世界(地域/岡山)に目を向けグローバル 366 岡山県を中心にグローカル GPS APS

岡山 中心 グローカル 地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・

岡山 中心 グローカル 地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・

「加計」グループ校内に自民支部 岡山

 政治団体「自民党岡山県自治振興支部」(岡山市北区)が、学校法人「加計学園」のグループ校内を所在地としていることが分かった。25日の参院予算委員会で無所属の松沢成文氏が取り上げ、「(同学園の)加計孝太郎理事長が代表者を務めている。こんなことが許されるのか」と疑問を呈した。

 これに対し、松野博一文部科学相は「現地調査で確認したところ、生徒に影響を与える政治活動は行われておらず、教育基本法に反する状態にはないと判断した」と説明。安倍晋三首相は「(友人の加計氏に)自民党の政党活動を支援してもらうよう頼んだことはない」と述べた。

//////


加計学園 獣医学部新設 問題の真相どこまで明らかに?

2日間にわたり行われた衆参両院の予算委員会。加計学園の獣医学部新設をめぐる問題の真相はどこまで明らかにされたのでしょうか。
“加計ありき”だったのか
最も注目されたのが獣医学部新設の選定過程が加計ありきでなかったかどうかという点です。政府側は今回の予算委員会でも、獣医学部新設の選定は第三者の民間委員が入った国家戦略特区諮問会議が「一点の曇りなく行った」とその適切さを改めて強調しました。
安倍総理大臣もみずからが加計学園の獣医学部新設について知ったのは加計学園が事業者に決定したことし1月20日だったと答弁しました。

これに対し、野党からは一斉に反発の声が上がりました。特に指摘されたのは過去の総理自身の答弁との整合性についてです。
例えば先月16日の参議院の予算委員会で、安倍総理大臣は社民党の福島みずほ議員から加計学園が獣医学部新設を目指しているのを知ったのはいつかと問われた時、構造改革特区において、加計学園が申請していたことは知っていたとしたうえで、「国家戦略特区に申請すれば私の知り得るところになる」と答弁していました。

しかし、構造改革特区の時点から知っていたとすれば平成19年度また、国家戦略特区に加計学園が事業者として申請した時点であれば知ったのはことし1月10日ということになり、いずれも24日の答弁とは食い違います。結局、安倍総理大臣は「加計学園と今治市とで、少し混同があった」と述べて、過去の答弁を修正するとともに陳謝しました。

また、国家戦略特区の選定過程において文部科学省が作成した「加計ありき」ともとれる新たな内部文書も注目されました。
これは「加計学園への伝達事項」と題された文書で、加計学園が獣医学部新設の事業者に決まる2か月前に文部科学省から学園側に懸念する内容を伝えるためにまとめたものです。
野党は松野文部科学大臣に対して、加計ありきを裏付ける資料ではないかとただしましたが、松野大臣は「学部新設の相談を個別の学校法人がすることは特区で認められる前でも可能だ」と述べて、「加計ありき」ではないと主張しました。
総理のご意向は
また、文部科学省の内部文書に記載されていた「総理のご意向」が実際にあったかどうかについても焦点となりました。
政府側は参考人として出席した和泉総理大臣補佐官や愛媛県の加戸元知事に加え、この問題が「加計ありき」だったと証言している文部科学省の前川前事務次官も安倍総理大臣から獣医学部新設について直接指示は受けていなかったとして、「総理のご意向」はなかったと主張しました。

これに対し野党は、前川前事務次官が「総理が自分の口で言えないから私が代わって言っている」などと、獣医学部新設を認めるよう求められたとしていた和泉総理大臣補佐官を参考人として呼び、直接、事実関係をただしました。
和泉総理大臣補佐官は前川氏と面会した事実は認めましたが、あくまで国家戦略特区の一般論としてスピード感を持って取り組むように求めただけで、加計学園のことは一切口にしていないと答弁しました。
真相解明は
2日間にわたる予算委員会の質疑で、安倍総理大臣は「丁寧な説明」に心がけ、これまでの説明に反省の言葉を口にする場面もありました。しかし、全体として新たに明らかになった事実は少なく、政府側の答弁においては新たな物証は示されず、相変わらず「記憶がない」「記録がない」という答弁が繰り返される結果となりました。

野党側はさらに集中審議を行うよう求めるとともに、「加計学園」の加計孝太郎理事長、文部科学省の前川前事務次官、和泉総理大臣補佐官それに安倍総理大臣の夫人の昭恵氏の、合わせて4人の証人喚問を要求しました。

獣医学部新設が「加計ありき」だったのか、また、「総理のご意向」はあったかどうか、いずれの焦点についても真相の解明は道半ばといった状況です。政府には国民が納得できる説明が一層求められることになります。

////// 

梅雨期豪雨の県内被害1.2億円 岡山

 岡山県は24日、今年の梅雨期の豪雨による県内の道路、河川の被害状況をまとめた。赤磐市内の護岸が崩壊するなど被害総額は約1億2260万円に上った。 県中部を中心に豪雨が目立った6月29日〜7月10日で集計。道路被害は高梁市、吉備中央町、久米南町の計26カ所で発生した。地盤が緩んで路面に亀裂が入ったり、のり面が崩れたりし、被害金額は約7110万円となった。 河川は赤磐市と吉備中央町の2件。このうち赤磐市長尾の両宮(りょうぐう)川は増水で護岸が140メートルにわたって崩壊し、被害金額約5150万円の大半を占めた。 県は被害箇所が災害復旧事業として国の補助が受けられるよう準備を進めており、防災砂防課は「さらに被害が広がらないよう迅速な補修に努める」としている。

学びと癒やし「患者図書室」定着 岡山大病院など


 岡山県内初の本格的な病院内図書室として誕生した岡山大病院(岡山市北区鹿田町)の「患者図書室」が、リニューアルオープンして10年目に入った。次第に蔵書が充実するとともにボランティアによる地道な運営が実を結び、医療の知識と癒やしを患者にもたらす場として定着している。 現在の図書室は入院棟11階にあり、約100平方メートル。吹き抜けの斜め天井から光が差し、書棚に医学書や闘病記のほか、文庫本や実用書、絵本、漫画、雑誌など多彩な約1万5400冊が並ぶ。1人6冊まで、1冊につき最長3週間借りられる。 漫談家・綾小路きみまろさんの本を手にした入院中の女性(52)=岡山市=は「笑える本が読みたい。病院っぽくない雰囲気で落ち着ける」。長男(5)が入院している女性(44)=福山市=は「親子とも気分転換になり、足を運ぶのが楽しみ」と話す。 図書室は2003年10月、旧病棟1階に開設された。インフォームドコンセント(十分な説明と同意)が普及し、治療方針の自己決定が尊重される中「患者が医療を学べて癒やしにもなる場を」との狙いだった。 06年には1階のより広いスペースに移り、開設日時も平日の3日間(午後の2時間)から5日間(午前10時〜午後3時)に拡大。08年2月に現在地に移った。蔵書は03年当初1700冊だったが、大学による購入や患者、職員からの寄贈などにより、06年の移転時(約5300冊)を挟んで増え続けている。 運営はボランティアが支える。03年の約10人から現在は60〜70代を中心に約30人に増え、1日2交代で2〜4人が常駐する。カウンターで貸し出しをしたり、しおりや室内の折り紙飾り、貸し出し用の布バッグを手作りしたりしている。 カウンター係の亀山尚子さん=岡山市中区=は「本に囲まれて患者さんが喜ぶ姿が励み」と言う。ボランティアリーダーの黒崎章男さん(69)=同=は「よりきめ細かいサービスを提供できるようさらに人手が増えれば」と願っている。 

◇ 岡山県内で開設相次ぐ 県内では岡山大以外の病院でも図書室が相次いで開設され、患者の学びの場が広がっている。 倉敷中央病院(倉敷市)は2003年1月、外来棟に図書室を開設し、医療・介護関連などの2500冊を備える。12年9月には入院棟でも運営をスタート。美術や随筆、病院創設者の実業家・大原孫三郎にまつわる書籍など770冊を置く。 川崎医科大付属病院(倉敷市)は10年9月に外来にオープン。医学や病気に関する書籍や絵本など約550冊がある。「医師の説明を受ける前に予備知識を得るなど活用する患者さんが増えている」と同病院。 昨年12月の開院に合わせて図書室を設置したのは、川崎医科大総合医療センター(岡山市)。医療関連や介護体験記など約200冊の中から閲覧できる。常駐する看護師がその場で応じたり、他の専門職につないだりしながら「治療を巡る患者らの相談窓口の役目も果たしている」(同センター)という。

岡山 「B’z愛感じた」「津山大好き」 /   プレイバックB’z凱旋ライブ


岡山 「B’z愛感じた」「津山大好き」

「B’z愛を感じた」「また津山に行きたい」—。津山文化センター(津山市山下)で22日にあった人気ロックバンド「B’z」の凱旋(がいせん)ライブを終え、津山市には24日までに、訪れたファンらから感謝や称賛の声が続々届いている。 市秘書広報室によると午後6時現在、メールや公式フェイスブックを通じて寄せられた市へのメッセージは52通。「津山の人々のB’z愛を感じた一日でした」「すてきな時間を過ごせて本当に感謝」「初めての津山でしたが、大好きです」などと書かれている。 ライブに向けては市や市観光協会、津山商工会議所などが「おもてなしプロジェクト」を発足させ、市内各所に歓迎ののぼりや大型看板を設置。当日も会場で津山ホルモンうどんなどのご当地グルメを販売し、熱中症対策としてファンらに水や塩あめを振る舞ったことなどが評価された格好だ。 B’zの曲を流し、ポスターなどを掲示した市中心部の商店街も「歓迎ムード一色。心が躍った」との好印象を得た。津山銀天街代表理事の出口剛三さん(62)は「来場者の反応は非常に良く、頑張ったかいがあった。『B’zに関わる企画があればまた来たい』との声もあり、計画していきたい」とする。 中には「また桜の季節に津山に行こうと決めた」と再訪を約束する言葉もあった。同プロジェクトの委員長を務めた竹内佑宜・市観光協会長は「市民と一緒に歓迎した姿勢が評価され、ありがたい。この勢いを今後の津山のまちづくり、観光振興につなげていきたい」としている。


//////
プレイバックB’z凱旋ライブ

 津山文化センター(津山市山下)を舞台に22日開かれた稲葉浩志さん=同市出身=がボーカルのロックバンド「B’z」の凱旋(がいせん)ライブ。「本当に実現するとは」「『故郷』での勇姿を目に焼き付けよう」—。関東、関西、九州、東北と全国各地の熱狂的なファンらが詰め掛け、稲葉さんゆかりの“聖地巡り”も堪能した。28年ぶりの地元公演に、地元住民も奮闘し、商店主らの市民有志グループや、同市、市観光協会、津山商工会議所などによるプロジェクトがさまざまな企画でもてなした。ファンにとっても、地元にとっても特別となった一日を写真で振り返る。

//////
B’z稲葉さん、高校のバンド仲間と再会 凱旋ライブ


 人気ロックバンド「B’z」が22日、ボーカルの稲葉浩志さん(52)の地元・岡山県津山市で、28年ぶりとなる凱旋(がいせん)ライブを開いた。稲葉さんと高校時代のバンド仲間が、約30年ぶりに再会を果たした。

 「まるであの頃に戻ったようだった」。稲葉さんの高い声にほれ込み、当時、バンドに誘った頼経(よりつね)英博さん(53)は喜んだ。現在は同県美作(みまさか)市立英田(あいだ)中学校の教頭を務める頼経さん。連絡を取っていなかった稲葉さんから、今回のライブに「来てもらえないか」と電話をもらったという。

 高校時代、日本のヘビーメタルバンド「ラウドネス」の大ファンだった頼経さんは、文化祭でコピーバンドとして演奏するため、テニス部のコートで高音を響かせていた稲葉さんに目をつけた。3年時に稲葉さんの「デビュー」が決定。ただ、当日は練習のしすぎで声が出ず、悔しい思いをしたという。稲葉さんは朝日新聞の取材に「この経験が音楽を続けるきっかけになった」と語った。

 開演前、頼経さん家族と、高校時代のバンドでドラムを担当した小林伸一さん(52)とその妻が、会場の津山文化センターで稲葉さんと再会した。稲葉さんと肩を抱き合った頼経さんと小林さんは「楽しみにしとるで。頑張ってな」と声をかけたという。

//////

はるやま商事が婚活事業に参入 岡山


 スーツ販売のはるやま商事(岡山市北区表町)は、結婚サービス大手のIBJ(東京、東証1部)と提携し、婚活パーティー事業に乗り出す。はるやまは「若い世代の間で企業イメージを高め、将来的にスーツ販売の増加に結びつけたい」としている。 全国で婚活パーティーや結婚相談を手掛けるIBJとフランチャイズ(FC)契約を結び、岡山県内でパーティーの運営を担当する。参加申し込みの受理、費用の請求といった事務はIBJのオンラインシステムを活用。はるやまは会場を確保し、運営スタッフを派遣する。 IBJはFC6店を含め全国で28店を運営している。岡山県には店舗がなく、FC契約によりIBJは県内での新規会員獲得が見込める。はるやまは今後、参加者を対象に着こなしやメークのアドバイスをするセミナーの開催なども検討していく。 IBJは2006年設立、資本金3億3800万円、連結売上高52億6800万円(16年12月期)、従業員約390人。

このページのトップヘ