世界に目を向けグローバル 366 岡山県を中心にグローカル GPS APS

地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・

美観地区に「WiFi」整備へ  岡山 倉敷市

岡山市の フリー Wi Fi は、唯一安全らしい? 観光都市 京都 から・・

体験型 の観光

外国人 観光客

倉敷市美観地区で10月から、インターネットに接続できる公衆無線LANサービス「WiFi(ワイファイ)」がスタートする見通しとなった。同市が23日、市議会一般質問の答弁で明らかにした。
 倉敷ケーブルテレビ(同市中島、KCT)が総務省の補助事業として整備する。倉敷川沿いを中心に3カ所の接続スポットを設け、各スポットから半径50メートル程度のエリアで無料利用とする計画。近く工事を始める。
 KCTは利用状況を見て、美観地区内でエリア拡大を検討。市は市有施設を接続スポットに提供することなどで協力する。
 市観光課は「外国人観光客からネット利用環境の整備を求める声は多いため、一層の誘客につながる。会員制交流サイトなどを通じ、観光地としての情報発信力が増すことも期待している」としている。

/////
安全なWiFiを


2015年04月08日
京都市の公衆WiFi「危険」 府警「犯罪インフラに」警告印刷用画面を開く


外国人など観光客らが効率的にインターネットを使えるように全国で整備が進む公衆無線LAN「WiFi(ワイファイ)」をめぐり、自治体間で接続環境の安全性に格差が生じている。観光客獲得に向け、利便性を優先させようとする自治体間の競争が背景にあり、国は「安全性をおろそかにすると、犯罪インフラになりかねない」と懸念する。京都府警は、京都市のWiFi環境のセキュリティーに問題があるとして、市に改善を要請している。

■通信傍受・犯罪悪用恐れ

 京都市は2012年8月から民間の通信会社と共同で無料のWiFi整備を始めた。当初は、接続する際に指定された宛先にメールを送る仕組みで、ある程度は利用者の特定が可能だった。しかし、昨年12月以降、メールを送らなくても利用規約に同意するだけで24時間無料で接続できる方法に簡略化。市によると、バス停など約1500カ所に無料スポットを整備し、今年3月の利用件数は延べ62万2千件に上るという。

 一方、府警サイバー犯罪対策課の分析で、市の現行のWiFi環境は、犯罪予告や薬物密売に悪用された場合、発信元の特定が困難だと判明した。

 利用者の無線通信が暗号化されず、他人に傍受されたり、個人情報が漏れる恐れもあり、府警は「ネット環境があまりに危険」として3月、市にセキュリティーの向上を求めた。

 市は「他の観光都市に負けないため、利便性を追求した。今後、利用時間に制限を設けるなど安全対策を見直す」としている。

■安全性、自治体で差

 総務省は、新たな通信網の確保を目指してインターネットに接続できる公衆無線LAN「WiFi」の普及を進めている。観光や防災を目的とした整備を補助金の対象としており、1月現在、全国の408市区町村がWiFi整備に取り組んでいるという。

 全国では、福岡市が京都市と同様、使いやすさを優先し、利用時に身分証明書の提示を求めず、通信情報の暗号化もしていない。

 一方、神戸市は安全対策として、WiFiを利用する外国人観光客にパスポートの提示を求め、名前や国籍を記録してからIDとパスワードを発行するなど、自治体間で管理態勢にばらつきが出ている。

 総務省は「安全面で意識の低い自治体がある。セキュリティー対策の重要性やノウハウを周知徹底する」としている。

■国が統一基準を

 立命館大情報理工学部の上原哲太郎教授(情報セキュリティー論)の話 公衆無線LAN整備事業を進めるにあたり、重要な利用者の本人確認を徹底していない自治体があるのは問題だ。自治体間でインターネットの安全性に格差があると、日本全体が危険にさらされることになる。安全対策については国が主導的に統一した基準をつくり、自治体や事業者が運用すべきだ。

/////
古都(こと) 京都・・・! 公衆WiFiも「こと(古飛)」だった? 京都市の公衆WiFi「危険」???  府警「犯罪インフラに」警告
/////

瀬戸内・牛窓で地引き網体験 岡山 瀬戸内市牛窓町
岡山 瀬戸内市牛窓町

地引き網を体験するイベントが21日、瀬戸内市牛窓町鹿忍の西脇海水浴場であり、市内の小学生とその親ら約330人が参加した。
 参加者は海岸の清掃活動に取り組んだ後、沖合100-150メートルに張られた網を引き上げ。チヌ、イカ、メバル、タコなどが捕れ、子どもたちが歓声を上げて走り寄った。捕れた魚はくじ引きをして持ち帰った。
 牛窓町漁協女性部手作りの海の幸入り「漁師鍋」も振る舞われ、同市の小学2年男子(7)は「いろんな魚が捕れて楽しかったし、料理もおいしかった。魚をもっと食べるようにしようと思う」と話した。
 同漁協青壮年部(福江洋之部長)が、地域の基幹産業である漁業や魚食文化に理解を深めてもらおうと、牛窓町公民館の協力で10年ほど前から開催。参加受け付け直後に定員いっぱいとなる人気イベントという。

/////
牛窓のたこの足が9本?

2014年5月24日(朝日新聞)
岡山 ちょっとお得? たこ焼き屋に9本足のタコ入荷

岡山駅前商店街のたこ焼き屋「縁(よすが)」で23日、9本足のタコが見つかった。店長の本村哲治さん(43)が朝に瀬戸内市牛窓町で仕入れた。牛窓町漁協の平野伸典組合長(73)は「聞いたことがない」と驚いている。/////

玉野海洋博物館に風鈴飾り付け 岡山
風鈴飾り 玉野海洋博物館 ss


風鈴飾り 玉野海洋博物館

玉野海洋博物館の入館者に涼を感じてもらおうと、市内の知的障害者の親睦団体「つばさの会」(20人)は21日、風鈴約80個を館内に飾り付けた。
 同会と、保護者でつくる「市手をつなぐ育成会」のメンバー計7人が、瀬戸内海や北国の生き物の展示コーナーに設置。脚立に上り、天井に渡した青竹10本に風鈴を一つずつ丁寧に取り付けていった。
 風鈴は、同育成会が寄付を募ったり購入したりして用意した。赤と黒の金魚、打ち上げ花火、アサガオなど夏らしい絵柄が中心。涼やかにエアコンの風に揺れ、軽やかな音色を響かせている。
 坂口誠館長は「つばさの会による風鈴飾り付けは3年目で、夏の風物詩として定着してきた。暑い日にはぜひ、海洋博物館の水と生き物と風鈴で涼んでほしい」と話している。
 同会は2013年から毎年、同館に風鈴を設置している。

岡山・渋川海岸、安心して泳いで サメ防御ネット設置
渋川海水浴にGO  岡山

渋川海水浴場 岡山

県下最大級の海水浴場として知られる渋川海岸(玉野市)で23日、来月11日の海開きを前にサメ防御ネットの設置作業が始まった。

 ネットは計10枚をつなぎ合わせ、東側65メートル、西側75メートル、沖合420メートルと遊泳区域を「コ」の字状に囲む。網にはたる型のオレンジ色のブイが付く。

 この日は同市から委託を受けた業者9人が船でネットを引っ張り、1枚ずつつなぎ合わせた。

 今後は海底部分(深さ7-8メートル)の固定作業を行い、水上バイクなどの進入禁止用ロープ、浮き飛び込み台などの設置作業も進める。

 同海岸の遊泳客は毎年5万人前後。サメ防御ネットは平成4年、愛媛県沖の瀬戸内海で起きたサメ騒動を機に毎年、設置している。今年も営業期間中、スイカ割大会や宝探しなどの催しが予定されている。


////
渋川海水浴場でサメ防御網設置


7月11日の海開きを前に、玉野市の渋川海水浴場で23日、海水浴客をサメから守る防御網が設置された。
 防御網(網目約5センチ四方)はサメが嫌うとされるオレンジ色。約2メートルごとに同色のブイが付き、遊泳エリアの正面約400メートル、東側約65メートル、西側約75メートル、深さ最大約7メートルにわたって「コ」の字形に囲む。
 市の委託業者9人が午前8時半から作業を始め、小型船3隻で網を砂浜から沖合まで引っ張り、海底の土台に固定した。7月上旬までに水上バイクの進入を防ぐロープや飛び込み台も順次設置し、シーズンに備える。
 防御網は、瀬戸内海でダイバーがサメに襲われたのを受け、1992年から毎年設置。近年はサメの目撃情報はないものの、市商工観光課は「昨シーズンは天候不順などで海水浴客数は振るわなかったが、安全対策を整えているので安心して夏の海を楽しんでもらえれば」としている。
 海水浴期間は8月23日まで。

////

岡山高島屋 出現!妖怪ウォッチランド~キミも妖怪と友だちになろう!~

高島屋 妖怪ウォッチ

小学生を中心に大人気の『妖怪ウォッチ』の「ちょっと不思議な日常」が広がる世界をイベントで再現!街中に潜んでいる妖怪を見つけにいったり、困っている妖怪がいたら助けたり、時には悪さをする妖怪とバトルしたりと来場した君たち自身が、まるで主人公になったような気分が味わえる!

クリアすると素敵な景品もゲットできますが、内容は来場してからのお楽しみ!

妖怪ウォッチの世界観を満喫しよう!


【会場】

岡山高島屋8階催会場(岡山県)

岡山 高島屋


https://www.takashimaya.co.jp/okayama/

〒700-8520岡山市北区本町6番40号 TEL:(086) 232-1111


【期間】

2015/7/8(水)~2015/7/20(月・祝)会期中無休


【時間】10:00~19:00

※最終日は16:00閉場(入場は閉場の30分前まで)


【入場料】


●前売券/一般・高校生700円 3歳~中学生500円

 ※前売券は7月7日まで販売

              

●当日券/一般・高校生800円 3歳~中学生600円

 ※2歳以下無料

 ※入場料は税込み

 ※「障害者手帳」をご提示いただいたご本人様、ならびに、ご同伴者様1名様まで入場無料

 ※タカシマヤのクレジットカード、タカシマヤ友の会会員証、さん太クラブ会員証、山陽カルチャー会員証、吉備創生カレッジ会員証のご提示で当日料金を100円引き


【前売券販売所】


●山陽新聞社サービスセンター

●岡山高島屋7階おもちゃ売り場

●ぎんざや

●岡山シンフォニーホールチケットセンター

●セブン-イレブン(http://7ticket.jp)

●ローソンチケット Lコード:68918

●サークルK Pコード:989-587

●サンクス Pコード:989-587

●チケットぴあ Pコード:989-587


お問い合わせ

山陽新聞社事業本部 TEL 086-803-8015


▼テレビせとうち

http://c.sanyonews.jp/event/youkai/


▼岡山高島屋

https://www.takashimaya.co.jp/okayama/

http://c.sanyonews.jp/event/youkai/

このページのトップヘ