世界に目を向けグローバル 366 岡山県を中心にグローカル GPS APS

地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・

2015年10月

11月1日「大誓文払い」開幕 「百貨店(岡山高島屋 天満屋岡山店)、イオンモール岡山」とも連携

大誓文払い Yahoo!検索(リアルタイム) twitter情報

備前岡山ええじゃないか Yahoo!検索(リアルタイム) twitter情報

岡山市商店会連合会は11月1-3日、恒例の大売り出し「備前岡山ええじゃないか2015 大誓文払い」を同市中心部の商店街や商業施設で開く。昨年12月に開業したイオンモール岡山(同市北区下石井)も初めてイベント会場となる。
 主会場の表町、岡山駅前、奉還町の各商店街に計約460台のワゴンを並べ、衣料や雑貨、食品を割安で販売。千屋牛コロッケや鶏の空揚げを販売する「岡山揚げあげグランプリ」(表町)、工作体験ができる「駅前こどもパーク」(岡山駅前)、高校生が考案した菓子や農産加工品を売る「ネクスト奉還町」(奉還町)もある。
 百貨店、イオンモール岡山などのショッピングセンターでは、手品や大道芸、サルのパフォーマンスが催される。
 大誓文払いは35回目で、歳末に向けた商戦を盛り上げる。


////
まちなか健康スタンプラリー 11月1日から3日(3日間)

まちなか健康スタンプラリー Yahoo!検索(リアルタイム) twitter情報

健康づくりのため市民らに市中心部を歩いてもらうとともに、まちのにぎわいにつなげる初の「まちなか健康スタンプラリー」を11月1日から3日(3日間)に実施すると発表した。
市中心部をA-Cの3エリアに分け、スタンプポイントを6カ所、2カ所、5カ所設置。
8カ所以上のスタンプ(各エリア最低1カ所)を集めると、健康計測機器メーカー・タニタ(東京)のレシピ本、新見市産米のセット(予定)などが抽選で当たる。


1.【日時】
 平成27年11月1日(日曜日)から3日(火曜日、祝日)まで
午前11時から午後4時まで
2.【スタンプポイント】
Aエリア:奉還町商店街、駅前商店街、岡山一番街、イオンモール岡山、イトーヨーカドー岡山店、岡山淳風会タニタ食堂
Bエリア:岡山髙島屋、西川緑道公園野殿橋付近
Cエリア:クレド岡山、アムスメール上之町、岡山ロッツ、天満屋岡山店、千日前商店街

 またスタンプポイント4カ所で健康に関するクイズを出題。3問以上の正解者(各日先着50人)にタニタ食堂の食事券をプレゼントする。


市中心部では、「備前岡山ええじゃないか2015大誓文払い」などのイベントもある。

スタンプ台紙となるリーフレットは各スタンプポイントで配る。
//////
まちなか健康スタンプラリー 11月1日から3日(3日間)/ 「備前岡山ええじゃないか2015大誓文払い」
//////



//////

まちなか 健康 スタンプラリー
Powered by RSSリスティング
備前 岡山 ええじゃないか 大誓文払い
Powered by RSSリスティング
/////
岡山 ええじゃないか
Powered by RSSリスティング
岡山 大誓文払い
Powered by RSSリスティング
新聞 ええじゃないか
Powered by RSSリスティング
新聞 大誓文払い
Powered by RSSリスティング

美作大学生らハロウィーンで仮装登校 岡山 / ハロウィンで岡山を盛りあげよう!岡山駅前を仮装してぐるぐる巡ろう!10月31日

ハロウィン人気仮装ランキングが知りたい! - Google先生に聞いてみた

美作 ハロウィン Yahoo!検索(リアルタイム) twitter情報

岡山 ハロウィン Yahoo!検索(リアルタイム) twitter情報

美作大学生らハロウィーンで仮装登校 岡山

大学 haro002

大学 haro001

学生 魔女やキャラに変身  
 
◇美作大 ハロウィーン前に仮装
 
 31日のハロウィーンを前に、津山市北園町の美作大学で29日、仮装して登校するイベントが行われた。

 6年前に有志の学生の間で始まり、大学全体へと広がった。学生らは、魔女やお化け、アニメのキャラクターなど手作りの衣装を身にまとい、メークを施して登校。中庭や食堂で写真を撮り合う姿も見られた。

 30日もあり、午後6時15分からは体育館で、お菓子投げやダンス大会などを実施。主催した学友会の2年古主菫こぬしすみれさん(19)は「夏の浴衣登校のように定着し、大学が盛り上がれば」と話していた。

 ハロウィーンは、秋の収穫を祝い、悪霊を追い払う欧州発祥の祭り。カボチャをお化けの顔のようにくりぬいて飾るほか、子どもが仮装して近所を回り、お菓子をもらう習慣があり、日本でも若者を中心に浸透している。
kis ハロ

美作大学生らハロウィーンで仮装登校 岡山

31日の「ハロウィーン」を前に、美作大学・同短期大学部(津山市北園町)で29日、学生らがお化けや魔女などにふんして登校する「仮装登校」が行われ、キャンパスはにぎやかな雰囲気に包まれた。

 仮装登校は平成21年、学生有志が始めたのをきっかけに広がり、今では学生の3割が仮装するなど学校行事として定着してきた。

 この日、昼休みの時間になると、食堂前の中庭に妖怪や人気アニメキャラクターなどに仮装した学生が集合。友人と顔を見合わせて笑ったり、記念撮影するなど、キャンパスはお祭りムードとなった。

 メークに1時間かけてドラキュラにふんしたという社会福祉学科4年の白岩瑠美さん(22)は「今日は一日悪女になって振る舞いたい気分。ワクワクです」と笑顔で話した。

 ハロウィーンは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出すヨーロッパ発祥のお祭り。同大学では30日も仮装登校が行われ、お菓子投げやダンスなどが行われる。


大学 ハロ2

Hallo  002

Hallo  001

Hallo  003

仮装 コスプレの分類

/////
美作大学生らも参加するかな? 10月31日
/////
ハロウィンで岡山を盛りあげよう!
10月31日
岡山駅前を仮装してぐるぐる巡ろう!
イオン
イオンモール岡山  「ハロウィン4days」

一番街
岡山一番街  「ハロウィン4days」

高島屋
岡山高島屋 屋上  「ハロウィン4days」

岡山 高島屋 おもてなし
岡山高島屋 (1F)

岡山駅周辺の「移動例」

「イオンモール岡山」が開業した年だから、「岡山駅周辺(移動は、地下で、迷惑かけずに)」を回遊しよう! 


(岡山高島屋 屋上 から 岡山一番街(地下)から「イオンモール岡山」を自由(ルールを守って)に往復しよう!)

(まずは、スタンプラリーで写真!  【他施設スタンプの押印場所】 確認  )
(パレードの場所 時間、 ルート の確認を!集合 15:30 / スタート 16:00 ) 



「JR岡山駅前地区」 「ハロウィン4days」(岡山高島屋、岡山一番街、さんすて岡山、イオンモール岡山)



「地下」と「地上」の右周り(左周り)


=地下=
「岡山高島屋屋上(フード、ドリンクコーナーあり  仮装者(1杯) 無料)」」14時~18時:デパうえハロウィンライブパーティー開催
⇒「岡山高島屋(地下)」⇒「岡山一番街・さんすて」
⇒岡山一番街 東地下広場(ももたろう観光センター前) ハロウィンパレード  集合 15:30
⇒「イオンモール岡山(地下)」⇒(  エスカレターで移動  )⇒「イオンモール岡山(4F)」(休憩)


=地上=   (交通ルールは守ってね!)
「イオンモール岡山(4F)」⇒(  エスカレター で移動  )⇒イオンモール岡山 1F中央エスカレーター前 ⇒
⇒ 岡山駅前広場  
⇒「岡山高島屋屋上(フード、ドリンクコーナーあり 仮装者(1杯) 無料)」14時~18時:デパうえハロウィンライブパーティー開催


10月31日ハロウィンの当日にはイベント開催です☆

●岡山駅地下1F桃太郎観光センター前
10月31日 集合 15:30   16時~:ハロウィンパレード開催
 仮装をしてて集まろう


●岡山高島屋屋上
10月31日 14時~18時:デパうえハロウィンライブパーティー開催
 参加無料
フード、ドリンクコーナーあり

※仮装して参加するとドリンク1杯サービス☆

/////
美作 ハロウィン(画像)Yahoo!検索(リアルタイム) twitter情報
/////
岡山県(10.31)でハロウィーン楽しもう「岡山市 倉敷市 笠岡市 新見市 備前市など」(ハロウィン イベント 仮装パレードやファッションショーなど)

/////
岡山県内の大学 (秋のイベント) 学園祭 シーズン(玉木宏にDAIGOが来る!)
/////
クリスマスも仮装しようよ!
秋といえば・・最近は ハロウィン ? イベント 仮装パレードなど
/////

<旧閑谷学校>学問の木「100歳」 保存会、保全活動に力 31日から夜間ライトアップ /岡山


秋の景観 岡山県 紅葉 (もみじ カエデ) の 見頃 時期 地図

光まとう楷の木と国宝の講堂  岡山 旧閑谷学校 31日からライトアップ

幻想的な秋の絶景!京都の“紅葉ライトアップ”7選

「学問の木」とも呼ばれ、備前市閑谷の国特別史跡・旧閑谷学校のシンボルになっている楷(かい)の木が今年、「100歳」を迎えた。大正時代に中国から日本に持ち帰られた種から高さ約15メートルに育ち、紅葉シーズンには多くの人を魅了してきた。近年は幹の亀裂や落葉なども目立つことから、同校顕彰保存会は木の剪定(せんてい)など保全活動に力を入れている。

 同会によると、同校の楷の木は、中国・山東省の孔子廟(びょう)から1915(大正4)年に日本に持ち帰られた種がルーツとされる。当時の林業試験場で育てられた苗木が、儒教教育の場だった閑谷学校や孔子をまつった湯島聖堂(東京都)など孔子ゆかりの地に配られたという。

 閑谷学校では孔子を祭る聖廟の前に2本が植えられ、西側が紅葉し、東側は黄色に色づく。自然な状態を保とうと、極力手を付けないできたが、近年は実が付きすぎて栄養が回らずに落葉したり、枝が張った重みで幹に亀裂が入ったりしていた。

 このため、同会は県教委文化財課の協力を得て、2012年度から楷の木の保全活動をスタートさせた。均等に太陽光が届くよう重なり合った枝を切り落としたり、夜間にスプリンクラーで水をまいたりして育ちやすい環境をつくっている。

 同会の塩見一良次長は「手入れをして一回り小さくなったが、随所に若い枝が生え始めている。歴史の象徴を後世に伝えていけるよう、適切な大きさを保っていきたい」と今後も木を守り続けるつもりだ。

 閑谷学校では31日から11月8日まで夜間ライトアップが施され、楷の木も幻想的な光に包まれる。ライトアップは午後5時半-7時。入場料は一般400円、小・中学生100円、65歳以上200円。問い合わせは同校顕彰保存会(0869・67・1427)。

/////
光まとう楷の木と国宝の講堂  岡山 旧閑谷学校 31日からライトアップ
 
今春、日本遺産に認定された国特別史跡・旧閑谷学校(備前市閑谷)で30日夜、ライトアップの試験点灯があり、樹齢100年を迎えた楷(かい)の木と国宝の講堂が鮮やかに浮かび上がった。
 44基の発光ダイオード(LED)照明を使用。西側は赤、東側は黄に色付き始めた一対の楷の木と講堂が光をまとい、厳かに輝いた。
 今年は新たな試みとして、光るオブジェ計250個を史跡前の〓池(はんち)に浮かべたり、講堂近くの火除山(ひよけやま)に置いたりした。閑谷神社前には、同学校を創設した岡山藩主・池田家の家紋などが明滅する芸術作品(直径約2メートル)も並ぶ。
 楷の木は儒学の祖・孔子の墓所がある中国・山東省から1915(大正4)年に持ち帰った種から育った。近年落葉が目立っており、管理する同学校顕彰保存会が2012年度から樹勢回復のため剪定(せんてい)や施肥を行っている。
 ライトアップは31日-11月8日の午後5時半ごろから同7時まで。問い合わせは同学校史跡受付(0869 67 1436)。※〓はサンズイに半

/////
旧閑谷学校 31日からライトアップ

日本遺産の国特別史跡・旧閑谷学校(備前市閑谷)で30日、国宝の講堂などのライトアップ(31日~11月8日)を前に、試験点灯が行われた=写真=。

 44基の発光ダイオード(LED)の照明器具に明かりがともされると、講堂や樹齢100年の楷かいの木2本が、静寂の闇の中にくっきりと浮かび上がった。

 日本遺産に認定された4月以降、半年間の入場者数は約3万9900人。前年とほぼ変わらず、同校顕彰保存会は「周辺の紅葉も始まり、秋の観光シーズンにPRしていきたい」としている。

 ライトアップは午後5時半~7時。入場料は大人400円(65歳以上200円)、小中学生100円。問い合わせは同校受付(0869・67・1436)。

/////
岡山 紅葉 (もみじ カエデ)

錦秋の景観を満喫しよう

秋の深まりとともに本格的な紅葉シーズンに入った。今年は残暑の影響が少なく、例年より1週間程度早まるところもありそう。岡山県内では、真庭市、鏡野町など県北から見ごろを迎え、県南は11月中-下旬の見込み。備後地方では庄原市と広島県神石高原町にまたがる国定公園帝釈峡で見ごろ。錦秋の景観が楽しめる、岡山県内と備後地方のスポットを紹介する。
 岡山県内で既に見ごろを迎えているのは、真庭市蒜山地域や鏡野町、新庄村など鳥取県境に接するエリア。旧蒜山大山スカイラインでは、赤や黄に色づいた木々が道路の両側から迫り、紅葉のトンネルをつくっている。
 見ごろを見越して県北各地で紅葉まつりも企画されている。鏡野町の国名勝・奥津渓では、31日に「奥津もみじ祭り」が開幕。初日はステージ発表やテント村が並ぶ予定で、11月15日までの期間中、町内各地でイベントが開かれる。同町産業観光課は「9月末から10月初めにかけて気温が低かったためか、全体的に1週間程度早い印象。最近は朝晩の冷え込みも厳しく、色づきは好調」という。
 新見市でも11月3日、御洞渓谷や三室峡のほか、井倉洞でも井倉峡の紅葉を楽しむ催しが企画されている。
 同月中旬までには、津山、総社市、吉備中央町などへと“紅葉前線”は南下する見通しだ。
 幻想的な景観を演出するライトアップを行うところもある。田中美術館(井原市)に隣接する市民公園・田中苑では11月6日まで、楷(かい)の木のライトアップを今年初めて実施中。このほか、31日からは備前市の旧閑谷学校(-11月8日)、奥津渓(-同月15日)で始まり、吉備中央町の宇甘渓(同月6-15日)、総社市の井山宝福寺(同月13-15日)でも行われる。
 県内の紅葉のフィナーレを飾る県南では、岡山後楽園(岡山市)や大原邸周辺、旧大原家別邸・新渓園(倉敷市)が11月中-下旬にピークを迎える予想。岡山後楽園では紅葉の季節に初の夜間開園を11月20-29日に行う予定で、「シーズン中は日に日に色づきを増す。昼だけでなく夜も楽しんでほしい」としている。
 一方、備後地方では帝釈峡が見ごろ。神竜湖畔や石の天然橋・雄橋に続く遊歩道沿いで、カエデやイチョウなどが色づきを増した。見ごろは11月10日ごろまで。1日には帝釈自治振興センター(庄原市東城町帝釈未渡)で「帝釈もみじまつり」、神石コスモドーム(神石高原町相渡)では「ふれあい神石まつり」が開かれる。
 福山市では、山野峡県立自然公園でカエデなどが色づき始めた。中旬までにピークを迎え、11月20日ごろまで楽しめる予想という。神勝禅寺(沼隈町上山南)は1?29日の土、日曜に境内をライトアップ。境内のイロハモミジ、ヤマモミジなど約千本は一部が色づき始めており、11月中旬が一番の見ごろとなりそう。
 三郎の滝(府中市)でもカエデ約800本が徐々に色づき、15日前後には十分見ごろになりそう。同日午前10時からは、餅つきや野菜の販売などがある。
 耕三寺(尾道市瀬戸田町瀬戸田)のカエデ、イチョウなど約300本は11月中旬から12月初めに楽しめそう。11月14-29日の「もみじまつり」は、色づいた葉を使ったしおり作り(土日のみ、各日100人程度)などがある。
 三原市では、カエデなど約600本がある三景園が11月7-23日に「もみじまつり」。エリザベト音大生の演奏(7日)、全国大会優勝の深瀬ひょっとこ踊り同好会の踊り(15日)などがある。仏通寺(高坂町許山)は1-30日、参道脇などのモミジをライトアップ。3?29日は、普段見学できない本堂内などの特別拝観(有料)を行う。岡山県内と備後地方の主な紅葉スポット


◇既に見ごろ-ピークを迎えた地域
 真庭市
 旧蒜山大山スカイライン新庄村
 毛無山鏡野町
 恩原高原、赤和瀬渓谷、県立森林公園、奥津渓、白賀渓谷西粟倉村
 駒の尾山、若杉天然林、林道ダルガ峰線新見市
 御洞渓谷、三室峡岡山市
 たけべの森公園井原市
 田中苑楷の木庄原市・神石高原町
 帝釈峡


◇11月上旬に見ごろを迎える地域吉備中央町
 吉備高原都市旧サイエンス館通り備前市
 旧閑谷学校真庭市
 美甘渓谷、神庭の滝自然公園玉野市
 深山公園新見市
 阿哲峡、井倉峡津山市
 布滝倉敷市
 まきび公園三原市
 三景園

◇中旬に見ごろを迎える地域岡山市
 近水園、半田山植物園吉備中央町
 宇甘渓総社市
 井山宝福寺、豪渓津山市
 横野滝、鶴山公園高梁市
 磐窟渓井原市
 天神峡倉敷市
 大原邸周辺、旧大原家別邸・新渓園福山市
 山野峡県立自然公園、神勝禅寺府中市
 三郎の滝尾道市
 耕三寺三原市
 仏通寺


◇下旬に見ごろを迎える地域岡山市
 岡山後楽園
/////
/////
/////

岡山県東部でカキの水揚げ開始 「10年に1度の育ち具合」

全国有数の生産量を誇る県産カキの今季の水揚げが29日、県東部の各漁協で始まった。身太りもまずまずで、関係者は記録的な不漁だった昨年度からの復調に期待を寄せている。

 瀬戸内市の邑久町漁協では早朝から、組合員が次々と虫明港沖の瀬戸内海に浮かぶカキいかだへ。笘野行信さん(54)は、いかだ2カ所から養殖ガキが連なったロープを6本引き上げた。殻を開いて中身を確かめた笘野さんは「台風被害もなかったおかげで、10年に1度あるかないかの育ち具合です」と表情を緩めた。

 カキは帰港後、ベルトコンベヤーで運び出され、一斉に洗浄。カキ打ち小屋では漁師の家族らが“海のミルク”とされるプリプリの身を専用のナイフでむき出す作業に追われていた。

 同組合では69戸がカキ養殖を行い、いかだは約1300枚。むき身計算での出荷量は平成25年度は約1700トン、昨年度は度重なる台風などで約1300トンに減少したが、今年度は1500トン程度までの回復を見込んでいる。

 29日は日生、伊里、牛窓の各漁協でも水揚げが始まり、来月には西部の関係漁協でも本格操業する。県内の出荷量は数年来、年4千トン超で推移していたが、昨年度は約2400トンとなり、全国2位の座を明け渡したという。
////
瀬戸内でカキの水揚げ始まる  岡山


冬の味覚・カキの水揚げが29日、岡山県内有数の産地、瀬戸内市邑久町虫明地区で始まった。今シーズンは好天に恵まれ、餌も豊富で品質は上々。30日には県内や京阪神の店頭に並ぶ。
 虫明地区では邑久町漁協の組合員約70戸がいかだ約1300枚で養殖。早朝から組合員が専用船で沖へ向かい、カキがびっしりと付いたロープをクレーンで引き揚げた。漁港近くの小屋では従業員が専用ナイフで殻をこじ開け、ぷりぷりした乳白色の身を取り出す作業に追われた。養殖歴30年の業者男性(51)は「身太りが良く、今季は豊漁が期待できる」と話した。
 同漁協などによると、相次ぐ台風で記録的な不作となった昨シーズンから一転、来年4月末までに例年(1500トン)を超える出荷が見込めるという。
 日生町漁協(備前市日生町日生)、牛窓町漁協(瀬戸内市牛窓町牛窓)でも29日、水揚げがスタートした。

////

岡山県 高校生の活躍 (発表会  開発   協力)  いろいろ


岡山県高校演劇発表会31日開幕

岡山県内の高校演劇部が表現力を競う「第65回県高等学校演劇発表会」(県高等学校演劇協議会など主催、山陽新聞社など後援)が、31日と11月1日に岡山市中区小橋町の岡山市民文化ホールで開かれる。
 9-10月に県内5カ所で行われた地区大会を勝ち抜いた11校が上演。愛と戦争をテーマにした創作脚本「むすんでひらいて。」で県大会に初挑戦する学芸館高や、ともに21回目の出場となる倉敷中央高、津山東高といった強豪校が、それぞれ1時間の熱演を繰り広げる。
 全国各地の高校演劇コンクールで審査員を務めてきた演出家の林成彦さんら8人が、芸術性や技術力などをポイントに評価。上位2校が11月20ー22日に広島市で開催される中国大会に進む。
 県高等学校演劇協議会事務局長の服部和美・岡山東商高教諭は「高校生のみずみずしい感性やエネルギッシュな演技に注目してほしい」と話している。入場無料。問い合わせは、岡山東商高内の事務局(086  272  1237)。


////
高校生開発のスイーツ味わって

倉敷市内の2高校の生徒たちが、若い感性とアイデアを生かし、菓子、スイーツを開発した。それぞれ他校や地元企業と連携しながら試行錯誤を重ね、オリジナルの味を完成。近く岡山市内で開かれるイベントなどで売り出す。清水白桃使いジュレ
 倉敷市平田、翠松高校商業クラブ「ビジネス夢クラブ」の生徒たちは、岡山名物・清水白桃のジュレ飲料を開発した。高松農業高校(岡山市北区高松原古才)との連携商品の第2弾。高松農高の農園で栽培された白桃を使い、専用ストローで味わう瓶入りタイプにした。31日、11月1日に山陽新聞社(同市北区柳町)で開かれる「さん太マルシェ」で販売する。
 清水白桃の果肉を細かくつぶし、とろみのある滑らかなジュレに加工。付属のストローで崩しながら飲むと、濃厚な甘さ、上品な香りが楽しめるという。
 開発したのはビジネス夢クラブの2、3年生10人。若い女性らの間で「メイソンジャー」と呼ばれるガラス瓶にジュースやサラダを入れて味わうのがブームになっていることに着目。今年4月から瓶入り商品の開発に乗り出した。
 製造は、農産物加工会社「elims(エリムス)」(岡山市)に依頼。ジュレを飲みやすくする専用ストローは、ストローメーカーのシバセ工業(浅口市)に発注した。商品名は「飲むジュレ
 岡山清水白桃」で、1本(200グラム入り)350円。11月3日に翠松高で行う「翠松マーケット」でも販売する。
 ビジネス夢クラブ部長の3年児島亜衣羅さん(18)は「収穫期以外でも完熟した白桃の甘さを味わえる。ヨーグルトに入れたり、肉料理のソースにしたりするのもお薦め」とアピールする。
 同クラブは昨秋、高松農高との連携商品第1弾として清水白桃の「食べるジュレ」を作った。地場産品使用のクッキー
 倉敷市玉島、市立玉島高校商業科3年生の課題研究商品開発グループは、地場産品を使ったせんべいとクッキー。11月1日-3日、岡山市中心部で開かれる「備前  岡山ええじゃないか 大誓文払い」の奉還町会場で販売する。
 せんべいは専門店・草加屋(岡山市)の協力を得て焼いてもらった。地元の玉島味噌醤油(倉敷市)の一番搾りしょうゆで味付けした「玉島しょうゆせんべい」(1枚120円)や豊島屋(同市)のウスターソースを塗った「玉島ソースせんべい」(120円)、のり栽培・邦美丸(くにみまる)(玉野市)の製品を利用した「胸上きざみのりせんべい」(130円)をそろえた。
 洋菓子店「パティスリー  ラ・ビッシュ」(倉敷市)に依頼して作ったクッキーは、高梁市特産の紅茶葉を刻んで生地に混ぜて風味を生かし、備中松山城にちなみ「殿さまクッキー」(1個280円)とネーミングした。
 メンバー11人で話し合い、試作を重ねた。男子生徒(18)は「味や好みがまちまちでなかなか難しかったが、みんなで意見交換を繰り返し改良したことで、結構うまいのができた。ぜひ味わって」と話す。
/////
高梁地紅茶まつりに高校生協力へ

全国各地のご当地紅茶の飲み比べなどが楽しめる「第4回高梁地紅茶まつり」が11月1日、高梁市栄町の栄町商店街で開かれる。地元の高校生が飲み比べブースを運営し、来場者をおもてなし。国産紅茶のおいしさをアピールするとともに、若い力でイベントを盛り上げる。
 飲み比べは6種類を用意。甘い香りが特徴の丸子紅茶(静岡県)、若葉のような風味の月ケ瀬紅茶(奈良県)といった県外の銘柄のほか、爽やかな飲み口の高梁紅茶(高梁市)と渋みが少なく飲みやすいももたろう紅茶(真庭市)の県産も並べる。1チケット300円で飲み放題。
 地元の和菓子のほか、紅茶を使ったマドレーヌやブッセ、ケーキも販売。インディアントマト焼そば、備中牛バーガーなど地域の特産品も売り出す。煮出した紅茶を湯に加えた足湯体験もある。
 イベントには城南、高梁、日新の3高校が協力。飲み比べカフェや足湯を運営するほか、観葉植物の寄せ植え作り(城南)、髪や腕につけるアクセサリー・シュシュの製作体験(高梁)、ハンドマッサージのサービス(日新)など各校の特色を生かしたコーナーも開設する。
 イベントを前に27日、高梁高(内山下)でカフェ担当の生徒約30人を対象に紅茶の入れ方の講習会が開催された。高梁紅茶の生産者の男性(63)が講師を務め、「お湯を入れてポットの中で3、4分蒸らすと香りが引き立つ」「カップを温めておくのがこつ」などとアドバイスすると、生徒はメモを取るなどして真剣に聞き入っていた。高梁高2年の女子生徒(17)は「正しい入れ方の紅茶は香りが格別。元気よく接客し、イベントを盛り上げたい」と話している。
 午前10時半-午後3時。問い合わせは実行委事務局の市産業振興課(0866ー21ー0229)。
/////

このページのトップヘ