウドファンディングサイト「キャンプファイヤー」で受け付ける。締め切りは6月11日。

県庁に潜在保育士の就労センター 岡山県

 岡山県は22日、保育士の資格を持ちながら働いていない潜在保育士の就労を促す「保育士・保育所支援センター」を県子ども未来課内に開設した。市町村やハローワークと連携しながら就労先を確保し、保育士不足に対応。増加する待機児童の解消につなげる。 午前9時、宮地俊明副知事と荒木裕人保健福祉部長が同課に看板を掲げた。宮地副知事は「保育士確保は喫緊の課題。県内全域から掘り起こしを図りたい」と述べた。 センターには保育士資格を持つ職員1〜2人が常駐し、潜在保育士の就労相談に乗る。希望する勤務地、労働条件などを聞いて登録してもらい、市町村やハローワークとともに条件に合う勤務先を探して紹介する。2017年度は20人、18年度は30人の新規登録を目指す。また、就労中の保育士の相談にも応じて離職防止に取り組む。 センターは国が都道府県や政令指定都市などに設置を促しており、県内では岡山、倉敷市に続く開設。受付時間は平日午前9時〜午後5時(086—226—7350)。 県によると、県内認可保育所の待機児童は794人(昨年10月時点)。共働き世帯の増加に加え、岡山市が16年度から定義を見直した関係で前年同期比で2・6倍に増えている。

/////

「潜在保育士」 掘り起こせ

◇就職支援 県庁にセンター

 保育士の確保につなげようと、県は22日、保育士資格を持ちながら働いていない「潜在保育士」の就職を進める「県保育士・保育所支援センター」を県庁の県子ども未来課内に開設した。潜在保育士は資格取得者の6割を超えるとみられ、こういった人材を活用することで、子育て環境の充実や待機児童解消を図る。

 同課によると、資格取得者のうち保育士として就職するのは6割程度。数年で離職する人も多く、保育園などで働いているのは3~4割とみられるという。県内の保育士の登録者数(2013年4月)は2万1410人で、実質、現場にいるのは7720人(介護施設などを含む)。同課の担当者は「保育士の求人数は増える一方、応募は少ない」といい、登録者が約2万5000人となった現在も状況は改善していない。

 センターには、保育士として勤務経験がある非常勤職員2人を配置。利用希望者は県の電子申請のほか、ホームページに公開されている登録票に勤務条件を記載して提出する。センターは希望する勤務地や勤務日数・時間などを踏まえた求人情報を提供し、復職に必要な研修や実習も伝える。

 岡山、倉敷の両市はすでに同様のセンターを開設。保育施設を運営しているほかの市町村や民間も人材確保を進めている。県は各自治体や民間の求人情報を扱うハローワークと連携し、一括して情報を発信する広域窓口の役割を果たす。

 また、離職防止のための相談窓口になるほか、新たに保育士として働こうという人にも情報を提供。県の委託で資格情報を管理する「保育士登録センター」とも協力し、データ分析に基づいた就労支援策なども検討する。

 22日には県庁5階の同課で、宮地俊明副知事らが出席し、看板掛けを実施。センターを視察した宮地副知事は「子育て環境を充実させる上で、保育士の確保は喫緊の課題。県内全体で保育士を掘り起こしていただきたい」と活躍を期待した。

 問い合わせは同センター(086・226・7350)。

/////

おかやま産業人材育成塾6月開塾 岡山


岡山県と県産業振興財団は、県内中小企業の経営者や従業員を対象に6月から来年2月にかけて開く研修事業「実践!おかやま産業人材育成塾」の受講者を募集している。女性リーダーの養成や、働き方改革をテーマにした講座など昨年度より14メニュー多い38メニューを用意する。 女性向けは、若手・中堅社員のスキルアップと、管理・監督者のコミュニケーション力などをテーマにした2メニューを開講。働き方改革のほか、製造業向けに納期短縮や在庫削減、原価管理を学ぶメニューを新たに設ける。顧客満足度の向上、クレーム対応、ビジネスマナーといったサービス関連も充実させている。 1日コース(受講料6480円)と2日コース(同1万2960円)があり、定員は各20人。会場は主にテクノサポート岡山(岡山市北区芳賀)で、一部はつやま産業支援センター(津山市山北)を利用する。 同育成塾は昨年度にスタートし、講師は全国で活躍する専門家らを招く。申し込み、問い合わせは同財団総務企画課(086—286—9661)。

岡山経済同友会創立70周年祝う

 岡山経済同友会(岡山市北区厚生町)は22日、創立70周年記念式典を同市内のホテルで開いた。会員ら約420人が節目を祝うとともに、「行動する提言集団」として、活力のある地域づくりにまい進していく決意を新たにした。 松田久代表幹事(両備ホールディングス社長)があいさつに立ち、「われわれ経済人に課された責務は大きい。100周年を迎える30年後の同胞たちが力強く生きられるような提言づくりを本格化させる」と強調。「地元の自治体や大学、経済団体などと互いに手を取り、地域の力を高めていきたい」とした。 岡山県内の自治体、大学トップも祝辞を贈り、岡山県の佐藤兼郎副知事は「地方創生の実現に向け、今後も産業・観光振興や人材育成などへの協力を」と期待。岡山大の槇野博史学長は「世界に伍(ご)する岡山を創るため、知恵を出し合って新たな価値を創造していこう」と述べた。 60周年の記念式典(2007年)以降に代表幹事を務めた5人を特別功労者として表彰した後、原丈人・内閣府参与が「これからの株式会社とは—公益資本主義経営実現へ」と題して基調講演。「世界に輝く岡山を創ろう」をテーマにしたパネルディスカッションもあった。 式典後は祝賀パーティーがあり、東京の経済同友会を代表して、小林喜光代表幹事(三菱ケミカルホールディングス会長)が「激動の時代だが、岡山の先進的な取り組みは地方創生のモデルになり得る。今後も日本の未来について議論を深めたい」と話した。 岡山経済同友会は、1947(昭和22)年8月14日、全国5番目の同友会として発足。倉敷市・水島地区のコンビナート整備や瀬戸大橋架橋、市町村合併の促進など、時代の先を見据えた提言を行ってきた。 11年の東日本大震災では、県内の学生を会員とともに被災地に派遣し、復興を支援。会員が大学でボランティアの講師を務めるなど、地域の人材育成にも力を入れている。会員数は451人。

特Aの岡山県産米「きぬむすめ」PR    イオンモール岡山

 
2016年産米の食味ランキング(日本穀物検定協会主催)で岡山県産米として初めて最高ランクの「特A」に選ばれた「きぬむすめ」をPRするイベントが21日、岡山市北区下石井、イオンモール岡山で開かれた。 「きぬむすめ祭」と銘打ち、JAグループ岡山と県が初めて企画した。オープニングセレモニーでは青江伯夫JA岡山中央会長、伊原木隆太知事、生産者の代表らが特Aの初取得を報告するとともに米の消費拡大に向けた決意を述べ、くす玉を割って祝った。 式後、精米300グラム入りの袋が買い物客ら700人に無料配布された。炊きたてのきぬむすめも振る舞われ、総社市立小学校の1年男子(7)は「いいにおいがする。もちもちしておいしかった」と話した。 きぬむすめは程よい粘りと甘みが特徴。16年は津山、赤磐、岡山など23市町の2600ヘクタールで栽培された。県内の量販店や米穀店で販売されている。

///////
e


イオン 岡山 周辺 特Aの岡山県産米「きぬむすめ」PR イオンモール岡山

/////// 

このページのトップヘ