世界に目を向けグローバル 366 岡山県を中心にグローカル GPS APS

地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・

2019年07月

岡山学芸館が夏の甲子園に向け始動 春夏通じて初勝利へ気持ち高める

  夏の高校野球岡山大会で優勝した岡山学芸館が、甲子園に向けて始動しました。

 29日は体のケアやあいさつ回りに時間を費やした選手たち。30日は午後1時から岡山県瀬戸内市のグラウンドで練習しました。


バッティング練習など

 岡山学芸館は夏の岡山大会の開幕戦で劇的なサヨナラ勝ちを収めると、28日の決勝では倉敷商業に2対1で競り勝ち、4年ぶり2回目の夏の甲子園出場を決めました。

 学芸館は春夏通じて甲子園での勝利はなく、選手たちは甲子園初勝利に向けバッティングや守備練習をこなしていました。


岡山学芸館/好田凌 主将

(岡山学芸館/好田凌 主将)
「技術的なものはここ数日では上がらないと思うので、気持ちの面を高めていって、戦う準備をしたい」

(岡山学芸館/佐藤貴博 監督)
「全国で勝てるチームというのを掲げてやってきましたから、意識的に持たせながら、気を抜かせないようにしていきたい」
 
 学芸館のナインは8月3日に甲子園に向け出発します。

岡山 備前長船刀剣博物館に100万人 福山の緒方さんに記念品



 刀剣をテーマにした全国唯一の公立常設博物館の「備前長船刀剣博物館」(瀬戸内市長船町長船)の入館者数が30日、100万人を突破。この日、訪れた会社員緒方裕香さん(29)=福山市=に記念品が手渡された。

 博物館は1983年に開館。2004年には隣接地に鍛刀場と刀剣工房を整備し、「備前おさふね刀剣の里」としてリニューアル。刀剣の歴史などを紹介するほか、さまざまな企画展を開催している。

 白髭修一館長が、地元刀匠が鍛錬した小刀を緒方さんに贈呈。瀬戸内市のマスコットキャラクター・セットちゃんの着ぐるみも登場し、花を添えた。

 オンラインゲームを通じて刀剣に興味を持った緒方さんは「備前長船は憧れの刀剣産地。ずっと訪れたいと思っていた。小刀は家宝にします」と笑顔を見せていた。


/////

備前長船刀剣博物館 入館100万人達成

刀剣の聖地とされる岡山県瀬戸内市で日本刀を展示する「備前長船刀剣博物館」の入館者がきょう、100万人を達成しました。

瀬戸内市長船町長船の「備前長船刀剣博物館」は日本でも珍しい日本刀を展示する博物館です。

この地で作られた「備前刀」をはじめ、全国各地の日本刀が常時40口余り展示されています。

1983年に開館した当初は年間の入館者は1万人程度でしたが、ここ数年はいわゆる刀剣女子や外国人観光客の増加により毎年3万人を超える人たちが訪れています。

開館36年目を迎えてきょう午後には、入館者が100万人を達成しました。
100万人目の入館者は広島県福山市の会社員、緒方裕香さん、29歳です。

刀剣女子という緒方さん、小刀が記念品として贈られると、感激のあまり涙を流していました。

「備前長船刀剣博物館」のある「備前おさふね刀剣の里」では刀匠や彫金師による刀の制作工程なども自由に見学できるようになっています。
/////

岡山 ゲノム編集でコムギ種子休眠長く 岡山大資源研教授ら品種改良成功



遺伝子を効率よく改変するゲノム編集技術を使って、コムギの種子の休眠期間を長くする品種改良に成功したと、岡山大資源植物科学研究所の佐藤和広教授(植物育種学)らの研究グループが30日、米科学誌(電子版)に発表した。種子の休眠期間が長くなれば、収穫前の雨で実から芽が出て品質が低下するのを防げる。良質なコムギの生産につながる成果で、新品種の開発も期待されるという。

 コムギは雨に当たると発芽し、でんぷんを分解する酵素を作る。この酵素が小麦粉に混ざると、うどんなどの味が落ちるため、発芽した実は使えなくなり、収穫が梅雨や台風の時期と重なる日本の農家は被害に悩まされてきた。

 佐藤教授はオオムギの休眠に関わる遺伝子を既に特定しており、今回、コムギの中で、それとよく似た遺伝子3カ所をゲノム編集技術によって機能しないよう改変した。

 コムギの種子に水分を与える実験では、7日目には通常のコムギは90%が発芽した。一方、遺伝子3カ所を全て改変したコムギは20%しか発芽せず、90%発芽したのは20日目と大幅に遅かった。

 品種改良は通常、何世代にもわたって交配を重ねるため、10年以上かかるが、今回はゲノム編集により1年2カ月で実現できた。

 佐藤教授は「実用化に向けてはまだ課題もあるが、穀物の生産性向上に貢献できるようにしたい」と話している。

 研究は農研機構(茨城県つくば市)などと共同で行った。

 ゲノム編集 DNAの狙った場所に切れ込みを入れ、特定の遺伝子を働かなくしたり、別の塩基配列に置き換えて新たな機能を持たせたりする技術。2012年に開発された新手法で効率よく改変できるようになった。今回もこの手法を用いた。

岡山 コンクリート片落下 車の屋根にあたる



  29日夕方、岡山市南区の国道2号の高架からコンクリート片が落下し、軽乗用車の屋根にあたりました。
けが人はありませんでした。

コンクリート片が落下したのは、岡山市南区の国道2号福富交差点です。
29日午後6時ごろ、国道の高架の下で右折待ちをしていた軽乗用車の運転手から、落下物で屋根がへこんだと通報がありました。
落ちてきたのは長さ約4cm、幅約2cm、重さ約100グラムのコンクリート片で、落下物によるけが人はありませんでした。
緊急で点検を行ったところ、高架上の道路のつなぎ目を塞いでいたコンクリートが老朽化で崩れ、橋脚の上に多数落下しているのがみつかり、撤去したということです。
岡山国道事務所では、今後改めて全体的な予防措置を行なうことにしています。


/////

岡山市南区の国道2号線の高架橋 モルタル破片が車に落下 


29日、岡山市南区の国道2号線の高架橋からモルタルの破片が落下し信号待ちをしていた軽乗用車の屋根が損傷しました。落下したのは長さ約4センチ、幅約2センチのモルタルの破片です。きのう午後6時頃、岡山市南区浜野の国道2号線の洲崎高架橋の下り線で、高架橋の下で信号待ちしていた軽乗用車の屋根にモルタル片が落下したと岡山国道事務所に連絡がありました。その後、約160メートル区間の22の橋脚を緊急点検し、橋脚上のモルタル片などを除去しました。高架橋は5年に1回、点検作業をしていて前回の3年前の点検時には特に異常はなかったということです。岡山国道事務所ではさらに範囲を広げて早急に点検を行うとしています。
/////

販売目的で大麻所持、会社員逮捕 容疑で岡山・玉島署、100万円相当分


岡山県警玉島署は30日、大量の大麻を自宅に隠し持っていたとして、大麻取締法違反(営利目的所持)の疑いで浅口市
、会社員の男(43)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は同日、自宅で乾燥大麻約200グラム(末端価格約100万円相当)を所持した疑い。販売目的があったとみている。

 同署によると、「自分が吸う目的で所持していた」と供述している。自宅からは大麻草とみられる鉢植え7個と栽培用の照明器具も見つかっており、同法違反(栽培)容疑でも調べる方針。

このページのトップヘ