世界に目を向けグローバル 366 岡山県を中心にグローカル GPS APS

地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・

岡山 <大麻>若者中心に回帰か 危険ドラッグ規制強化で (前年から4割増)

 大麻を違法に所持したなどとして検挙される人が増えている。全国の検挙人員は昨年1年間で3008人に上り、過去最多となった。岡山県警によると、岡山県内の検挙人員も前年から4割増えている。近年流行した危険ドラッグに対する規制強化を受け、若者を中心に大麻への回帰が進んでいるとみられる。

 大麻取締法違反は、大麻の所持や栽培、輸入などを禁じている。県警組織犯罪対策1課によると、昨年に大麻事件で検挙されたのは42人。16年(30人)に比べると12人多い。13年以降の過去5年間でみると16年以外は40人台で推移しており、検挙人員はなかなか減らない。

 背景にあるのが危険ドラッグの規制強化だ。当初は製造・販売しか取り締まれなかったが、医薬品医療機器法(旧薬事法)が改正され、14年4月に所持や使用が処罰対象に。同年12月には、違法な危険ドラッグの疑いがある商品の販売などが全国一律で禁止となった。県内では、危険ドラッグの販売店が一時5店舗あったが、現在は県警が確認している店舗はないという。こうした状況を受け、危険ドラッグの代わりに大麻に手を出す人が増えているとみられる。

 その特徴は「若者」と「初犯」だ。昨年に検挙された42人のうち、約9割が10〜30代。7割超が初犯だった。使用動機について「好奇心」や「友人・知人に誘われて」と答えているという。大麻は末端価格が1グラム6000円と比較的安く購入でき、「ゲートウエー・ドラッグ(入門薬物)」と呼ばれる。覚醒剤など依存性がより強い薬物に手を出すきっかけとなり得る。

 組対1課は「ファッション感覚で手を出す若者が多い。学生を対象に依存性や中毒性を訴える啓発活動を強化したい」と話している。

 ◇軽い気持ちが「アリ地獄」に

 「辞めたい決心が強くなるほど、使いたい気持ちが強くなる」。薬物依存者の回復を図る施設「岡山ダルク」(瀬戸内市)のスタッフで、自身もかつて薬物依存に陥った山口健次さん(39)はそう振り返る。

 きっかけは13歳の頃、グループで遊んでいた時に先輩から勧められたシンナーだ。抵抗感もあったが、仲間外れにされる方が怖かった。いざ吸ってみると、酔っ払ったような気分になった。思ったより中毒性もない気がして、その後、覚醒剤や大麻にも手を出した。大好きな音楽を聴きながら大麻を吸うと、演奏者の気持ちが分かるようでたまらなかった。

 進学した高校を中退した後、大麻を栽培して仲間と一緒に吸った。覚醒剤を買うためにアルバイトをし、金が足りなければ友人の金を盗んだ。友人は少しずつ離れていき、気が付けば周りは「薬物仲間」ばかり。ずるずると依存症になっていった。

 ある日、知人を殴って傷害容疑で逮捕された。手錠をかけられた瞬間、正気に戻ったが、釈放後に薬物仲間から薬物をプレゼントされ、また元の生活に。「みんなが足を引っ張り合う。まるで、アリ地獄のようだった」

 27歳だった2006年、ジュースを盗んだ窃盗の疑いで再び逮捕された。自宅から覚醒剤も見つかり、同年秋に執行猶予付きの有罪判決を受けた。親からの援助を打ち切られて、1人暮らしもできなくなった。行き場を失い、裁判所を出た足で関東地方のダルクを訪ねた。そこで、同じように依存症に悩む人たちと出会った。互いに励まし合うことで、ようやく薬物と距離を置くことができた。

 それから12年。いまだにテレビで薬物の映像を見ると心がざわつく。薬物に手を出したことは後悔している。「軽はずみに使ったら最後だ。私のような依存症に悩む人生を歩むことになる」と強い口調で語った。

//////
参考


////// 

岡山 瀬戸内のエミュー捜索打ち切り (22日で1カ月に!)


  宿泊施設「岡山いこいの村」(瀬戸内市邑久町虫明)の飼育場から、展示用の大型鳥類エミューが逃げ出しているのが発覚してから22日で1カ月がたった。関係先に有力な情報は寄せられておらず、行方は依然不明のまま。従業員らによる捜索は打ち切られた。 施設は備前市との境にある大平山(約260メートル)の中腹に立地。従業員と地元住民らが2週間にわたり、周辺の山林などを捜したが、羽やふんなどの痕跡は見つからなかった。目撃情報も瀬戸内署や施設、同市のいずれにも寄せられていないという。 逃げたのは体高約1・6メートル、体重約60キロの雌。柵(高さ約1・6メートル)で囲んだ飼育場にいた5羽のうちの1羽で、5月22日午前、いなくなっているのに従業員が気付いた。 池田動物園(岡山市)の河田純司飼育課長はエミューが草や木の実を食べることを踏まえ「周辺の山林で生きているのではないか。人里や住宅地に現れる可能性もあり、粘り強く待った方がいい」と指摘。施設の役重学支配人は「逃げたエミューはとりわけ人懐っこい性格だった。何とか無事でいてほしい」と願っている。

/////
参考





///// 

ジーコ氏がインスタで渋川紹介 (W杯盛り上がる中 岡山 玉野市・渋川海岸を) hampanai


 サッカーの元ブラジル代表でスター選手だったジーコ氏が、5月に玉野市・渋川海岸を視察した様子を写真共有アプリ「インスタグラム」に投稿した。国内外の約78万8千人が公式アカウントをフォロー。ワールドカップ(W杯)ロシア大会の盛り上がりを受け、フォロワーがさらに増える可能性もありそうだ。 ジーコ氏は5月13日、おかやまビーチスポーツ協会(玉野市)が主催した講演会で同市を訪れ、渋川海岸にも足を運んだ。インスタグラムには同17〜19日に投稿しており、海岸の全景、自身が講演する姿、小学生のビーチサッカー大会を視察する様子などの写真計16枚を公開。「現役時代を振り返って講演した」といったメッセージも添えている。 フォロワーが賛同を示す「いいね」は計1万6600件を超えており、おかやまビーチスポーツ協会は「これ以上ない宣伝効果。W杯の真っ最中ということもあり、サッカーの『神様』の見解や分析を見ようと、フォロワー数がさらに増えるのでは」と期待する。 渋川海岸を巡っては、玉野市などが2020年東京五輪のビーチバレー事前キャンプ誘致を目指しており、同協会は「ジーコ氏の影響力で渋川海岸の素晴らしさが世界に広まってほしい」としている。

岡山市の小中学校でブロック塀の安全点検 高さやひびなどチェック 大阪北部地震受け


  大阪府北部を震源とする地震で、ブロック塀が倒壊し、小学生の女の子らが亡くなった事故を受け、岡山市で22日朝からブロック塀の安全点検が行われています。

 岡山市北区の岡山中央中学校では、市の教育委員会の職員3人が、塀の高さや傾き、ひび割れの有無などをチェックしました。
 ブロック塀の高さは、建築基準法で2.2メートルを超えないよう定められています。また1.2メートルを超える塀に必要な、塀を直角方向に支える控え壁があることなどを確認していました。

(岡山市教育委員会・学校施設課/熊代敦之 課長補佐)
「数多く、うちも小中学校を抱えておりますので、危険なところを早く確認し、何らかの対応策をとっていく必要があるかと考えています」

 安全点検は市内129の小中学校のうち、高さ80センチ以上のブロック塀がある90校が対象で、市教委では27日までに点検します。

岡山 23日は美観地区でホタル観賞を


  倉敷市美観地区でアートとグルメの複合施設「くらしき宵待ちガーデン」を営む特定目的会社・倉子城(くらしき)文化サロンは23日夜、ガーデン内の竹林庭園で初のホタル観賞会を開く。成虫約500匹を放ち、来園者にはイベントに合わせて開発したオリジナルレモンスカッシュなどを販売。同社は「幻想的な雰囲気と和の風情を多くの人に楽しんでほしい」と呼び掛けている。 竹林庭園は約600平方メートルで、脇には水が循環する全長約25メートルの人工水路がある。こうした環境を生かし、美観地区の“夏の風物詩”として広く親しんでもらえる催しができないかと、同社の山田泰子社長が知人を通じてホタルを取り寄せた。 午後7時半ごろから同10時半まで開催。ガーデン内の店舗「パーラー果物小町」ではホタルをイメージした黄、紫2層のハーブティー入りレモンスカッシュ(ノンアルコール、500円)をテークアウトで販売する。「ほたる宵待ちスカッシュ」と銘打つ新商品で、爽やかな味わいに加え、ストローで混ぜると色が変化する仕掛けも楽しめる。蒜山ジャージーミルクや県産マスカット果汁を使ったソフトクリーム(350〜430円)もある。 「観賞会が夜間の美観地区の新たな魅力創出につながればうれしい」と同社。初回の開催状況や来場者の反響を踏まえ、ホタルの定着に向けた取り組みも検討する。 入園無料(中学生以下は保護者同伴)。雨天決行。問い合わせは同社(086—425—7733)。

このページのトップヘ