世界(地域/岡山)に目を向けグローバル 366 岡山県を中心にグローカル GPS APS

岡山 中心 グローカル 地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・

岡山 中心 グローカル 地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・

岡山市 高齢者へのワクチン接種前に医師たちに注意点の説明会
7人分 接種可能?02


 新型コロナウイルスのワクチンの高齢者への接種が始まるのを前に、9日夜、岡山市内で、医師などを対象にした説明会が開かれ、専門家が接種を受ける人の健康状態のチェックなど、注意点を解説しました。

説明会は医師や自治体の担当者などを対象に岡山市内で開かれ、インターネットでの視聴も含めておよそ650人参加しました。
この中で、専門の医師がワクチン接種の際の注意点を解説し、接種当日に37度5分以上の熱がある人や過去にワクチンの成分で重いアレルギー症状を起こしたことがある人などは「予防接種不適当者」にあたり、接種をすることができないと説明しました。
また基礎疾患がある人は「予防接種要注意者」として、当日の健康状態やかかりつけ医の意見を確認した上で、慎重に接種を行うとしています。
このほか、接種後に「アナフィラキシーショック」と呼ばれるアレルギー症状が起きた場合の対処法の解説も行われました。
県内では、今月12日から順次、施設に入所している高齢者を対象にした接種が始まり、施設に入所していない高齢者については、来月10日から県内で一斉に予約を受け付けて、1週間後の来月17日から接種を始める予定です。
岡山県の根石憲司新型コロナウイルス感染症対策監は「県民の選択肢を増やすためにも、こうした説明会を通じて接種に協力してくれる診療所などを増やしたい」と話しています。

中四国初 オンラインで教育を行う通信制高校が岡山市で開校   ワオ高等学校【岡山・岡山市】


新しいスタイルの入学式です。
中四国初となるインターネットを使って教育を行う通信制高校が岡山市で開校し、入学式が行われました。

(ワオ高等学校 山本潮校長)
「ご入学おめでとうございます」

司会者が話す場所は・・・体育館ではなくインターネット配信を行う特設スタジオです。この入学式は、今年4月に岡山市で開校した中四国初のオンライン通信制高校「ワオ高等学校」が行ったもので、全国の新入生約30人が参加しました。
学校に登校せずに自宅などでインターネットを使って授業を受け高校卒業資格が得られるオンライン通信制高校は、近年入学者が増加しているということです。

(ワオ高等学校 山本潮校長)
「(全日制の)高校が合わなくて仕方なく通信制に行くのではなく、最初から通信制を選ぶ学び方が目の前に来ている」

ワオ高等学校では国語など従来の科目に加え、哲学や経済といった独自の授業も行うことにしています。

岡山 インフル休校や学級閉鎖 初のゼロ 岡山県内、感染防止対策など要因


 岡山県内の学校園でインフルエンザによる休校や学年・学級閉鎖が2020年度はゼロだった。県に統計が残る12年度以降では初めて。新型コロナウイルスの感染防止対策などが要因とみられ、懸念された同時流行は今のところ回避できている。

 県教委によると、学校園では新型コロナ「第1波」を経た昨春以降、教員、子どもらのマスク着用や校内での手指消毒、換気などを実施。インフルのシーズンに入った昨年12月には県立学校69校と岡山市を除く26市町村教委に対し、より徹底した対策を呼び掛ける通知を出した。

 県の統計では、インフルによる休校や学年・学級閉鎖は年500〜千件程度あり、17年度の1109件が最多。例年なら感染性胃腸炎や流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)といった感染症でも例があるが、20年度はいずれもなかった。

 インフルは例年11月ごろから感染が目立ち始め、1月ごろにピークを迎える。子どもが感染しやすいとされ、県内の患者の約6割を20歳未満が占めるだけに、発生を抑えたことで医療機関の負担も軽減されたとみられる。

 学校の感染症対策を担う県教委保健体育課は「コロナ対策によってインフルエンザの封じ込めにつながるかもしれない知見を得られた。他の感染症対策にも生かしたい」としている。

航空機内でマスク拒否の男、今度は入店トラブル 警官殴り現行犯逮捕 /ピーチ機マスク拒否の男 再びマスクトラブルで逮捕 調べに黙秘

航空機内でマスク拒否の男、今度は入店トラブル 警官殴り現行犯逮捕


 マスク着用をめぐって飲食店とトラブルになり、駆けつけた警察官の顔を殴ったとして、千葉県警館山署は10日、公務執行妨害容疑で、住所・職業不詳、奥野淳也容疑者(34)を現行犯逮捕した。調べに対し、「語りません」と供述している。

 奥野容疑者は昨年9月に航空機内でマスク着用を拒否し、客室乗務員に腕をねじる暴行を加えて運航を遅延させたなどとして、大阪地検が今年1月に威力業務妨害罪などで起訴。その後釈放されていた。

 逮捕容疑は10日午後0時50分ごろ、館山市北条の飲食店前の路上で、駆けつけた男性巡査長(38)の顔を殴ったとしている。

 同署によると、奥野容疑者は同日昼にマスクを着用をせずに来店。店側が入店を拒否し、トラブルとなったという。


/////

ピーチ機マスク拒否の男 再びマスクトラブルで逮捕 調べに黙秘

 
旅客機でマスクの着用を拒否し運航を妨げたとして、威力業務妨害などの罪に問われている男が、千葉県館山市の飲食店で再びマスクの着用をめぐってトラブルになり、駆けつけた警察官を殴ったとして公務執行妨害の疑いで逮捕されました。調べに対し黙秘しているということです。

逮捕されたのは住所・職業不詳の奥野淳也容疑者(34)で、警察によりますと、10日午後1時前、館山市内にある飲食店の前の路上で警察官を殴ったとして公務執行妨害の疑いが持たれています。

奥野容疑者は正午ごろに飲食店に入る際、マスクを着用していなかったため着用を求めた従業員とトラブルになり、通報を受けて現場に駆けつけた警察官5人のうち1人の顔を殴ったということです。

調べに対し、黙秘しているということです。

奥野容疑者は去年9月、乗っていた旅客機でマスクの着用を拒否し続けてトラブルになり、客室乗務員にけがをさせたり運航を妨げたりしたとして、傷害や威力業務妨害などの罪でことし1月に起訴されています。
/////

NHK井上あさひ( 岡山 出身)アナをニュース番組で見られなくなるのはなぜだ?


 「あなたの明日がよい一日でありますようにと願って、この番組を締めくくりたいと思います」

 そう視聴者に呼びかけたのは、NHKの井上あさひアナウンサー(39)。3月26日、ニュース番組を“卒業”した。




 平日23時台に放送されていた「ニュースきょう一日」が、最終回を迎えた。

 NHK関係者が明かす。

「この時間帯は、日本テレビの『news zero』の有働由美子アナ(52)らが顔を揃える“報道番組の主戦場”。そこで19年春の改編で中高年にも人気があるエースの井上を対抗馬として起用したのです」

 岡山県玉野市の出身で、中学時代は箏(こと)の全国3位になったこともある井上アナは私立岡山高校を卒業後、お茶の水女子大学文教育学部に入学。小学校や中学校の教員免許を取得しているが、アナウンサーに憧れ、04年にNHKに入局した。

「報道番組に携わりたい」

 入局当初からそう周囲に話していたという。鳥取、広島放送局を経て09年に東京アナウンス室へ。11年には看板番組「ニュースウオッチ9」に大抜擢され、大越健介キャスターとともに「夜の顔」になった。

“あさひロス”と惜しまれつつ、京都へ異動

「新聞全紙はもちろん、NHKの各部が社内システムに上げる原稿すべてに目を通す徹底ぶり。放送前の打ち合わせで、ニュースのキモを見抜く力は群を抜いていた。また、リハーサルで原稿をうまく読めない新米記者に、マンツーマンでレッスンするなど“姉御肌”の一面も。容姿端麗ですが、いわゆるアイドルアナとは一線を画す実力の持ち主です」(前出・NHK関係者)

 15年に「ウオッチ9」を降板した際は“あさひロス”と言われるほど惜しまれつつ、京都へ異動した。

「本人の希望とも言われ、京都で文化人のインタビューなどをこなす一方、『クローズアップ現代+』など全国放送の番組も担当。エースアナならではの異例の扱いでした」(NHK記者)

 17年に東京へ戻り、19年から「きょう一日」のキャスターを務めた。視聴者から「無駄がなくていい」「井上アナの声が落ち着く」と評価されたが、

「放送時間が15分間で、淡々と原稿を読む構成に限界もあった。視聴率は2〜3%と同時間帯で最下位に甘んじていたのです」(同前)

 そんな彼女が4月から務めるのが、「日曜討論」の司会なのだが……。

進んで希望するアナはいない番組になぜ…

「政治家と問答するのは政治部の解説委員で、司会と言ってもほぼタイムキーパー係。進んで希望するアナはいません。今回の起用は元政治部長で官邸と近いとされる正籬聡副会長のご指名と言われている。正籬さんの“直轄地”といわれる番組のテコ入れでしょう」(前出・NHK関係者)

 正籬副会長に聞いた。

――「日曜討論」で井上アナの起用も提案した?

「どこでそういう話聞いたのかわかりませんけど、広報を通して頂けますか」

 NHK広報は「事実ではありません」と回答した。

 ニュースから姿を消してしまう井上アナ。前出のNHK関係者が話す。

「女性アナの人数が増えて競争が激化し、報道のキャスターは若年化が進んでいる。そのため、40歳前後で現場から離れる人も多く、民放のようなアイドルアナ路線も強化されているが、それでいいのか……」

 井上アナの明日もよい一日でありますように。


このページのトップヘ