世界に目を向けグローバル 366 岡山県を中心にグローカル GPS APS

地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・

岡山 上皇さまと上皇后さまが訪問された場所に記念碑設置 2018年の西日本豪雨 岡山・倉敷市



 2018年の西日本豪雨で、上皇さまと上皇后さまが訪問された倉敷市真備町に記念碑が3日、設置されました。

 倉敷市の伊東香織市長や地元の関係者らが見守る中、木製の記念碑がお披露目されました。

 上皇さまと上皇后さまは2018年9月、西日本豪雨で決壊した小田川を視察されました。現場では豪雨被害などの説明を受けられ、被災者に励ましの言葉を掛けられました。

 「上皇さま・上皇后さまが訪れた場所を知りたい」という被災者の声を受けて、記念碑を設置しました。

 小田川の堤防拡幅工事のため記念碑は一時、撤去されますが倉敷市では工事が終わり次第正式に設置する方針です。

(倉敷市/伊東香織 市長)
「住民の皆さんと共に、両陛下が私たちのことを心から思っていただいている、その思いを胸に復興に向けて頑張っていきたい」

/////
【西日本豪雨2年】河川や道路の復旧「順調に進んでいる」 岡山県の伊原木知事、引き続き仮設入居者の生活再建を支援する考え

岡山県の伊原木隆太知事は3日の記者会見で、西日本豪雨から2年を迎えることを受け、河川や道路の復旧については「順調に進んでいる」とした上で、引き続き仮設住宅に入居している被災者の生活再建支援に努める考えを示した。

 知事は被災箇所の約7割で復旧工事が完了し、さらなる治水対策として河川の樹木伐採などを進めていると説明。ソフト面でも、新型コロナウイルス感染予防対策を反映して避難所運営マニュアルを修正したことなどを挙げ「取り組むべきことはできている」と述べた。

 県内の仮設住宅で暮らす被災者は依然として2992人(6月末時点)に上っており「それぞれがどういう方向性を考えているか相談に乗りながら、伴走型支援で再建につなげたい」とした。

/////

前向きになれる「マスク」考えて 岡山の企業がデザインコンテスト


 ITベンチャー「ARTEE(アーティー)」(岡山市北区下伊福)は、医療用品メーカーのダイヤ工業(同市南区古新田)が開発した夏でも蒸れにくい「ムレンマスク」のデザインコンテストを開催している。

 ムレンマスクは無地の白、黒色など4タイプを販売中。新型コロナウイルスの感染予防でマスク着用が定着する中、マスクの表面に明るく前向きなれるデザインを描いた3作品を選び、商品化する。

 デザインはアーティーのサイトから投稿する。人気投票で上位20作品に絞り、ダイヤ工業が最終決定する。

 アーティーはオンライン上でコンテストを開き、投票順位の高い作品を商品化する事業を展開。今回はダイヤ工業から依頼を受けて企画した。デザイン募集は7月8日まで。問い合わせはメール(info@artee−jp.com)。

※アーティーのサイト https://artee-jp.com/contest/

岡山県庁で復旧・復興推進本部会議

 おととしの西日本豪雨からまもなく2年を迎えるのを前に、岡山県庁で、復興の進捗状況などを確認する会議が開かれました。

西日本豪雨の犠牲者に黙とうが捧げられました。
復旧の見通しなどを示したロードマップを基に進める豪雨災害復旧・復興推進本部会議です。
会議では、今年度中の終了を目指す河川や道路などの復旧工事が7割を超える箇所で、すでに完了するなどおおむね順調に進んでいることや、仮設住宅の一年間の入居延長が598世帯で決まったことなどが報告されました。
岡山県は、今後も関係市町村と連携して住まいや生活の再建に取り組むとしています。

【西日本豪雨2年】漫画で復興に貢献を 岡山・真備 大学講師がツイッター投稿



  200人を超える死者・行方不明者を出した西日本豪雨。被害が大きかった岡山県倉敷市真備(まび)町地区の自宅兼事務所にいた漫画家は当時、眼前に迫る濁流に、ツイッターで悲痛な叫びを発信した。自宅は全壊したが、インターネットでカンパを募ると約1カ月で仕事の再開に必要な資金や道具が集まった。「1人では生きられないと気づかされた」と、昨春からは復興の様子を伝える漫画をツイッターに掲載。「漫画で復興に貢献したい」と話す。(尾崎豪一)

 「しぬど……」

 平成30年7月7日午前8時50分、「かぼちゃ」のペンネームで漫画家として活動する倉敷芸術科学大講師の松田博義さん(36)が、眼前に広がる濁流への恐怖をツイートすると、身の上を案じる返信やリツイートは千件を超えた。

 前日夜、近くの小田川の様子を見て「大したことはない」と高をくくっていたが、水位は急上昇。高台の実家に避難しようとしたが道路が冠水していたため、2階建ての自宅での“籠城”を余儀なくされた。

 泥水は少しずつ家屋をむしばみ、「ゴポッ、ゴポッ」と不気味な音とともに家具が浮き上がる。執筆部屋のある2階に逃げ込んだが、泥水が迫ってきた。「もうだめだ」。妻の斐子(あやこ)さん(31)と飼い猫とともに1階の屋根上に上がり、ともに毛布にくるまって風雨をしのいだ。

 翌朝には水が引き、ボートで救助されたが、自宅は全壊。パソコン(PC)のサーバーに保存していた原稿や画材は一部を除き、ほとんど失われた。

 「漫画で何かしら情報発信はできるはず。この体験を漫画にしよう」と考えたが、機材がない。「涙も出ん」と心中をツイッターに吐露すると、1週間後には同郷の男性ファンからPC提供の申し出が。知人の勧めで、会員制交流サイト(SNS)を通じてギフト券を送る送金サービス「Kampa!」で資金援助を募ると、約1カ月で必要な資金が集まった。

 「短期間にあれほどの金額を、自分に送金してくれる人がいると思わなかった。本当に『ありがとう』という言葉しかなかった」と松田さん。「1人が好きで漫画家になったけれど、1人では生きられないと気づかされた」

 この恩を、どうやって漫画で返せばいいか。同業の斐子さんとも話し合い、昨年4月から復興に向けて歩む地元の商店を紹介する「真備復興漫画」をツイッターに掲載。大学の教え子も手伝うようになり、「人の役に立って初めて『生きている』と実感した」と語る喫茶店主や、「雨が降ると当時を思い出す」酒屋の店主ら、松田さんたちが直接聞いた被災者の声を描いている。

 あれからまもなく2年。「新しく家が建ち、人が戻ってきて、町の景色はガラッと変わった」と明るい兆しを実感するが、「まだ、文化の薫りが足りない」とも。「漫画は文化そのもの。漫画を通じ、町の文化の復興に貢献できれば最高だ」と目を輝かせた。

岡山 BMX長迫選手が母校訪問


 東京オリンピック自転車BMXの日本代表に選ばれた、笠岡市出身の長迫吉拓選手が3日、母校の小学校を訪れ、夢に挑むことの大切さを訴えました。

長迫選手は、笠岡市にある母校の大島小学校を訪れ、体育館に集まった児童およそ100人から拍手で出迎えを受けました。
長迫選手は、起伏の激しいコースで順位を競うBMXレースの国内の第一人者です。
おととしのアジア大会で、日本選手初となる金メダルを獲得し、先月、東京オリンピックの日本代表に内定しました。
雨のため、自転車の実演はできませんでしたが、長迫選手は講演の中で、本場のヨーロッパで競技を続けるために、みずからスポンサーを探したことを紹介し「夢を大きく持ち、たくさんの人に伝えて、実現するためにいろんなことに挑戦してほしい。ひとつの成功が次の自信につながる」と呼びかけました。
このあと児童を代表して6年生の山成柔斗さんが「長迫選手を間近で見られて興奮しています。僕にも夢があるので、それに向かって頑張りたいです」と挨拶しました。
そして全員で「長迫選手、頑張ってください」とエールを送っていました。
講演を聞いた4年生の女の子は「長迫選手はすごいと思った。私もバスケットボールの練習を頑張りたい」と話していました。

このページのトップヘ