世界に目を向けグローバル 366 岡山県を中心にグローカル GPS APS

地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・

岡山県内施設や観光地 再開へ準備進む 復活期待も客足に不安


 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全国で解除され、6月1日から再開する岡山県内の主要施設や観光地で利用者や客を迎える準備が進んでいる。にぎわい復活への期待がかかるものの、3密(密閉、密集、密接)を防ぐ対策が不可欠で「元通りには当分ならないだろう」との声も多い。

 4月20日から休園している岡山市の後楽園では6月1日の開園に向け、造園業者が生け垣を刈り込んでいる。4月の入園者は前年同月比の12%まで落ち込んだだけに「待ちに待った再開です」と信江幸雄所長。消毒液を置くなど感染防止対策を徹底する。

 隣接する岡山城は、天守閣内の壁や床に、観覧時の移動を一方通行とし、人と人の間隔を2メートル以上空けるよう促す張り紙をした。

 屋内施設では県総合グラウンド(同市)のジップアリーナ岡山、陸上競技場内のトレーニングルームなどで利用が再開される。感染防止対策として、更衣室のロッカー使用は当面中止し、トレーニング器具の使用時には小まめな消毒を求める。

 営業や利用再開への期待の一方、6月以降のイベント中止を既に決定した施設は多く、再開後も影響が長引くとの見方が強い。

 国史跡・津山城跡がある鶴山公園(津山市)は園内のイベントを当面見送る。JR津山駅構内にある総合学習施設「津山まなびの鉄道館」(同市)は再開するが、館内でのイベントは中止。公園と鉄道館を管理・運営する同市観光協会の高務雅彦専務理事は「一気に回復するのは到底難しい」と漏らす。

 「ひるぜんジャージーランド」(真庭市)はレストランの座席数を4割減らして営業を再開する。人気のある搾乳体験も取りやめ、施設を運営する蒜山酪農農業協同組合の上原哲也参事は「どれだけ客足が戻るかは不透明」と打ち明ける。

 倉敷市・美観地区のホテル「倉敷アイビースクエア」の高橋亮輔総務部長は「多くの人が観光やレジャーを楽しもうという気持ちになるまでには時間がかかる」と分析。後楽園の信江所長も「昨年度14万人いた外国人の来園が当分望めず、状況は厳しい」と言う。

 湯原温泉(真庭市)では約20ある旅館の大半が6月1日から営業を再開するが、予約はまだ少ないという。湯原町旅館協同組合の高橋忠孝代表理事は「どうすれば安心して利用してもらえるか、接客などのサービスの在り方も含めて対策を考えたい」と話す。

岡山 死体遺棄と堕胎容疑で逮捕のベトナム人技能実習生の女 不起訴処分



死体遺棄と堕胎の疑いで逮捕されたベトナム人技能実習生の女性について岡山地検津山支部は5月27日付けで不起訴処分としました。

女性は4月、妊娠4、5カ月で生んだ赤ちゃんの遺体を自宅のトイレに流して遺棄した疑いで逮捕され、その後、薬を使って赤ちゃんを堕胎させた疑いで再逮捕されていました。岡山地検は不起訴の理由を明らかにしていません。

インド 15歳少女が父を乗せ自転車で1200キロ ( 東京から熊本?  現代インド版 参勤交代?) 7日間
インド 15歳少女が父を乗せ自転車で1200キロ



 新型コロナウイルスの影響で都市封鎖が続くインドで、15歳の少女が父親を自転車の後ろに乗せ、故郷の村まで1200キロの道のりを走り抜きました。

 インドでは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、3月下旬から、全土にわたる都市封鎖が続き、多くの出稼ぎ労働者が仕事を失っています。

 首都ニューデリー近郊に住むモハン・パスワンさんも仕事を失ったうえけがをしてしまい、家賃が払えなくなりました。そこで介護のために同居していた15歳の娘、ジョティさんは、父親を自転車の後ろに乗せて、およそ1200キロ離れた故郷まで帰ることを決意。

 ジョティさんたちは暑さのなか、見知らぬ人から食べ物や水をもらったり、一部の行程はトラックに乗せてもらったりして、今月16日、およそ1週間をかけて、無事、自宅に帰り着いたということです。

 ジョティさんの健脚は、地元メディアで話題となり、インドの自転車競技団体にスカウトされているということです。

////
父親乗せて自転車で1000キロ超走破、15歳少女にインド代表のトライアル打診

【ダルバンガーAFP】新型コロナウイルスの流行に伴う封鎖措置が敷かれたインドで、けがをした出稼ぎ労働者の父親を15歳の少女が地元の村まで1000キロ超も自転車をこいで連れ帰るという出来事があり、この少女は自転車競技のナショナルチームからトライアウトのオファーを受けたという。(写真はジョティ・クマリさん〈写真手前〉と家族ら)
 地元メディアの報道によると、ジョティ・クマリさんは、父親のモハン・パスワンさんを自転車の後部座席に乗せ、所持品を携えながら、ペダルをこいで首都ニューデリー近郊のグルグラムからビハール州にある故郷の村を目指した。
 そうして1200キロの道のりを7日かけて走破し、今月16日に自宅に帰り着いたという。
 オートリキシャ(自動三輪タクシー)の運転手であるパスワンさんは、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるために3月に突然実施された封鎖措置により、数百万人に及ぶ他の移民労働者たちと同じように仕事を失った。
 インドでは、家賃の支払いや食料購入のためのお金が底を尽き、また公共交通機関も運休していることから、多くの人々が徒歩、もしくはクマリさんのように自転車で帰郷している。
 残りの資金で購入した中古自転車による親子の苦難の旅はメディアをにぎわせ、インド自転車連盟の目に留まり、クマリさんにナショナルチームのトライアウトの機会が与えられることになった。
 同連盟の会長はAFPに対し、「彼女は7日間、父親と荷物と一緒にこの距離を走破した。彼女には持久力というレベルでひとかどのものがあると思う」と指摘。「彼女はただ学業を続けたいと言っているが、われわれのアカデミーで勉強についても面倒をみると話した」という。
 同連盟は、全国規模での移動制限が解除された後、クマリさんがニューデリーを訪れると見込んでいる。
 同会長は、クマリさんに自転車競技への適性があるかどうか連盟がテストすると話している。


/////
けがした父乗せ、自転車で1200キロ インド・15歳少女、8日かけ故郷に ( 東京から熊本?)


 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた全土封鎖が続くインドで今月、15歳の少女が負傷した出稼ぎ労働者の父を自転車に乗せ、首都ニューデリー近郊から、約1200キロ離れた故郷まで連れ帰った。地元メディアでこの件が報じられると、インドの自転車連盟が、選手養成施設の入所テストを受けるよう少女に打診した。少女は25日、毎日新聞の電話取材に「学校での勉強を優先したいが、自分の可能性を知るためにテストに挑戦する」と意気込みを語った。

 少女は東部ビハール州ダルバンガに住む学生のジョティ・クマリさん(15)。父モハン・パスワンさん(45)はニューデリー近郊のグルガオンで三輪タクシーの運転手をしていたが、1月下旬に事故で足を負傷し働けなくなった。数日後、ジョティさんは1人暮らしのモハンさんを看病するためグルガオンで同居を始め、ジョティさんの母は地元で借金をして夫であるモハンさんに送金していた。



ジョティ・クマリさんが父モハン・パスワンさんを乗せて1200キロ走った自転車=モハンさん提供
 だが3月25日に全土封鎖が始まり、モハンさんは妻からの送金を受け取れなくなった。さらに封鎖の影響で公共交通機関も停止し、病院に行くことすらできなくなった。

 生活が困窮する中、ジョティさんは父を連れて故郷に戻ることを決意。500ルピー(約710円)で中古の自転車を手に入れ、今月8日にモハンさんを自転車の後部に乗せて出発した。日中は気温が40度を超えることもあるため、主に夜間に移動。一度だけトラックの荷台に短時間乗せてもらったが、それ以外は自転車で走り、8日後にダルバンガに着いた。

 モハンさんは25日、毎日新聞の電話取材に「私を乗せると重いので置いていくよう言ったが、娘は譲らなかった。誇りに思う」と感慨深げに語った。ジョティさんは「途中で多くの人から水や食料をもらい、助けられた。自転車の選手になりたいとは思っていないが、目の前のことには挑戦したい」と話している。
/////
インド 15歳少女が父を乗せ自転車で1200キロ00

///// 

新型コロナ、軽症でも免疫獲得の可能性 仏研究

 【AFP】新型コロナウイルス感染症(COVID-19)では、軽症でも免疫を獲得する可能性があるとの研究結果が26日、発表された。軽度の感染症にかかった病院職員を対象としたフランスの研究で、初期的な結果だが免疫は数週間持続すると考えられるという。

 論文の査読はまだ完了していないが、新型コロナウイルスに対する免疫機構についてはその詳細が解明されていないため、今回の結果は「励みになる」と研究チームは述べている。特に軽症者に関してはほぼ不明の状態にあるという。

 仏ストラスブール(Strasbourg)の大学病院と共同で今回の研究を実施した仏パスツール研究所(Institut Pasteur)国際保健部門長のアルノー・フォンタネ(Arnaud Fontanet)氏は、「この感染症の重症型にかかった患者では症状の発現から15日以内に抗体が作られることはすでに明らかになっていた」と説明する。

「これが軽症型の患者にも当てはまるということが、今回の研究で明らかになった。ただ、抗体発生率は比較的低いと考えられる」

 研究はストラスブールにある二つの病院の職員を対象に実施された。COVID-19検査で陽性反応を示し、軽度の症状を発症していた160人で、過去の感染を調べることを目的とする2種類の血清(抗体)検査では、ほぼ全員(160人中153人、160人中159人)に、感染症の発症から15日以内に抗体ができていることが示された。

 研究ではまた、抗体の感染阻止能を確認するための別の検査により、対象者の約98%が感染の最初の兆候以降28~41日にわたり免疫を獲得していたことが明らかになった。研究チームは、抗体の中和活性が時間とともに上昇するとみられるとの考えを示している。

 パスツール研究所ウイルス免疫部門長のオリビエ・シュワルツ(Olivier Schwartz)氏は、今後の研究の目標について、長期にわたりウイルスを「中和する抗体の能力と抗体応答の持続性」を経過観察することだと話した。

米中5G戦争! エベレスト 米国(8850m) VS 中国(8844m?) 中国、エベレスト標高を再測量へ 登山隊が山頂に到達、GPS活用 (中国名チョモランマ、8848m)

 【北京】世界最高峰エベレスト(中国名チョモランマ、8848m)の標高を再測量する中国自然資源省の登山隊が27日、山頂に到達した。国営中央テレビが伝えた。天候などの条件を克服し、開会中の全国人民代表大会(全人代=国会)に合わせて登頂した。中国独自の衛星利用測位システム(GPS)「北斗」を活用し、正確なデータを得るとしている。
 エベレストは中国とネパール国境に位置する。標高は諸説あり地殻変動で変わっているとみられるが、1975年までにインドや中国が測った8848mが広く認知されている。99年に米国の調査チームがGPSによる精密観測で8850mと発表した。

このページのトップヘ