世界(地域/岡山)に目を向けグローバル 366 岡山県を中心にグローカル GPS APS

岡山 中心 グローカル 地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・

2020年11月

コロナの“いま” 10の知識 厚労省がHP公開、ポイント押さえ予防を


 冬に向け、感染者の増加が止まらない新型コロナウイルス。厚生労働省は10月末から、予防のための基本情報や最新の状況をまとめた「新型コロナウイルス感染症の“いま”についての10の知識」をホームページ(HP)で公開している。この情報に最新のデータも加え、紹介する。ポイントをおさらいし、予防を徹底したい。 
コロナ 年齢別 リスク


◆国内の感染者
 11月29日現在、14万4653人(空港検疫、チャーター便帰国者を含む)。年代別では20代が最多。


◆重症化、致死率
 重症化や死亡の割合は高齢者で高く、若者は低い傾向=表。6〜8月に診断された人で、重症化し集中治療室に移るなどしたのは全体の約1.6%、死亡は約1%。


◆重症化しやすいのは
 高齢者と基礎疾患がある人。慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)、慢性腎臓病、糖尿病、高血圧、心血管疾患、肥満はリスクが高い。妊婦や喫煙歴がある人も注意が必要とされる。


◆他の人に感染させる可能性がある期間
 発症2日前から発症後7〜10日間程度で、発症直前から直後は特にウイルスの排出量が高まるとされる。


◆感染者が他の人に感染させている割合
 2割以下。感染者がマスクを着ければ、接触した人が吸い込むウイルスの量は減る。人と接する時はマスク着用、体調が悪いなら外出を控える。


◆どう治療する
 軽症の場合は経過観察だけで自然に良くなる例が多い。必要なら解熱剤などで対症療法をする。呼吸不全を伴うと酸素投与やステロイド薬、抗ウイルス薬を投与。改善しなければ人工呼吸器などで集中治療をすることがある。治療法の確立で、重症化し入院した人で死亡するのは6月5日以前の19.4%に対し、同6日〜9月4日は10.1%。


◆感染拡大防止策
 主な経路は飛沫(ひまつ)感染と接触感染で3密が高リスク。図のような五つの場面には要注意。
コロナ 5つの場面

◆診断のための検査は
 主にPCR検査と抗原検査。鼻の奥のぬぐい液や唾液、鼻の入り口のぬぐい液で、体内にウイルスがあるかを調べる。抗体検査で分かるのは感染歴。


◆海外と比較すると
 10月下旬で見ると、米国やフランスなどの人口100万人当たりの新規感染者数は3桁台だが、日本は1桁台。ただ11月中旬以降は日本も2桁台と増加傾向。


◆ワクチンの現状
 国内外で多数の研究が進行中で、すでに臨床試験段階のものも。開発中のワクチンを投与した人の方が、投与していない人よりも発症した人が少なかったとの中間結果を発表した製薬会社もある。ただ、国内供給が計画される4社の海外ワクチンでは、接種後に接種部位の痛み、頭痛、倦怠(けんたい)感、筋肉痛などがみられたことが報告されている。有効性や安全性、副反応に関してはさらなる情報を待ち、確認する必要がある。


 10の知識は、厚労省HP内にある特設ページ「新型コロナウイルス感染症について」から。


新型コロナウイルス感染症について

/////
/////

新型コロナ 何が正解なの? コロナ対策 ~感染制御の専門家に聞く~ ( 堀賢・順天堂大学大学院教授 )
(  バーベキューなど、野外なら安全ではない「三密」に注意!!  「マイクロ飛沫。飛距離は8メートルにも」)
新型コロナの感染 注意

堀賢・順天堂大学大学院教授
マイクロ飛沫 8m

飛沫が飛ぶ様子(堀賢教授提供)【時事通信社】

 新型コロナウイルスの猛威が続いています。1日の感染者数が全国で2000人を超える日もあり、第3波の襲来とも言われています。
 これからどうなるのか。不安の声がある中、どのように行動すればいいのか、戸惑う人も多いと思われます。そこで、感染制御の専門家で、明快な解説で知られる順天堂大学大学院教授の堀賢先生に、私たちができる対策について伺いました。(聞き手・本文 医師・海原純子)

新型コロナの感染 注意

新型コロナウイルスはどうやって感染するか(堀賢教授提供)【時事通信社】

 ――11月の第2週以降、感染者の急増に伴い、世の中の緊迫感が急に高まったように感じます。それまでは、春頃と比べて、かなり緩いなという雰囲気でした。

 春頃は、非常に強い緊張感が、社会全体を覆っていました。そこには、五つの要因があったと思います。

 一つは、新型コロナウイルスが全く未知のウイルスであったということ。二つ目は、PCRの検査体制も十分とはいえなかったこと。当時は1日300検体くらいしかできなかったですね。

 三つ目は、治療法が分からなかったこと。四つ目は、医療の受け入れ態勢が整備されていなかったこと。五つ目は、メディアで連日、あおるような報道がされたこと。それらが、社会的危機感を生んだのだと思います。

 これに対して、秋以降は「第2波の時は、ロックダウンもせずに、何とか乗り越えてきたじゃないか」という安堵感がある一方で、「コロナ疲れ」という感じも広がってきていました。緊張感が薄れていた感じですね。

 新型コロナウイルスは、潜伏期間が長く、きょうの行動の結果が2週間後に出るという状況ですから、感染の予測が立てにくく、「この様子なら、まあ大丈夫じゃないかな」という気持ちになっていたのでしょう。

 ◆コロナとの闘いは長丁場
マイクロ飛沫 8m

(図1)上=通常の飛沫。約1~2メートル飛んでいる。下=マイクロ飛沫。飛距離は8メートルにも(堀賢教授提供)【時事通信社】

 ――新型コロナは、経済にも大きな打撃を与えています。政府は、コロナ対策と経済の両立を目指していますが、そもそも、両立は可能なのでしょうか。

 コロナとの闘いは、長丁場と言われています。重症者や死亡者を増やさないように、行動変容を呼び掛け、医療のキャパシティーを増やしながら、経済を可能な限り回すという方針だと思います。

 今は状況を見ながら、ぎりぎりのところまで経済を動かすということでしょう。ただ、重症者の在院日数は長いですから、すぐにはベッドが空きません。

 重症者のベッドが逼迫(ひっぱく)した段階でブレーキを踏んでも、その後、2週間は重症患者が一定割合で増え続けますから、超過死亡※が出てくる恐れがあります。余裕を見ながら、早め早めの対応が必要です。

 ※超過死亡=統計などから予想される死者数を実際の死者数が上回る現象。パンデミックでは、急激な医療需要増で医療が受けられない人々が出たときに発生しやすい。

 ――医療体制も日々、状況が変化しています。地方によっては、医療崩壊が起こるリスクもあるのでしょうか。


 北海道などは、札幌市を中心に、すでに医療供給体制が逼迫してきています。また、流行が急激に拡大すると、スタッフや一般診療の患者が市中で感染し、院内に持ち込むケースが必然的に増えます。

 そうなると、院内クラスターが発生して、診療停止に追い込まれる医療機関が増えて、さらに医療崩壊のスピードが速まる可能性が高くなります。11月中旬以降の旭川市がその状態に陥っています。


◆マイクロ飛沫はすごく飛ぶ
コロナ禍 旅 対策

(図2)旅行関連の業界団体などで作った「新しい旅のエチケット」ポスター。この他、交通編、飲食編、宿泊編など、場面ごとの新エチケットを提案したバージョンがある(日本旅行業協会ホームぺージより)【時事通信社】

 ――これから乾燥がひどくなる季節です。でも、寒くて窓を開けるのが嫌で、換気も十分にできないことが増えそうです。この季節に気を付けたいポイントを教えてください。

 湿度が低い場合、飛沫が飛びやすく、漂う時間が長いということは、実験で分かっています。動物実験では、湿度が低い方が感染が拡大しやすいことが、確かめられています。ただ、それがそのまま、人間の感染拡大に当てはまるかどうかは、確認されていません。

 ウイルスは粒子ですから、意思を持っているわけではなく、冬になったことをウイルス自身が察知して、感染力を強くするわけではありません。ただ、ウイルスを運ぶ水滴の状態が変化して、感染力に変化を及ぼす可能性はあるかもしれません。

 新型コロナウイルスは、マイクロ飛沫という普通の飛沫より小さい粒子が、感染の拡大に関わっているとされています。(図1参照)

 飛沫は、感染者の口から飛び出した後、1~2メートルで自然落下して、これが人の目、鼻、口の粘膜に直接触れることで感染します。これに対し、マイクロ飛沫は、粒子が小さく、気流に乗って数十メートル先にも飛び、その先にいる人にエアロゾル感染を引き起こします。

 「3密」状態というのは、密閉、密集、密接な状態ですから、マイクロ飛沫が長時間漂う条件がそろっており、クラスターを引き起こしやすいと考えられています。

 ◆野外なら食事も安心?
クラスター 5つの場面-s

(図3)新型コロナウイルス感染症対策分科会が発信した「感染リスクの高まる5つの場面」(内閣官房ホームページより)【時事通信社】
クラスター 5つの場面0-s

 ――感染予防対策ですが、施設によって、かなり差があると思います。飲食店だと、しゃべりながら食べている客に注意しない、できない管理者などが気になります。ハンバーガー店の密な状態で、大声で話しながら食べている若者とか。対策の徹底が大事なのに、行政は施設側に任せている状態です。

 難しいですね。店としては、やっと来てくれたお客に対して、注意しにくいですよね。しかも、自分もあまり詳しくは知らないことですので、反論されたら、引き下がるしかありません。

 むしろ、この件は、日本人の「他人に迷惑を掛けないようにする感性」を利用して、マナーやエチケットとして、国民共通のおしゃれなキャンペーンのようなもので解決を目指したらいいのではないでしょうか。

 旅行関係団体が作った「新しい旅のエチケット」(図2)のポスターは、嫌みもなく、なかなかよくできていますよね。

 ――感染予防対策も、企業によって、かなり格差があるのが気になります。

 よく観察すると、ポイントを外した対策をしている企業も、かなり多いですね。例えば、会社の喫煙室で、話しながら喫煙している場面では、空気清浄機によってウイルスが除去されたとしても、至近距離で会話をすることで、依然として飛沫を浴びていることになります。

 バーベキューなど、野外なら安全と考えている人がいます。野外では、風でマイクロ飛沫が希釈されたり、飛んで行ったりしたとしても、人の口から出た飛沫は、目の前の食べ物の上に落ちたりして、感染のリスクがあるんです。

 ――なぜ、そういうふうになってしまうのでしょうか。

 それは、分科会(新型コロナウイルス感染症対策分科会)が発信した「感染リスクの高まる5つの場面」(図3)を見れば、よく分かります。

 この絵は、「注意しましょう!」だけで終わってしまっていて、「だから、こうしましょう!」という発信がない。ですから、市井の人たちには「どうしたらいいのか」が十分、伝わってきません。そんなことでは納得できないから、行動変容が起きるわけないんです。

 納得していない人が、これまでの自分の行動を変えたりできますか。感染制御を専門にしている人たちは、政府の発信に、ちょっと歯がゆい思いを抱いています。


////

堀 賢(ほり・さとし)


 順天堂大学大学院医学研究科感染制御科学教授、英国感染制御専門資格、ICD制度協議会感染制御ドクター。1991年順天堂大学卒業、95年同大学大学院修了、99年から英国ノッティンガム大学微生物・感染症学リサーチフェロー、2001年ロンドン大学衛生熱帯医学大学院修了。順天堂大学大学院感染制御科学講師を経て13年より現職。

///// 
/////
////
コロナ 対策の基本
静かな会食

飲食での具体的な対策
五小 会食 対策
クラスター 5つの場面-s
//////

家庭内感染 防止
家庭内での感染対策
クラスター 5つの場面0-s
5小 会食 対策00
////// 

/////
冬は、感染拡大しやすい理由
換気と加湿(温度)

/////
新型コロナ対策00aa


飲食中の感染対策も

富岳の分析0a0a
マスク効果 東大研究室

新型マスク研究00 場面image3

感染リスク(高5つ)


手洗い 換気 マスク00 コロナ滅 500ss jpg

新型コロナ対策 クラスター ss

感染が広がった場面など 
新型マスク研究00 場面image3

新no3密-ssff



新型コロナ対策 基本

新型コ 症状?流れ
日本でも新型コロナ 最増加
日本感染者数 1114Hu
全国 重傷者数 コロナ00
全国重傷者数 コロナaa
東京都 新型コロナ数 00
東京都 新型コロナ数



/////
https://www.mext.go.jp/content/20200605-mxt_kouhou01-000004520_5.pdf

https://corona.go.jp/prevention/pdf/guideline.pdf

20200903-mxt_kouhou01-000004520_1.pdf
/////  

/////
〈新型コロナ〉秋篠宮ご一家が手作りされた「医療用ガウン」 心温まるメッセージとともに岡山市の病院へ



秋篠宮家、医療現場に手作りガウンと手書きメッセージの思い


/////

参考
ごみ袋で防護服、「発明家」の看護師が考案 3分で簡単

ゴミ袋で作るガウン

ガウンの簡単な作り方を紹介します

農業用ビニールシートで「医療用ガウン」を作る メモ


/////   
/////
新型コロナ対策 クラスター ss


秋冬のコロナ対策
家庭での過ごし方
ラインで会話 例 

家族が自宅待機-s
人から人へ 感染
人から人へ 感染 aa

飛沫感染 リスクsss
飛沫を飛ばさない行動  ss
家族が感染 対策ss
医療機関の感染者のポイント
特別な「ない」3つ 

新No3密 注意
企業の感染防止


///// 
政府の分科会 緊急提言ss

緊急提言 会議00

冬場の換気 感染
飲食中の感染対策も

/////   
新型コ 症状?流れ
全国と東京(感染者数と重症化数)

//////
日本でも新型コロナ 最増加

日本感染者数 1114Hu


児玉 龍彦 東京大学先端科学技術研究センター名誉教授 説

ミネソタ大 予想 ss

/////

1週間あたりの感染者数

1週間の10万人あたり感染者数(都道府県別)

対策病床使用率(参考) = 現在患者数 / 新型コロナ対策病床数


【都道府県別】人口あたりの新型コロナウイルス感染者数の推移



都道府県別 実効再生産数 Rt
///// 
京都大ウイルス 再生医科学研究所の宮沢孝幸准教授

宮澤
新しい生活様式
手洗いのタイミング
領内クラスター 防止
ハンマー&ダンス 500
ソーシャル ディス ダンス
飲食できるマスク!
飲食できるマスク_l

手洗い 換気 マスク00 コロナ滅 500ss jpg


東大 新型マスク研究00 image0
東大 新型マスク研究01 image1
東大 新型マスク研究02 image2


新型マスク研究00 場面image3

感染が広がった場面など 

飲食店向け コロナ対策
外国人向け飲食 英語

外国人向け コロナ対策
外国人向け 英語

日本語ee 手洗い 換気 マスク00aaz00
冬は、感染拡大しやすい理由

新型コロナ対策00aa

外国人向け 英語
外国人向け飲食 英語


岡山 コロナ差別ダメ!


/////    
        
/////
冬は、感染拡大しやすい理由

/////

重要 新型コロナ第1波対応を検証 「アベノマスクは失敗。一部の暴走」新型コロナ対応、民間臨調が検証 / コロナ第1波対応を検証 民間の調査会が報告書 水面下で何が 
第一波 の頃 検証00用


重要 新型コロナ「正しく恐れて」 わかってきた特徴と対策  チャートで見る感染再拡大 (第2波)
第二波 の頃 検証


重要 新型コロナ感染者 増加傾向 専門家「第3波の可能性も」

新型コロナ 冬場の感染対策のポイントは / 【国内感染】1739人 3日連続で最多更新(14日23時)/ 西村経済再生相 「マスク外す場面は特に注意」「飲食店では、アクリル板の設置や十分な換気などの対策の強化が必要だ」
 
日本でも新型コロナ 最増加

国内感染者数0a0

日本感染者数 1114Hu


新型コロナ  世界の死者数と日本の死者数の比較
人口あたりの死亡率sas
グーグル 予想 コロナ01
グーグル 予想 コロナ02

あなたは 「消毒液 派」VS「非接触グッズ 派」 それとも「両方」/数理モデル  PCR検査を倍にすれば、接触「5割減」でも収束可能??だったかも「話」 

全国 重傷者数 コロナ00
全国重傷者数 コロナaa
東京都 新型コロナ数 00
東京都 新型コロナ数



/////  
 
コロナ重症者 最多で医療崩壊するの?って、するだろうね


・スタッフ不足問題
・他の疾患でも人工呼吸器やエクモ使うから機材が不足の問題
・扱える人材を急には増やせない
・クラスターなれは外来入院停止
・コロナ以外で高度医療必要でも受け入れ先なくなる
・すでに新規・発熱者断り始まってる

///// 
みんなで、医療崩壊なく、生き延びよう!


/////    
  

岡山 新型コロナ 新たに9人が感染 (▼岡山市で4人、▼倉敷市で3人、それに▼玉野市で2人の合わせて9人) 県民市民は「数」でなく「対応」をよりみている!!
西村大臣「いつでもマスク」会見!!

 岡山県内では29日、9人が新たに新型コロナウイルスに感染していると発表されました。
これで県内で感染が確認された人はのべ592人になりました。

新たに感染が確認されたのは、▼岡山市で4人、▼倉敷市で3人、それに▼玉野市で2人の合わせて9人です。
このうち、岡山市に住む50代の女性は、25日に発熱やのどの痛みなどがあり、ウイルス検査を行ったところ、28日、感染が確認され、現在は肺炎などの症状で中等症だということです。
岡山市では、この女性のほか40代の男性の感染経路がわかっていません。
倉敷市では、20代から30代までの男女3人が発熱や頭痛などの症状を訴え、ウイルス検査を受けたところ、28日、感染が確認されましたが、いずれも軽症だということです。
このうち、30代の男性は高齢者福祉施設で働いているということで、倉敷市は濃厚接触者などの調査を進めています。
また玉野市では、学校に通う10代の女性2人の感染が28日、確認されました。
県によりますと、2人は同居する家族で、学校には濃厚接触者はいないということです。
これで県内で感染が確認された人はのべ592人になりました。

/////

新型コロナ、岡山県で9人感染 県内591人に

岡山県内では29日、岡山、倉敷、玉野市の計9人の新型コロナウイルス感染が発表された。県内での感染確認は再陽性を除いて591人となった。

 岡山市は4人。30代男性会社員と20代女性アルバイトは感染者との接触が確認されているが、50代女性会社員と40代男性自営業者の感染経路は不明。50代女性会社員に肺炎の症状がある。他は軽症か無症状。

 倉敷市は、高齢者施設の30代男性職員、パートの30代女性、無職の20代女性の計3人。いずれも軽症で、感染経路は不明という。

 県によると、玉野市は同居家族の10代女子2人で、いずれも軽症。うち1人は、22日に感染が明らかになった同市の10代男子と学校で同じクラスだったが、感染との関連は不明としている。

/////

〈新型コロナ〉岡山県で新たに9人感染確認 累計591人に

岡山県で新たに9人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。

 感染が確認されたのは、岡山市で4人、倉敷市で3人、玉野市で2人です。玉野市の2人は、県内の学校に通う10代の女子です。

 岡山県での感染確認は累計で591人となりました。

 また、香川県では、28日に新たに4人の感染が分かりました。

/////

新型コロナ 何が正解なの? コロナ対策 ~感染制御の専門家に聞く~ ( 堀賢・順天堂大学大学院教授 )
(  バーベキューなど、野外なら安全ではない「三密」に注意!!  「マイクロ飛沫。飛距離は8メートルにも」)
新型コロナの感染 注意

堀賢・順天堂大学大学院教授
マイクロ飛沫 8m

飛沫が飛ぶ様子(堀賢教授提供)【時事通信社】

 新型コロナウイルスの猛威が続いています。1日の感染者数が全国で2000人を超える日もあり、第3波の襲来とも言われています。
 これからどうなるのか。不安の声がある中、どのように行動すればいいのか、戸惑う人も多いと思われます。そこで、感染制御の専門家で、明快な解説で知られる順天堂大学大学院教授の堀賢先生に、私たちができる対策について伺いました。(聞き手・本文 医師・海原純子)

新型コロナの感染 注意

新型コロナウイルスはどうやって感染するか(堀賢教授提供)【時事通信社】

 ――11月の第2週以降、感染者の急増に伴い、世の中の緊迫感が急に高まったように感じます。それまでは、春頃と比べて、かなり緩いなという雰囲気でした。

 春頃は、非常に強い緊張感が、社会全体を覆っていました。そこには、五つの要因があったと思います。

 一つは、新型コロナウイルスが全く未知のウイルスであったということ。二つ目は、PCRの検査体制も十分とはいえなかったこと。当時は1日300検体くらいしかできなかったですね。

 三つ目は、治療法が分からなかったこと。四つ目は、医療の受け入れ態勢が整備されていなかったこと。五つ目は、メディアで連日、あおるような報道がされたこと。それらが、社会的危機感を生んだのだと思います。

 これに対して、秋以降は「第2波の時は、ロックダウンもせずに、何とか乗り越えてきたじゃないか」という安堵感がある一方で、「コロナ疲れ」という感じも広がってきていました。緊張感が薄れていた感じですね。

 新型コロナウイルスは、潜伏期間が長く、きょうの行動の結果が2週間後に出るという状況ですから、感染の予測が立てにくく、「この様子なら、まあ大丈夫じゃないかな」という気持ちになっていたのでしょう。

 ◆コロナとの闘いは長丁場
マイクロ飛沫 8m

(図1)上=通常の飛沫。約1~2メートル飛んでいる。下=マイクロ飛沫。飛距離は8メートルにも(堀賢教授提供)【時事通信社】

 ――新型コロナは、経済にも大きな打撃を与えています。政府は、コロナ対策と経済の両立を目指していますが、そもそも、両立は可能なのでしょうか。

 コロナとの闘いは、長丁場と言われています。重症者や死亡者を増やさないように、行動変容を呼び掛け、医療のキャパシティーを増やしながら、経済を可能な限り回すという方針だと思います。

 今は状況を見ながら、ぎりぎりのところまで経済を動かすということでしょう。ただ、重症者の在院日数は長いですから、すぐにはベッドが空きません。

 重症者のベッドが逼迫(ひっぱく)した段階でブレーキを踏んでも、その後、2週間は重症患者が一定割合で増え続けますから、超過死亡※が出てくる恐れがあります。余裕を見ながら、早め早めの対応が必要です。

 ※超過死亡=統計などから予想される死者数を実際の死者数が上回る現象。パンデミックでは、急激な医療需要増で医療が受けられない人々が出たときに発生しやすい。

 ――医療体制も日々、状況が変化しています。地方によっては、医療崩壊が起こるリスクもあるのでしょうか。


 北海道などは、札幌市を中心に、すでに医療供給体制が逼迫してきています。また、流行が急激に拡大すると、スタッフや一般診療の患者が市中で感染し、院内に持ち込むケースが必然的に増えます。

 そうなると、院内クラスターが発生して、診療停止に追い込まれる医療機関が増えて、さらに医療崩壊のスピードが速まる可能性が高くなります。11月中旬以降の旭川市がその状態に陥っています。


◆マイクロ飛沫はすごく飛ぶ
コロナ禍 旅 対策

(図2)旅行関連の業界団体などで作った「新しい旅のエチケット」ポスター。この他、交通編、飲食編、宿泊編など、場面ごとの新エチケットを提案したバージョンがある(日本旅行業協会ホームぺージより)【時事通信社】

 ――これから乾燥がひどくなる季節です。でも、寒くて窓を開けるのが嫌で、換気も十分にできないことが増えそうです。この季節に気を付けたいポイントを教えてください。

 湿度が低い場合、飛沫が飛びやすく、漂う時間が長いということは、実験で分かっています。動物実験では、湿度が低い方が感染が拡大しやすいことが、確かめられています。ただ、それがそのまま、人間の感染拡大に当てはまるかどうかは、確認されていません。

 ウイルスは粒子ですから、意思を持っているわけではなく、冬になったことをウイルス自身が察知して、感染力を強くするわけではありません。ただ、ウイルスを運ぶ水滴の状態が変化して、感染力に変化を及ぼす可能性はあるかもしれません。

 新型コロナウイルスは、マイクロ飛沫という普通の飛沫より小さい粒子が、感染の拡大に関わっているとされています。(図1参照)

 飛沫は、感染者の口から飛び出した後、1~2メートルで自然落下して、これが人の目、鼻、口の粘膜に直接触れることで感染します。これに対し、マイクロ飛沫は、粒子が小さく、気流に乗って数十メートル先にも飛び、その先にいる人にエアロゾル感染を引き起こします。

 「3密」状態というのは、密閉、密集、密接な状態ですから、マイクロ飛沫が長時間漂う条件がそろっており、クラスターを引き起こしやすいと考えられています。

 ◆野外なら食事も安心?
クラスター 5つの場面-s

(図3)新型コロナウイルス感染症対策分科会が発信した「感染リスクの高まる5つの場面」(内閣官房ホームページより)【時事通信社】
クラスター 5つの場面0-s

 ――感染予防対策ですが、施設によって、かなり差があると思います。飲食店だと、しゃべりながら食べている客に注意しない、できない管理者などが気になります。ハンバーガー店の密な状態で、大声で話しながら食べている若者とか。対策の徹底が大事なのに、行政は施設側に任せている状態です。

 難しいですね。店としては、やっと来てくれたお客に対して、注意しにくいですよね。しかも、自分もあまり詳しくは知らないことですので、反論されたら、引き下がるしかありません。

 むしろ、この件は、日本人の「他人に迷惑を掛けないようにする感性」を利用して、マナーやエチケットとして、国民共通のおしゃれなキャンペーンのようなもので解決を目指したらいいのではないでしょうか。

 旅行関係団体が作った「新しい旅のエチケット」(図2)のポスターは、嫌みもなく、なかなかよくできていますよね。

 ――感染予防対策も、企業によって、かなり格差があるのが気になります。

 よく観察すると、ポイントを外した対策をしている企業も、かなり多いですね。例えば、会社の喫煙室で、話しながら喫煙している場面では、空気清浄機によってウイルスが除去されたとしても、至近距離で会話をすることで、依然として飛沫を浴びていることになります。

 バーベキューなど、野外なら安全と考えている人がいます。野外では、風でマイクロ飛沫が希釈されたり、飛んで行ったりしたとしても、人の口から出た飛沫は、目の前の食べ物の上に落ちたりして、感染のリスクがあるんです。

 ――なぜ、そういうふうになってしまうのでしょうか。

 それは、分科会(新型コロナウイルス感染症対策分科会)が発信した「感染リスクの高まる5つの場面」(図3)を見れば、よく分かります。

 この絵は、「注意しましょう!」だけで終わってしまっていて、「だから、こうしましょう!」という発信がない。ですから、市井の人たちには「どうしたらいいのか」が十分、伝わってきません。そんなことでは納得できないから、行動変容が起きるわけないんです。

 納得していない人が、これまでの自分の行動を変えたりできますか。感染制御を専門にしている人たちは、政府の発信に、ちょっと歯がゆい思いを抱いています。


////

堀 賢(ほり・さとし)


 順天堂大学大学院医学研究科感染制御科学教授、英国感染制御専門資格、ICD制度協議会感染制御ドクター。1991年順天堂大学卒業、95年同大学大学院修了、99年から英国ノッティンガム大学微生物・感染症学リサーチフェロー、2001年ロンドン大学衛生熱帯医学大学院修了。順天堂大学大学院感染制御科学講師を経て13年より現職。

///// 
/////
新型コロナ対策00aa


飲食中の感染対策も

富岳の分析0a0a
マスク効果 東大研究室

新型マスク研究00 場面image3

感染リスク(高5つ)


手洗い 換気 マスク00 コロナ滅 500ss jpg

新型コロナ対策 クラスター ss

感染が広がった場面など 
新型マスク研究00 場面image3

新no3密-ssff



新型コロナ対策 基本

新型コ 症状?流れ
日本でも新型コロナ 最増加
日本感染者数 1114Hu

/////
https://www.mext.go.jp/content/20200605-mxt_kouhou01-000004520_5.pdf

https://corona.go.jp/prevention/pdf/guideline.pdf

20200903-mxt_kouhou01-000004520_1.pdf
/////  

/////
〈新型コロナ〉秋篠宮ご一家が手作りされた「医療用ガウン」 心温まるメッセージとともに岡山市の病院へ



秋篠宮家、医療現場に手作りガウンと手書きメッセージの思い


/////

参考
ごみ袋で防護服、「発明家」の看護師が考案 3分で簡単

ゴミ袋で作るガウン

ガウンの簡単な作り方を紹介します

農業用ビニールシートで「医療用ガウン」を作る メモ


/////   
/////
新型コロナ対策 クラスター ss


秋冬のコロナ対策
家庭での過ごし方
ラインで会話 例 

家族が自宅待機-s
人から人へ 感染
人から人へ 感染 aa

飛沫感染 リスクsss
飛沫を飛ばさない行動  ss
家族が感染 対策ss
医療機関の感染者のポイント
特別な「ない」3つ 

新No3密 注意
企業の感染防止


///// 
政府の分科会 緊急提言ss

緊急提言 会議00

冬場の換気 感染
飲食中の感染対策も

/////   
新型コ 症状?流れ
全国と東京(感染者数と重症化数)

//////
日本でも新型コロナ 最増加

日本感染者数 1114Hu


児玉 龍彦 東京大学先端科学技術研究センター名誉教授 説

ミネソタ大 予想 ss

/////

1週間あたりの感染者数

1週間の10万人あたり感染者数(都道府県別)

対策病床使用率(参考) = 現在患者数 / 新型コロナ対策病床数


【都道府県別】人口あたりの新型コロナウイルス感染者数の推移



都道府県別 実効再生産数 Rt
///// 
京都大ウイルス 再生医科学研究所の宮沢孝幸准教授

宮澤
新しい生活様式
手洗いのタイミング
領内クラスター 防止
ハンマー&ダンス 500
ソーシャル ディス ダンス
飲食できるマスク!
飲食できるマスク_l

手洗い 換気 マスク00 コロナ滅 500ss jpg


東大 新型マスク研究00 image0
東大 新型マスク研究01 image1
東大 新型マスク研究02 image2


新型マスク研究00 場面image3

感染が広がった場面など 

飲食店向け コロナ対策
外国人向け飲食 英語

外国人向け コロナ対策
外国人向け 英語

日本語ee 手洗い 換気 マスク00aaz00
冬は、感染拡大しやすい理由

新型コロナ対策00aa

外国人向け 英語
外国人向け飲食 英語


岡山 コロナ差別ダメ!


/////    
        
/////
冬は、感染拡大しやすい理由

/////

重要 新型コロナ第1波対応を検証 「アベノマスクは失敗。一部の暴走」新型コロナ対応、民間臨調が検証 / コロナ第1波対応を検証 民間の調査会が報告書 水面下で何が 
第一波 の頃 検証00用


重要 新型コロナ「正しく恐れて」 わかってきた特徴と対策  チャートで見る感染再拡大 (第2波)
第二波 の頃 検証


重要 新型コロナ感染者 増加傾向 専門家「第3波の可能性も」

新型コロナ 冬場の感染対策のポイントは / 【国内感染】1739人 3日連続で最多更新(14日23時)/ 西村経済再生相 「マスク外す場面は特に注意」「飲食店では、アクリル板の設置や十分な換気などの対策の強化が必要だ」
 
日本でも新型コロナ 最増加

国内感染者数0a0

日本感染者数 1114Hu


あなたは 「消毒液 派」VS「非接触グッズ 派」 それとも「両方」/数理モデル  PCR検査を倍にすれば、接触「5割減」でも収束可能??だったかも「話」 
/////  
/////
新型コロナ データの見方を考える 「人口あたり死亡率」

人口あたりの死亡率sas

「新規感染者数」などという統計的に無意味な指標で騒ぐのはやめるべきだ。「人口あたり死亡率」でみると、欧州は明らかに第2波が来ているが、日本は(欧州の基準では)第1波さえ来ていない。今でも欧米の最低水準。

//////
「単位」 を見る!!!「国」を見る!!! 「山」を見る!!!!   「全体」を見る!!! 「増加率」を見る!!!「予測」を見る!!!

日本感染者数 1114Hu
米国感染者数  1114H0
世界感染数 1114 ciH
ヨーロッパでは 第2波
日本でも新型コロナ 最増加



グーグル 予想 コロナ02

//////  


 
 

岡山 「ホコテン!」10カ月ぶり開催 岡山・西川で食事や街歩き


 岡山市中心部の西川緑道公園筋を歩行者天国にしたまちづくりイベント「ホコテン!」(同市など主催)が29日、新型コロナウイルスの影響による中断を経て1月以来10カ月ぶりに開かれ、多くの家族連れらが訪れた。

 西川に沿った市道の県庁通り―桶屋橋南間(約240メートル)を交通規制した。来場者はテークアウトの食事を楽しんだり、伸び伸びと街歩きを楽しんだりしていた。感染対策のため、従来よりテーブルや椅子の間隔を空け、使用後はボランティアが消毒した。

 会場内の車道では、アーティストがチョークを使っただまし絵の制作を実演。西川緑道公園と近くの下石井公園では、人気店のカレーやダンスなどのステージを楽しめる「花・緑ハーモニーフェスタin西川」もあった。

 2歳の息子と訪れた女性(35)=同市北区=は「普段は車の通りが多い場所だが、小さい子どもがいても車を気にすることなく、安心して楽しめる」と話していた。

岡山 メンズノンノでグランプリ、樋之津さん誌面デビューへ 岡山市出身(岡山朝日高校)「モデルに全力」 (東京都内の某大学??)   樋之津琳太郎さん
岡山朝日高 野球部


  若手俳優の登竜門ともいわれる男性ファッション誌「メンズノンノ」の本年度モデルオーディションで、岡山市出身の樋之津琳太郎さん(21)がグランプリを受賞した。憧れの世界へ一歩を踏み出した大学生は「まずはモデルとして経験を積みたい」と地に足を着けた活躍を誓う。



 181センチ、65キロのすらりとした体形に、目鼻立ちのくっきりとしたルックス。子どもの頃からモデルや俳優を漠然と夢見ながら、岡山市立京山中、朝日高時代は野球一筋で、芸能界とは全く無縁だった。

 新型コロナウイルス下の自粛生活が転機となった。「やりたいことを見つめ直す時間だった。挑戦せずに後悔したくなかった」。6月、かねて気になっていたオーディションに申し込んだ。3千人を超す応募者からカメラテストや編集部による面接、読者投票を経て今月上旬に頂点に立った。

 グランプリ決定の瞬間を振り返り「うれしさと驚きで、ふわふわした感覚だった」と笑顔を見せる。「モデルの振る舞いが分からず、街中での撮影に緊張した」と言う初仕事を終え、12月9日発売予定の2021年1月号で誌面デビューする。

 メンズノンノの歴代モデルには阿部寛さんや谷原章介さん、坂口健太郎さんら人気俳優が名を連ね、2年前のグランプリ・鈴鹿央士さん(岡山市出身)もドラマに、映画にと活躍の場を広げている。

 東京都内の大学に在学中の樋之津さんは、16年にグランプリを獲得し、俳優としても活動する中川大輔さんを目標に掲げる。ただ「今は先を考えず、目の前のモデルの仕事に全力で取り組む。撮影現場で先輩モデルから吸収したい」と謙虚に語る。

岡山県内でも火球観測



 30日未明、西日本を中心にひときわ明るい流れ星、「火球」が観測され、岡山県内でも数秒間、見ることができました。

30日午前1時半すぎ、備前市西片上に設置しているNHKのカメラがその様子を撮影しました。
落下してきた火球がひときわ明るさを増し、空が一瞬、明るくなりました。
火球に詳しい専門家は「最後の燃え上がるような明るさは、満月級だったと見られる」と分析しています。
同じ時間、NHK岡山放送局の屋上のカメラから撮影された映像です。
徐々に空が明るくなり、一瞬、空全体がひときわ明るく照らされました。
「火球」は、小惑星のかけらなどが地球に落下したときに見える流れ星の中でも特に強く光る現象のことで、国内でもたびたび観測されているということです。

このページのトップヘ