世界に目を向けグローバル 366 岡山県を中心にグローカル GPS APS

地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・

2016年09月

全国学テ、岡山県は厳しい状況 全国学テ 岡山小6は25位に上昇


全国学テ 岡山小6は25位に上昇

 文部科学省が29日公表した全国学力テスト(4月19日実施)結果で、岡山県内公立校の小学6年が25位(前年度28位)となった一方、中学3年は前年度と同じ41位と低迷した。県政中期行動計画で2016年度までに「10位以内」としていた目標は小中とも達成できなかった。 小6は苦手としてきた算数Bの平均正答率が初めて全国平均を上回るなど、4科目合計は4年連続で全国との差が縮小。順位としては過去最高位となった。中3は4科目とも全国を下回り、合計は全国と比べて8・2ポイントも開いた。 広島県の全国順位は小6が4位、中3が15位。香川県は小6が15位、中3が12位だった。

////
全国学テ 小中正答率7市で改善

岡山県教委は29日、2016年度全国学力テストの市町別平均正答率を公表(小中学校それぞれ1校の町村のデータを除く)した。4科目合計で比較すると、玉野、笠岡、井原、総社、瀬戸内、赤磐、美作の7市は前年度と比べ、小中とも全国平均との差が縮まるなど改善。岡山、倉敷市など都市部の中学3年は全国との差が大きく開くなど苦戦している。 県教委によると、非公表の自治体も含め、全国との差が前年度より改善した自治体数は小6が17、中3は14。一方、県内でトップ、ワーストとなった市町村の差は小6が56・2ポイント(前年度比13・4ポイント増)、中3が48・7ポイント(同2・0ポイント増)となり、格差は広がった。 赤磐市は、小6が前年度より10ポイント以上伸びた。各学校で放課後や授業前の補充学習で基礎問題の繰り返しを徹底。市教委は「基礎が定着してきた。今後は応用問題への対応も検討する」。中3が10ポイント以上伸びた総社市は、生徒同士が勉強を教え合いながら授業を進める「協同学習」を導入しており、市教委は「互いに高め合えている」と分析する。 科目ごとに比較すると、全科目の正答率が全国以上だった自治体は小6が笠岡、総社、備前、美作市、和気、里庄、矢掛町の7市町、中3は高梁市のみ。小中ともに全国を上回った自治体はなかった。 テストと同時に行った学習状況調査では、中3の平日授業外の学習時間が「1時間以上」とした生徒の割合は公表された全市町で全国を下回った。特に井原、真庭市、和気町では「1時間以上」とした生徒が半数に満たなかった。 県教委は、地域や保護者に実態を知ってもらって学力向上への協力を得るため、14年度から市町別結果を公表している。
////
全国学テ、岡山県は厳しい状況

29日に公表された2016年度の全国学力テストの岡山県順位は、小学6年が25位(前年度28位)、中学3年が前年度と同じ41位。小学校を中心に一部改善傾向は見られるものの、小中全8科目のうち小6の算数B以外は全国平均以下になるなど、依然として厳しい状況が浮かび上がった。 小中ともに全国10位以内との目標を掲げていた県政中期行動計画(生き活(い)きプラン、14-16年度)の目標達成がならなかったことに、竹井千庫教育長は「大変厳しい結果と受け止めている。早急に改善に向けての取り組みを徹底したい」とコメント。 一方、伊原木隆太知事は「教育県岡山の復活は、全力で取り組まなければならない課題。今後も目標を高く持ちながら、努力を続けたい」とし、引き続き10位以内の目標達成を目指していく姿勢を示した。 県内のテスト結果をみると、中3の各科目の正答率は全国と比べて2・7-0・9ポイント低く、4科目合計では8・2ポイントの差が開いた。答えを何も書かない無回答率が数学Bで17・4%(全国14・7%)となるなど全科目で全国を上回り、特に応用のB問題は正答率分布の下位層が多かった。 中学生の成績低迷について、県教委義務教育課は「授業外の学習時間が少ないことが大きな要因の一つ」と指摘。学力テストと同時に行った学習状況調査では、平日の授業外の勉強時間が「1時間以上」の生徒は57・2%で全国(67・9%)を大きく下回った。 小6は算数A以外の3科目は前年度より全国との差が改善した。正答率の分布も全国とほぼ同じとなり、特にB問題で下位層が減少。「授業中に応用問題を積極的に解説してきたことが結果として表れた」(同課)としている。 県内公立校では16年度、小6の1万6408人、中3は1万6613人が参加した。
////

最後の「おひバザ」今度こそ  岡山市北区石関町の石山公園


 ガラス、木工、イラストといった多彩なジャンルの作家74人・組が、屋外で作品を展示販売する「おひさまアートバザール(おひバザ)」が10月2日、岡山市北区石関町の石山公園で開かれる。11年目の今年を最後と決めて5月に予定していたが、雨天で中止に。主催するメンバーたちは、雨が降らないことを祈りながら準備を進めている。 若手作家らを支援する岡山市の市民グループ「MAEMU(マエム)企画」が、作品発表の場にしてもらおうと、2006年から年1回開催。以前に比べ、ギャラリーでの作品展やインターネット販売といった作家の発信手段が増えたことなどから、終了することにした。 当日は岡山県内外から集まった作家たちが、木工のおもちゃ、編みぐるみ、ステンドグラス、陶器、彫金のアクセサリー、イラスト入りのポストカードなどを展示販売。希望者の似顔絵を描いてくれるブースや、段ボールで刀剣作りをするワークショップなどがある。 来場者からお題をもらって即興劇を披露するパフォーマンスや、段ボールを使った仏像の“顔出し看板”の販売、おにぎり、パン、コーヒーなどの飲食ブースも並ぶ。 これまでのおひバザを振り返り、MAEMU企画の下村英之代表(40)は「参加していた作家がデパートで個展を開いたり、作家同士の交流が深まってコラボレーションしたりと、うれしいことがたくさんあった」と話す。雨天中止。天気予報では当日、岡山市内は降水確率がやや高くなっており「最後なので盛り上がりたい。晴れることを祈るのみ」と言う。 時間は午前10時-午後5時。

岡山 倉敷 ロボホンが観光名所ご案内 (人工知能(AI)による会話機能)


倉敷観光コンベンションビューローは29日、同市美観地区の倉敷館観光案内所(同市中央)に、人型ロボットの携帯電話「ロボホン」を導入した。人工知能(AI)による会話機能で、観光客に地区の名所を紹介する。開発したシャープによると、観光案内所での利用は全国で初めて。 ロボホンは高さ19・5センチ、重さ約390グラム。「大原美術館」「瀬戸大橋」「鷲羽山」といった倉敷にまつわる約100種類の情報を記憶しており、「(○○について)教えて」と話し掛けると、それぞれの特徴や由来について答えてくれる。 普段は同観光案内所カウンターに置き、観光客らの質問には音声をスピーカーで流して回答。観光PRイベントなどがあれば“出張”して倉敷の魅力をアピールする。 観光に訪れた高3男子(17)は、ロボホンに美観地区の歴史を質問。「古い町並みについて最先端のロボットが解説してくれて面白い」と話した。 ロボホンはシャープが5月に発売。革新的な観光案内で県内外から注目を集めようと、倉敷観光コンベンションビューローが導入を決めた。

「あしもり学園」で教育を議論 岡山


江戸時代に池田家が藩主を務めた縁で連携している岡山市、鳥取市、兵庫県姫路市の住民自治組織が28日、足守中学校と蛍明小学校が同居する一体型校舎「あしもり学園」(岡山市北区大井)で教育をテーマに交流した。 岡山市連合町内会、鳥取市自治連合会、姫路市連合自治会の役員ら約70人が出席。学校関係者らから、岡山市立で初の小中一体型校舎であることや、小中学校の教員が連携して児童・生徒を指導している教育体制などの説明を受け、校内視察では「回廊式の校舎の造りがよい」「一体型でなく、小中一貫の方が明確な教育目標を打ち出せるのでは」と意見を出し合っていた。近くの県指定名勝・近水園や木下利玄生家も見学した。 岡山市連合町内会は2005年に鳥取市側、06年には姫路市側と姉妹交流提携を締結。3市は07年度から持ち回りで交流会を開いている。


岡山 「津山まなびの鉄道館」、来館5万人突破 JR津山駅


JR津山駅(津山市大谷)構内の総合学習施設「津山まなびの鉄道館」の入場者数が29日、5万人を突破し、鉄道館で記念セレモニーが行われた。 節目の入場者は津山市、福島ゆう子さん(44)と訪れた長男祐大ちゃん(1)。旧津山扇形機関車庫前で、竹内佑宜館長から鉄道模型などの記念品の目録と、無期限の無料入場券を受け取った。 祐大ちゃんは、デゴイチの愛称で知られる蒸気機関車「D51」がお気に入りで、4月のオープン以来、週1回は訪れるという。福島さんは「いつも大はしゃぎして喜んでいる。大人も鉄道について学べ、身近に感じられるようになった」と話した。 鉄道館は10月2日で開館から丸半年。竹内館長は「5万人はまだ道半ば。作州地域を代表する観光施設として人気の定着を図り、1周年で10万人を目指す」としている。 10月10日には5万人達成の記念イベントを開催。実物の80分の1サイズとなる「HOゲージ」で機関車庫所蔵の模型車両を走らせることができ、子ども用駅員制服の貸し出しなども行う。


このページのトップヘ