世界に目を向けグローバル 366 岡山県を中心にグローカル GPS APS

地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・

岡山で市戦没者追悼式  (戦後70年)
岡山市 戦没者追悼式 (戦後70年)0629

 あの日の悲しみ、忘れない。岡山市街地の6割以上が焼失した岡山空襲から70年を迎えた29日、同市戦没者追悼式が市民会館(同市北区丸の内)で営まれた。遺族ら約1600人が犠牲者を慰霊するとともに、戦争体験を語り継ぎ、恒久平和を実現することを誓った。
 大森雅夫市長や遺族代表らが、空襲犠牲者のうち名前が判明している1453人の戦災死者名簿を祭壇に奉納。戦地で亡くなった市出身者1万198人と合わせ、全員で黙とうし、冥福を祈った。大森市長は「先人の犠牲と努力に感謝の誠をささげ、戦争の悲惨さと平和の尊さを次の世代へと語り継ぎ、継承していかなければならない」と式辞を述べた。
 市戦災遺族会の太田宮子会長(83)=同市=は会場の小中学生約220人に「戦争とはいかに非情で残酷なものか心に刻んでいただきたい」と呼び掛けた。児童生徒代表の同市立芳田中3年宮本怜奈さん(14)が「戦後70年が経過し、戦争に対する恐怖や、平和への感謝の気持ちが薄らいでいるような気がする。現在の平和が永遠と誰も断言できない。だからこそ平和を全力で守り抜くことを使命として歩み続けていかねばならない」と決意を述べた。
 参列者代表が献花台に菊の花を手向け、小中学生5人が「平和都市宣言」を朗読した。
 岡山空襲で被災した男性(78)=同市=は「空襲は無差別に人が亡くなり、本当に悲惨なものだ。戦争体験者が減っているので、記憶を伝えていかなければならない」と話した。
 岡山空襲は1945年6月29日未明、米軍爆撃機B29が約1時間半にわたり焼夷(しょうい)弾を投下。岡山市史は死者を1737人とするが2千人を超えるとの指摘もある。

岡山空襲の痕跡を写真で伝える / 岡山空襲70年 闇に平和のマーク
岡山空襲の痕跡を写真
 
岡山空襲の痕跡を写真で伝える
 
岡山市街地の6割以上が焦土と化した岡山空襲から70年を迎えた29日、市内に残る空襲の痕跡などを紹介する写真展が同市北区駅元町の岡山シティミュージアムで始まった。7月5日まで。 市民グループ「岡山の戦争と戦災を記録する会」が戦後70年を機に初めて企画。同ミュージアムで開催中の市の企画展「岡山戦災の記録と写真展」(7月5日まで)に合わせて開いた。 モノクロ写真に解説を添えた半切サイズのシート62点を展示。焼け落ちた岡山城天守閣の礎石、仏像に被災した痕が見られる大雲寺(同表町)など空襲の傷痕を伝える写真が並び、会員が解説している。 終戦で軍への供出を免れた鐘が残る国清寺(同市中区小橋町)、岡山大津島キャンパス(同市北区津島中)にある旧陸軍師団司令部衛兵所(国登録有形文化財)といった戦争関連のスポットも取り上げている。 岡山駅近くの会社寮で空襲に遭ったという倉敷市、女性(90)は「焼夷(しょうい)弾を避けながら何とか逃げ延びた当時を思い出す」と話した。 入場無料。午前10時-午後6時(解説は同4時まで)。
 ////
岡山空襲70年 闇に平和のマーク

岡山空襲(1945年6月29日)から丸70年となった29日夜、焼失を免れた岡山禁酒会館(岡山市北区丸の内)の中庭で、ろうそくをともして犠牲者への哀悼の意を表す「ピースキャンドル」(市民でつくる実行委員会主催)が行われ、若者らが平和を守る決意を新たにした。 午後9時ごろ、紙コップに入れたろうそく約400本が点火され、空襲の日付を示す「6・29」の文字、ピースマークが闇に浮かび上がった。参加者約70人が黙とうした後、実行委を代表して楠藤綾子さん(23)=同市北区=が「人、物、文化を奪う戦争は、どんな理由でも許されない」と呼び掛けた。 岡山空襲で、隣家が焼夷(しょうい)弾に直撃された女性の体験談も聞いた。 参加した団体職員男性(33)=同市北区=は「戦争体験者は年々減っている。古里を焦土に変えた空襲の悲惨さを、若い私たちが語り継いでいく必要がある」と話した。
////

岡山空襲の証言映像上映(戦後70年)
岡山空襲 資料

山陽放送岡山映像ライブラリーセンター(岡山市北区丸の内)で28日、岡山空襲をテーマにした初のセミナー「発掘された空襲証言」(同社主催)が開かれた。体験者を取材した記録映像などを通し、市民らが空襲被害の実態へ理解を深めた。
 約60人が来場。1985-2006年に取材、放送した約10人分の証言映像(約20分)が上映され、「『ドドーン』という音で目覚めると、辺りは火の海だった」「遺体は真っ黒に焦げ、誰か分からなかった」などの体験が聞かれた。倉敷市出身のピアニスト岩崎淑さんの証言もあった。
 岡山市の岡山空襲展示室(同市北区駅元町)の猪原千恵学芸員が特別講演し、米軍の戦略や焼夷(しょうい)弾の構造を解説。来場者の発言機会もあり、80代の空襲体験者2人が「顔などにやけどを負い死にたいと思っていた」「6月29日は一生忘れられない日」などと述べた。
 8月に原爆研修で広島市を訪れる倉敷市の清心中2年女子生徒(13)は「大きな被害を与えるために米軍が準備をしたと聞き、戦争は想像以上に怖いと感じた。広島でも被爆者の声を聞きたい」と話した。

/////
岡山市における戦災の状況(岡山県)
/////

湯原温泉街散策にアプリ使って   岡山 真庭
湯原温泉街散策

湯原観光協会(真庭市湯原温泉)は、スマートフォン向け無料アプリ「湯原温泉ぶらぶら街歩き」の運用を始めた。GPS(衛星利用測位システム)機能を利用して周囲の観光スポットなどの情報を紹介。観光客らに湯原温泉街の散策に役立ててもらう。
 トップページには、観光▽飲食▽宿泊▽イベント▽日帰り入浴 といった九つのメニューがある。選択すると、現在地から半径50-100メートルの範囲で、関連する施設や行事などの情報が表示される。
 収録情報は露天風呂「砂湯」、湯原温泉ミュージアムをはじめ、巨大なオオサンショウウオの山車がまちを練り歩く「はんざき祭り」など計約100件。説明文と写真で紹介するほか、湯原温泉お笑い芸人番頭・江西あきよしさんの音声ガイドも聞くことができる。
 観光客が簡単にアプリを利用できるよう、ダウンロードサイトに接続できるQRコードを記載したカードも発行。計2万枚作り、各旅館などで配布している。
 アンドロイド端末やiPhone(アイフォーン)のほか、GPS機能付きでインターネット回線に接続されたタブレット端末でも利用できる。
 湯原観光協会は「アプリを活用し、一人でも多くの人に湯原で楽しい思い出をつくってほしい」としている。問い合わせは協会(0867(62)2526)。

/////
渡航先で最新の危険情報、スマホアプリで確認

外務省は7月初旬、スマートフォン向け無料アプリ「外務省 海外安全アプリ」の運用を始める。

  渡航先で最新の危険情報を簡単に確認できるのが特徴だ。

  アプリは、イスラム過激派組織「イスラム国」による日本人殺害事件を受けた、在外邦人の安全対策の一つ。全地球測位システム(GPS)機能で、所在地から半径約100キロ以内について、「退避勧告」や「渡航延期勧告」などの危険情報が表示される。事前に特定の国を選んでおけば、突発的な事件発生などを伝える「スポット情報」が通知される。インターネットがつながらない環境でも、現地の在外公館や地元警察の連絡先を見ることができる。

/////

ベスト4入り、宮間らの地元歓喜 岡山・美作で観戦会
小学校の先生

なでしこ4強進出 岩渕決勝ゴール/準々決勝詳細

なでしこCKトレインの残像 宮間「今後も継続」
/////
最近(最新)サッカー 女子  なでしこ ニュース(W杯中心 応援 サポーター)

各地で興奮と感動!“なでしこ列島”岩渕決勝弾に朝から酔った

女子W杯カナダ大会・準々決勝(27日、日本1-0豪州、エドモントン)終了間際の決勝ゴールに、大きな歓声が湧いた。サッカー女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会で準決勝進出を決めたなでしこジャパン。28日早朝からパブリックビューイング(PV)で試合を見守った国内のサポーターからは「ぜひ優勝を」と、2連覇に期待する声が上がった。

 佐々木則夫監督(57)の地元、山形県尾花沢市では、応援用の花笠を持った市民ら約60人が集まった。ゴールの瞬間は多くの人が立ち上がって「のりお」コール。監督の叔父の佐々木清次さん(70)は「最高の試合。優勝という2文字を日本に届けてほしい」と笑顔を見せた。

 川澄奈穂美選手(29)や大野忍選手(31)とゆかりのある神奈川県大和市のPV会場、大和スポーツセンターには定員を超える約80人が詰めかけ、一部は立ち見に。同市の自営業、山田恵吾さん(32)は、「執念で奪った1点。残りの試合は気持ちの強いチームが勝つ」と期待を込めた。

 宮間あや選手(30)の所属チームがある岡山県美作市では約70人のサポーターが集まった。岡山市内の女子サッカーチームでプレーする小学5年、本原立都さん(11)は青いなでしこジャパンのユニホーム姿で懸命に声援を送った。「1点が入るまで心配していた」とほっとした表情。母の尚美さん(37)は、「娘も宮間選手のような立派な選手に育ってほしい」と勝利に上機嫌だった。

 なでしこジャパンに7選手を送り出している「INAC神戸レオネッサ」の地元、神戸市中央区のスポーツバーには、午前5時のキックオフに合わせ10人余りのサポーターが集まり観戦。後半42分、岩渕真奈選手(22)が待望の先制点を決めると、ハイタッチをして喜び合い日本コールが起きた。

 岩清水梓選手(28)の地元、岩手県滝沢市では同選手の祖父と祖母がサポーター約50人と応援。祖母の絹子さん(81)は「岩渕選手が得点を入れてくれて、ほっとした」と喜んでいた。

/////
なでしこ4強に喜び爆発

サッカーの女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会で、日本代表「なでしこジャパン」が準々決勝でオーストラリアと対戦した28日朝、MF宮間あや、GK福元美穂の両選手が所属する岡山湯郷ベルの地元・美作市で応援イベントがあった。会場の湯郷地域交流センターに市民ら約80人が集まり、大型スクリーンに向かって熱い声援を送った。
 日本は好機をつくりながらもゴールが遠かったが、後半42分に宮間のコーナーキックを起点に、途中出場の岩渕(バイエルン・ミュンヘン)が決勝点を奪った。4強進出にサポーターは抱き合ったりハイタッチをしたりして喜びを爆発させた。
 日本は来月1日(日本時間2日午前)の準決勝で、イングランドと対戦する。
/////
ベスト4入り、宮間らの地元歓喜 岡山・美作で観戦会

サッカー女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会で、日本代表「なでしこジャパン」が、ベスト4進出を決めた28日、主将のMF宮間あや(30)とGK福元美穂(31)の両選手が所属する「岡山湯郷ベル」の本拠地・岡山県美作市では観戦会が開かれ、終了間際の決勝ゴールに、サポーターら約80人がわいた。

 会場の湯郷地域交流センター(同市湯郷)には、午前5時と早朝の試合開始にもかかわらず、日本代表の青いユニホーム姿や顔に日の丸シールを貼ったサポーターらが集合。大型スクリーンに映し出された試合に見入り、メガホンを手に「ニッポン」コールの大合唱を繰り広げた。

 前半から積極的な攻撃でペースをつかみながら、ゴールが決まらない悔しさにため息が漏れるシーンも。真庭市の自営業、神田真紀さん(44)は「ベンチからの福元選手の声もよく聞こえる。必ずメンバーの力になっているはず」と後半戦に期待した。

 後半42分、宮間選手のコーナーキックが起点となり、FW岩渕真奈選手(22)が決勝ゴールを決めると、サポーターらは総立ちとなり、ハイタッチを繰り返すなど会場は歓喜に包まれた。

 サッカークラブの友人や家族と“必勝”の鉢巻きで応援していた岡山市の市立福田小5年、山本葉桜さん(10)は「なでしこのチームワークはさすが。いつも冷静な宮間選手は、やっぱりかっこいい。このまま優勝してほしい」と興奮気味。日の丸の旗を振りながら応援していた津山市の会社員、正辻貴雄さん(38)は「最後の最後に決めてくれて最高。湯郷温泉でいい汗を流して帰ります」と満面の笑みだった。

 準決勝・イングランド戦の観戦会は7月2日午前8時から、同会場で開かれる。

/////

なでしこ4強進出 岩渕決勝ゴール/準々決勝詳細

/////
新布陣「なでしこトレイン」、豪州守備陣かく乱

サッカーの女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会は27日(日本時間28日)、準々決勝2試合が行われ、4強が出そろった。

 日本女子代表(なでしこジャパン)は豪州を1―0で下した。

          ◇

 <なでしこトレイン>と命名されたセットプレーの新布陣が、豪州守備陣をかく乱した。

 自チームのCKで、ゴール前中央に、身長1メートル73の熊谷をはじめ大儀見、阪口、岩清水とヘディングの強い4人が体を寄せて縦に並び、キックの時に散り散りに動き出す。佐々木監督の指示で決勝トーナメント1回戦のオランダ戦で初めて採り入れ、豪州戦ではCKの大半の場面で使った。

 岩渕の決勝ゴールもCKから生まれたが、この時は<隊列>を組んでいなかった。「相手が混乱している感じがあった」と、してやったりの岩清水。セットプレーは、世界屈指のキッカーである宮間を擁するなでしこの強み。新たに加わった武器は、準決勝イングランド戦でも効果を発揮するか。
/////

このページのトップヘ