世界に目を向けグローバル 366 岡山県を中心にグローカル GPS APS

地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・

ププレひまわり 訪問看護へ参入

ドラッグストア経営のププレひまわり(福山市西新涯町)は、訪問看護事業に乗り出す。在宅療養する患者向けに、看護やリハビリなどのサービスを提供。同市北部の店舗を改装して「訪問看護リハビリステーション」を設け、5月にも事業を始める。
 国が在宅医療を推進する中、医療機関を退院して自宅で療養する患者の増加を見込み、新規参入で事業拡大を図る。同社によると、入浴補助や家事援助の訪問介護を手掛ける小売業者は多いが、看護師らを派遣する訪問看護事業を行うドラッグストアは全国的にも珍しいという。
 計画では、スーパードラッグひまわり御幸店(福山市御幸町下岩成)の一角を改装し、事務所を開設。看護師をはじめ、理学療法士や作業療法士ら計約10人を配置し、事前に登録した患者の自宅へ派遣する。地域の医師や薬剤師とも連携し、床ずれ処置や点滴、歩行訓練などを行う。150-200人の登録で、月500万円程度の事業収入を目指す。
 昨秋設立した100%子会社・ププレエイド(同市西新涯町、資本金500万円)が運営。3年後をめどに福山市内に店舗併設の拠点を5カ所まで増やしたい考え。
 ププレひまわりは「福山市内には訪問看護の事業者が少なく、事業を通じて患者や家族の生活支援に役立ちたい。地域の医療機関やケアマネジャーとの連携も図っていく」としている。
 同社は1984年設立、資本金4900万円。岡山や広島県などに計95店を出店し、売上高362億円(2015年9月期)。従業員約1800人(パート含む)。

熊本救援物資のトラック出発 岡山


 岡山北商工会青年部(岡山市北区御津宇垣)は22日、熊本地震の被災地に向けて救援物資として食料などを発送した。
 救援物資は飲料水(2リットル入りペットボトル1782本)、カップ麺1740個をはじめ、生理用品や紙おむつ(大人用、子ども用)、乾電池、紙コップなど。同商工会のほか、県内の9商工会の青年部から寄せられた。
 22日は同商工会津高支所(同吉宗)で、青年部員ら30人が物資を大型トラック2台に積み込み。熊本県益城町(ましきまち)に向かって出発した。青年部員6人が交代で運転。24日まで現地に滞在し、熊本県の商工会と連携して物資を配布する。
 呼び掛けた青年部の男性(42)=同市北区=は「岡山から元気を届け、被災された方に早く笑顔になってもらいたい」と話していた。

熊本 (大分) 地震 ニュース (「熊本 炊き出し」 「熊本 テント 無料」「一時 避難」先「熊本 食糧」の 最新 情報も)

雇用安定を 連合岡山がメーデー 岡山

連合岡山は23日、第27回岡山県中央メーデーを岡山市北区北長瀬表町の岡山ドームで開き、雇用安定などを図り「働くことを軸とする安心社会をつくろう」とするメーデー宣言を採択した。
 産業別の37組織から約3千人が参加。金沢稔会長は、今年の春闘で大手企業を中心に3年連続の賃上げが実現したことを踏まえ「中小企業や地場産業への波及は限定的。暮らしの底上げ、格差是正に引き続き取り組み、デフレからの脱却、景気の好循環につなげていこう」と呼び掛けた。
 「ふれあいメーデー」として模擬店約40店が並び、参加者が家族で楽しんだ。パワハラやセクハラ、労働時間などに関する相談ブースも設けられた。

野党、1人区は半数で統一候補 岡山

民進、共産、社民、生活の野党4党が夏の参院選で目指す改選1人区での統一候補擁立が、32選挙区のうち半数を超える17選挙区で実現した。大半は共産党の公認候補取り下げによるもので、統一の動きはさらに加速する見通しだ。民進党幹部は「最終的にほとんどの1人区で統一させる」と意気込む。

 民進党や共産党が23日までに統一候補として発表したのは青森、宮城、山形、栃木、群馬、石川、福井、山梨、長野、岡山、山口、長崎、熊本、宮崎、沖縄に加え、今夏の参院選で合区となった「鳥取・島根」と「徳島・高知」の計17選挙区。

岡山でAMDAが街頭募金活動

熊本地震の被災地支援に取り組む国際医療ボランティアAMDA(本部・岡山市北区伊福町)は22日、同本町の岡山高島屋前で街頭募金を行った。
 スタッフやボランティアら17人が「医療支援活動に協力をお願いします」などと通行中の会社員らに訴えた。1時間ほどで集まった浄財5万7017円は現地での活動費に充てるという。街頭に立ち、協力を呼び掛けた岡山大医学部4年神浦真光さん(21)は「被災者の役に立ちたいと思い参加した。今後もできることを考え、行動する」と話した。
 募金は23、24日も同所で午前11時半から約1時間行う予定。
 AMDAは地震発生翌日の15日に現地入りして緊急医療活動を開始。これまでに医師、看護師ら延べ16人を派遣し、被災から1週間が経過した避難所などで医療支援を継続している。

熊本 (大分) 地震 ニュース (「熊本 炊き出し」 「熊本 テント 無料」「一時 避難」先「熊本 食糧」の 最新 情報も)

このページのトップヘ