世界に目を向けグローバル 366 岡山県を中心にグローカル GPS APS

地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・

2018年09月

台風24号、30日午後にも四国か紀伊半島に上陸へ 岡山県の最接近は? 岡山県内全域に暴風警報


 大型で非常に強い台風24号は、30日午後にも四国か紀伊半島に上陸する見込みです。大雨や暴風に厳重な警戒が必要です。

 台風24号は勢力を保ったまま、30日朝には九州南部の南、30日夜は近畿周辺に進み、そのあと速度を上げて、1日朝には北海道に達するとみられます。

 30日は台風の接近に伴い、各地で荒れ模様となります。東海や近畿を中心に500ミリを超える大雨が予想されているほか、全国的に記録的な暴風となるおそれがあります。

 予想気温です。日中の気温は25度くらいの所が多いですが、湿度が高いので蒸し暑く感じるかもしれません。週間予報です。1日(月曜日)は北日本で引き続き、台風の影響があるでしょう。

/////

台風24号 岡山・香川に30日夕方最接近へ

大型で非常に強い台風24号は、30日夕方、岡山、香川に最も近づく見込みです。
台風は勢力を弱めずに接近するおそれがあり、気象台は厳重な警戒を呼び掛けています。

大型で非常に強い台風24号は沖縄本島を暴風域に巻き込みながら北上しています。

今後、速度を上げながら東寄りに進路を変えて、30日夕方、岡山、香川に最も接近する見込みです。

台風は非常に強い勢力のまま西日本に接近し、スピードを上げるため、台風が接近する30日午後からは急に猛烈な雨や風となる見込みです。

台風の北側には秋雨前線があり、岡山、香川は朝から雨が降っています。
30日夕方までに予想される雨量は多いところで200ミリ、さらに10月1日夕方までの24時間に50ミリ~100ミリとなっています。

また30日午後は最大瞬間風速で陸上で35メートル、海上で45メートルの猛烈な風が予想されていて気象台は厳重な警戒を呼び掛けています。
/////
岡山県内全域に暴風警報

  岡山地方気象台は30日午前6時52分、県内全域に暴風警報を出した。また、沿岸部の7市に波浪警報が、瀬戸内、備前市には高潮警報が併せて出ている。 同気象台は、同日昼すぎから夜遅くまで暴風や高波に、昼すぎから夕方まで高潮に警戒するよう呼び掛けている。
/////
台風24号あす最接近

 大型で非常に強い台風24号は香川・岡山にあす夕方ごろ最も接近する恐れがあり、あすは雨・風ともに強まり荒れた天気になりそうです。
台風24号は非常に強い勢力を維持したまま徐々に速度を上げながらあす四国地方に近づき香川県にはあす夕方、岡山にはあす夕方から夜のはじめ頃にかけて最も接近する見込みです。
香川県ではあすは局地的に非常に激しい雨が降る見込みで、台風が接近する夕方は局地的に猛烈な雨が降り大雨となるでしょう。
また、急速に風が強まり夕方から夜の始め頃にかけ海上を中心に猛烈な風が吹くでしょう。
岡山県ではあす昼過ぎから非常に激しい雨や暴風、高潮の恐れがあります。
ともに土砂災害や浸水害それに河川の増水、高潮に警戒が必要です。
気象台では今後の台風情報や注意報・警報それに自治体の避難情報に注意し、早めの安全確保に努めてほしいと呼び掛けています。
一方、交通機関に影響が出始めています。
JR四国は予讃線・瀬戸大橋線・土讃線の特急列車をあす始発から運転を見合わせます。
マリンライナーはあす午前8時ごろまで運転し、その後、順次運転を見合わせます。
山陽新幹線はあす正午前から新大阪・広島間で運転を見合わせます。
一方、高松・宇野、高松・土庄間のフェリーと高速艇はあすの始発便から欠航が決まっています。
空の便にも欠航などの影響が出始めています。
/////
台風接近で県が会議


また、岡山県は台風24号の接近を受け、気象台と合同の台風説明会を開きました。
西日本豪雨の被災地を抱える岡山県では台風の接近に対し一段階警戒レベルを上げ非常体制をとることにしています。
岡山地方気象台によると、岡山県への最接近はあさって、日曜日の午後と見られていて、県では改めて危機対応の確認を行いました。
岡山県ではあす午後からあさってにかけ秋雨前線による雨が100ミリ~200ミリ降り、さらに、その後、台風本体の接近で100ミリを超える雨が降ると予想されていて、気象台では被災地では特に早めの避難を呼びかけています。
/////
台風24号 岡山・香川 夕方から夜にかけ最接近

非常に強い台風24号が近づいています。
岡山と香川の全域には、暴風波浪大雨警報が発表されていて気象台が厳重な警戒を呼びかけています。

高松港では午前11時半の時点で、徐々に風が強まり、波が高くなっています。
雨も時折激しく降っています。
台風が最も近づくのは夕方から夜にかけてとみられていて、午後からは急に風が強まる見込みです。
岡山と香川全域には、暴風波浪大雨警報が、備前市と瀬戸内市には高潮警報も出されていて気象台は警戒を呼びかけています。

非常に強い台風24号は、午前11時半の時点で宮崎市の南南東を北東に進んでいます。
台風は勢力を維持したまま夕方から夜のはじめごろ岡山、香川に最も近づく見込みです。

午後からは、雨と風が急に強まる予想です。
岡山県北東部では広戸風が発生するおそれがあり、警戒が必要です。

///// 

岡山城月見櫓の公開期間拡大

  岡山市は、秋の3日間限定としてきた国重要文化財・岡山城月見櫓(やぐら)(同市北区丸の内)の内部一般公開について、今年は10、11月の土日祝日と11月2日の計19日間に拡大する。西日本豪雨の影響で入場者が減少している岡山城天守閣への誘客が狙い。 後楽園と連携。同園は、岡山藩主が居間として使っていたと伝わる「延養亭」の特別公開を例年の10月に加え、11月2〜4日も実施する。 市観光振興課によると、8月の天守閣入場者数は前年同期比19%減の約3万5千人だった。月見櫓の内部は毎年、文化財保護強調週間(11月1〜7日)に合わせて一般公開してきた。多くて1日千人以上が訪れる日があり、人の流れを天守閣にもつなげようと、期間の拡大に乗り出す。 月見櫓は江戸初期の1620年代、岡山藩主池田忠雄(02〜32年)が建て、岡山空襲の被災を逃れた本丸唯一の現存建築物。合戦に備えた「石落とし」と呼ばれる格子窓の空間や、銃を構えるための小窓「銃眼」を備える。 月見櫓の公開は各日午前9時半〜午後4時半。無料。問い合わせは岡山城(086—225—2096)、後楽園(086—272—1148)。

岡山で「国際音楽祭」華やかに開幕 吹奏楽や琵琶演奏で盛り上げ


  おかやま国際音楽祭2018(岡山市、実行委など主催)が29日、開幕した。10月14日までの期間中、同市内の街角や音楽ホールで、国内外のアーティストらがジャズやクラシック、ポップスなど50のイベントを繰り広げ、秋の県都を華やかな音色で染める。

 オープニングコンサートは台風24号の接近に伴い、会場をJR岡山駅前広場から同駅西口のリットシティビルひかりの広場に変更して開催。4組が出演した。

 同市と友好交流協定を結ぶ中国・洛陽市の琵琶奏者は時に繊細、時に力強い旋律で聴衆を魅了。芳泉高吹奏楽部は流行歌や演歌など幅広い世代が楽しめる曲目で盛り上げた。音域の広いクロマチックハーモニカのプロ奏者も登場した。

 会社員男性(37)=岡山市中区=は「本格的な演奏を聴けた上、初めて見る楽器もあって楽しめた。他のイベントにも立ち寄ってみたい」と話していた。

 来場者の安全を考慮し、エフエムの公開録音など30日のイベントは全て中止する。10月1日は同駅前広場で市民参加型の屋外コンサートが予定されている。問い合わせは同市スポーツ・文化振興財団(086―232―7811)。

サザエさんが倉敷の避難所に来た じゃんけんや写真撮影で激励 (岡山 倉敷出身の山崎夕貴アナウンサーらも来場)


  西日本豪雨による被災者の避難所になっている岡山県倉敷市船穂町船穂の船穂公民館に29日、フジテレビ(東京)のアニメ番組「サザエさん」のキャラクターが訪れ、じゃんけんや写真撮影を通じて被災者を励ました。

 国民的番組とあって、会場には幅広い年代の約80人が詰め掛け、サザエさんの着ぐるみが登場すると拍手と歓声が湧いた。番組の終わりにサザエさんが視聴者と行うじゃんけんの“実写版”があり、来場者はグー、チョキ、パーの札を持ったサザエさんとの勝負を楽しんだ。以前放送された番組の上映会や写真撮影会もあった。

 同公民館に家族4人で避難している同市真備町の会社員女性(36)は「避難所では好きな時にテレビが見られないだけに、息子2人が大喜びだった」と話していた。

 同社が東日本大震災を機に始めた被災地復興応援プロジェクトの一環で、同市出身の山崎夕貴アナウンサーらも来場した。30日に岡田小(同市真備町岡田)でも予定していたが、台風接近で中止となり、29日にサザエさんのキャラクターが同小を訪れた。

台風接近に早めの備え 土のうを配布

台風に備えをと、岡山市や倉敷市、高松市など各地で土のうが配られました。

7月の豪雨で大規模な浸水被害を受けた岡山市東区の配布場所、吉井川浄化センターにも、市民が次々と訪れ、袋に土をつめて持ち帰っていました。

度重なる台風の接近に、しっかり対策をと市民は話します。

(訪れた市民)
「台風が大きいですからちょっと気になって、事前の備えはしておかなければというつもりでやってます。」
「何年か前に床下まできまして、それがあるのでちょっと用意をしておいた方がと。」

気象台は、7月の豪雨で被災した地域に対して、危険な場所に絶対近寄らず自治体からの避難に関する情報を確認するよう呼びかけています。

/////
台風24号に備え準備すすむ


台風24号の接近に備えて岡山・香川では土のうの配布が行われました。
このうち岡山市では北区の岡山ドームなど4ヵ所で土のうの配布が行われました。
台風24号の接近に伴い西日本豪雨の被災地、倉敷市真備町では安全を優先するため災害ボランティアの活動をきょうから3日間休止しています。
また気象台では特に豪雨の被災地では危険な場所に絶対近寄らず、自治体からの避難に関する情報に注意するよう呼び掛けていて早めの準備と避難が求められてます。
一方、高松市でもきょう午前8時から番町二丁目公園など市内25か所で土のうの配布場所が設けられました土のうの配布はきょうは午後7時まで、あすも午前8時から午後7時まで行われます。
/////

このページのトップヘ