世界に目を向けグローバル 366 岡山県を中心にグローカル GPS APS

地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・

2016年12月

作陽、2大会連続で初戦突破 サッカーの全日本高校女子選手権


 サッカーの全日本高校女子選手権は30日、兵庫県三木市の三木総合防災公園などで32チームが参加して開幕し、1回戦16試合があった。岡山勢は、9年連続9度目出場の作陽が日本航空(山梨)を5-3で下し、2大会連続で初戦を突破した。 作陽は前半12分に先制を許すも同22分、FKをMF山崎が合わせ同点とし、4分後にDF森本のロングシュートで勝ち越し。しかし直後に追い付かれて折り返す。後半は11分に森本、31分にDF蓮輪のFKで突き放し、1点を返されたものの、終了間際にMF北方が決めた。 他の郷土勢は、広島文教女大付が専大北上(岩手)を4?1で破り、香川西は7?0で高岡商(富山)に快勝した。 31日は2回戦8試合があり、作陽は2連覇を狙う藤枝順心(静岡)、広島文教女大付は北海道文教大明清、香川西は常盤木学園(宮城)と対戦する。

岡山・中央卸売市場で「とめ市」


 今年最後の取引となる水産物の「とめ市」が30日、岡山市中央卸売市場(同市南区市場)であり、仲卸業者らが競りを行った。場内には威勢の良い声が響き、1年を締めくくるにふさわしい熱気に包まれた。 午前3時50分、ブザーの合図で競りが始まり、競り人が「はい、なんぼー」などと声を上げると、業者らが指で値段を示してタイやブリ、タコといった目当ての品を次々に競り落としていった。 この日、取引が成立したのは約175トンで正月向けの水産物がピークだった29日の約9割。ワタリガニは昨年末に比べ、1キロ当たりで500円ほど高い値が付いた。 青果と花卉(かき)の取引は29日に終了している。来年最初の競りが行われる初市は花卉が1月4日、水産物と青果が5日となっている。

/////


古里はもうすぐ 帰省ラッシュ  JR岡山駅

大みそかを前にした30日、岡山市北区のJR岡山駅は年末年始を古里で過ごす人たちで混雑し、大きなかばんを持ったり、子どもを連れたりした帰省客らが目立った。
 
 JR西日本岡山支社の発表によると、新幹線の指定席は九州方面がほぼ満席。自由席は午前11時45分岡山着の鹿児島中央行き「さくら553号」が最高の160%となったほか、在来線は午後3時5分岡山発の高知行き「特急しおかぜ15号」が最高で220%だった。

 高知県に帰省する途中の大阪市浪速区の会社員大野真斗さん(20)は正月三が日まで古里で過ごす予定で、「年越しそばやおせちを食べて、ゆっくりとしたい」と話していた。

 Uターンラッシュは、1月3日にピークを迎える見込みとしている。

岡山県内冷え込み、岡山市で初氷観測

 30日の岡山県内は晴れて地表の熱が奪われる放射冷却の影響で冷え込み、岡山市で初氷を観測した。岡山地方気象台によると昨年より1日、平年より18日遅い。 朝の最低気温は観測16地点のうち11地点で氷点下を記録。今季最低となったのは4地点で、岡山市の氷点下0・7度(平年2・0度)をはじめ同北区日応寺は同1・8度(同氷点下0・9度)、真庭市久世は同1・0度(同)、倉敷市は同1・0度(平年0・8度)だった。 岡山地方気象台は「31日と元日は最低気温が平年並みか平年より低くなる見込み。山間部などは路面の凍結に注意が必要」としている。


岡山県内の寺社で迎春準備着々


もうすぐ新年—。岡山県内の寺社では大みそかから年始にかけ、一年の無病息災や家内安全などを祈る行事が行われる。初詣客を迎えるのを前に、しめ縄の飾り付けや縁起物、接待の用意など準備を整えている。


■最上稲荷(岡山市北区高松稲荷) 1日午前0時から商売繁盛や家内安全を願う新春開運大祈願祭。大客殿の寒松庭では、長寿を願って飲むとそが振る舞われる。31日午後8時から、境内でコーヒーや栗入りのぜんざいなどを味わえる「なごみカフェ」(9日までと14、15日)がオープンする。
■吉備津神社(岡山市北区吉備津) 1日午前9時から一年の吉凶を占う初釜の神事。3日午前9時から無病息災を祈り、四方に矢を射る矢立の神事。三が日は氏子が三味線餅つき(午前9時〜午後2時半)をする。
■吉備津彦神社(岡山市北区一宮) 31日午後11時から二つの灯籠に映像を投影する「プロジェクションマッピング」があり、カウントダウンも行われる。1、2日も午後7時〜8時半に映し出す。三が日には獅子舞の演舞がある。
■黒住教本部(岡山市北区尾上) 1日午前7時ごろから初日の出を拝む日拝式があり、真庭市蒜山地区産の大根をかつおだしで炊いた「福福だいこん」が振る舞われる。三が日は茶席を設ける。
■宗忠神社(岡山市北区上中野) 1日午前0時から元旦祭。三が日は古いお札やお守りを焼く火炉祭や、普段は入れない本殿の御垣内(みかきうち)をくぐる「通り抜け参拝」がある。
■岡山神社(岡山市北区石関町) 1日午前0時から、新年を祝い無病息災を願う歳旦祭。拝殿前にはえと・酉(とり)をかたどった大型絵馬(縦1・5メートル、横1・8メートル)を飾る。三が日は特製せんべいを配る。
■護国神社(岡山市中区奥市) 1日午前0時から歳旦祭、3日午前9時から元始祭があり、一年の家内安全や無病息災を祈る。三が日は境内でお神酒が振る舞われる。
■西大寺観音院(岡山市東区西大寺中) 31日午後11時ごろから、うどん800食を振る舞い、1日午前0時から開運祈祷(きとう)。三が日は甘酒が無料で提供され、国指定重要文化財の鐘を突いたり、ハスの花をかたどった紙片に願い事を書いてまいたりする体験ができる。
■安仁神社(岡山市東区西大寺一宮) 1日午前8時から家内安全や無病息災などを祈る新穀奉納者祈願祭。一般参拝は午前9時半から。三が日は甘酒を振る舞うほか、あんこや焼き芋の販売がある。
■和気神社(和気町藤野) 31日午後11時から、年越しそばや新春うどん計千食を振る舞うほか、甘酒を提供する。1日午前0時からは地元団体が寸劇や和太鼓演奏を披露。その後、食品などが当たる福引大会もある。
■由加神社(和気町大田原) 31日午後11時半からうどん500食を無料で提供。1日午前0時には酉をちょうちんで表現した浮干支(うきえと)を点灯し、新年を祝う。1、2日には赤米を使った甘酒計3千杯を振る舞う。
■足高神社(倉敷市笹沖) 31日午後11時半から除夜祭。1日午前9時から甘酒が振る舞われる。参拝者の繁栄と安全を祈る祭事は1日午前7時からあり、2、3日の午前8時からも行われる。
■阿智神社(倉敷市本町) 31日午後10時半から師走晦大祓(つごもりおおはらえ)式、続いて古札焚上(たきあげ)祭。1日午前0時に鏡開きを行い、三女神の舞などが奉納される。三が日は同10時から獅子舞の披露や甘酒の振る舞いなどがある。
■安養寺(倉敷市浅原) 31日午後11時から、先着の108人が順番に境内の三千貫大梵鐘(ぼんしょう)で除夜の鐘を突く。しょうが湯の接待がある。三が日の午前6時〜正午、無病息災を祈る新春祈願の祭事がある。
■不洗観音寺(倉敷市中帯江) 31日午後11時45分からの新年修正会(しゅしょうえ)で一年間の無事を祈願する。除夜の鐘を突いた108人(先着)に厄よけ祈願したお札を配る。先着400人にぜんざいを接待する。
■由加山(倉敷市児島由加) 由加山蓮台寺は1日午前0時から新年開運特別大祈祷(2月3日まで)。1月3日まで客殿の拝観が無料。同31日まで奥の院と客殿を結ぶ普段非公開の回廊を開放する。由加神社本宮は新年カウントダウンの後、1日午前0時に鏡開きをして、たる酒を振る舞う。1日午前0時〜3時、新年開運厄除(よけ)特別祈願。
■熊野神社(倉敷市林) 1〜5日の午前9時〜午後4時(1日は午前0時、同1時、午後5時も)に新年祈願を行う。15日は午前11時からとんどがあり、先着100人にイチゴぜんざいを振る舞う。
■備中国総社宮(総社市総社) 31日午後6時から本殿をライトアップし、1日午前0時から歳旦祭。破魔矢や熊手などが当たる福引、甘酒などの振る舞いがある。県立大生が描いた大絵馬が奉納されており、願い事を書き込める。
■玉比〓(口ヘンに羊)(たまひめ)神社(玉野市玉) 31日午後6時から一年の厄を払う大祓式。同11時半から歳旦祭で新年を祝い、1日午前0時からお神酒が振る舞われる。三が日は午前9時から厄よけ、家内安全などを祈願する。
■笠神社(笠岡市笠岡) 31日午後5時から大祓式と除夜祭。1日午前8時には歳旦祭で新年を祝う。2日午前8時から交通安全祈願祭、3日午前10時からは元始祭。大みそかと三が日は参拝者をお茶で接待する。
■金光教本部(浅口市金光町大谷) 31日午前10時から今年一年に感謝する越年祭。1日午前4時45分ごろから元日祭を開き、新年の無事を願う。2日午前10時〜午後2時は金光教典楽会が、県内で創作された吉備楽に合わせて舞う「吉備舞」を披露。1〜3日にはお神酒、ぜんざいが振る舞われる。
■徳守神社(津山市宮脇町) 31日午後5時から古いお札やお守りを焼く古神札焼納祭。同11時半からの除夜祭で清らかな年を迎えられるよう神事を行う。1日午前9時半からは新年を迎えたことに感謝する歳旦祭がある。
■出雲大社美作分院(津山市田町) 31日午後11時半から大祓(おおはらい)祭や除夜祭、1日午前0時からは新年祈願祭がある。三が日はお神酒が振る舞われ、願いを込めながら境内の太鼓をたたくことができる。
■中山神社(津山市一宮) 31日午後7時から除夜祭を行う。1日午前0時からの歳旦祭では、祭礼神事保存会による獅子舞の奉納が15分おきに計4回行われる。同1時まで、同保存会が甘酒を振る舞う。
■高野神社(津山市二宮) 31日午後11時から除夜祭がある。1日午前0時からの歳旦祭では、甘酒やお神酒の接待がある。
■八幡神社(高梁市和田町) 古いお札を焼く焼納祭は31日午前10時から。1日午前0時から歳旦祭があり、氏子が参拝客にお汁粉を振る舞う。餅まきもある。
■船川八幡宮(新見市新見) 31日午後11時50分ごろから除夜祭。1日午前0時から行う歳旦祭では、一番乗りの参拝者が玉串をささげる。初詣客にはお神酒の接待もある。


このページのトップヘ