世界に目を向けグローバル 366 岡山県を中心にグローカル GPS APS

地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・

“36秒94の衝撃”   小平奈緒選手が金メダル、スピードスケート女子500m

 ピョンチャン五輪スピードスケート女子500メートルで、小平奈緒選手が36秒94のオリンピックレコードで金メダルを獲得しました。

 日本スピード勢では女子初の快挙で、今大会ではフィギュア男子の羽生結弦選手に続く2個目の金メダル獲得となりました。

 今大会の日本のメダル数は、最多だった1998年長野オリンピックの10に並びました。

//////
小平奈緒、世界を駆け巡る“36秒94の衝撃” 「偉大な記録」「センセーショナル」

小平が3度目五輪で悲願の金メダル 五輪新の衝撃に海外メディアが次々速報
 平昌五輪スピードスケート女子500メートルで小平奈緒(相沢病院)が五輪新記録となる36秒94で堂々のスピードスケート日本女子初の金メダルを獲得した。W杯15連勝中という氷上の女王の偉業に、海外メディアも「偉大な五輪記録」「センセーショナル」と称賛している。

 14組のインコースでカロリナ・エルバノバ(チェコ)と対峙した小平の眼光が鋭くなった。ロケットスタートに成功すると最初の100メートルは10秒26。そこから一気に加速。衝撃の五輪新記録で金メダルを掴み取った。

 31歳の女王の偉業に、五輪の公式ツイッターは「なんてレースだ!スピードスケート女子500メートルで日本のナオ・コダイラが五輪記録と金メダルを獲得」と速報。五輪連覇中のイ・サンファ(韓国)との頂上決戦の凄まじさを振り返っている。

 国際スケート連盟のツイッターも「36.94! ナオ・コダイラが五輪チャンピオンに!」と速報すれば、英公共放送「BBC」公式ツイッターも「日本に金メダル! ナオ・コダイラが女子500メートルスピードスケートで36.94で優勝」と伝えた。拍手の絵文字で祝福していた。

 小平が武者修行していたスピードスケート王国のオランダも小平の栄光を称えた。オランダの衛星放送「ユーロスポーツ」のツイッターは「ナオ・コダイラがやってのけた! 偉大な五輪記録。ヨリン・テルモルスは不運にも表彰台に届かず」と称賛しつつ、小平が銀メダルに終わった1000メートルで金メダルだったテルモルスの力走にも触れていた。

 オランダ地元紙「アルゲメン・ダグブラッド」の公式ツイッターも「ナオ・コダイラがセンセーショナルなタイムを記録し500メートルで金メダル」と驚きとともに速報していた。

 小平が叩き出した「36.94」の衝撃は瞬く間に世界中を駆け巡った。

//////
【平昌五輪】「主人公は小平だった」韓国紙も相次ぎ速報 小平奈緒と李相花の“日韓対決”

 平昌冬季五輪のスピードスケート女子500メートルで小平奈緒(相沢病院)が、地元韓国のスター選手、李相花の3連覇の夢を砕いた。

 韓国メディアも今回の“日韓対決”の結果を相次ぎ速報。朝鮮日報(電子版)は「李相花の独走態勢にブレーキをかけた主人公は小平だった」と、五輪新記録で金メダルを獲得した小平を称えた。

 李は同種目で2010年のバンクーバー五輪、14年のソチ五輪で金メダルを獲得。世界記録保持者としても知られる。韓国紙の朝鮮日報は「(李相花の)オリンピック3連覇が挫折した」と速報した。

 中央日報(電子版)は、レース直後に小平と李が2人で会話していたことを紹介。李が「良い記録を出したね」と祝福すると、小平も「あなたに学ぶ点が多かった」と答え、互いに健闘を称え合ったという。

 聯合ニュースは「今大会が最後の五輪となる李はバンクーバー五輪、ソチ五輪に続く3連覇に挑んだが、惜しくも達成はならなかった」と伝え、李が小平に花束を手渡す写真で、ライバルの友情を表した。

//////

海外メディアは韓国・李相花を慰めた小平奈緒のスポーツマンシップを絶賛

平昌五輪のスピードスケート女子500メートルが18日、当地の江陵オーバルで行われ、エースの小平奈緒(31、相沢病院)が36秒94で五輪新記録をマークして金メダルを獲得した。海外メディアも小平の快挙を一斉に報道したが、五輪3連覇を狙いながら銀メダルに終わった韓国の李相花(イ・サンファ)をレース後に慰めた小平のスポーツマンシップを賞賛するものが多くを占めた。

NBCスポーツは、「小平がイ・サンファの五輪支配を終わらせる」との見出しで、小平が500メートルで2年近くにわたる無敗レースを続けて、平昌で金メダルを獲得したという経緯を報道。

「小平は、日本のメディアやファンからのプレッシャーに屈することなく、五輪のスピードスケートで最初の日本人女性の覇者となった。平昌五輪まで日本の女子選手のスピードスケートでの五輪メダル獲得数は4つだけだったが、この大会ではすでに4つのメダルを数え」と、日本のスケート史を塗り替える快挙だったことを強調した。

 そして五輪で2連覇中だった地元韓国のイ・サンファが0.39秒差で2位に入ったことに触れ「2度の500メートル金メダリストは、違った理由で感情的になっていた。五輪の前にイは“自国で勝てればどれだけ素晴らしいか”と語っていた。勝利はならなかったが、韓国ファンはイに声援を送り、レース後には会場で彼女の名前が連呼された」と会場の様子をレポート。小平が金メダル確定後に、イの傍に駆け寄り言葉をかけたシーンに注目。「本物のスポーツマン精神として小平は3連覇できなかった2度の五輪覇者を慰めていた」と伝えた。

米ヤフースポーツも「女子スピードスケートの500メートル決勝には何の疑いもなかった。日本の小平がスタートから先行し金メダルを獲得、五輪新記録を樹立した」と伝えた。
同記事も小平が、レース後、イの健闘を称えたシーンを取り上げた。
「31歳の小平は500メートル競技の世界選手権を制し、金メダル最有力として五輪を迎えた。短距離の小平は1000メートルでも世界記録をすでに保持している。韓国の28歳で五輪2連覇中だったイ・サンファは銀メダルだったが、レース後に悲しみに打ちひしがれ、小平に慰められなければならなかった」と記した。

また小平の金メダルが日本のスピードスケート界では、女子では初、男子を含めても1998年の長野五輪での清水宏保氏以来、20年ぶりになることも報じた。

英国のBBCも「小平がイ・サンファ3大会連続金メダルを阻む」との見出しで、イとのライバル関係に焦点を当て、「小平が地元韓国の観客を狼狽させた」と伝えた。

「31歳の日本の小平は同じ会場で行われた去年の世界選手権でも、この韓国のスター選手に勝利していた。そして彼女は、日曜日にイが2014年のソチ大会で樹立した五輪記録を破り、36.94秒でもう一度勝利を収めた。小平とエルバノバは14組でスタート。(レース後に)小平は地元のファンの前で指を唇に置くしぐさをした。28歳のイは、次の組だったが、1000メートルでも銀メダルを獲得している小平のタイムに及ばなかった。エルバノバより100分の1秒早かったが、イはリンクを一周する間に涙を流し、小平に慰められた」と、試合経過をレポートする中で、レース後の2人の友情関係を特筆した。

韓国メディアの英語版であるコリア・ヘラルド紙は、「イ・サンファは3大会連続の金メダルは逃したが、今月末に29歳となるスケート選手(イ・サンファ)はスピードスケート女子選手として伝説のままだ。冬季五輪においてショートトラック競技に比重が置かれる韓国では、スピードスケート競技では、過去に4つの金を獲得しているが、2つはイによるものだ」と、イの銀メダルを賞賛。
「近年では冬季五輪ソチ大会の500メートルで5位に終わった日本の小平がイとの差を急速に縮めていた。国際スケート連盟による今シーズンのワールドカップで、31歳の小平は、7つの500メートル競技を制して全レースでイを破っていた」と伝え、小平の強さを称えた。

 政治の世界では日韓関係の微妙な駆け引きが報道されているが、スポーツの世界では日韓の両エースは堂々と勝負して、そしてスポーツマンらしく、遺恨なく、お互いの健闘を称えた。

//////

岡山 後楽園で18日「旬彩市場」


 岡山市・後楽園の北側園路で18日、岡山県内の特産品を販売する「旬彩市場」(岡山県、後楽園魅力向上委員会主催)が開かれる。 岡山県吉備中央町の加茂川キムチを使った焼きうどん、瀬戸内市牛窓町産マッシュルームの天ぷら、備前市の備前牛肉の鉄板焼きといった地元食材を使った料理や備前焼などの12店が並ぶ。 午前10時〜午後3時。問い合わせは後楽園事務所(086—272—1148)。市場は毎月1回程度開かれている。

天満屋岡山店「晴れの国フェア」


 岡山県内のグルメや特産品を一堂に紹介する物産展「晴れの国おかやまフェア」が16日、天満屋岡山店(岡山市北区表町)で始まった。18日まで。 14市町の56社が出店し、約600点を販売。シカ肉のしょうが焼きが入った鏡野町の弁当(1200円)、瀬戸内市のキャベツ入り練り物(378円)といった食品に加え、倉敷市の伝統産品・真田紐(ひも)のキーホルダー(972円)、備前の土に顔料を練り込んだカラフルなカップ(3780円)などの工芸品も並んでいる。 店頭で飲食できるコーナーもあり、たまの温玉めし(600円)や矢掛町の細うどん(400円)などを提供。家族で訪れた高校1年の女子生徒(16)は「普段は行けないエリアの商品がたくさんあってうれしい。おいしかったら、お店を訪ねてみたい」と話していた。 時間は午前10時〜午後7時(18日は同5時まで)。

田中刑事選手は18位 地元・倉敷からも声援…初の4回転成功に沸く

 17日、平昌オリンピックのフィギュアスケート男子フリーが行われました。田中刑事選手の出身地、岡山県倉敷市ではパブリックビューイングが行われ、田中選手が声援に応えました。

 16日、ショートプログラムで出遅れた田中選手を後押ししょうと、17日も母校の連島神亀小学校には約400人が集まりました。

(倉敷芸術科学大学フィギュアスケート部/小田尚輝 部長)
「やっぱり4回転ばっちり決めて演技終わった後にガッツポーズが出るようなそういう姿を見たいです」

その田中選手、演技の最初は団体戦、そして16日のショートでも失敗している4回転ジャンプ!オリンピックで初めて4回転を成功させます。
 その後、ミスもありましたが、最後は3連続ジャンプを決めてトータル244.83点。18位で初めてのオリンピックを終えました。

(田中刑事選手)
「(4回転ジャンプの成功で)何とか1つ踏ん張れた気がした。(五輪の経験は)小さな舞台でも大きな舞台でも
今後の大きな宝になると思う」

(倉敷FSC・フィギュアスケーティングクラブ/佐々木美行監督)
「4回転が1本決まっただけで良かったなと思います」

(倉敷FSCのメンバー)
「素晴らしい演技を見せてくれてありがとうございましたと声をかけたいです」

(倉敷FSC出身・岡山理大付属高校/櫛田一樹さん(18))
「今は刑事くんの背中を追いかけて次のオリンピックには自分が出たいなという思いです」

//////

羽生が2連覇、宇野は銀


 平昌冬季五輪第9日は17日、フィギュアスケートの男子フリーが行われ、羽生結弦(ANA)が206・17点をマークし、合計317・85点で66年ぶりの2連覇を果たした。初出場でSP3位の宇野昌磨(トヨタ自動車)は202・73点を出し、合計306・90点で銀メダルを獲得した。 初出場の田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)は合計244・83点で18位だった。
//////
田中刑事選手 五輪18位
ピョンチャンオリンピック男子フィギュアスケートに出場している、倉敷市出身の田中刑事選手はきょう、フリーの演技を行い18位でした。
きのうのショートプログラムでは20位と出遅れた田中選手。今日のフリー演技は第1グループ5番目に登場しました最初のジャンプは4回転サルコー。今大会初めてこの大技を見事に決めます。中盤はリズム感溢れるステップを披露、そして最後はトリプルルッツからの3連続ジャンプを成功させ演技を締めくくりました。昨日のショートと合わせたトータル得点は244点83点で18位となりました。田中選手は「この緊張感は今後の宝になると思います」と感想を述べました。
//////

岡山、日本三大奇祭のひとつ「西大寺会陽」

 日本三大奇祭のひとつ、岡山の裸祭りです。

 500年余りの歴史をもつ裸祭り、「西大寺会陽」が17日夜行われました。午後10時。約1万人の裸の群れに、香をたきこめた2本の宝木が投げ入れられます。勇壮な争奪戦が繰り広げられ、今年の福を授かる「福男」が決まりました。西大寺会陽が終わると、備前平野に春が来ると言われています。

このページのトップヘ