世界(地域/岡山)に目を向けグローバル 366 岡山県を中心にグローカル GPS APS

岡山 中心 グローカル 地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・

岡山 中心 グローカル 地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・

岡山 シーボルトに学んだ3人の功績は  岡山蘭学

 
 連続シンポジウム・岡山蘭学(らんがく)の群像第8回「シーボルトになろうとした男たち」(山陽放送学術文化財団主催、岡山日蘭協会共催、山陽新聞社後援)が8月25日午後2時から、岡山市北区柳町の山陽新聞社さん太ホールで開かれる。江戸時代後期、オランダ商館医シーボルトが長崎に開いた医塾に留学した岡山の医師3人の業績や地域医療への貢献について語り合う。 シーボルトの「鳴滝塾」に学んだのは、備中足守藩医の石坂桑亀(そうき)、岡山で医院を開業した石井宗謙、岡山藩家老の侍医を務めた児玉順蔵—の3人。彼らが習得した西洋医学の知見や育てた弟子の活躍が、現在の岡山大医学部の源流となる岡山藩医学館の開設(1870年)につながった。 シンポジウムでは、鳴滝塾の実態に詳しい原田博二・長崎歴史文化博物館研究所元所長が基調講演する。文化ジャーナリストの下山宏昭氏は、天然痘を防ぐ種痘の普及を進めた緒方洪庵と児玉順蔵の親交などについて語り、槇野博史岡山大学長は、石坂桑亀の養子堅壮(けんそう)が医学館教授に招かれ、医学教育の基礎を築いたことなどを話す。 入場無料。申し込みは、はがきに氏名、住所、電話番号を書き、〒700—8580、岡山市北区丸の内2の1の3、山陽放送学術文化財団へ。ファクス(086—225—5046)、メール(nichiran@rsk.co.jp)でも受け付ける。31日締め切り。応募多数の場合は抽選。

岡山  「成年後見センター岡山」利用を


 岡山県内の社会保険労務士有志により今春設立された一般社団法人「社労士成年後見センター岡山」(岡山市北区野田屋町)の業務を推進するためのイベントが26日、岡山市内で開かれた。 同センターには、成年後見に関する研修を受けた社労士25人が所属。認知症や知的障害などで判断能力が不十分な人の財産管理や契約などを担う。個々の社労士でなく法人として対応することで認知度が上がり利用促進が期待できるほか、利用者への長期的支援、複数人による業務のチェックが可能になるという。 中四国で2例目の社労士による法人として3月に設立されたが、まだ利用はない。イベントで山口哲司代表理事はメンバー約30人に「成年後見のニーズは高い。センターの周知を図り、多くの人に利用してもらおう」と呼び掛けた。この後、成年後見に詳しい岡山弁護士会の竹内俊一弁護士が法人後見のメリットなどについて講演した。

岡山 井原で10月「空宙」イベント

 星と音楽を楽しむイベント「空宙(そらそら)ガールズミーティング」(井原市民有志らでつくる実行委主催)が10月21日、井原市美星町地区で開かれる。3回目となる今年は岡山市の男性が仲介し、地方発信型音楽フェス「ワン+ネーション ミュージック サーカス」がタイアップ。第一線で活躍するプロミュージシャンが出演するなど、より充実したステージを繰り広げる。 空宙は2015年にスタート。星空観望会や音楽演奏などを行っており、昨年は約1300人が来場した。ワン+ネーションは音楽を核に地域の魅力を発信しようと、大手レコード会社の元役員が仕掛けたイベント。昨年開かれた愛知県犬山市には「DA PUMP」、宮崎県都城市では「TRF」ら人気アーティストが登場し、会場には地元グルメのブースが設置された。 空間プロデュースなどを手掛ける岡山市北区の小竹規弘さん(40)が元役員と知り合いで、ワン+ネーションを岡山県内に誘致しようと、空宙へタイアップを打診した。 会場は歴史公園・中世夢が原(井原市美星町三山)と、隣接する美星天文台。これまで以上に音楽ライブを充実させる方針で、出演アーティストは後日発表する。例年のように天体観測会なども予定している。 女性向けの催しというスタンスは変えず、女性と同伴者に限っていた参加を男性のみでも来場できるようにする。 実行委員長の川上直哉さん(46)=同市=は「新しい客層が加わり、多くの人に美星の魅力を知ってもらうチャンス。楽しんでもらえるイベントにしたい」と話している。問い合わせはメール(ssgm2017bisei@gmail.com)で実行委へ。 ◇ ステージ出演者を募集 空宙ガールズミーティングの実行委は、10月21日のイベントのステージ出演者を募集している。応募は8月5日まで。 ダンスや大道芸といったパフォーマー▽県内アーティスト▽県外アーティストの3部門で募集。「プロと同じステージに立ち、大勢の観客にパフォーマンスを披露できる。若者に夢を与えられる企画にしたい」と実行委は話す。 応募は専用メール(on.okayama@gmail.com)で受け付ける。自作のミュージックビデオやライブ映像を動画サイト「YouTube」にアップしてURLを付け、イベントのホームページ(http://onenationmc.jp/bisei/)に掲載している必要事項を記入する。アーティストの2部門については、映像がなければ音声のみでも可。 1次審査の通過者は、岡山市内のスタジオで9月3日に行われる実演審査(1組2千円のエントリー料が必要)に参加できる。各部門で1組以上選ぶ予定。問い合わせは専用メールへ。

16市町村「保育需要」上方修正 岡山

 岡山県は26日、2019年度までの保育需要について、県内全27市町村のうち岡山、倉敷市など16市町村が想定よりも「増える」と見込んでいることを明らかにした。少子化が進む一方、共働き世帯の増加や女性の社会進出を背景にニーズが高まっているためで、各自治体では上方修正した新たな需要予測に基づいて、保育所の定員拡大などを進めていく方針だ。 市町村は子ども・子育て支援法に基づき、15〜19年度の保育需要の見通しや受け入れ枠を盛り込んだ「子ども・子育て支援事業計画」を策定している。17年度はその中間年に当たることから、国が実態に沿った計画に見直すよう各自治体に要請。県が3月時点の状況をまとめた。 保育需要の増加を見込んでいるのは、岡山、倉敷、津山市、和気町、西粟倉村などの16市町村。このうち、待機児童(4月時点)が県内最多の849人の岡山市は、現行計画では入園希望者が16年度から減少に転じるとみていたが、今後も年600人ペースで増えていくと修正。保育所の新設や増改築などで、19年度までの3年間で受け入れ枠を3400人増の1万9千人とする方向で検討している。 過去最多となる186人の待機児童を抱える倉敷市も、19年度の保育需要は現行計画よりも約2割高まると予想。需要の高い市中心部では同年度末までに定員を180人程度拡大するという。 一方、他の11市町村は現行計画の需要予測を維持する考え。このうち、2人の待機児童が生じている備前市は「少子化を踏まえれば、保育需要はこれ以上高まらないと判断しており、待機児童も解消可能」としている。 各自治体の保育需要の予測はこの日、岡山市内で開かれた県子ども・子育て会議で報告された。PTAや保育所関係者ら委員11人が出席し、「保育士不足は地域を問わず深刻。県はしっかり人材確保を支援してほしい」「少子化は確実に進んでおり、将来の需要を見極めて保育所を整備すべきだ」といった意見が出た。
 

岡山駅前を高校生がゴミ拾いボランティア 学生服での参加呼び掛け


 ゴミ拾いのボランティアをするNPO法人「グリーンバード岡山チーム」が7月29日、高校生を主体とした清掃活動を岡山駅前で行う。


 同団体は2003年東京・表参道で始まったゴミ拾いのボランティア団体。岡山チームは2013年3月に結成し、これまで280回以上の清掃活動を岡山県内で行っている。参加者は同じ緑のユニホームを着て「楽しく」ゴミ拾いをするのが特徴で、その様子を見た人に「ポイ捨てはかっこ悪い」と感じてもらい、ポイ捨てする人を減らすことを狙い活動を行っている。

 高校生が運営・参加して行うのは今回で2回目。5月13日に行った初回の活動では高校生27人、大人18人の総勢45人で岡山駅前を清掃活動した。立案した明誠学院高等学校3年の藤原走馬さんは「校外活動をするきっかけにしてほしい。学校を超えて仲間が集まれば、社会貢献もできる。高校生のかっこいいところを見てほしい」、山陽女子高等学校3年の藤田清美さんは「友達と集まってワイワイするのが大好き。街のためになるならもっといいと思う」と話す。

 今回のテーマは「海ゴミ」。グリーンバード全国85チームでは日本財団の「海と日本プロジェクト」として夏の間、海ゴミ清掃にも力を入れている。岡山市内で今月16日に瀬戸内海の保全を考えるシンポジウムも行われたことから、「街でポイ捨てされたゴミが海を汚すことを高校生にも知ってほしい」とテーマに選んだ。

 藤原さんは「高校生は学生服で参加してほしい。事前登録などなく、当日手ぶらで誰でも参加できる。夏休みの学校や遊びに行く合間に参加してほしい」と呼び掛ける。

 開催時間は10時〜11時。集合場所は岡山駅前の桃太郎像周辺。高校生以外も参加可能。

このページのトップヘ