世界に目を向けグローバル 366 岡山県を中心にグローカル GPS APS

地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・

岡山 男性隊員2人を懲戒免職処分

岡山県奈義町にある陸上自衛隊日本原駐屯地は、現金を横領したとして検挙された47歳の男性隊員と、腕時計を盗んだとして検挙された19歳の男性隊員を、ともに懲戒免職処分にしました。

懲戒免職処分を受けたのは、日本原駐屯地の47歳の男性2等陸曹と第13特科隊の19歳の男性1等陸士の2人です。
日本原駐屯地によりますと男性2等陸曹は、自衛隊の退職者でつくる会の会計窓口を担当していた2016年から2018年に225人分の入会金約41万円を横領した疑いで警務隊に検挙されたということです。
また、男性1等陸士は、今年6月に駐屯地の独身寮の脱衣室の棚に置いてあった腕時計を盗んだ疑いで検挙されています。
日本原駐屯地では、さらなる服務規律の徹底を図り、再発防止に努めたいとしています。
また、岡山市北区の三軒屋駐屯地は、昨年の12月8日、第4施設団第305施設隊の20代の男性陸士長が駐屯地内で、同僚隊員の現金4万円を搾取したとして懲戒免職の処分を下しています。

岡山 中学2年の男子生徒2人を逮捕

岡山市の中学2年の男子生徒2人が、通っている学校で、後輩から現金約22万円を脅し取った疑いで逮捕されました。

恐喝の疑いで逮捕されたのは、岡山市の中学2年の男子生徒2人です。
警察によりますと、2人は、今月6日の朝、通っている岡山市南区の中学校で、後輩の男子生徒に対し、「10万円貸してくれ」「親に言ったらしばくで」などと脅しました。
男子生徒が拒んだところ、翌日、「家まで行ってやちゃるけぇ」と再度脅迫し、9日に現金約22万円を校内で脅し取った疑いが持たれています。
後輩の男子生徒が両親に相談し事件が発覚したもので、被害届を受けた警察が2人を13日、逮捕しました。
2人は、後輩の男子生徒と知り合いだったということで、警察の取り調べに対し、容疑を認めているということです。

/////

中学校内で現金22万円脅し取る 2年生2人逮捕、容疑で岡山南署

中学校内で男子生徒から現金22万円を脅し取ったとして岡山南署は13日、岡山市の中学2年の少年2人=いずれも14歳=を恐喝の疑いで逮捕した。

 2人の逮捕容疑は6、7日、岡山市内の同じ中学校に通う1年の男子生徒を呼びつけ、「10万円貸してくれ」「このこと親に言ったら家に行ってしばくで」「親に言ってないじゃろな」「持ってこんかったら家まで行って引きずり出してやっちゃるけぇ」などと脅し、9日に校内で現金約22万円を受け取った疑い。

 同署によると、男子生徒の保護者が、自宅の現金がなくなっているのに気付いて発覚。被害届を受けて調べていた。2人とも容疑を認めている。
/////

後輩を恐喝か中学生2人逮捕

岡山市にある公立中学校の2年生の生徒2人が、1年生の男子生徒から、学校で現金およそ22万円を脅し取ったとして、恐喝の疑いで逮捕されました。

警察によりますと、逮捕されたのは、岡山市内の公立中学校に通ういずれも14歳で2年生の生徒2人です。
2人は同じ中学校に通う1年生の男子生徒を、今月6日と7日に学校の廊下や自宅に呼び出して「10万円貸してくれ。金を持ってこなかったら、家まで行って引きずり出す」などと言ったということです。
そして、今月9日、学校の男子トイレで、現金およそ22万円を脅し取ったとして恐喝の疑いが持たれています。
被害を受けた生徒の親が、自宅の現金がなくなっていることに気付き、今月11日、男子生徒と一緒に警察に被害届けを出したということです。
調べに対して、少年2人は「後輩を脅して、金を受け取ったことは間違いない」と供述し、容疑を認めているということで、警察が、犯行の動機や詳しい経緯を調べています。
岡山市教育委員会は「事件について確認中だ」としています。

/////
中2男子2人、後輩から22万円恐喝容疑 「親に言ったらしばく」 岡山県警逮捕

岡山県警岡山南署は13日、後輩の中学生から現金約22万円を脅し取ったとして、岡山市内の中学2年生の男子生徒2人(いずれも14歳)を恐喝の疑いで逮捕した。いずれも容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、男子生徒2人は共謀し、今月6日、校内で1年生の男子生徒(12)に「10万円貸してくれ」「親に言ったら家に行ってしばくで」と脅し、7日にも「持ってこんかったら家に行って引きずり出しちゃる」と脅迫。9日朝、校内の男子トイレで現金約22万円を受け取ったとされる。

 同署によると、1年生の男子生徒は自宅から親の金を持ち出したとみられる。11日に親に相談し被害届を提出した。
/////

20万円恐喝容疑 中学生2人逮捕

同じ中学校に通う後輩から現金20万円あまりを脅し取ったとしてきょう、岡山市の男子中学生2人が恐喝の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのはいずれも岡山市南区の中学校に通う2年生の男子生徒2人です。

警察の調べによりますと、2人は今月6日から7日にかけて後輩にあたる1年生の男子生徒に「10万円貸してくれ」、「親に言ったら家に行ってしばく」などと脅迫し現金およそ22万円を脅し取った疑いです。

これまでの警察の調べに対し2人は「まちがいありません」などと容疑を認めていると言う事です。

警察では、他の生徒に対しても同じような恐喝行為を行なっていなかったかなど、余罪についても調べを進めています。
/////

岡山・香川 10階建てマンションで火災 けが人なし

岡山・香川で朝から火事が相次ぎました。
いずれもけが人はいませんが、消防が注意を呼びかけています。

午後2時ごろ、岡山市北区伊福町の住宅街で「家が燃えている」と近くに住む人から119番通報がありました。
火は2時間ほどで消し止められましたが、木造2建ての住宅2棟の一部などが焼けました。
この火事によるけが人はいませんでした。
また、午前9時半ごろには岡山市北区七日市西町の10階建てのマンションの一室から火が出ました。
火は約20分で消し止められました。
火元の部屋には、70代の夫婦が住んでいて、夫は外出中でけがはなく、妻は部屋にいましたが逃げ出して無事でした。
午後2時半ごろ、高松市朝日新町にあるうどん店「たも屋」本店で、ダクトから煙が出ていると、従業員から消防に通報がありました。
店は木造平屋で、消防が消火に当たり壁や天井などが焼けて2時間半あまりで完全に消し止められました。
店は営業を終えた直後で、従業員がいましたが、けがはありませんでした。
消防は、乾燥しやすい時期なので、火元を良く確認するよう呼びかけています。

/////
「何回もどんどんと」住宅街で木造住宅1棟が全焼 けが人なし 岡山市


13日午後、岡山市で住宅1棟が全焼しました。けが人はいませんでした。

(現場近くの人はー)
「何回もどんどんといっていました。破裂するような」


消防が火事の原因を調べている

 午後2時ごろ、岡山市北区伊福町で「住宅から煙が出ている」と119番通報がありました。この火事で、木造2階建ての住宅1棟が全焼しました。住宅には4人が住んでいて出火当時、2人がいましたが逃げ出して無事でした。

 現場は岡山工業高校の近くの住宅街で一時騒然としました。消防が火事の原因を調べています。

/////

セブン未払い 経緯の徹底検証が要る

 経営を巡る問題が相次ぐセブン―イレブン・ジャパンで、またも不祥事が発覚した。

 フランチャイズ加盟店の従業員に長期間、残業代の一部が支払われていなかったという。

 データの残る2012年3月以降の判明分だけでも総額は遅延損害金を含め4億9千万円。対象は3万人を超え、最大で1人280万円に上る。

 加盟店のアルバイトやパート従業員の人件費はオーナーが負担するが、給与計算や振り込みは本部が代行している。

 賃金計算プログラムのミスが未払いの原因というが、あきれるのは労務管理のずさんさだ。

 未払いは既に2001年に労働基準監督署から指摘されていたにもかかわらず、公表も追加の支払いもしなかった。

 その後に変更した残業手当の計算式も誤り、今年9月に加盟店が労基署から是正勧告を受けて未払いの継続が発覚したという。

 未払いは創業間もない1970年代から続いており、2012年2月以前の対象者や不足額は、データがないため不明という。

 それらも含めると、未払い総額は「数十億円規模」になると指摘する関係者もいる。

 残業代は従業員の正当な労働の対価である。未払いのまま長年放置されてきたのはなぜか。セブンは経緯を徹底検証し、対象者をくまなく救済するべきだ。

 既に退職している対象者については、給与明細を保存していなくても通帳に振り込まれた記載があれば支払うなど、柔軟な対応が欠かせないだろう。

 セブンは今年、24時間営業を巡る加盟店との対立で、オーナーに過酷な勤務を強いている実態が明らかになり、批判を浴びた。

 7月に始めたスマートフォン決済サービス「7pay」は、不正利用事件でセキュリティーの不備が露呈し、信用を失って早々と廃止に追い込まれた。

 本部社員が店舗のオーナーに無断でおでんなどの商品を発注する内規違反が横行していることも判明している。

 セブンが長年リードしてきたコンビニは、日本に新しい消費文化を根付かせるとともに災害時の重要なインフラともなってきた。

 だが、利益追求に走るあまり、加盟店やそこで働く従業員を軽んじてきたとすれば罪が重い。

 抜本的な出直しなしに信頼が取り戻せないことを経営陣は深く自覚してもらいたい。

来年度の診療報酬改定、0.55%上げで最終調整

 政府・与党は、来年度の診療報酬の改定で医師の人件費など「本体」部分を実質的に0.55%引き上げる方向で最終調整に入りました。

 診療報酬は医療サービスの対価として病院や薬局が受け取るもので、患者の窓口負担や保険料などによって支払われています。医師の人件費や技術料などにあたる「本体」部分と、薬代などの「薬価」部分から構成され、2年に1度、改定されます。

 政府・与党は、本体部分について実質的に0.55%引き上げる方向で最終調整に入りました。このうち、0.08%分が長時間労働の是正など勤務医の働き方改革のための費用にあてられるということです。これにより、引き上げ幅としては前回2018年度の改定と同じ水準となります。

このページのトップヘ