世界(地域/岡山)に目を向けグローバル 366 岡山県を中心にグローカル GPS APS

岡山 中心 グローカル 地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・

2021年09月

新型コロナ 岡山県内で17人感染確認 のべ1万5084人に / 重点措置解除で県の施設など10月1日から再開 (全世代のワクチン接種率は、1回目が60.43%、2回目が52.80%)

岡山感染カレ0929


新型コロナ 岡山県内で17人感染確認 のべ1万5084人に


 新型コロナウイルスは29日、県内で新たに17人の感染が発表されました。

感染が発表されたのは、倉敷市で5人、岡山市で4人、津山市と早島町でそれぞれ3人、総社市と備前市でそれぞれ1人の、合わせて17人です。
このうち津山市の3人と早島町の3人は、いずれも10代以下の子どもを含む家庭内での感染でした。
感染者を年代別に見ますと、20代が7人で最も多く、10代が3人、40代が2人などとなっています。
一日の感染者の発表が、ふたけたとなるのは3日ぶりで、県内での感染確認は、のべ1万5084人となりました。
////
新規感染者の2ケタは3日ぶり 岡山県で新たに17人が感染

9月29日の新型コロナウイルスの感染状況です。

岡山県では、新たに17人の感染が分かりました。

県内の内訳は、倉敷市5人、岡山市4人、津山市3人、早島町3人、総社市1人、備前市1人です。

これで県内の感染者数は、1万5083人となりました。

全世代のワクチン接種率は、1回目が60.43%、2回目が52.80%となっています。

////
岡山県  受験控えた中・高校生などへのワクチン集団接種始まる


岡山県は、この冬に受験を控えた中学生や高校生などを、新たにワクチンの集団接種の対象に加え、岡山市内の会場で接種が始まりました。

集団接種は、県が岡山市北区の川崎医科大学総合医療センターに設けた会場で行われました。
29日、中学3年生や高校3年生の男女あわせておよそ20人が訪れ、医師の問診を受けたあと、順番にモデルナ社のワクチンの接種を受けていました。
この会場では、受験生に加えて12歳未満の子どもと一緒に暮らす家族も、新たに集団接種の対象となります。
県は、10月28日までの期間中に、およそ6000人分のワクチンを用意していますが、予約にはまだかなり空きがあるということで、学校を通じて、インターネットの共通予約システムで申し込みができることなどを周知しています。
接種を受けた岡山市の中学生は「接種への不安はなかったけれど、副反応は気になる。2回接種できれば安心して受験に臨めると思う」と話していました。
また倉敷市の高校生は「緊張したけれど、接種を受けて安心できたので、受験に向けて頑張りたい」と話していました。
////
岡山市 重点措置解除で観光施設などの利用再開 ( ワクチンの集団接種会場を新たに岡山赤十字病院と、岡山医療センターの2か所に設けること 今頃? 対応遅い? 岡山市 )

重点措置の解除を前に、岡山市も対策本部会議を開き、観光施設などの利用を再開することを決めました。

この中で、休館が続いていた半田山植物園などの観光施設や、岡山ドームなどのスポーツ施設、それに児童館などあわせて101の施設を10月1日から再開することを決めました。
また、ワクチンの集団接種会場を新たに岡山赤十字病院と、岡山医療センターの2か所に設けることになりました。
いずれもモデルナ社のワクチンが使用されます。
会議のあと大森市長は「経済は相当落ちこんでいる。リバウンドの危険もあるが、対策をしっかりとって観光などを楽しんで欲しい」と話していました。


/////
重点措置解除で県の施設など10月1日から再開


重点措置の解除にともない、県の施設の利用や経済対策などは、いずれも10月1日から再開されます。

岡山市の後楽園や県立美術館など、県が管理する施設は再び利用できるようになります。
県民が、県内のホテルや旅館で宿泊する際の費用を割り引く「おかやま旅応援割」は、予約の受け付けと利用が再開されます。
「Go Toイート」のプレミアム付き食事券や、県内のバスや路面電車などで利用できるプレミアム付き交通券も販売が再開されます。
続いてイベントの開催についてです。
観客の上限は5000人、もしくは定員の50%以内とした上で、クラシックコンサートや演劇など、大声を出さないイベントはその最大限まで収容できるとしています。
県立学校での活動も緩和されます。
延期や中止の措置がとられていた修学旅行や運動会などは、生徒らの健康・安全の確保を踏まえて実施を判断するとし、部活動は感染リスクの低いものから実施を検討するとしています。

/////

岡山県 第5波の県内感染者数1.5倍増 前回比、ワクチンで重症化抑制も
第5波の岡山県内感染分析_1
第5波の岡山県内感染分析_2


 岡山県は29日、7~9月に県内で猛威を振るった新型コロナウイルス流行「第5波」の感染分析結果を発表した。感染力の強いインド由来の変異株「デルタ株」により4~6月の第4波に比べて感染者数は1・5倍に増加。一方、ワクチン接種が進んだことで高齢の感染者が減少し、死亡や重症化するケースも抑えられたとしている。

 同日の新型コロナ対策本部会議で明らかにした。第5波の感染者数は7391人(21日現在)で、第4波の4897人を大きく上回った。このうちデルタ株の感染が9割以上に上り、地域別では岡山市(3579人)と倉敷市(2298人)で全体の8割を占めた。

 年代別に見ると、最も多かったのは20代の2069人で第4波の1・9倍、20歳未満も2・8倍の1684人に上り、若い世代への感染拡大が目立った。一方で60代は240人と4割減り、70歳以上も293人と6割の減となった。

 県内では8月上旬までに65歳以上の高齢者の約9割がワクチンの2回接種を終え、県はその効果が表れたとみている。これに伴い死者数も大幅に減少。第5波は9人で、第4波(91人)の1割未満に抑えられた。

 県はまた、感染者のワクチン接種状況についても公表。今月27日までの感染者7473人のうち、80%の5944人が未接種だった。2回接種完了後の「ブレイクスルー感染」も6%に当たる460人で確認され、デルタ株の感染力の強さをうかがわせた。

 県は冬場に向けて「第6波」の到来も懸念されるとしており、伊原木隆太知事は会議後「ワクチン接種が重症化を抑える武器。自身と周りの人を守るため積極的に打ってもらいたい」と述べた。

/////

なぜ東京の感染者は減少しているのか? 専門家3つのポイント指摘 (「ワクチン」「行動変容」「人流の変化?」) / ウイルスの自壊仮説 東大名誉教授 児玉龍彦氏  メモ
第5波 なぜ?減少00
第5波 なぜ?減少aa
尾身「5波」減少の5つ?

なぜ? 「第5波」減
東京感染カレ推移0927
I第5波急減少?人出0ss
第5波急減少?人出00

 8月中旬をピークに減少に転じている東京の感染者数。一体なぜ?感染者数は減少しているのか?

 その要因について専門家は具体的な3つのポイントを指摘しています。それが「人流」「行動変容」「ワクチン」です。この3つのポイントについて、数字やデータを使って解説します。
0921
動画 ニュース
/////

冬に再拡大も? 第5波の感染“急減”ナゼ…行動制限緩和へ動きも
https://www.youtube.com/watch?v=3qd2HY6_5S4
/////
ウイルスの自壊仮説 東大名誉教授 児玉龍彦氏 メモ

 東京大学先端科学技術研究センター  がん・代謝プロジェクトリーダー 児玉龍彦
「エラーカタストロフの限界」を超えるコロナウィルス変異への対応

 
 【急激なピークアウト 変異の末「自壊」か?】報道1930まとめ21/9/21放送
https://www.youtube.com/watch?v=TmGfDgds88M 
ウイルスの自滅 仮説00
ウイルスの自滅 仮説03
ウイルスの自滅 仮説03
ウイルスの自滅 仮説04
ウイルスの自滅 仮説


ウイルスの自壊仮説。

児玉教授
今、日本では退院する時にPCR検査、あまりやっていないです。欠片が残るからやらなくていいということが言われてますが残念ながらこれは非常に危険です。免疫力の弱い人は一旦治ったように見えてもある時期でまた増えていくとかそういうことが非常によくありますから↓


昨日の #報道1930 の児玉先生の話、興味深くて専門家ってさすがにすごいなぁって思いました。
変異を繰り返して絶滅の道を辿るのかと思いきや、そこをかいくぐって生き残るヤツがどんな性質になるのか。
生物の進化にも通じるような壮大さを感じました。


東大教授 児玉氏
ウィルスが変異しすぎて自己存続遺伝子まで変異させてるのじゃないか(=自滅)

////
第6波にどう備えるか
児玉先生
①予測を正確にする
地域や世界の状況をゲノム解析で見ていく
②いろんな医療機関が一般の診療として行える様に準備する
医療従事者に対する3回目のワクチン接種
③PCR検査と抗体検査が必須
感染ーn抗体ワクチンーs抗体
④感染集積地を日本の中でなくしておく


////

児玉先生驚くべきお話!
最後の方視聴! 

免疫不全患者の体内で“異例”の変異。
レムデシビルや抗体カクテルなどを投与。遺伝子に多くの変異が起きていく!

「人間の酵素が微生物のRNAをどんどん変異させていってしまう」
微生物は残ってる場合も日本国旗は退院時検査せずは再燃するリスクあり危険疲れた顔

////
堤さんのまとめが分かりやすかった。
・PCR検査をもっと徹底してやる
・退院するときに必ずやる
・市中での社会的検査を増やす(無症状も含む)
・世界的に~新たな変異株の出現を抑えるために発展途上国などで検査・ワクチン接種の推進



////

超高度な医療専門家の解説が
素晴らしい
児玉教授によると
ワクチンと同様、抗生剤を一つ使うと
耐性が出来るのでとても危険
故に2種類混ぜるカクテル療法が
非常に重要なんだと
専門外のコメントに嫌気がさしていた中
専門用語は難解だが本当に納得させられた


////

予測を正確にやる
PCR検査と抗体検査をセットで行う
(ゲノム解析は全てやる)
感染集積地を作らない
医療従事者への3回目のワクチン接種など?


////
ゲノム解析徹底で今後の感染予測をする

PCR検査の徹底
必ず抗体検査をする
N抗体(感染による)
S抗体(ワクチンによる)

////

松原「今何をすべきか」
松本「ワクチン接種を進める」
堤「PCR検査をもっと進める。世界的には変異株の検査、ワクチン接種の推進」
児玉「(ゲノム解析で)予測を正確にする。PCR検査、特に抗体検査が必須。感染集積地を減らす」

私は以前から感染集積地の撲滅の提言に共感してます。
/////
第5波 なぜ?減少bb
なぜ?「第5波」減bbb
イスラエル、英、米、日
尾身「5波」減少の5つ?


なぜ?「第5波」減aaa
第5波 なぜ?減少aa

 ウイルスの自滅 仮説00ウイルスの自滅 仮説
09 東京の減少 なぜ?
07 第5波 なぜ?減少aaa

11 インド ウイルスの自壊か
12 インド ウイルスの自壊か
13 インド ウイルスの自壊か
07 第5波 なぜ?減少aaa

16 ウイルスの自滅 仮説03

10 ウイルスの自壊00
17 東大 児玉教授の提案00
18 東大 児玉教授の提案01
イスラエル、英、米、日

/////
/////
0913 
なぜ東京の感染者が急減少しているのか・・・コロナ対策専門家に聞く【報道特集】
動画 ニュース


新型コロナウイルスワクチンの2回目接種が終了した人は国民の約5割。全国の感染者数も減少傾向が続いています。その要因を、報道特集・皆川玲奈キャスターが、東京感染症対策センター(東京iCDC)専門家ボードの賀来満夫座長に聞きました。

皆川玲奈キャスター:
現在のコロナの感染者数の推移について伺いたいと思います。東京は最近1000人台で推移していますけれども、どうして減ってきたんでしょうか?

東京感染症対策センター 専門家ボード 賀来満夫 座長:
感染者数が減っている要因としては、様々考えられますけれども、私は3点挙げたいと思います。

まず1点目は、ワクチン接種が着実に進んできている。いわゆるワクチン効果が見られるようになってきているのではないかと思います。東京都内では、65歳以上の高齢者の方の85%の方が2回接種を終えられています。または、都内全体で見ますと4割近い方が2回接種を終えられているわけです。そこで高齢者の方のワクチン接種率と、いわゆる新規感染者数、あるいは重症者数を見てみますと、これ1回、2回とですね、接種率が上がるにつれて、改善してきているんですね。特に2回目の接種率が60%ぐらいを超えてくると、重症化する方の割合がかなり改善しているということが解析されています。そういう意味ではまず1点目は、ワクチン接種の影響があるということだと思います。

2点目はやはり人流です。いわゆる人の流れが減少している状態が比較的長く続いているということです。お盆明けからですね、2週間で若干、人流は増加したんですけれども、その後また下がってきています。いわゆる6月末からお盆あたりの7週間、またその後、2週間少しは増加しましたけど、その後も減少してきている。このようにですね、人流、人の流れが長期間にわたって抑制されてきているということが2番目の要因として挙げられると思います。

3点目は、多くの方がリスクに繋がる行動を回避した、リスク回避行動というものが見られたと思います。これは東京都で1日あたり5000人を超えるような新規感染者数、あるいは医療体制が非常にひっ迫しているというようなこと、あるいは災害レベルというような報道もありました。またデルタ株で、若い方の感染が拡大してきている、あるいは妊婦さんの感染とかですね、様々な報道がありました。こういった報道をですね、しっかり都民の方が認識をして、リスクに繋がる行動を回避してきた。そういった危機意識を持って都民の方が協力していただいている。都民の方の努力といったようなことがある。すなわち、ワクチン接種、そして人流が比較的長期に減少している。そして多くの都民の方のリスク回避行動が今の感染の減少に至っている原因ではないかと思います。

皆川:
今後の見通し、減少傾向は続くのでしょうか?

賀来 座長:
ここ1、2か月で感染がどう推移するかについては、やはりプラスの要因とマイナスの要因を考えていく必要があると思います。プラスの要因はワクチン接種が進むということですね。それから、抗体のカクテル療法などが実用化されてきている。実際に実施されてきていて、東京都でも95%といったような非常に優れた有効性が認められています。また現在、経口薬、経口の治療薬の試験も進んでいまして、この冬にかけて実用化する可能性も出てきています。ですから、ワクチン接種、そして抗体カクテル療法、経口の治療薬などで感染者数を減らしていけるというようなプラスの要因があると思います。
もう一方、マイナスの要因としては、これはイスラエルなどで認められているんですけれども、ワクチン接種が進んで、一旦、新規の陽性の患者数が減ったんですけれども、やはりそのことで行動制限の緩和や、マスクの着用などをしなくてもいいというような、感染対策が徹底されていないことがあったんですね。そうしますと、やはりマイナス要因としては、このような感染の減少傾向が続いて、行動を緩和してもいい、あるいは感染対策はそれほどしなくてもいいといったようなことが起こってくると、これはマイナス要因として働きます。
ですから、ここ1、2か月はこのプラスの要因とマイナスの要因のバランス、どちらが上回るか、それによってここ1、2か月の状況が変わってくるということになると思います。

皆川:
ということはワクチン接種をこのまま進めていって、さらに今までのコロナ対策を同じようにやっていけば、新規感染者数はどんどん、例えば今、千人台ですけれども、東京の場合だったら数百人台、百人台まで減っていくことは可能なんでしょうか?

賀来 座長:
諸外国の例を見てみますと、ワクチン接種が約6割ぐらいの段階で行動を緩和していくと、また再び感染が拡大していますね。ですからワクチン接種率を8割から9割、ワクチンを受けられない方もおられますので全員が受けられるわけではないのですが、ワクチン接種が8割から9割、全世代において打たれ、そして感染予防を徹底し、リスクに繋がる行動を抑制する。いわゆる人流も爆発的に増えていくってことがないということになりますと、かなり下がってくる可能性はある。これが何百人台まで下がるかはまだわかりませんけれども、かなり今の状況を改善できる傾向が出てくると思います。

皆川:
そんな中、東京は緊急事態宣言が9月末まで延長されましたけれども、期間や、この対策は今とるべきものとしては最適なものなのか、先生の見解を教えてください。

賀来 座長:
今ちょうど感染が減少傾向になりつつあります。そういった意味で、これを延長していくということは非常に重要なことだと思います。東京都のいろんなステージ分類で見ますと、東京都ではいまだにステージ4の段階が多いわけですよね。そこで病床の占有率とか、重症者用のベッドの占有率など見ますと、まだかなり高いです。いわゆる医療体制はいまだひっ迫している状況にある。こういった中でやはり、緊急事態宣言が解除されるということは、非常に医療体制のひっ迫を、また再びそれを継続させることになりますので、今の段階で、やはり9月末までの延長というのは、これは今の医療体制から見ますと非常に重要なことではないかと思います。

皆川:
では宣言解除の目安は何でしょうか?

賀来 座長:
今回新たに政府の方で宣言解除の目安数を出されましたね。これは病床使用率が50%未満ですとか、あるいは重症の患者さんの病棟の使用率が50%未満、あるいは中等症が改善してきていることなど、いくつかのことが要件として挙げられていますけれども、こういった要件を満たすためには、まだかなり厳しいと。特に重症の患者というのは、新規の感染者の報告に遅れて、重症化している患者さんが報告されてきますので、この状況をみますと、なかなか解除というのは厳しいなというふうに思います。一方で、ワクチン接種の進み、そして抗体カクテル療法などが実際の臨床現場で使えるようになってきますと、プラスの要因として働きますので、こういったことで、急速に感染状況が改善していくということも一方ではあるので、やはりその状況をしっかりと見極めながら、解除ということを考えていく必要があると思います。

皆川:
そこに行くためにはやはりワクチンの接種率は全世代の8割から9割ぐらいが望ましいと先ほどおっしゃってましたけれども、やはりそこですか。

賀来 座長:
そうですね。やはり11月の行動制限の緩和という議論が出ていますけれども、これにはどのような状況になっているのか、ワクチン接種率が80%から90%に達して、そしてさらに、ブースター接種というようなことも十分考慮に入れた上で、現在の状況、刻々と変わるこの感染状況をしっかりと科学的に分析し、その結果に基づいて一気にではなく、段階的に緩和していくというような政策が求められると思います。
///// 
尾身会長の「5つは本当?」
/////
0628
尾身会長「感染減少に5つの要素」


菅総理大臣の記者会見に同席した「基本的対処方針分科会」の尾身茂会長は、今後、再び感染が拡大する第6波に備えるためには今回、なぜ感染者数が急激に減少したかを分析しておくことが重要だとして「7月から8月にかけて夏休みや4連休、お盆休みという感染を急増させる要素が集まっていたが、この要素が無くなったことが感染者数減少の背景にあると思う」と話しました。

そして「感染者数減少の要因として、それぞれどれだけ影響したかは今の時点では分からないが、5つあると考えている。
▼深刻な医療のひっ迫が報道されたことで一般の人たちが危機意識を高め、今まで以上に協力してくれたこと。
▼夜間の繁華街の人出が目標の50%減少には届かなかったものの、長い期間にわたって20%から30%の減少が続いたこと。仮説ではあるが、ワクチン未接種の人たちの夜間の人出が減少したとみられることも大きいと考えている。
▼さらにワクチン接種の効果も確かにあったと思う。詳細な分析をするには抗体保有率の厳密な調査が必要だ。
▼ワクチンの効果もあり医療機関や高齢者施設での感染が減少したこと。これまでの流行のように若い世代から医療機関や施設の高齢者にうつらなかった。
▼気温や降水など気象も要因になったと考えている。今度さらにどうして感染が減少したのか分析を続けていきたい」と述べました。
/////
新型コロナワクチン 2回接種完了 5割超える



政府は、きのう新型コロナウイルスのワクチンを2回接種した人が5割を超えたと発表しました。政府の集計結果によりますと新型コロナウイルスのワクチンの総接種回数は、1億4,431万回となり、1回目を終えた人は7,983万人で、人口の63%。2回目を完了した人は、6,447万人で、50.9%に達しました。今月末には、2回接種完了が60%を超え、欧米並みになるとしています。一方で、年代別でみると65歳以上の2回目接種率は88%と高い水準に達していますが、遅れて接種が始まった64歳以下は27.6%にとどまっています。政府は、希望者へのワクチン接種が完了する11月をめどに行動制限の緩和を目指しています。国内のきのうの新規感染者数は、4,171人で、重症者は前の日から35人減って1,975人でした。


2回接種 5割を終えるも 若者3割まだ! 
ワクチン2回終了ss0912

新型コロナワクチン 2回接種完了 5割超える
ワクチン接種0913
今後のワクチン0927
ワクチン接種率0927
全国ワクチン0930

/////

新型コロナ なぜ全国の感染者が減少傾向?

//
東京感染症対策センター 専門家ボード 賀来満夫 座長:
感染者数が減っている要因としては、様々考えられますけれども、私は3点??挙げたいと思います。

ワクチン効果
人流の減少??
リスク回避行動

本当か??
//

新型コロナワクチンの2回目接種が終了した人が国民のおよそ5割になる中、全国の感染者数も減少傾向が続いています。その要因を、感染症の専門家に聞きました。

 全国で感染者が減少傾向にある要因について、東京都の専門家チームの賀来満夫座長は3つの要因を挙げます。
 
東京感染症対策センター専門家ボード 賀来満夫座長
 「ワクチン効果がみられるようになってきている。特に2回目の接種率が60%くらいを超えてくると、重症化する方の割合がかなり改善している」
 
 これに、人流の減少と国民の多くがリスクにつながる行動を回避したことを挙げています。今後については、ワクチンの接種率8割以上を目標にすべきだと強調。また、患者にとってプラスになる要素も出てきたといいます。
 
賀来満夫座長
 「抗体カクテル療法などが実用化されてきている。東京都でも95%と、非常に優れた有効性が認められている。経口の治療薬の治験も進んでいて、この冬に実用化する可能性もでてきている」
 
 ただ、ワクチン接種が進んでも、感染対策を急激に緩和すると、感染再拡大の恐れもあると警鐘を鳴らしました。
///// 
専門家VS 非専門家

1;14
10;13

/////
/////

参考

2025年まで断続的に緊急事態も?変異株影響なければ楽観論か?/【国内感染】新型コロナ 65人死亡 1万8229人感染/ 東京都 新型コロナ 10人死亡 2人は自宅療養中 3099人感染

参考
 
「富岳」 富士通 等  西村大臣「会話の際はこれまで以上に距離を」 変異ウイルスの感染リスク発表 (スーパーコンピューター「富岳」 富士通 )距離を2メートル近く


参考

インド変異株(デルタ)、拡大ペース加速 各地で感染、クラスターも―7月中旬に主流化か


参考

ワクチン接種がすすめば?  新規感染者の明確な減少は9月上旬…野村総研が試算、五輪開催時の接種完了まだ2割
////// 
「第6波」は?  ピークは?
ワクチン接種率と機会減少率 推移
ブレイクスルー感染 死者
ワクチン後 重症化率
今後のワクチン0927
全国ワクチン0930

ハイブリッド免疫00
ハイブリッド免疫01
ハイブリッド免疫02
ハイブリッド免疫03
ブレイクスルー感染 拡大 対策を
ブレイクスルー感染 拡大
今後のワクチン0927
ブレイクスルー感染 死者
ワクチン後 重症化率

//////
 「ミュー株」と「イータ株」00

「ミュー株」と「イータ株」01
「ミュー株」と「イータ株」02JPG
変異株 注意
新型コロナ 変異株?
アメリカ ワクチン効果
モデルナとファイザー 効果cdc

4つのリスク要因


/////
東大准教授が試算00
35ワクチン効果 波予想aa

東京感染カレ推移0924

東京感染者推移0902
東京感染推移0908

東大准教授が試算01
東大准教授が試算02
東大准教授が試算03
東大准教授が試算04jpeg
東大准教授が試算05
////
20 1回目接種の頃 Yちゃん
新型コロナ 年代別接種率0831

21 規制緩和 いつ?
22 規制緩和 いつ?
ワクチン効果 波予想-s

感染を抑制するには
新型コロナ 年代別接種率0831


24 抗体検査調べる必要なし
25 抗体検査調べる必要なし
26 飲み薬がゲームチェンジ?
 抗体カクテル療法
2回接種も感染拡大!
空気感染 デルタ株(インド型)対策00
コロナは空気感染が主たる経路
ブースター接種-s
3回目 ブスたー接種のコピー


ワクチン 3種

感染 ワクチン あり なし 効果
ワクチン 接種現状0818
「ワクチン2回接種」で感染は未接種者の“約17分の1

ワクチン ファイザー モデルナ
ファイザー モデルナ副反応
ファイザー モデルナ 効果?00
ファイザー モデルナ 効果?aa
ワクチン3回目00ブースター
ワクチン3回aaブースター
ワクチン 年齢別 効果?
ワクチン 禁煙の有無

ブレイクスルー感染00
ブレイクスルー感染02
ブレイクスルー感染03
ブレイクスルー感染04
ブレイクスルー感染01

ワクチン 3種

ファイザー モデルナ 効果?副反応?
モデルナとファイザー
岡山ステージ0818 view
3回目接種0821
2回接種も感染拡大!

/////
自宅療養 死亡者 ワクチン
ワクチン 効果 大阪

/////
今( デルタ インド株)
重要 感染対策デルタ印度



以前(アルファ イギリス株)
重要 感染対策α変異英-s

////
インド型変異 富嶽
////
今( デルタ インド株)
重要 感染対策デルタ印度00


以前(アルファ イギリス株)
重要 感染対策α変異英00-s

自宅療養 もし 家族が,,
鬼滅の刃 ワクチン接種も

/////
国内感染者推移0822
東京感染者推移0822



東京都と国の試算のズレが、、、 
東京都と国の試算のズレ

 今後の東京0616 01

参考
////// 
デルタ株00「子どもから子どもへの感染」
デルタ株aa「子どもから子どもへの感染」
自宅療養の悲劇!
妊婦 自宅療養aa
妊婦 自宅療養00

///// 


デルタ株(インド型)ワクチン00
デルタ株(インド型)ワクチン01
デルタ株(インド型)ワクチン02

コロナは空気感染が主たる経路
06  東京感染と酸素濃縮器

15 抗体に差?抗体が減少?
/////  
 行動制限の緩和策 案
行動制限の緩和策  (ロードマップ)案
東京感染自宅療養推移0911
大阪感染自宅療養推移0911

////  
I菅政権の1年aa「人事権」の恩返し
菅政権の1年00「人事権」の恩返し
世界と日本の波の比較0912
世界00ワクチン完了推移0912
コロナ対策 0密



////  
  

岡山県  受験控えた中・高校生などへのワクチン集団接種始まる ( およそ6000人分のワクチンを用意  10月28日までの期間中)
岡山県 ワクチン 空き-s

(全世代のワクチン接種率は、1回目が60.43%、2回目が52.80%)

岡山県は、この冬に受験を控えた中学生や高校生などを、新たにワクチンの集団接種の対象に加え、岡山市内の会場で接種が始まりました。

集団接種は、県が岡山市北区の川崎医科大学総合医療センターに設けた会場で行われました。
29日、中学3年生や高校3年生の男女あわせておよそ20人が訪れ、医師の問診を受けたあと、順番にモデルナ社のワクチンの接種を受けていました。
この会場では、受験生に加えて12歳未満の子どもと一緒に暮らす家族も、新たに集団接種の対象となります。
県は、10月28日までの期間中に、およそ6000人分のワクチンを用意していますが、予約にはまだかなり空きがあるということで、学校を通じて、インターネットの共通予約システムで申し込みができることなどを周知しています。
接種を受けた岡山市の中学生は「接種への不安はなかったけれど、副反応は気になる。2回接種できれば安心して受験に臨めると思う」と話していました。
また倉敷市の高校生は「緊張したけれど、接種を受けて安心できたので、受験に向けて頑張りたい」と話していました。
/////

岡山県 新型コロナウイルスワクチン接種に関する情報提供


岡山県 ワクチン接種の予約について

岡山県民向け新型コロナワクチン接種のお知らせ

/////


/////
<新型コロナ>新型コロナ 岡山市も受験生優先接種 先着1000人、来月4日から (岡山県と倉敷市は すでに開始!)
岡山市 ワクチン0929

岡山市 HP
https://www.city.okayama.jp/0000030645.html 

/////

 【参考】岡山市が設置するモデルナ会場

岡山市集団接種会場(イコットニコット4F :北区駅前町一丁目)※接種開始は10月4日(月曜)
 
岡山市立市民病院  (北区北長瀬表町三丁目)
 
淳風会大供クリニック(北区大供二丁目)
 
岡山赤十字病院(北区青江二丁目) ※接種開始は10月9日(土曜日)、予約開始は9月29日(水曜日)午前8時30分。接種概要は、下記PDFをご参照ください。
 
独立行政法人 国立病院機構 岡山医療センター(北区田益) ※接種は10月16日(土曜日)・17日(日曜日)のみ。予約開始は9月30日(木曜日)午前8時30分。接種概要は、下記PDFをご参照ください。


//////
岡山県 ワクチン 空き-s
 
岡山 集団接種 変更
今後のワクチン0927
ワクチン接種率0927

岡山市 コロナ0924

新型コロナウイルスのワクチン接種で、岡山市は受験生を対象とした優先接種の予約受け付けを開始した。

 接種は10月4日から、市の集団接種会場となっているイコットニコット4階(北区駅前町)で実施する。対象は市内在住の中学3年または高校3年で、先着1000人。インターネットの県共通予約システムで、検索画面に「岡山市集団」と入力して会場を選択するか、市のコールセンター(0120・780・910、日、祝日を除く午前8時半〜午後5時半)で予約できる。使用するワクチンはモデルナ製。

////

いつも発表が遅い??  岡山市
09月24日
岡山 ワクチン接種“対象拡大”へ 県の集団接種に中学・高校の受験生追加 (岡山県と倉敷市は、えらい。「中学・高校の受験生」の優先枠を、岡山市は、作らなかった!  市民に寄り添わない? 政令市として有名??)


 岡山県は、受験生などを県営の大規模接種会場で行う新型コロナワクチン集団接種の対象に加えたほか、矢掛町は町外に住む県内在住者も対象に加え、接種予約の受け付けを始めました。

岡山県によりますと、新たに県の集団接種の対象となるのは、県内在住で受験を控えた中学・高校3年生です。

また、子供の感染が増えているとして12歳未満の子供と一緒に住む家族も新たに対象となります。

予約は、22日からインターネットで受け付けていて、接種は岡山市北区の川崎医科大学総合医療センターで、9月29日から始まります。

このほか、倉敷市も12歳から中学3年生までの希望者を対象に、24日から特別に接種の機会を設けることにしています。
会場は倉敷市の川崎医科大学で、9月30日まであわせて4回の接種日を設けて、1日あたり25人の接種を予定しています。
予約は職域接種専用コールセンター086−435−5801で受け付けています。 
/////
山中伸弥氏「多くの人がワクチン接種を」 若者向けの動画公開

https://www.youtube.com/watch?v=4wkFeO61nuk
「ワクチンを打つと将来何か起こるんじゃないか、不妊になるんじゃないか、という心配をされているかもしれません。根拠のないデマです」――。動画で若者にこう語り掛けるのは、ノーベル医学生理学賞受賞者で京都大iPS細胞研究所長を務める山中伸弥氏だ。新型コロナウイルスワクチンの意義などを山中氏が語る若者向けの動画を、京都府と京都市がホームページ(HP)で公開している。

 動画は約2分間で、正面を向いた山中氏が画面越しに訴えるスタイル。山中氏の高い発信力を借り、課題となっている若年層のワクチン接種につなげようと府と京都市が共同で製作し、28日に公開を始めた。

 動画で、山中氏は「新型コロナウイルスは10個以上の成分からできています。まだ、働きがわかっていない、えたいの知れない成分もあります」と説明。「感染するとその全てが体に入り込み、さまざまな症状を引き起こします。若い人であっても後遺症が1年以上続くことがあります」と危険性を訴える。

 ワクチンの有効性については「ワクチンはウイルスの1種類の成分だけを体に届けます。その成分はウイルスを体に侵入させる働きがあります。ワクチンでこの成分に対する免疫ができると、ウイルスは体に侵入できなくなります」と解説。副反応についても「数日で必ず治ります」と安全性を強調する。

 その上で、冒頭のような懸念を「デマ」と指摘。「皆さんももっと自由に大学や学校に行きたいと思います。社会を以前の状態に近付けるためには、国民の80%以上のワクチン接種が必要と言われています」として「ワクチンの意義を理解し、多くの人がワクチン接種を希望されることを願っています」と結んでいる。

 京都市内では、9月21〜27日の新型コロナの新規感染者計248人のうち、10代以下から20代が半数近くを占める。一方、12〜29歳でワクチンを2回接種した割合は27日現在、約16〜34%にとどまる。

 市の担当者は山中氏の動画を製作した理由を「新型コロナを含め、科学的な知見があると認識されている。京都の先生でもある」と説明。府内の大学でも動画を紹介してもらうよう働きかけ、より多くの学生に知ってもらいたいという。

 動画は市のHP(https://vaccines−kyoto−city.jp/for_young_generation.html)などで。

 https://www.youtube.com/watch?v=4wkFeO61nuk

/////
/////
岡山市がモデルナ集団接種開始 若者推進へ、夕方や週末に予約枠 /どうなる?受験生のワクチン接種 不安払拭へ 中学・高校3年生の優先予約スタート【岡山・備前市】(岡山市・津山市では、受験生の優先接種は今のところ予定されていませんが、)

岡山市 HP
https://www.city.okayama.jp/0000030645.html 

岡山 集団接種 変更
岡山市 コロナ0924



岡山市がモデルナ集団接種開始 若者推進へ、夕方や週末に予約枠(岡山市・津山市では、受験生の優先接種は今のところ予定されていませんが、)また、後手後手の岡山市「アナウンス効果」なし?


 岡山市は17日、新型コロナウイルスワクチン接種で、米モデルナ製を使った集団接種を始めた。若い世代が接種しやすいよう夕方や週末を中心に予約枠を設けている。

 淳風会大供クリニック(北区大供)を会場に午後5時からスタート。仕事帰りのサラリーマンや保護者に付き添われた高校生ら予約済みの150人が訪れた。中区の男性会社員(24)は「打ちたいと思っていたタイミングで接種できてよかった」と話した。

 大供クリニックでは当面、金、土、日曜の週3日実施。医療診療セクター長の春間賢医師は「発症や重症化予防にワクチンは有効。接種しやすい環境を整えたい」と述べた。

 他に2会場で計画しており、市立市民病院(北区北長瀬表町)は25日を皮切りに土、日曜に計12回を予定。商業施設会場(北区駅前町、イコットニコット)は10月4日から毎日行う。3会場ともインターネットなどで予約を受け付けている。

 市は希望する市民の接種を11月初旬に完了したい考え。市保健管理課は「既に予約済みの人も日程の前倒しを検討してもらいたい」と呼び掛けている。

岡山市ワクチン0917

/////

どうなる?受験生のワクチン接種 不安払拭へ 中学・高校3年生の優先予約スタート【岡山・備前市】

受験生の感染への不安を払拭します。

備前市は、受験を控えた中学・高校3年生のワクチン優先接種を始め、17日から予約を受け付けています。

(コールセンターでの電話対応の様子)
「備前市コールセンターです。受験生の予約ですね」

17日から備前市で予約が始まったのは、受験を控えた中学・高校3年生の優先接種です。

市内に在住か、市内の学校に通う生徒とその家族が対象で、約200人分を確保しています。

(萩生田文部科学相)
「接種を希望する受験生が速やかに受けられるよう、入試の時期も踏まえつつ、特段の配慮を」

受験生へのワクチン接種を促進するため、文部科学省は、9月14日、自治体などに対して優先接種の対応を要請していました。

備前市の優先接種は、こうした国の要請を受けたものです。

順番を待って接種するより、半月ほど早く接種でき、伸び悩む若年層の接種率アップも図るねらいです。

接種の予約受付は9月24日までで、10月中に2回の接種を終える予定です。

(備前市ワクチン対策課 梶藤さつき課長代理)
「色んな夢を持って受験にのぞむ受験生の接種を後押しし、夢に向かって頑張る家族も含めて応援ができたら」

そのほか、主な自治体のワクチン予約状況です。

倉敷市では、高校3年の受験生約800人を対象にした優先接種が18日から始まります。

また、岡山市・津山市・高松市では、受験生の優先接種は今のところ予定されていませんが、市の集団接種会場などでは予約の空きがあるということで、自治体のHPを確認するよう呼びかけています。
/////

岡山市 モデルナ製使い集団接種 17日から市内3カ所で順次 ( 岡山県のワクチン接種の出遅れは、「岡山市」の後手後手の「失政」か??)北区の岡山市立市民病院と淳風会大供クリニックの2か所など

岡山市 HP
https://www.city.okayama.jp/0000030645.html 
岡山市 モデルナ製使い集団接種 17日から市内3カ所で順次




岡山市 HP
https://www.city.okayama.jp/0000030645.html


//////
//

このコメントが「ミス」を認めているようなもの??(わかりやすく「受験生・就活生枠」枠とかにすればよかったのに???)
市保健管理課は「若い世代が接種しやすいよう枠を増やす。予約済みの人も前倒しを検討してもらいたい」と呼び掛けている。
//


  岡山市は10日、新型コロナウイルスワクチン接種で、米モデルナ製を使った集団接種を17日から市内3カ所で順次始めると発表した。



 淳風会大供クリニック(北区大供)は17日、市立市民病院(同北長瀬表町)は25日、商業施設会場(同駅前町、イコットニコット)は10月4日から開始する。市民病院と商業施設はインターネットなどで13日から予約できる。大供クリニックは既に受け付けている。

 商業施設会場は10月10日以降、現在は午後3時としている日曜の開始時間を午前10時に早める。各医療機関で行う個別接種の予約枠も拡大していく。市保健管理課は「若い世代が接種しやすいよう枠を増やす。予約済みの人も前倒しを検討してもらいたい」と呼び掛けている。

/////

ワクチン接種加速 集団接種会場を新たに2か所設置へ【岡山・岡山市】

岡山市はワクチン接種を加速させるため、集団接種会場を新たに2か所、設置すると発表しました。

9月10日の対策本部会議で明らかにされたものです。
集団接種会場として岡山市が新たに設けるのは、北区の岡山市立市民病院と淳風会大供クリニックの2か所です。
予約の受付は市民病院では9月13日から、淳風会ではすでに始まっています。
使用するのはモデルナ製のワクチンで、いずれの会場も9月中に接種を開始することにしています。
岡山市の集団接種会場は、これまでにあった市中心部の商業施設と合わせて3か所となります。


/////
岡山 集団接種 変更
岡山 集団接種の変遷
岡山 ワクチン接種の変更

//////


岡山市 高齢者へのワクチン接種がおおむね完了 8月定例岡山市議会〈新型コロナ〉( おおむね完了?)


ワクチン 接種マスク


 8月定例岡山市議会が開会し、新型コロナウイルス対策費などを盛り込んだ一般会計補正予算案が提案されました。

 本会議では新型コロナウイルスのワクチン接種体制の整備費などを盛り込んだ総額約37億7700万円の一般会計補正予算案など26の議案が提案されました。

 議会では、ワクチン接種について高齢者への接種がおおむね完了した他、すべての接種対象者のうち約45パーセントが2回目の接種を終えたことが市から報告されました。市は遅くとも11月中旬には接種が完了すると見込んでいます。

 補正予算案には、ほかにも12月に予定しているスマホ決済のポイント還元事業費などが計上されています。

 8月定例岡山市議会は9月16日まで開かれます。


/////
岡山市のワクチンの混乱??  国も悪いが、岡山市の対応は、さらに悪い???

///// 

岡山市 30代以下(12歳から39歳まで)のワクチン接種予約受付 30日から開始〈新型コロナ〉( やっと、若者も予約できる??)「1ヶ月遅れ」の再開!
 

岡山市 30代以下(12歳から39歳まで)のワクチン接種予約受付 30日から開始〈新型コロナ〉

岡山市 ワクチン
https://www.city.okayama.jp/0000027711.html

 岡山市は、延期していた30代以下のワクチン接種の予約を8月30日から受け付けると発表しました。


岡山市/大森雅夫 市長

 岡山市はワクチン供給の目途が立ったとして、延期していた12歳から39歳までのワクチン接種について8月30日から予約を開始すると発表しました。重症化リスクが高い妊婦やそのパートナーは、26日から優先的に予約を受け付けます。

 岡山市の30代以下の感染者の割合は2021年6月末で半分ほどでしたが、8月22日までの1週間では7割を超えています。

(岡山市/大森雅夫 市長)
「まだピークは見えていない、われわれとして感染拡大防止の取り組みを一層進めていかなければならない。積極的な(ワクチン)接種をお願いしたい」

 岡山市は緊急事態宣言適用後の対応について、後日決定するとしています。


////
以前
2021年07月12日 
岡山市 8月以降の接種予約停止 国のワクチン供給量減で
岡山市 8月以降の接種予約停止

/////
以前の計画

岡山市一般ワクチン 0603


30代以下の妊娠中の人等0825

岡山市 ワクチン
https://www.city.okayama.jp/0000027711.html 

(岡山市の30代以下の感染者の割合は2021年6月末で半分ほどでしたが、8月22日までの1週間では7割を超え)

//
岡山市 30代以下(12歳から39歳まで)のワクチン接種予約受付 30日から開始〈新型コロナ〉

岡山市 ワクチン
https://www.city.okayama.jp/0000027711.html

 岡山市は、延期していた30代以下のワクチン接種の予約を8月30日から受け付けると発表しました。


岡山市/大森雅夫 市長

 岡山市はワクチン供給の目途が立ったとして、延期していた12歳から39歳までのワクチン接種について8月30日から予約を開始すると発表しました。重症化リスクが高い妊婦やそのパートナーは、26日から優先的に予約を受け付けます。

 岡山市の30代以下の感染者の割合は2021年6月末で半分ほどでしたが、8月22日までの1週間では7割を超えています。

(岡山市/大森雅夫 市長)
「まだピークは見えていない、われわれとして感染拡大防止の取り組みを一層進めていかなければならない。積極的な(ワクチン)接種をお願いしたい」

 岡山市は緊急事態宣言適用後の対応について、後日決定するとしています。

//////
岡山市 8月以降の接種予約停止 国のワクチン供給量減で
岡山市 8月以降の接種予約停止
岡山市は12日、国からの新型コロナウイルスワクチン供給が見通せないとして、8月以降の接種の新規予約受け付けを同日から停止すると決めた。予約済みの接種は予定通り実施する。

 市役所で開いた対策本部会議で決定した。集団接種、個別接種、市独自の職域接種とも、予約を停止した。市は既に7月分の予約を中止しており、予約受け付けは全面ストップとなる。16日から年代順に開始する予定だった50代以下の接種は8月末以降に延期する。

 市の試算によると、見込まれる国からのワクチン供給量では、これ以上予約を受け付けると不足が発生することから判断した。

 基礎疾患のある人ら優先接種対象者の予約は、ワクチンの供給量を見ながらできるだけ早い時期の再開を目指す。

 大森雅夫市長は「重症化リスクのある人の接種をまず確実に実施する。引き続き、安定的なワクチン供給を国に要請していく」と述べた。

59歳以下 接種1カ月超遅れか

 岡山市が12日に公表した新型コロナウイルスワクチン接種のスケジュール見直し。既に新規予約を停止している7月分に加え、8月以降も当面、受け付けを取りやめる。59歳以下の一般接種の開始は、従来の計画より1カ月以上遅れ、8月末以降になる見通しだ。

 市によると、7月後半の国からのワクチン供給量は希望量の2割程度の約6万3千回分にとどまる。8月以降も希望を下回る見通しという。

 優先対象となっている60~64歳や基礎疾患のある人らが、予約している7、8月中の接種は、キャンセルせずに実施する。ワクチン供給の見通しが立ち次第、できるだけ早い時期に新たな予約の受け付けを再開する。

 16日からの予定だった59歳以下の予約と接種は、いったん開始を見送る。予約開始は8月中旬以降、接種は8月末以降に延期する。年代順に順次スタートする計画としていた予約、接種の方法もワクチンの供給量を見ながら再検討する。

 また、市独自に優先対象とした教職員や保育士について、岡山っ子育成局などは12日以降、県が設けている集団接種会場を積極的に活用するよう各学校園に依頼する。

 この日開催された本部会議では、ワクチン接種状況の報告もあった。今月9日時点で、高齢者約19万5千人のうち、1回目を接種した人が約14万4千人(74%)、2回目を終えたのは約10万1千人(52%)だった。

 宮地千登世感染症対策担当局長は「高齢者の接種は、目標とする7月末にはおおむね完了する」と見通しを示した。一方で、11月末としている市全体の接種完了の目標について、大森雅夫市長は「ワクチンが届かなければ難しいと言わざるを得ない」との見方を示している。

//////
岡山県営接種会場でのワクチン接種対象の拡大について  (県内企業が雇用している外国人労働者の方約2千人を対象)
ワクチン 接種マスク


岡山県営接種会場でのワクチン接種対象の拡大について(飲食業、理美容業、旅館ホテル業など生活衛生関係業務に従事されている方約2千人と、県内企業が雇用している外国人労働者の方約2千人を対象)

岡山県在住
(飲食業、理美容業、旅館ホテル業など生活衛生関係業務、 外国人労働者等)
///
岡山市 HP
https://www.city.okayama.jp/0000030645.html


倉敷市 HP
https://www.city.kurashiki.okayama.jp/item/142238.htm
 
岡山県 コロナ対策本部会議資料
https://www.pref.okayama.jp/uploaded/attachment/298002.pdf
 
 岡山県の本日のコロナ対策本部会議資料を見ました。県営接種会場で、飲食業、理美容業、旅館ホテル業など生活衛生関係業務に従事されている方約2千人と、県内企業が雇用している外国人労働者の方約2千人を対象にワクチン接種をするとのこと。(モデルナ製ワクチン)

8月18日の岡山県新型コロナウイルス感染症対策本部会議で、岡山県営接種会場のワクチン接種対象拡大について発表がありました。
// 
接種対象者及び接種会場
飲食業、理美容業、旅館ホテル業など生活衛生業務に従事されている方
接種場所:川崎医科大学総合医療センター
接種日:
【1回目】8月20日(金曜日)~8月31日(火曜日)
【2回目】9月17日(金曜日)~9月28日(火曜日)
接種予約数:約2000名
// 
県内企業が雇用している外国人労働者の方
接種場所:岡山県南部健康づくりセンター
接種日:
【1回目】8月23日(月曜日)~8月31日(火曜日)
【2回目】9月20日(月曜日)~9月28日(火曜日)
接種予約数:約2000名
// 
予約方法
// 
飲食業、理美容業、旅館ホテル業など生活衛生業務に従事されている方
8月19日から受付。
希望者が、公益財団法人岡山県生活衛生営業指導センターへ電話で。
086-222-3577(9時~17時。土日除く)
 
県内企業が雇用している外国人労働者の方
接種を希望する企業が、県へ接種を希望する旨をメールで申し込み。
岡山県ワクチン対策室 corona-vaccine02@pref.okayama.jp
 //

岡山 飲食店等向け接種


岡山市 HP
https://www.city.okayama.jp/0000030645.html
岡山 県営集団接種 会場(飲食店等) 岡山市 HP

/////
武田/モデルナ社の新型コロナワクチンについて

ワクチンの種類
本剤はメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンです。SARS-CoV-2のスパイクタンパク質(ウイルスがヒトの細胞へ侵入するために必要なタンパク質)の設計図となるmRNAを脂質の膜に包んだ製剤になります。本剤を接種し、mRNAがヒトの細胞内に取り込まれると、このmRNAを基に細胞内でウイルスのスパイクタンパク質が産生され、スパイクタンパク質に対する中和抗体産生及び細胞性免疫応答が誘導されることで、SARS-CoV-2による感染症の予防ができると考えられています。


(※)本ワクチンの成分
▷有効成分
・CX-024414(ヒトの細胞膜に結合する働きを持つスパイクタンパク質の全長体をコードするmRNA)
▷添加物
・SM-102:ヘプタデカン-9-イル 8-((2-ヒドロキシエチル)(6-オキソ-6-(ウンデシルオキシ)ヘキシル)アミノ)オクタン酸エステル
・コレステロール
・DSPC:1,2-ジステアロイル-sn-グリセロ-3-ホスホコリン
・1,2-ジミリストイル-rac-グリセロ-3-メチルポリオキシエチレン(PEG2000-DMG)
・トロメタモール
・トロメタモール塩酸塩
・氷酢酸
・酢酸ナトリウム水和物
・精製白糖

/////
/////
参考 
https://www.pref.okayama.jp/page/706792.html

///// 
ワクチン ファイザー モデルナ

/////
参考
岡山市 ワクチン集団接種の予約 13日から再開

岡山 接種再開 会場


 岡山市は、ワクチンの集団接種の予約を、13日から再開すると発表しました。
対象は▼基礎疾患のある人や介護施設の従業員、教職員や保育士などのほか▼40歳以上の人です。
接種は、午後3時から午後8時までで、▼今月23日からはイオンモール岡山、▼来月2日からはクレド岡山、▼10月2日からはイコットニコットを会場に、11月末ごろまで行われます。
接種には電話かインターネットで予約が必要です。
電話番号は0120−780−910です。
//// 
以前との計画の比較!!
岡山市 集団接種 会場 変更
/////
岡山市は既に7月分の予約を中止
予約している7、8月中の接種は、キャンセルせずに実施する。ワクチン供給の見通しが立ち次第、できるだけ早い時期に新たな予約の受け付けを再開する。
予約開始は8月中旬以降、接種は8月末以降に延期する。
 
/////


岡山ワクチン接種00
岡山ワクチン接種01
岡山ワクチン接種02

https://v-yoyaku.jp/manual.html
////
ファイザー社の新型コロナワクチンについて

ワクチンの種類
本剤はメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンです。SARS-CoV-2のスパイクタンパク質(ウイルスがヒトの細胞へ侵入するために必要なタンパク質)の設計図となるmRNAを脂質の膜に包んだ製剤になります。本剤を接種し、mRNAがヒトの細胞内に取り込まれると、このmRNAを基に細胞内でウイルスのスパイクタンパク質が産生され、スパイクタンパク質に対する中和抗体産生及び細胞性免疫応答が誘導されることで、SARS-CoV-2による感染症の予防ができると考えられています。



※本ワクチンの成分
▷有効成分
・トジナメラン(ヒトの細胞膜に結合する働きを持つスパイクタンパク質の全長体をコードするmRNA
▷添加物
・ALC-0315:[(4-ヒドロキシブチル)アザンジイル]ビス(ヘキサン-6,1-ジイル)ビス(2-ヘキシルデカン酸エステル)
・ALC-0159:2-[(ポリエチレングリコール)-2000]-N,N-ジテトラデシルアセトアミド
・DSPC:1,2-ジステアロイル-sn-グリセロ-3-ホスホコリン
・コレステロール
・塩化カリウム
・リン酸二水素カリウム
・塩化ナトリウム
・リン酸水素ナトリウム二水和物
・精製白糖


/////
武田/モデルナ社の新型コロナワクチンについて

ワクチンの種類
本剤はメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンです。SARS-CoV-2のスパイクタンパク質(ウイルスがヒトの細胞へ侵入するために必要なタンパク質)の設計図となるmRNAを脂質の膜に包んだ製剤になります。本剤を接種し、mRNAがヒトの細胞内に取り込まれると、このmRNAを基に細胞内でウイルスのスパイクタンパク質が産生され、スパイクタンパク質に対する中和抗体産生及び細胞性免疫応答が誘導されることで、SARS-CoV-2による感染症の予防ができると考えられています。


(※)本ワクチンの成分
▷有効成分
・CX-024414(ヒトの細胞膜に結合する働きを持つスパイクタンパク質の全長体をコードするmRNA)
▷添加物
・SM-102:ヘプタデカン-9-イル 8-((2-ヒドロキシエチル)(6-オキソ-6-(ウンデシルオキシ)ヘキシル)アミノ)オクタン酸エステル
・コレステロール
・DSPC:1,2-ジステアロイル-sn-グリセロ-3-ホスホコリン
・1,2-ジミリストイル-rac-グリセロ-3-メチルポリオキシエチレン(PEG2000-DMG)
・トロメタモール
・トロメタモール塩酸塩
・氷酢酸
・酢酸ナトリウム水和物
・精製白糖

/////
ファイザー モデルナ 効果?副反応?


/////  

岡山市のワクチン接種機関一覧 (予約電話は5月10日以降に)



岡山市は23日、一般高齢者の新型コロナウイルスワクチン接種を行う約300の病院、診療所を公表した。医療機関の混乱を避けるため、予約の電話は受け付けが始まる5月10日以降にし、問い合わせは市のコールセンター(0120―780―910)にするよう呼び掛けている。

 接種を行う医療機関は次の通り=【 】は中学校区


 ■北区

 【岡山中央】浅野内科医院(富田町、225―1662)畝木医院(平和町、225―1191)大森クリニック(中山下、222―6369)おくむら大腸肛門クリニック(中山下、222―4507)表町診療所(丸の内、233―0012)表町ファミリークリニック(表町、222―4939)亀山内科(平和町、223―7479)河合内科(中山下、223―2704)神崎皮膚科(平和町、223―6979)小塚内科(磨屋町、232―8376)佐藤内科(中山下、231―5678)清水内科医院(京橋町、231―0031)進藤内科医院(番町、223―5087)砂山クリニック(富田町、226―6767)時岡内科循環器科医院(蕃山町、223―2657)飛岡内科医院(中山下、233―1188)内藤医院(野田屋町、223―9761)永瀬内科医院(中山下、222―2534)中村医院(番町、232―7578)久松内科循環器科医院(中山下、225―7373)平松医院(磨屋町、232―1070)南方クリニック(南方、224―3739)物部内科医院(蕃山町、222―2112)山下内科医院(駅前町、224―1034)やまもとこどもクリニック(内山下、238―3305)やわらぎクリニック(内山下、233―1600)

 【岡北】旭クリニック(中井町、227―1087)岡山東部脳神経外科病院(牟佐、229―1188)キタカタクリニック(大和町、226―2821)岡北整形外科医院(津島東、255―0777)にいや内科クリニック(北方、803―2189)藤本循環器内科クリニック(北方、222―1505)水川内科小児科医院(原、228―2524)三戸内科医院(牟佐、229―3331)

 【京山】江口小児科(伊島北町、214―1177)岡山済生会外来センター病院(伊福町、252―2211)岡山中央病院(伊島北町、252―3221)岸医院(伊福町、252―1885)こばし医院(津島西坂、251―3131)淳風会ロングライフホスピタル(万成東町、252―1185)つしまクリニック(津島福居、251―3388)どうまえ耳鼻咽喉科(津島西坂、255―3387)永瀬ファミリークリニック(伊島町、252―6909)ながはら医院(伊福町、256―2858)服部皮膚科アレルギー科(清心町、254―2323)福島内科医院(清心町、255―1281)ほそたにクリニック(津島南、251―1100)万成病院(谷万成、252―2261)三浦内科医院(伊福町、252―6783)

 【石井】いのくち内科クリニック(大安寺東町、253―8000)河合内科西口クリニック(奉還町、251―2491)河田内科クリニック(富町、251―1600)河田病院(富町、252―1231)こもれびの里内科クリニック(富町、252―1117)佐々木医院(西崎本町、253―0230)さとうファミリークリニック(野殿東町、254―5500)すなみ内科(大安寺東町、255―7265)同仁病院(下伊福上町、252―2661)ルスコクリニック(大安寺南町、201―0631)

 【桑田】イナバ小児科(鹿田町、232―5355)川口メディカルクリニック(大供、222―0820)かわだファミリークリニック(東古松、222―2838)光生病院(厚生町、222―6806)小坂耳鼻咽喉科医院(大元上町、246―1115)順正会内科クリニック(桑田町、207―2263)淳風会大供クリニック(大供、224―3211)諸國眞太郎クリニック(錦町、224―1313)せとうちクリニック(野田、236―8470)相馬眼科医院(下石井、223―0125)たけだ皮膚科(西古松、244―7333)谷野内科循環器科クリニック(桑田町、222―0800)丹治クリニック(本町、221―7570)辻医院(野田、805―1118)長瀬内科医院(厚生町、222―2709)西川クリニック(錦町、221―3000)はだ医院(大元上町、242―5151)ひまわり内科クリニック(下中野、246―5115)渕本医院(西古松、241―9484)まつお内科クリニック(上中野、246―2323)むぐるま内科クリニック(下石井、206―7117)よこやま腎泌尿器科クリニック(今、241―3322)

 【岡輝】いしみねクリニック(富田、206―3774)岡田内科(奥田本町、222―2929)岡山紀念病院(清輝本町、221―1116)片岡内科医院(京町、222―8143)川村医院(奥田、223―6322)黒田医院(神田町、233―3531)小林内科診療所(青江、226―5022)佐藤医院(旭町、223―7746)さとうハートクリニック(青江、232―0810)末宗小児科医院(富田、227―3322)のぞみクリニック(神田町、227―5080)安田内科医院(清輝本町、222―5718)

 【御南】井戸外科内科医院(今、241―0041)えたに耳鼻咽喉科クリニック(問屋町、250―0300)県健康づくり財団附属病院(平田、241―0880)市立市民病院(北長瀬表町、737―3000)おぐら小児科(辰巳、244―1115)尾上内科循環器内科医院(久米、238―1080)きたながせ内科クリニック(北長瀬表町、239―1107)コープ大野辻クリニック(今、805―0335)たつみ内科クリニック(辰巳、246―6500)辻クリニック(田中、242―1399)露野医院(西長瀬、241―3933)寺見内科医院(中仙道、243―7115)長尾内科医院(今、243―8888)眞壁クリニック(中仙道、201―5222)松本医院(辰巳、246―1536)御南クリニック(今保、242―5656)三宅医院問屋町テラス(問屋町、259―4103)ムネトモクリニック(今、245―7070)森谷外科医院(下中野、245―3655)

 【中山】有森・整形外科・内科クリニック(西辛川、284―6188)今井医院(西辛川、284―0043)浦上ファミリークリニック(一宮、284―1221)大橋内科医院(一宮、284―5552)大守クリニック(楢津、284―2777)黒住外科内科(一宮、284―5400)サンノゼの丘クリニック(芳賀、286―0888)須藤医院(一宮、284―0175)鳥越医院(楢津、284―7211)芳賀佐山診療所(芳賀、284―7272)深澤内科医院(西辛川、284―1151)福本クリニック(首部、284―8811)前田医院(楢津、284―7676)山下クリニック(楢津、284―5511)

 【香和】坂野内科医院(吉宗、294―5025)津高台診療所(津高台、251―0372)難波医院(横井上、294―3366)マスカット内科クリニック(菅野、294―7111)森脇内科医院(津高、253―1567)山谷医院(吉宗、294―2987)

 【高松】えばらクリニック(加茂、287―3300)済生会吉備病院(高松原古才、287―8655)田中胃腸科(小山、287―9200)なかむら耳鼻咽喉科(小山、287―7455)深井医院(高松、287―2011)横田整形外科医院(高松、287―7013)渡辺医院(吉備津、287―7232)

 【吉備】あおき整形リハビリクリニック(久米、243―8282)赤司整形外科医院(平野、293―3557)大屋医院(東花尻、293―6821)梶木病院(西花尻、293―3355)かりや内科(庭瀬、250―2017)酒井内科小児科(白石西新町、255―2131)しまばら内科消化器科クリニック(平野、292―2555)名越整形外科医院(庭瀬、293―0640)撫川クリニック(撫川、292―8133)西岡外科(花尻みどり町、253―8808)にしがわ診療所(中撫川、239―2450)庭瀬ファミリークリニック(平野、903―4114)野崎医院(庭瀬、292―0101)笛木内科医院(庭瀬、292―0033)ふくだ医院(平野、293―5670)モリトウ内科(白石、255―6211)

 【足守】あしもりクリニック(下足守、295―1133)木村医院(大井、295―0010)中山医院(西山内、299―0005)

 【御津】金川病院(御津金川、724―0012)こまごえ医院(御津宇垣、724―2222)難波医院(御津金川、724―0008)にしおか耳鼻咽喉科(御津宇垣、724―4433)山中医院(御津野々口、724―0201)

 【建部】たけべクリニック(建部町建部上、722―0063)福渡病院(建部町福渡、722―0525)

■中区

 【東山】岡山協立病院(赤坂本町、272―2121)河島外科胃腸科(門田屋敷、272―2155)清藤医院(平井、277―7372)なかとう内科小児科医院(平井、274―9100)はいさ内科医院(門田屋敷、272―2593)三田医院(門田屋敷、272―7770)

 【操山】朝日医療クリニック(東川原、272―5811)氏平医院(古京町、272―1372)おかもと内科小児科診療所(浜、271―2655)おかやま内科糖尿病・健康長寿クリニック(中納言町、272―1439)片木小児科内科医院(国富、271―8333)西条脳神経外科クリニック(西川原、273―0106)西条レディスクリニック(西川原、271―0105)さつき内科クリニック(西川原、206―1351)佐藤耳鼻咽喉科医院(原尾島、272―2619)清水医院(浜、271―3666)畑クリニック(原尾島、272―7117)原尾島クリニック(原尾島、271―3777)宮本整形外科病院(国富、272―1211)横田内科クリニック(国富、272―2202)吉岡内科医院(国富、272―0353)

 【操南】岡山旭東病院(倉田、276―3231)岡山脳神経内科クリニック(江崎、230―1015)岡山博愛会病院(江崎、274―8101)岡山東中央病院(倉田、276―3711)きらめきクリニック(倉益、274―7717)小林クリニック(倉田、274―1700)山陽病院(藤崎、276―1101)庄医院(山崎、277―0301)庄整形外科(倉益、274―7702)ただとも胃腸内科・外科(江崎、277―7572)原おとなこどもクリニック(藤崎、277―8233)藤本耳鼻咽喉科クリニック(江崎、274―4133)万袋内科胃腸科医院(山崎、276―2364)湯原内科医院(湊、277―5560)

 【富山】これさわ内科医院(海吉、277―1881)耳鼻咽喉科菅田医院(山崎、070―5524―0296)たかはしクリニック(湊、277―1105)てらだ内科クリニック(円山、277―0005)長井クリニック(円山、276―2111)中島内科小児科医院(円山、276―3088)三宅医院(福泊、277―5655)

 【竜操】池上医院(下、279―0227)岡山第一病院(高屋、272―4088)コープみんなの診療所(乙多見、278―8522)城東ファミリークリニック(長利、278―5001)東岡山ながけクリニック(土田、278―0122)深田内科(藤原西町、273―1234)

 【高島】江森内科・循環器科(中井、275―7474)旭竜クリニック(中島、275―6768)清野内科医院(雄町、278―5535)さとう内科(中井、275―7711)戸川医院(高島新屋敷、275―0705)ながけクリニック(中井、207―6788)野上医院(雄町、279―3018)松浦皮膚科医院(雄町、237―4112)吉岡医院(国府市場、275―4111)

■東区

 【旭東】あおい在宅クリニック(可知、080―6653―0397)大西内科消化器科医院(益野町、943―9191)おおみち耳鼻咽喉科医院(西大寺松崎、944―2033)西大寺中央クリニック(松新町、943―9211)城本クリニック(松新町、942―7688)津田内科小児科医院(古都南方、278―4123)野口医院(可知、943―5131)野田内科医院(藤井、278―3318)ふじわらクリニック内科・小児科(中川町、942―3520)マツザキクリニック(西大寺松崎、944―4777)

 【西大寺】宇治医院(西大寺中、942―2158)宇野診療所(西大寺上、943―2410)岡村一心堂病院(西大寺南、942―9900)岡山西大寺病院(金岡東町、943―2211)コープ西大寺診療所(西大寺中、944―0088)すどうクリニック(西大寺中野、942―3890)十川医院(西大寺中、942―2016)時末消化器科内科医院(西大寺中、942―2317)内藤医院(西大寺上、942―2808)中村内科医院(金岡東町、942―3838)林病院(西大寺中野、942―2980)陽クリニック(西大寺新地、943―8778)藤田病院(西大寺上、943―6555)渡辺内科(西大寺中野、942―2124)

 【上南】上南クリニック(君津、948―5539)

 【山南】石井内科クリニック(神崎町、946―2030)内科宇治医院犬島分院(犬島、942―2158)

 【上道】澤原内科小児科医院(中尾、297―6711)

 【瀬戸】粟井内科医院(瀬戸町万富、953―0617)岩藤胃腸科・外科・歯科クリニック(瀬戸町沖、952―1166)うえおか内科医院(瀬戸町江尻、952―5665)岡山東部脳神経外科東備クリニック(瀬戸町光明谷、952―5252)近藤内科(瀬戸町宗堂、953―1610)長島病院(瀬戸町瀬戸、952―1355)間阪内科(瀬戸町瀬戸、952―1717)吉井外科内科クリニック(瀬戸町沖、952―3331)

■南区

 【福浜】あだち内科クリニック(三浜町、902―0551)岡山みなみクリニック(浜野、250―5882)小野医院(平福、262―1127)河合外科(豊浜町、231―3278)竹原内科医院(福富西、263―6710)ふじわら内科小児科クリニック(福成、250―8070)やまだファミリークリニック(三浜町、262―0333)

 【福南】あけぼのクリニック(築港新町、902―2211)かとう内科並木通り診療所(並木町、264―8855)佐藤病院(築港栄町、263―6622)セントラルシティ病院(築港栄町、264―3111)橋本産婦人科医院(築港新町、264―4411)ばば耳鼻咽喉科(並木町、902―1133)松山胃腸科外科(松浜町、264―3113)

 【芳泉】岡耳鼻咽喉科医院(浦安西町、262―8552)岡内科医院(浦安本町、265―5811)木村ファミリークリニック(泉田、902―0007)新海医院(浦安西町、261―8118)ながい内科クリニック(泉田、246―3332)福田小児科医院(福富西、263―8585)伏見医院(泉田、241―3480)もりもと内科医院(福田、264―2000)よだクリニック(芳泉、245―1187)

 【芳田】さわだレディスクリニック(西市、246―4103)しげとし内科小児科医院(新保、222―2627)たなかファミリークリニック(米倉、243―6070)なかの内科クリニック(万倍、241―2020)前島外科内科医院(西市、241―0032)森谷内科循環器科医院(西市、241―2835)山本医院(泉田、243―2011)

 【光南台】岡山ひだまりの里病院(北浦、267―2011)光南台クリニック(北浦、267―2055)菅医院(郡、267―3411)

 【妹尾】せのお病院(妹尾、282―1211)木下医院(妹尾、282―7788)中島病院(妹尾、282―0218)原田内科医院(妹尾、282―0318)まえだ診療所(妹尾、282―0812)ももたろうクリニック(妹尾、238―1010)

 【福田】青木内科小児科医院(大福、281―2277)あさひクリニック(大福、282―6606)重井医学研究所附属病院(山田、282―5311)林内科小児科医院(大福、282―2626)三宅医院(大福、282―5100)三宅おおふくクリニック(大福、281―2020)

 【興除】うちおグリーンクリニック(内尾、282―5722)岡山光南病院(東畦、282―0555)こうなんクリニック(東畦、282―7122)寺沢クリニック(東畦、281―7211)なかとう整形外科(中畦、298―3811)ほりぐち医院(東畦、281―9380)

 【藤田】さとう内科クリニック(藤田、296―8822)みやけ内科クリニック(藤田、296―7778)

 【灘崎】須田外科内科医院(西紅陽台、362―3221)松木内科(宗津、362―0247)渡辺医院(彦崎、362―0363)

///// 

/////
ワクチン 接種マスク


マスク なし な私


若者(64歳以下)はいつワクチンうてる??
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11



/////  
 
2021年07月12日 

岡山市 8月以降の接種予約停止 国のワクチン供給量減で
岡山市 8月以降の接種予約停止


 岡山市は12日、国からの新型コロナウイルスワクチン供給が見通せないとして、8月以降の接種の新規予約受け付けを同日から停止すると決めた。予約済みの接種は予定通り実施する。

 市役所で開いた対策本部会議で決定した。集団接種、個別接種、市独自の職域接種とも、予約を停止した。市は既に7月分の予約を中止しており、予約受け付けは全面ストップとなる。16日から年代順に開始する予定だった50代以下の接種は8月末以降に延期する。

 市の試算によると、見込まれる国からのワクチン供給量では、これ以上予約を受け付けると不足が発生することから判断した。

 基礎疾患のある人ら優先接種対象者の予約は、ワクチンの供給量を見ながらできるだけ早い時期の再開を目指す。

 大森雅夫市長は「重症化リスクのある人の接種をまず確実に実施する。引き続き、安定的なワクチン供給を国に要請していく」と述べた。

59歳以下 接種1カ月超遅れか

 岡山市が12日に公表した新型コロナウイルスワクチン接種のスケジュール見直し。既に新規予約を停止している7月分に加え、8月以降も当面、受け付けを取りやめる。59歳以下の一般接種の開始は、従来の計画より1カ月以上遅れ、8月末以降になる見通しだ。

 市によると、7月後半の国からのワクチン供給量は希望量の2割程度の約6万3千回分にとどまる。8月以降も希望を下回る見通しという。

 優先対象となっている60~64歳や基礎疾患のある人らが、予約している7、8月中の接種は、キャンセルせずに実施する。ワクチン供給の見通しが立ち次第、できるだけ早い時期に新たな予約の受け付けを再開する。

 16日からの予定だった59歳以下の予約と接種は、いったん開始を見送る。予約開始は8月中旬以降、接種は8月末以降に延期する。年代順に順次スタートする計画としていた予約、接種の方法もワクチンの供給量を見ながら再検討する。

 また、市独自に優先対象とした教職員や保育士について、岡山っ子育成局などは12日以降、県が設けている集団接種会場を積極的に活用するよう各学校園に依頼する。

 この日開催された本部会議では、ワクチン接種状況の報告もあった。今月9日時点で、高齢者約19万5千人のうち、1回目を接種した人が約14万4千人(74%)、2回目を終えたのは約10万1千人(52%)だった。

 宮地千登世感染症対策担当局長は「高齢者の接種は、目標とする7月末にはおおむね完了する」と見通しを示した。一方で、11月末としている市全体の接種完了の目標について、大森雅夫市長は「ワクチンが届かなければ難しいと言わざるを得ない」との見方を示している。
/////

///// 

今( デルタ インド株)
重要 感染対策デルタ印度



以前(アルファ イギリス株)
重要 感染対策α変異英-s



////
今( デルタ インド株)
重要 感染対策デルタ印度00


以前(アルファ イギリス株)
重要 感染対策α変異英00-s


/////    


2021年07月12日 
岡山市 8月以降の接種予約停止 国のワクチン供給量減で
岡山市 8月以降の接種予約停止

/////
以前の計画

岡山市一般ワクチン 0603
高齢者ワクチン状況0502


一般スケジュール0603


///// 
ワクチン打ってる人と遊ぶss


///// 

岡山県 第5波の県内感染者数1.5倍増 前回比、ワクチンで重症化抑制も /  なぜ東京の感染者は第5波   減少しているのか?
第5波の岡山県内感染分析_1

第5波の岡山県内感染分析_2

 岡山県は29日、7~9月に県内で猛威を振るった新型コロナウイルス流行「第5波」の感染分析結果を発表した。感染力の強いインド由来の変異株「デルタ株」により4~6月の第4波に比べて感染者数は1・5倍に増加。一方、ワクチン接種が進んだことで高齢の感染者が減少し、死亡や重症化するケースも抑えられたとしている。

 同日の新型コロナ対策本部会議で明らかにした。第5波の感染者数は7391人(21日現在)で、第4波の4897人を大きく上回った。このうちデルタ株の感染が9割以上に上り、地域別では岡山市(3579人)と倉敷市(2298人)で全体の8割を占めた。

 年代別に見ると、最も多かったのは20代の2069人で第4波の1・9倍、20歳未満も2・8倍の1684人に上り、若い世代への感染拡大が目立った。一方で60代は240人と4割減り、70歳以上も293人と6割の減となった。

 県内では8月上旬までに65歳以上の高齢者の約9割がワクチンの2回接種を終え、県はその効果が表れたとみている。これに伴い死者数も大幅に減少。第5波は9人で、第4波(91人)の1割未満に抑えられた。

 県はまた、感染者のワクチン接種状況についても公表。今月27日までの感染者7473人のうち、80%の5944人が未接種だった。2回接種完了後の「ブレイクスルー感染」も6%に当たる460人で確認され、デルタ株の感染力の強さをうかがわせた。

 県は冬場に向けて「第6波」の到来も懸念されるとしており、伊原木隆太知事は会議後「ワクチン接種が重症化を抑える武器。自身と周りの人を守るため積極的に打ってもらいたい」と述べた。

/////
尾身会長 対策継続やワクチン接種など「解除に5つの条件」 / 尾身会長「感染減少に5つの要素」( 尾身会長は、どうやらよくわかってない様子??) 当然、西村大臣(10の要素)も

専門家は、わかっているのか???
尾身「5波」減少の5つ?
なぜ?「第5波」減aaa
なぜ?「第5波」減bbb
イスラエル、英、米、日

「第6波」は?  ピークは?


尾身会長「感染減少に5つの要素?」
尾身会長「解除に5つの条件」

//
「感染減少に5つの要素」( 尾身会長)

▼深刻な医療のひっ迫が報道されたことで一般の人たちが危機意識を高め、今まで以上に協力してくれたこと。
▼夜間の繁華街の人出が目標の50%減少には届かなかったものの、長い期間にわたって20%から30%の減少が続いたこと。仮説ではあるが、ワクチン未接種の人たちの夜間の人出が減少したとみられることも大きいと考えている。
▼さらにワクチン接種の効果も確かにあったと思う。詳細な分析をするには抗体保有率の厳密な調査が必要だ。
▼ワクチンの効果もあり医療機関や高齢者施設での感染が減少したこと。これまでの流行のように若い世代から医療機関や施設の高齢者にうつらなかった。
▼気温や降水など気象も要因になったと考えている。今度さらにどうして感染が減少したのか分析を続けていきたい」と述べました。


//
「解除に5つの条件」(尾身会長)

市民に対して
▽混雑した場所を避け、換気を行い、大声を控えるなどこれまでの対策を続けることと
▽ワクチンの接種への協力を求めることを挙げました。
また、国や自治体に対して
▽行動制限の解除は段階的に慎重に行い、重点措置は使わないものの知事は必要であれば対策を続けること
▽ワクチンが行き渡る前の過渡期の今、検査や換気のための二酸化炭素濃度のモニターといった科学技術を活用した対策や、医療供給体制のさらなる強化を進めること
▽感染拡大の予兆があれば、深刻な医療ひっ迫にならないよう機動的に対応することを求めたということです。


//
/////
尾身会長 対策継続やワクチン接種など「解除に5つの条件」



 「基本的対処方針分科会」の尾身茂会長は会合のあと報道陣の取材に応じ、5つのポイントを条件に緊急事態宣言やまん延防止等重点措置を解除するとした政府の方針を了承したと述べました。

その5つのポイントとして、尾身会長は市民に対して
▽混雑した場所を避け、換気を行い、大声を控えるなどこれまでの対策を続けることと
▽ワクチンの接種への協力を求めることを挙げました。

また、国や自治体に対して
▽行動制限の解除は段階的に慎重に行い、重点措置は使わないものの知事は必要であれば対策を続けること
▽ワクチンが行き渡る前の過渡期の今、検査や換気のための二酸化炭素濃度のモニターといった科学技術を活用した対策や、医療供給体制のさらなる強化を進めること
▽感染拡大の予兆があれば、深刻な医療ひっ迫にならないよう機動的に対応することを求めたということです。

そのうえで尾身会長は「議論の中では、まん延防止等重点措置に移行させるべきではないかという意見もあったが、最終的には再拡大をさせないための対策を確実に行うことを確認して解除を了承した。みんな一気に元の生活に戻ろうとすると感染の再拡大、リバウンドが起きる蓋然性が高いので、少しずつ解除してくださいということを国や自治体、専門家がワンボイスで発信することが重要だ。これから冬の時期にかけて飲み会など機会が増えて感染が拡大することも十分にありうる。各都道府県では法律に基づく対策の要請など必要な対策を行ってもらい、国にはそれに対して十分に財政的な支援を行うようお願いした」と述べました。
/////
宣言解除の政府案、分科会が了承 尾身氏「五つのポイント」条件に

 19都道府県に出している新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言の解除をめぐり、専門家でつくる基本的対処方針分科会の尾身茂会長は28日、段階的な制限緩和など「五つのポイント」を条件に、政府の諮問案を了承したことを明らかにした。分科会後、記者団の取材に答えた。
 尾身氏が挙げたのは、基本的な感染対策の継続▽学校や職場のワクチン接種率を上げる▽慎重で段階的な制限解除▽医療提供体制の強化▽感染拡大の予兆があれば機動的に対策――の五つ。その上で「国が明確にメッセージの発信と実行をするという前提条件で了承した」と説明した。
 尾身氏によると、一部の委員から緊急事態宣言に準ずる「まん延防止等重点措置」に移行して段階的に解除するべきだとの意見も出た。しかし、都道府県からその要請はなく、知事の判断でも独自に飲食店などに営業時間の短縮要請などができることから、見送られたという。
 一方で、宣言解除により感染再拡大も心配される。その点について尾身氏は「みんな元に戻ろうということがあると感染の拡大、リバウンドが起きてしまう蓋然(がいぜん)性が高い。少しずつやってくださいということも含め、国も自治体も専門家もワンボイスで発信していくことが重要だ」と強調した。

/////

尾身会長「感染減少に5つの要素」

菅総理大臣の記者会見に同席した「基本的対処方針分科会」の尾身茂会長は、今後、再び感染が拡大する第6波に備えるためには今回、なぜ感染者数が急激に減少したかを分析しておくことが重要だとして「7月から8月にかけて夏休みや4連休、お盆休みという感染を急増させる要素が集まっていたが、この要素が無くなったことが感染者数減少の背景にあると思う」と話しました。

そして「感染者数減少の要因として、それぞれどれだけ影響したかは今の時点では分からないが、5つあると考えている。
▼深刻な医療のひっ迫が報道されたことで一般の人たちが危機意識を高め、今まで以上に協力してくれたこと。
▼夜間の繁華街の人出が目標の50%減少には届かなかったものの、長い期間にわたって20%から30%の減少が続いたこと。仮説ではあるが、ワクチン未接種の人たちの夜間の人出が減少したとみられることも大きいと考えている。
▼さらにワクチン接種の効果も確かにあったと思う。詳細な分析をするには抗体保有率の厳密な調査が必要だ。
▼ワクチンの効果もあり医療機関や高齢者施設での感染が減少したこと。これまでの流行のように若い世代から医療機関や施設の高齢者にうつらなかった。
▼気温や降水など気象も要因になったと考えている。今度さらにどうして感染が減少したのか分析を続けていきたい」と述べました。


/////
コロナの「終息」 ワクチンだけでは集団免疫の獲得に限界がある「3つの理由」



新型コロナのワクチン接種が進み、9月下旬時点で2回の接種が完了した人は国民の半数を超えた。第5波の新規感染者はピークアウトし、東京では4回目の緊急事態宣言が9月末に解除となる。ところが、ここにきて集団免疫の達成は難しいとの声が専門家から上がっている。どういうことなのか。ニッセイ基礎研究所主席研究員の篠原拓也氏が解説する。

感染者数の再拡大も見られるイスラエル、イギリス、アメリカ、日本
イスラエル、英、米、日
なぜ?「第5波」減少


 * * *
 新型コロナは、ワクチン接種が進んでいる欧米諸国と、進んでいない東南アジアやアフリカ諸国の間で感染拡大リスクの差が広がっている。




 ワクチン接種を進めて、早期に集団免疫を確立し、感染を終息させる――各国とも、そんな戦略のもとで接種を進めてきたようだ。日本でもワクチンをコロナ対策の「切り札」と位置づけ、国、地方自治体を挙げて接種に取り組んできた。政府は10月末までに希望者全員のワクチン接種を完了したいとして、接種のスピードを上げている。

 ところが、イスラエルやイギリスなどのワクチン接種“先進国”では、感染した人の重症化は抑えられているものの、新規感染者の再拡大がみられる(別掲図参照)。

 9月3日に、政府の新型コロナウイルス対策分科会がまとめた提言には、

「我が国において全ての希望者がワクチン接種を終えたとしても、社会全体が守られるという意味での集団免疫の獲得は困難」

 といった文言が盛り込まれた。ワクチン接種による集団免疫の達成について、どう考えたらよいか、少し考えてみることとしたい。

60~70%のワクチン接種で「集団免疫達成」の根拠
 当初、新型コロナウイルス感染症に対する集団免疫は、国民全体の60~70%が接種を完了すれば達成できるのではないかと試算されていた。

 感染症には、感染力を表す「基本再生産数」という概念がある。これは、ある感染症にかかった人が、その感染症の免疫を全く持たない集団に入ったときに、直接感染させる平均的な人数を表す。

 たとえば、この値が1より大きいと、平均的に、1人の患者から1人よりも多くの人に感染するため、感染は拡大する。逆に、この値が1より小さいと、1人未満にしか感染しないので、感染はいずれ終息する。そして、ちょうど1ならば、拡大も終息もせず、その地域に風土病のように根付く。

 新型コロナウイルス感染症の基本再生産数は、当初2~3とみられていた。仮に、基本再生産数が2.5だったとしよう。この場合、10人の感染者から2.5倍の25人に感染が拡大する。

 もし、この25人のうち、15人以上がワクチン接種で免疫を持っていれば、感染するのは残りの10人以下に抑えられる。10人から10人以下に感染――徐々に感染させる人数が減っていけば、いずれ終息するはずだ。

 25人のうち15人以上、つまり60%以上の人が接種により免疫をもっていれば、感染は終息する。このようにして、60~70%が集団免疫の達成に必要な接種割合とされてきた。

デルタ株出現で80%に上がった「接種ハードル」
 ところが、ワクチン接種“先進国”では、接種割合がこの水準に達したのに集団免疫に至っていない。

 その原因として、感染力が高いとされる「デルタ株」(インド型)などの変異株のウイルスが拡大したことで、基本再生産数が上がっていることが指摘されている。政府の分科会では、流行するウイルスの基本再生産数を5と仮定して、今後の感染拡大のシミュレーション計算を行っている。

 デルタ株の基本再生産数が5だとすると、10人の感染者から5倍の50人に感染が拡大する。もし、この50人のうち、40人以上がワクチン接種で免疫を持っていれば、感染するのは残りの10人以下に抑えられる。

 10人から10人以下への感染により、終息に向かっていく。そのためには、50人のうち40人以上、すなわち80%以上の人が接種によって免疫を持つことが必要となる。

 つまり、集団免疫達成のための、接種割合のハードルが上がってしまったことになる。

もはやワクチン効果は限界といわれる「3つの理由」
 政府の分科会では、ワクチンの効果の限界として、さらに3つの点が指摘されている。

 まず、ワクチンの重症化予防効果は、デルタ株が主流となった現在でも高いと考えられるが、完全ではない点だ。これは、新規感染者が出現すれば、その中から重症者も出てくることを意味している。重症者の治療に伴う医療逼迫のリスクが拭えないこととなる。

 2つ目は、ワクチン接種が完了したのに感染してしまう、いわゆる「ブレークスルー感染」が一定程度生じる点だ。ワクチン接種によって、たとえ感染しても重症化はしにくくなる。ただ、他の人に二次感染をさせてしまう可能性は残る。このため、感染の終息にはなかなか至らないこととなる。

 3つ目は、ワクチン接種で得られた免疫が数か月で徐々に減弱していく可能性がある点だ。このことは、接種が進むイスラエルなどで、すでに観察されている。このため、2回の接種が完了した後でも、3回目の接種、いわゆる「ブースター接種」の検討が必要となる。

 麻疹(はしか)や、おたふくかぜのように、ワクチン接種によって免疫を得れば、一生涯などの超長期に渡って、その免疫が維持される感染症と異なり、新型コロナウイルス感染症は、ワクチンによる免疫獲得についても一筋縄ではいかないようだ。

集団免疫の“ゴールポスト”はまた動く可能性も
 イスラエルやイギリス、アメリカなどでは、すでにブースター接種が始まっている。

 日本でも政府がブースター接種分のワクチン確保を進めている。2回目の接種が終わってから、8か月以上が経過した人を対象に3回目の接種を行う予定とされており、年内にも医療関係者から順次開始される見通しだ。

 ただ、ブースター接種が完了したとしても、それで新型コロナの集団免疫が達成されるかどうかは分からない。

 デルタ株を上回る感染力を持った変異株の出現、ワクチンの効果の想定外の低下――など、この先何が起こってもおかしくないからだ。集団免疫の“ゴールポスト”は、また動いてしまう、と考えておいたほうがよさそうだ。

接種前の10倍人と会えば「感染確率」は変わらず
 加えて、ワクチン接種後の人々の行動が変化することも気になるところだ。政府では、経済活動の再開に向けて「ワクチン・検査パッケージ」の検討が始まっている。今後は実証実験などを含めて、慎重に活動再開の具体内容が模索されることとなるだろう。

 ただ、ワクチンを打ったからといって、絶対に感染しないというわけではない。仮に、ワクチン接種によって、1人の人との接触で感染する確率が10分の1に減ったとしても、接種前に比べて10倍多くの人と接触すれば、結局、感染する確率は変わらないともいえるだろう。

 やはり、ワクチンだけで集団免疫を達成して感染を終息させるというのは難しそうだ。これまでとってきた感染防止策を、すぐに止めるわけにはいかない。まだ、しばらくは、不要不急の外出を避けて、石鹸による手洗い、人混みでのマスクの着用を続けるべきといえそうだ。

/////

第5波の感染“急減”ナゼ…「接種未完了」の人出減少か 行動制限の緩和どうなる / 感染者数減少なぜ?“宣言”解除は?専門家分析まとめ
なぜ? 「第5波」減
東京感染カレ推移0924
I第5波急減少?人出0ss
第5波急減少?人出00

冬に再拡大も? 第5波の感染“急減”ナゼ…行動制限緩和へ動きも



///
第5波の感染“急減”ナゼ…行動制限緩和は
冬に再拡大も? 第5波の感染“急減”ナゼ…行動制限緩和へ動きも



第5波の感染者“急減”新たな分析結果

NEWS

新型コロナウイルスの第5波の感染者が減ってきました。その理由と、緊急事態宣言が解除されたあと、どのように行動制限を緩和していくのかをみていきます。



    ◇

23日、東京では新たに531人の感染が確認されました。32日連続で前の週の同じ曜日を下回り、直近7日間の平均も大きく下がってきています。


NEWS

緊急事態宣言の期限まで残り6日となる中、24日の都のモニタリング会議では、専門家が以下のように発言しました。

東京iCDC専門家ボード・賀来満夫座長
「入院患者数・重症患者数は、いまだ第5波のピークの50%であり、特に重症者用の病床は、いまだステージ4の状況です。冬には感染拡大が懸念されることもあることから、さらに新規陽性者数を減少させていくことが重要であります」

冬は感染の再拡大が懸念されるので、その前にもっと感染者を減らさないといけないということです。

さらに24日の会議では、ワクチンの効果を示す新たなデータが示されました。東京都内で8月以降に死亡し、ワクチンの接種歴が判明した412人のうち、「ワクチンを1回も打っていない人」は325人と78.9%を占めていたことがわかりました。先ほどの賀来座長は「ワクチン接種は死亡を抑える効果がある」と指摘しています。

また、今の第5波の感染者が、ここにきて急な減り方をしている理由について、新たな分析結果も発表されました。

東京都医学総合研究所・西田淳志氏
「感染リスクの高い人々、具体的にはワクチン未接種の方々が、感染リスクの高い場所、すなわち深夜の繁華街に滞留することが、お盆前後から急減したということが挙げられます」

このように「ワクチン接種を完了していない世代が、夜の外出を控えた」と指摘しています。

お盆以降、人出増加も感染“減少”…これまでと違う様相

NEWS

人出自体はお盆以降、増えているとの指摘があり、懸念されていました。しかし詳しく分析してみると、ちょっと違う様相がみえてきたといいます。

「東京の新規感染者数」と「東京の繁華街の夜間の滞留人口」…つまりレジャー目的で夜外出していた人の数について、これまでは『人出が減った後で、時間差で感染者も減る』ことを繰り返してきましたが、今回はちょっと違います。

宣言が出て人出は減ってきてはいるものの、お盆以降の新規感染者数は増加に転じています。専門家「気をつけてほしい」と注意喚起してきたのが、この傾向です。

この人出の内容について、年代や、ワクチン接種の有無を加味して分析したデータが出ました。人出の年代を調べて、その年代のワクチン接種の割合を掛け合わせると、8月中旬ごろから「ワクチン接種を完了していない」、つまり感染リスクの高い人は、去年の4月ごろと同じくらい外出を自粛していることがわかりました。

「ワクチン接種を完了していない人」の人出が下がっている間に、ワクチンの接種が進んだということもあります。ただ、先ほどの西田氏は「お盆明けに繁華街に出たのは、主に40代以上の中年世代が中心。ただ、その世代に接種が進み、感染者は減少したのではないか」「また『若い世代』が夜の外出を控えたことが感染を抑えることに繋がった」と分析しています。

つまりワクチンの効果、そして、接種してない若い世代も頑張って自粛し、感染者の減少に繋がったのではないかという分析です。


元の生活どう取り戻す…制限緩和“実証実験”内容・実施する地域は

NEWS

若い世代にどうメッセージを届けていくのかということは、ずっと課題でした。先週、インスタグラムのライブ配信で若者と交流した政府分科会の尾身会長は、若者からの質問に以下のように回答しました。

政府分科会・尾身茂会長
「(コロナはいつ収束する?)本当の意味で収束するのは、1…2、3年かかると思います。しかし、2、3年かかるといっても、ずっと今のように行動自粛をする必要があるかというと、全くそんなことはなくて、だんだんと社会生活を少しずつ元に戻すことができると思う」

ワクチンの接種率が上がり、治療薬も出てきて、少しずつ元の生活を取り戻せると若い世代に見解を示しました。


NEWS

気になるのが、今後、どうやって行動制限を緩めていくのかということです。これについて、新たなことがわかりました。

西村経済再生大臣は24日、行動制限の緩和にむけた実証実験について、「すでに13の自治体から参加の表明や提案があった」ことを明らかにしました。具体的には大阪、兵庫、北海道、沖縄、福岡などです。東京は入っておらず、小池知事は「様子をみる」といっています。


NEWS

緊急事態宣言が解除された地域から進めていきたいと話していましたが、具体的には、どんな実験なのでしょうか。

例えば飲食店では、利用者にワクチン2回接種済みの証明や検査の陰性証明を提示してもらって、持っている人と持っていない人で利用できるエリアを分けることなどを検討しています。

また、スポーツイベントや音楽のコンサートで実証実験を行うことを調整していて、どんな課題が出てくるか、みていきたいということです。検証結果はQRコードなどを使って、2週間後、3週間後に感染があったかもみていく方針です。

    ◇

尾身会長のインスタライブには、24時間で7200件もの質問が来たそうです。圧倒的にワクチンへの質問が多かったということです。ワクチンの証明書も、「社会の分断を生む」と懐疑的な意見も少なくありません。政府が進める実証実験とともに、自分たちがコロナとどうつきあっていくのか、様々な場で議論して社会の合意をつくっていく必要があります。

/////
感染者数減少なぜ?“宣言”解除は?専門家分析まとめ
新規感染者数比(倍)推移0924
東京感染カレ推移0924

新型コロナウイルスの新規感染者数を1週間平均で比較すると、緊急事態宣言が出ている地域を含めほぼすべての都道府県で減少が続き、東京都は緊急事態宣言が出される前の7月初めとほぼ同じ水準となっています。

感染者数の傾向と、専門家の分析をまとめました。



全国 46都道府県で減少 “宣言”19都道府県すべてで減少 
NHKは各地の自治体で発表された感染者数を元に、1週間平均での新規感染者数の傾向について前の週と比較してまとめました。

全国では、
▽先月26日までの1週間では前の週と比べて1.13倍と9週連続で増加していましたが、
▽今月2日に0.84倍とおよそ2か月ぶりに減少に転じ、その後、
▽今月9日は0.64倍、
▽今月16日は0.55倍、
▽23日まででは0.50倍と、4週連続で減少しています。

1日当たりの新規感染者数はおよそ3424人で、先週のほぼ半数となり、およそ2か月ぶりに5000人を下回りました。

46の都道府県で減少し、緊急事態宣言が出されている19の都道府県すべてで減少が続いています。


東京都 緊急事態宣言発出前とほぼ同じ水準 
東京都は先月中旬まで9週連続で増加していましたが、
▽今月2日は前の週の0.72倍、
▽今月9日は0.59倍、
▽今月16は0.55倍、
▽23日まででは0.54倍と5週連続で減少しました。

1日当たりの新規感染者数はおよそ547人と、先週より460人余り減り、緊急事態宣言が出される前の7月初めとほぼ同じ水準となっています。

直近1週間の人口10万人当たりの感染者数は27.53人と、先週の半数ほどになっています。



専門家「一人一人のリスク下げる行動とワクチン効果重なる」 
新型コロナウイルス対策にあたる政府の分科会のメンバーで、東邦大学の舘田一博教授は、感染者数が減少していることについて「これまで5回の感染の波を経験する中で、一人一人がどういう状況、環境で感染しやすいのか正しく判断できつつあり、リスクを下げる行動を取れるようになった効果も出ているのではないか。対策への努力やワクチンの効果が重なる中で感染者数の減少につながってきている。この傾向を続け、どこまでベースラインを下げられるかが大事だ」と話しています。


“宣言”解除の判断「期限までにどれだけ医療ひっ迫が取れるか」 
一方、医療のひっ迫状況については「入院患者は東京でしばらくぶりに2000人を切ったが、それでも1900人以上が入院している。医療のひっ迫は軽減してきているが、まだ今の段階では注意して見ていかなければいけない状況だ。今月30日の緊急事態宣言の期限までにどれだけひっ迫が取れるかが解除の判断の上で重要になってくる」と指摘しました。


基本的な対策はしばらくとり続ける意識で行動を 
今後については「緊急事態宣言が解除される地域が出ることが今のところ考えられるが、市中にはウイルスが潜んでいると考えておかないといけない。一気に緩んでしまい、1週間、2週間後にリバウンドして、感染の波を作ってしまうことをこれまで経験してきたので、基本的な対策はしばらくの間とり続ける意識で行動することが重要だ。どうしたらリバウンドを抑えて生活を戻していけるか、一つ一つ段階的に確認しながらゆっくり進めることが大事になる」と話しています。



「ブレイクスルー感染」ワクチンで重症化や死亡リスク下がる 
「ブレイクスルー感染」については、「ブレイクスルー感染を起こすとは言え、ワクチンの効果が無くなっているわけではなく、重症化や死亡のリスクは確実に下がっていて、これがいちばん大事なポイントだ」と話し、特段の理由がなければなるべく接種をするのが望ましいとしました。


ワクチンだけに頼るのは高リスク 感染対策維持を 
そのうえで、新型コロナ対策をワクチンだけに頼るのはリスクが高いとして、「アメリカやイギリスなどワクチン接種が先行していた国では接種率が一定の水準に達して感染対策がおろそかになってしまい、大きなクラスターが発生したと報告されている。そういった事例を見てもワクチンだけに頼るのではなく打った人も打っていない人もしばらくの間は感染対策、リスクを下げる行動を維持していくということが大事になる。ワクチンを打ったからといって何も対策をせずに動き回り、油断して食事やお酒を飲むということがないように一人一人が注意していかなければいけない」と指摘しました。

都道府県別感染者 0923

/////

冬に再拡大も? 第5波の感染“急減”ナゼ…行動制限緩和へ動きも

/////



なぜ東京の感染者は減少しているのか? 専門家3つのポイント指摘 (「ワクチン」「行動変容」「人流の変化?」) / ウイルスの自壊仮説 東大名誉教授 児玉龍彦氏  メモ
第5波 なぜ?減少00
第5波 なぜ?減少aa
尾身「5波」減少の5つ?

なぜ? 「第5波」減
東京感染カレ推移0927
I第5波急減少?人出0ss
第5波急減少?人出00

 8月中旬をピークに減少に転じている東京の感染者数。一体なぜ?感染者数は減少しているのか?

 その要因について専門家は具体的な3つのポイントを指摘しています。それが「人流」「行動変容」「ワクチン」です。この3つのポイントについて、数字やデータを使って解説します。
0921
動画 ニュース
/////

冬に再拡大も? 第5波の感染“急減”ナゼ…行動制限緩和へ動きも
https://www.youtube.com/watch?v=3qd2HY6_5S4
/////
ウイルスの自壊仮説 東大名誉教授 児玉龍彦氏 メモ

 東京大学先端科学技術研究センター  がん・代謝プロジェクトリーダー 児玉龍彦
「エラーカタストロフの限界」を超えるコロナウィルス変異への対応

 
 【急激なピークアウト 変異の末「自壊」か?】報道1930まとめ21/9/21放送
https://www.youtube.com/watch?v=TmGfDgds88M 
ウイルスの自滅 仮説00
ウイルスの自滅 仮説03
ウイルスの自滅 仮説03
ウイルスの自滅 仮説04
ウイルスの自滅 仮説


ウイルスの自壊仮説。

児玉教授
今、日本では退院する時にPCR検査、あまりやっていないです。欠片が残るからやらなくていいということが言われてますが残念ながらこれは非常に危険です。免疫力の弱い人は一旦治ったように見えてもある時期でまた増えていくとかそういうことが非常によくありますから↓


昨日の #報道1930 の児玉先生の話、興味深くて専門家ってさすがにすごいなぁって思いました。
変異を繰り返して絶滅の道を辿るのかと思いきや、そこをかいくぐって生き残るヤツがどんな性質になるのか。
生物の進化にも通じるような壮大さを感じました。


東大教授 児玉氏
ウィルスが変異しすぎて自己存続遺伝子まで変異させてるのじゃないか(=自滅)

////
第6波にどう備えるか
児玉先生
①予測を正確にする
地域や世界の状況をゲノム解析で見ていく
②いろんな医療機関が一般の診療として行える様に準備する
医療従事者に対する3回目のワクチン接種
③PCR検査と抗体検査が必須
感染ーn抗体ワクチンーs抗体
④感染集積地を日本の中でなくしておく


////

児玉先生驚くべきお話!
最後の方視聴! 

免疫不全患者の体内で“異例”の変異。
レムデシビルや抗体カクテルなどを投与。遺伝子に多くの変異が起きていく!

「人間の酵素が微生物のRNAをどんどん変異させていってしまう」
微生物は残ってる場合も日本国旗は退院時検査せずは再燃するリスクあり危険疲れた顔

////
堤さんのまとめが分かりやすかった。
・PCR検査をもっと徹底してやる
・退院するときに必ずやる
・市中での社会的検査を増やす(無症状も含む)
・世界的に~新たな変異株の出現を抑えるために発展途上国などで検査・ワクチン接種の推進



////

超高度な医療専門家の解説が
素晴らしい
児玉教授によると
ワクチンと同様、抗生剤を一つ使うと
耐性が出来るのでとても危険
故に2種類混ぜるカクテル療法が
非常に重要なんだと
専門外のコメントに嫌気がさしていた中
専門用語は難解だが本当に納得させられた


////

予測を正確にやる
PCR検査と抗体検査をセットで行う
(ゲノム解析は全てやる)
感染集積地を作らない
医療従事者への3回目のワクチン接種など?


////
ゲノム解析徹底で今後の感染予測をする

PCR検査の徹底
必ず抗体検査をする
N抗体(感染による)
S抗体(ワクチンによる)

////

松原「今何をすべきか」
松本「ワクチン接種を進める」
堤「PCR検査をもっと進める。世界的には変異株の検査、ワクチン接種の推進」
児玉「(ゲノム解析で)予測を正確にする。PCR検査、特に抗体検査が必須。感染集積地を減らす」

私は以前から感染集積地の撲滅の提言に共感してます。
/////
第5波 なぜ?減少bb
なぜ?「第5波」減bbb
イスラエル、英、米、日
尾身「5波」減少の5つ?

なぜ?「第5波」減aaa
第5波 なぜ?減少aa

 ウイルスの自滅 仮説00ウイルスの自滅 仮説
09 東京の減少 なぜ?
07 第5波 なぜ?減少aaa

11 インド ウイルスの自壊か
12 インド ウイルスの自壊か
13 インド ウイルスの自壊か
07 第5波 なぜ?減少aaa

16 ウイルスの自滅 仮説03

10 ウイルスの自壊00
17 東大 児玉教授の提案00
18 東大 児玉教授の提案01
イスラエル、英、米、日

/////
/////
0913 
なぜ東京の感染者が急減少しているのか・・・コロナ対策専門家に聞く【報道特集】
動画 ニュース


新型コロナウイルスワクチンの2回目接種が終了した人は国民の約5割。全国の感染者数も減少傾向が続いています。その要因を、報道特集・皆川玲奈キャスターが、東京感染症対策センター(東京iCDC)専門家ボードの賀来満夫座長に聞きました。

皆川玲奈キャスター:
現在のコロナの感染者数の推移について伺いたいと思います。東京は最近1000人台で推移していますけれども、どうして減ってきたんでしょうか?

東京感染症対策センター 専門家ボード 賀来満夫 座長:
感染者数が減っている要因としては、様々考えられますけれども、私は3点挙げたいと思います。

まず1点目は、ワクチン接種が着実に進んできている。いわゆるワクチン効果が見られるようになってきているのではないかと思います。東京都内では、65歳以上の高齢者の方の85%の方が2回接種を終えられています。または、都内全体で見ますと4割近い方が2回接種を終えられているわけです。そこで高齢者の方のワクチン接種率と、いわゆる新規感染者数、あるいは重症者数を見てみますと、これ1回、2回とですね、接種率が上がるにつれて、改善してきているんですね。特に2回目の接種率が60%ぐらいを超えてくると、重症化する方の割合がかなり改善しているということが解析されています。そういう意味ではまず1点目は、ワクチン接種の影響があるということだと思います。

2点目はやはり人流です。いわゆる人の流れが減少している状態が比較的長く続いているということです。お盆明けからですね、2週間で若干、人流は増加したんですけれども、その後また下がってきています。いわゆる6月末からお盆あたりの7週間、またその後、2週間少しは増加しましたけど、その後も減少してきている。このようにですね、人流、人の流れが長期間にわたって抑制されてきているということが2番目の要因として挙げられると思います。

3点目は、多くの方がリスクに繋がる行動を回避した、リスク回避行動というものが見られたと思います。これは東京都で1日あたり5000人を超えるような新規感染者数、あるいは医療体制が非常にひっ迫しているというようなこと、あるいは災害レベルというような報道もありました。またデルタ株で、若い方の感染が拡大してきている、あるいは妊婦さんの感染とかですね、様々な報道がありました。こういった報道をですね、しっかり都民の方が認識をして、リスクに繋がる行動を回避してきた。そういった危機意識を持って都民の方が協力していただいている。都民の方の努力といったようなことがある。すなわち、ワクチン接種、そして人流が比較的長期に減少している。そして多くの都民の方のリスク回避行動が今の感染の減少に至っている原因ではないかと思います。

皆川:
今後の見通し、減少傾向は続くのでしょうか?

賀来 座長:
ここ1、2か月で感染がどう推移するかについては、やはりプラスの要因とマイナスの要因を考えていく必要があると思います。プラスの要因はワクチン接種が進むということですね。それから、抗体のカクテル療法などが実用化されてきている。実際に実施されてきていて、東京都でも95%といったような非常に優れた有効性が認められています。また現在、経口薬、経口の治療薬の試験も進んでいまして、この冬にかけて実用化する可能性も出てきています。ですから、ワクチン接種、そして抗体カクテル療法、経口の治療薬などで感染者数を減らしていけるというようなプラスの要因があると思います。
もう一方、マイナスの要因としては、これはイスラエルなどで認められているんですけれども、ワクチン接種が進んで、一旦、新規の陽性の患者数が減ったんですけれども、やはりそのことで行動制限の緩和や、マスクの着用などをしなくてもいいというような、感染対策が徹底されていないことがあったんですね。そうしますと、やはりマイナス要因としては、このような感染の減少傾向が続いて、行動を緩和してもいい、あるいは感染対策はそれほどしなくてもいいといったようなことが起こってくると、これはマイナス要因として働きます。
ですから、ここ1、2か月はこのプラスの要因とマイナスの要因のバランス、どちらが上回るか、それによってここ1、2か月の状況が変わってくるということになると思います。

皆川:
ということはワクチン接種をこのまま進めていって、さらに今までのコロナ対策を同じようにやっていけば、新規感染者数はどんどん、例えば今、千人台ですけれども、東京の場合だったら数百人台、百人台まで減っていくことは可能なんでしょうか?

賀来 座長:
諸外国の例を見てみますと、ワクチン接種が約6割ぐらいの段階で行動を緩和していくと、また再び感染が拡大していますね。ですからワクチン接種率を8割から9割、ワクチンを受けられない方もおられますので全員が受けられるわけではないのですが、ワクチン接種が8割から9割、全世代において打たれ、そして感染予防を徹底し、リスクに繋がる行動を抑制する。いわゆる人流も爆発的に増えていくってことがないということになりますと、かなり下がってくる可能性はある。これが何百人台まで下がるかはまだわかりませんけれども、かなり今の状況を改善できる傾向が出てくると思います。

皆川:
そんな中、東京は緊急事態宣言が9月末まで延長されましたけれども、期間や、この対策は今とるべきものとしては最適なものなのか、先生の見解を教えてください。

賀来 座長:
今ちょうど感染が減少傾向になりつつあります。そういった意味で、これを延長していくということは非常に重要なことだと思います。東京都のいろんなステージ分類で見ますと、東京都ではいまだにステージ4の段階が多いわけですよね。そこで病床の占有率とか、重症者用のベッドの占有率など見ますと、まだかなり高いです。いわゆる医療体制はいまだひっ迫している状況にある。こういった中でやはり、緊急事態宣言が解除されるということは、非常に医療体制のひっ迫を、また再びそれを継続させることになりますので、今の段階で、やはり9月末までの延長というのは、これは今の医療体制から見ますと非常に重要なことではないかと思います。

皆川:
では宣言解除の目安は何でしょうか?

賀来 座長:
今回新たに政府の方で宣言解除の目安数を出されましたね。これは病床使用率が50%未満ですとか、あるいは重症の患者さんの病棟の使用率が50%未満、あるいは中等症が改善してきていることなど、いくつかのことが要件として挙げられていますけれども、こういった要件を満たすためには、まだかなり厳しいと。特に重症の患者というのは、新規の感染者の報告に遅れて、重症化している患者さんが報告されてきますので、この状況をみますと、なかなか解除というのは厳しいなというふうに思います。一方で、ワクチン接種の進み、そして抗体カクテル療法などが実際の臨床現場で使えるようになってきますと、プラスの要因として働きますので、こういったことで、急速に感染状況が改善していくということも一方ではあるので、やはりその状況をしっかりと見極めながら、解除ということを考えていく必要があると思います。

皆川:
そこに行くためにはやはりワクチンの接種率は全世代の8割から9割ぐらいが望ましいと先ほどおっしゃってましたけれども、やはりそこですか。

賀来 座長:
そうですね。やはり11月の行動制限の緩和という議論が出ていますけれども、これにはどのような状況になっているのか、ワクチン接種率が80%から90%に達して、そしてさらに、ブースター接種というようなことも十分考慮に入れた上で、現在の状況、刻々と変わるこの感染状況をしっかりと科学的に分析し、その結果に基づいて一気にではなく、段階的に緩和していくというような政策が求められると思います。
///// 
尾身会長の「5つは本当?」
/////
0628
尾身会長「感染減少に5つの要素」


菅総理大臣の記者会見に同席した「基本的対処方針分科会」の尾身茂会長は、今後、再び感染が拡大する第6波に備えるためには今回、なぜ感染者数が急激に減少したかを分析しておくことが重要だとして「7月から8月にかけて夏休みや4連休、お盆休みという感染を急増させる要素が集まっていたが、この要素が無くなったことが感染者数減少の背景にあると思う」と話しました。

そして「感染者数減少の要因として、それぞれどれだけ影響したかは今の時点では分からないが、5つあると考えている。
▼深刻な医療のひっ迫が報道されたことで一般の人たちが危機意識を高め、今まで以上に協力してくれたこと。
▼夜間の繁華街の人出が目標の50%減少には届かなかったものの、長い期間にわたって20%から30%の減少が続いたこと。仮説ではあるが、ワクチン未接種の人たちの夜間の人出が減少したとみられることも大きいと考えている。
▼さらにワクチン接種の効果も確かにあったと思う。詳細な分析をするには抗体保有率の厳密な調査が必要だ。
▼ワクチンの効果もあり医療機関や高齢者施設での感染が減少したこと。これまでの流行のように若い世代から医療機関や施設の高齢者にうつらなかった。
▼気温や降水など気象も要因になったと考えている。今度さらにどうして感染が減少したのか分析を続けていきたい」と述べました。
/////
新型コロナワクチン 2回接種完了 5割超える



政府は、きのう新型コロナウイルスのワクチンを2回接種した人が5割を超えたと発表しました。政府の集計結果によりますと新型コロナウイルスのワクチンの総接種回数は、1億4,431万回となり、1回目を終えた人は7,983万人で、人口の63%。2回目を完了した人は、6,447万人で、50.9%に達しました。今月末には、2回接種完了が60%を超え、欧米並みになるとしています。一方で、年代別でみると65歳以上の2回目接種率は88%と高い水準に達していますが、遅れて接種が始まった64歳以下は27.6%にとどまっています。政府は、希望者へのワクチン接種が完了する11月をめどに行動制限の緩和を目指しています。国内のきのうの新規感染者数は、4,171人で、重症者は前の日から35人減って1,975人でした。


2回接種 5割を終えるも 若者3割まだ! 
ワクチン2回終了ss0912

新型コロナワクチン 2回接種完了 5割超える
ワクチン接種0913
今後のワクチン0927
ワクチン接種率0927
全国ワクチン0930

/////

新型コロナ なぜ全国の感染者が減少傾向?

//
東京感染症対策センター 専門家ボード 賀来満夫 座長:
感染者数が減っている要因としては、様々考えられますけれども、私は3点??挙げたいと思います。

ワクチン効果
人流の減少??
リスク回避行動

本当か??
//

新型コロナワクチンの2回目接種が終了した人が国民のおよそ5割になる中、全国の感染者数も減少傾向が続いています。その要因を、感染症の専門家に聞きました。

 全国で感染者が減少傾向にある要因について、東京都の専門家チームの賀来満夫座長は3つの要因を挙げます。
 
東京感染症対策センター専門家ボード 賀来満夫座長
 「ワクチン効果がみられるようになってきている。特に2回目の接種率が60%くらいを超えてくると、重症化する方の割合がかなり改善している」
 
 これに、人流の減少と国民の多くがリスクにつながる行動を回避したことを挙げています。今後については、ワクチンの接種率8割以上を目標にすべきだと強調。また、患者にとってプラスになる要素も出てきたといいます。
 
賀来満夫座長
 「抗体カクテル療法などが実用化されてきている。東京都でも95%と、非常に優れた有効性が認められている。経口の治療薬の治験も進んでいて、この冬に実用化する可能性もでてきている」
 
 ただ、ワクチン接種が進んでも、感染対策を急激に緩和すると、感染再拡大の恐れもあると警鐘を鳴らしました。
///// 
専門家VS 非専門家

1;14
10;13

/////
/////

参考

2025年まで断続的に緊急事態も?変異株影響なければ楽観論か?/【国内感染】新型コロナ 65人死亡 1万8229人感染/ 東京都 新型コロナ 10人死亡 2人は自宅療養中 3099人感染

参考
 
「富岳」 富士通 等  西村大臣「会話の際はこれまで以上に距離を」 変異ウイルスの感染リスク発表 (スーパーコンピューター「富岳」 富士通 )距離を2メートル近く


参考

インド変異株(デルタ)、拡大ペース加速 各地で感染、クラスターも―7月中旬に主流化か


参考

ワクチン接種がすすめば?  新規感染者の明確な減少は9月上旬…野村総研が試算、五輪開催時の接種完了まだ2割
////// 
////// 
51 ワクチン打ってる人と遊ぶss


//////

  

 

自民党新総裁に岸田氏 岡山は河野氏が3割近い票獲得し1位 / 新総裁に岸田文雄さん 街の人の声は? 岡山
03総裁選 岸田新総理

総裁選 演説  メモ
02 総裁選 進次郎と河野さん00



04 総裁選 安倍総理 高市氏

自民党新総裁に岸田氏 岡山は河野氏が3割近い票獲得し1位


 自民党の総裁選挙の結果、岸田前政務調査会長が新しい総裁に選出されました。
一方、県内の党員などによる投票では、河野規制改革担当大臣が全体の3割近い票を獲得し、1位になりました。

自民党総裁選挙は、県内では2万1333人の党員などを対象に郵送による投票が行われ、29日午前、自民党岡山県連で開票作業が行われました。
開票の結果、河野規制改革担当大臣が6260票、岸田前政務調査会長が4106票、高市前総務大臣が3029票、野田幹事長代行が543票を獲得しました。
今回の投票率は、地元選出の橋本龍太郎元総理大臣が、小泉純一郎元総理大臣に敗れた、20年前の平成13年の総裁選挙に次ぐ過去2番目に高い65.49%だったということです。
自民党岡山県連の天野学幹事長は「政治家と国民のあいだでは、見る目に少しずれがあったのかもしれない。岸田新総裁にはしっかり経済を成長させ所得の分配をしてもらいたい」と話していました。

岸田新総裁について、倉敷市の60代の会社員は「民意は河野さんだと思っていた。岸田さんは広島出身ということもあり、外交や軍事の面では抑制の効いた政治をするのではないかと思っている」と話していました。
また、大阪から出張で岡山を訪れていた30代の会社員は「岸田さんが大差で選ばれたのは、周囲の期待の表れだと思う。新型コロナで日本の元気がなくなり、増税の不安もあるので、その不安を拭い去ってくれるような政治を期待している」と話していました。
/////

自民党総裁選 岡山県連では河野太郎氏が最多の6260票 新総裁・岸田文雄氏は4106票

 事実上の次の総理大臣を決める自民党総裁選が行われ、決選投票の結果、岸田文雄さんが新たな総裁に選ばれました。岡山でも自民党の党員・党友が総裁選の投票を行いました。

【写真を見る】自民党岡山支部連合会の開票作業


自民党岡山県連での開票作業

 自民党岡山県連での開票作業は午前9時半から行われました。
 岡山県連では党員・党友2万1333人のうち1万3971人が投票しました。

 開票の結果、最も多く票を獲得したのは河野太郎さんの6260票でした。

 新総裁となった岸田文雄さんは4106票、高市早苗さんは3029票、野田聖子さんは543票でした。

 KSBが事務所などに取材したところ、岡山県選出の自民党の衆議院、参議院議員では、逢沢一郎さん、橋本岳さん、石井正弘さんが岸田さんに。山下貴司さん、阿部俊子さんが河野さんに1回目、決選投票ともに投票しました。

 ANNの取材では加藤勝信さんと小野田紀美さんは1回目に高市さん、決選投票では岸田さんに投票したと見られます。
/////
新総裁に岸田文雄さん 街の人の声は? 岡山

自民党の新しい総裁に決まった岸田文雄さんに期待することなどを、街の人に聞きました。


JR岡山駅前

■JR岡山駅前では――

(20代・大学院生)
「河野さんになるかなと思っていたので、携帯見ていなかったので、びっくりしました。僕もまだ20代で若いので、しっかり若者が活躍できる国にしていっていただけたら、うれしいなと思います」

(70代)
「誠実そうな感じするでしょ。だから、それだけは期待しています」

(40代・事務職)
「(新型コロナ対策について)みんなが期待する通りの動きがもっともっと早く、みんなの生活の結果につながるようなことになっていったら、一番助かることかなと思う」

(70代)
「これから先の日本の顔として世界に発信できるような、たくましい力を持っていってほしい」

■高松市の丸亀町商店街では――



(60代・会社員)
「おめでとうございます。やったー、岸田さん若い! 今までの序列で年齢の高い人ばっかりだったから、少しでも少しでも若い人がなってくれたらうれしいなって」

(90代・無職)
「(Q.総裁選に興味は?)ない。(誰が総裁になっても)同じことだろう」

(40代・会社員)
「(Q.岸田さんの印象は?)実際は知らなんですが、堅い印象。やっぱり国民の目線でいろいろと考えていただければ」

(20代・会社員)
「順当に決まったかなという印象です。コロナを何としても乗り越えていくための施策を期待しています」

/////

「新型コロナ対策・子供手当・経済対策」など声”様々… 岸田新総裁誕生 まちの反応


岸田新総裁の誕生を受け、岡山・香川のまちの反応です。

「号外です…」
JR岡山駅前では、岸田新総裁の誕生を伝える号外が配られました。

(80代・無職)
「いい政治をしてほしいですね。」

(60代・無職)
「岸田さんですか?最初の方に立候補してたから良かったのでは。河野さんはまた次回頑張ってほしい。」

(50代・会社員)
「妥当だと思う。誠実な方なので。経済を動かすことをメインにしながらコロナも注意しながら両方やるのは難しいだろうがどちらもやってほしい。」

(40代・会社員)
「河野さんを応援していたが岸田さんでも頑張ってくれたら。新型コロナ対策とか後手後手になってしまったところがあったので先手取って色々やってほしい。」

(30代・パート)
「子供の手当などをもっと充実してもらえるようになったらいい。」

(10代・大学生)
「今だったらコロナ対策で飲食店側も行く側も困らないようにしてほしい。」

(20代・大学生)
「岸田さんにはコロナをもっと抑え込めるように頑張ってほしい。」

香川県民は・・・
(50代会社員)
「無難という感じ。コロナが収まったら経済を優先してほしい。」

(50代主婦)
「やっぱりな、という感じ。国内のことはもちろんだがコロナ禍が明けてからの外国との付き合い方も変わってくるかもしれないので(上手く)やってほしい。」

(20代学生)
「コロナのこともあるので判断力に期待。」

(50代・税理士)
「どのようなコロナ対策や経済対策をするか興味があるが、耳の痛いこともしっかり言って現実味のある政策に期待。」

(香川県 浜田恵造知事)
「コロナ対策は医療面、経済面どちらも待ったなしで対応してほしい。また地方創生推進など課題を一つ一つ解決してほしい。」
/////
自民党新総裁に岸田文雄氏 岡山・香川の党員投票の結果は?与野党の反応は?【岡山・香川】

自民党の総裁選で、岸田前政調会長が新しい総裁に選ばれました。

事実上、新しい総理を選ぶ総裁選。岡山・香川の党員投票の結果や、与野党の反応をまとめました。

(新総裁誕生)
「岸田文雄君が当選者と決定した」

(自民党 岸田文雄新総裁)
「私たちは生まれかわった自民党をしっかりと国民に示し、支持を訴えていかなければならない」

第27代自民党総裁となった岸田文雄前政調会長。1回目の投票では、党員による地方票は2番目の得票でしたが、国会議員票で他の候補者を上回り、河野規制改革担当大臣との決選投票も制しました。

地方票の開票は29日朝、岡山・香川でも行われました。

(号令)
「開票はじめ」

岡山では、有権者2万1333人のうち1万3971人が投票。河野さんが最も多い6260票を獲得し、次いで岸田さんが4106票でした。

投票率は、65.49%でした。

(自民党岡山県連 天野学幹事長)
「隣りの広島県の人で、日頃から付き合いもあり、なじみもある人なので、私どもにとってはいい人が総裁に決まった。一番大きな課題は新型コロナ対策になると思う」

■野党はー

(立憲民主党岡山県連 鳥井良輔幹事長)
「自民党総裁、新たな首相が誰になろうとも、それぞれの地域の課題をくみ上げつつ、国民市民目線の政治を立憲民主党の政策実現のため、総選挙を戦いたい」

一方、香川では、有権者1万6537人のうち1万1564人が投票し、投票率は69.93%。岸田さんが最も多い4736票を獲得し、次いで河野さんが4707票でした。

/////



総裁選 演説  メモ


総裁選 演説の言葉
自民党総裁選へ00
自民党 衆議員院塩嶺

総裁選 人の異動き
派閥からの推薦人?
///// 

女子会トーク 女性5000人が回答『落選してほしい政治家』トップ10!1位は学習しない“お坊ちゃん” (7/30(金)頃 )
女性が選ぶ 落選して欲しい政治家!


 関係者の辞任が相次ぐなか、混乱続きのオリンピックが開幕。コロナの感染は拡大する一方で、政府の対応は頼りない。さらに、追い詰められている飲食店に対していじめのような圧力をかける大臣の発言にも驚かされた。オリンピック後には衆院総選挙が行われる予定だが、この国の舵取りを、今の政治家たちに任せて本当に大丈夫なのか。

嫌われ具合が一目瞭然! 落選してほしい政治家ランキング



 そこで週刊女性は全国の20~70歳の女性5000人を対象に、『秋の衆院選挙で落選してほしい政治家』についてアンケートを実施した。女性の“怒り”を集めた政治家はこの人たち。落選オリンピックの開幕だ!!

1位は学習しない“お坊ちゃん”
 1794票を獲得して、最も落選してほしい政治家となったのは麻生太郎財務相。

「家柄だけで政治家になった人。数々の失言からふさわしくない」(東京・49歳パート)

「コロナ禍の中“いつまでマスクをするんだ?”と報道陣に話していて、この人は本当に頭が悪いんだと思った」(群馬・28歳パート)

 数々の“失言”“暴言”を繰り返してきた麻生。その傲岸不遜な態度は、国民に寄り添っているとは思えない。

 政治評論家の角谷浩一氏は、

「周囲をバカにして物事を進めていく上から目線の姿がとても不快に映るのでしょう」

 '19年には「子どもを産まなかったほうが問題なんだ」と発言。のちに野党から“不適切な発言だ”と追及され、批判を浴びた。

「学習しないんです。庶民感覚がないお坊ちゃんであの態度ですから。彼に対する嫌悪感をどうしたって払拭できないでしょう」(同・角谷氏)

 少しは国民の気持ちを学んでほしい!!

国会議員に定年制を
 2位にランクインしたのは二階俊博幹事長だ。

「GoToなど自分の利権のためにコロナを感染拡大させた」(福岡・32歳医療関係者) 「この人に遠慮して、若い世代の優秀な人が萎縮している」(東京・35歳会社員)

 二階が白と言えば、黒だろうが白になる。自民党のドンといえる存在だ。政治ジャーナリストの細川珠生氏は、

「自分を支援する旅行業界だけが得をするようなGoToトラベルという政策を打ち出した、二階さんの独善的な行動は評価が低くなって当たり前。何より周囲の議員が誰も彼に意見できない状況になっており、二階さんがいる限り若い政治家の意見が通らない。だからやりたい放題になってしまう。麻生さんもですが、80歳を越えているのだから、そろそろ第一線を退いていただきたい。党の規約でもいいので、国会議員に定年制を設けるべきです」

 自分たちだけよければいいという状況じゃないのでは。

こんな人が総理で恥ずかしい!
 令和おじさんこと内閣総理大臣の菅義偉が3位に。獲得票数は801票。アンケートではこんな声が並ぶ。

「とにかく頼りない!」(埼玉・45歳専業主婦)

「説明不足で決断力不足! リーダーシップにも欠ける」(東京・45歳パート)

「国民の気持ちを考えてない。この状態で東京五輪を強行開催するのはおかしい」(東京・59歳専業主婦)

 昨年9月に総理に就任してからもうすぐ1年になるが、

「世界的パンデミックの今、総理大臣という一国のリーダーが“頼りない”という評価は致命的。コロナの感染拡大も抑えられず、伝えようとする気持ちがないから発信力もない。テレビ出演すれば、嫌な質問には子どものように不機嫌な態度を見せる。何十年も政治家をやってきて何をしてきたのか。こんな人が総理で恥ずかしい」(前出・細川氏)

 角谷さんも、

「官房長官と総理では求められる能力が違うんです。官房長官は記者の追及から政府を守る盾のような存在ですが、総理は政府の顔。国民に向けて発信していかなければいけない。それなのに、菅さんは国民に官房長官時代と同じ態度で接しているんです。コロナ対応には現在6閣僚も関わっているのにうまくいかない。菅さんのリーダーシップがない証左です」

 菅政権の終わりも近い!?

体調不良で辞めたんじゃ?
 4位は病気を理由に総理の座を退いた、安倍晋三前首相。今も現役の衆議院議員だ。

「首相を体調不良で辞めたのだから、議員もできないのでは?」(岡山・48歳専業主婦)

「森友問題でうそをつき、真実を明かさないため」(石川・52歳パート)

 長期にわたって政権を維持した安倍だが、

「アベノミクスが成功したのは前半だけで、後半からはほぼ失敗のようなもの。最後はコロナで苦しくなって、体調が悪いと辞任。なのに、今はピンピンしている。そんな姿に信用できないと感じるのでしょう」(前出・角谷氏)

 最近ではオリンピック開催に反対するのは「反日的な人」との発言が物議を醸す。

「いい国民と悪い国民がいるかのような安倍さんの差別的な発言に、国民は敏感に反応している。森友問題も、終わったことと思っているのは安倍さんだけなのでは」(同・前)

 だが評価できる部分も。

「安全保障問題に関しては一定の成果を挙げたと思っています。外交的なセンスはあるのだから、議員を退き別の形で活躍してもらえたらいいのですが……」(前出・細川氏)

 ただ、彼が長期にわたり政権を維持できたのは国民をガン無視できる“鈍感力”があったからだとも。

「これだけ私たち国民の不満が噴出しようが、声はまったく届いてない。わざと聞こえないようにしているのかと思うぐらいです」(細川氏)

 国家は国民があってこそ。都合の悪い声は聞こえない、安倍前首相こそ“悪い政治家”なんじゃない?


小泉環境相には20代、30代から批判の声
『NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で』(旧N国)に所属する丸山穂高が5位にランクイン。

「戦争したほうがいいとか、女性を買う発言が許せない」(神奈川・40歳パート)

「議員でいることがおかしい」(栃木・46歳専業主婦)

 北方領土の国後島で酩酊し「女を買いたい」と喚いた丸山に、女性たちの怒りの声が集中するのも当然。最近は支給されたボーナスの一部を困っている人に向けて配っていたが、信頼回復にはほど遠い。

 6位には、女性議員では初登場となった辻元清美。

「秘書給与流用事件、関西生コン疑惑など不祥事だらけ。自著に皇室を“生理的にイヤ”と書いたり……。問題多すぎ」(千葉・52歳専業主婦)

「論理的に説明するのではなく、感情的な言い方がすぎる」(新潟・60歳専業主婦)

 と辛辣な声が。他人を責めるだけじゃなく、自らのことも反省してみて。

 7位に再び登場した自民党の閣僚は、環境相の小泉進次郎。一時はアイドル的人気で話題になった彼だったが、

「“小泉構文”と言われているとおり、言ってることが意味不明」(熊本・25歳公務員) 「政策がヒドイ。レジ袋の削減よりも、自然災害への対策に力を入れてほしい」(東京・28歳その他)

「ポエマーかと思った」(石川・32歳専業主婦)

 一時の人気はどこへやら。

「レジ袋を有料化して何か役に立つんですかと聞くと、彼自身が“意味がない”と白状してしまった。そりゃあ怒りますよね」(前出・角谷氏)

 アンケートの結果を年齢別に見たところ、彼を批判しているのは意外にも20代、30代が非常に多かった。

「私たちが年をとったとき、こんな人が政治の中心を担うのかという、若い世代の怒りの声なのでしょう」(同・前)

 それだけではないと補足するのは細川氏。

「人の好みはさまざまでよいのですが、年上で華やかな恋愛遍歴がある滝川クリステルさんとの結婚にガッカリしたのだと思います。彼女は横須賀にいるわけでもなく、小泉さんを尻に敷いて、彼が政治に集中できていないように見えることも一因でしょう」

 数年前は総理候補と目されていた政界のプリンスも、結婚が落とし穴となったか──。

 金融機関を利用した自粛呼びかけ発言をした“飲食店いじめ男”の西村康稔経済再生相は8位にランクイン。

「昨年の暮れまで“経済のアクセルとコロナのブレーキを同時に踏む”と話していた人ですから、何を言ってるかわからないと感じる人は多いと思う。普段は“コロナに気をつけてください”と優しく話すけど、今回の発言で困ったときには権力を振りかざす人なのだと、国民は認識したと思います」(前出・角谷氏)

 口に出す前に、ブレーキを踏むことはできなかったのか。


自民党を責めるのは失点を隠すため?
 立憲民主党の党首である枝野幸男は9位にランクイン。

「『SPEEDI』の情報を隠蔽し、国民に無用な被ばくをさせた」(青森・35歳パート)

 との声があるけれど、これについて角谷氏が説明する。

「枝野さんは東日本大震災のときの官房長官でした。原発事故の対応で“ただちに影響はない”と繰り返し話していましたが、“しばらくしたら何か影響が出るのでは”と思っていた人も多いはず。結局、放射能で故郷を追われた人もいたわけです。自民党を責めるのも、自分の失点を隠すために攻撃しているように見えますね」

 最後にランクインしたのは、河野太郎行政改革担当相。

「ワクチンが不足している原因説明の意味がわからない。たぶん本人も理解していない」(東京・29歳専業主婦)

 など基本的にワクチンに関する怒りの声が多かった。

「コロナ対策には6省庁が絡んでいるにもかかわらず、大規模接種会場の情報は、防衛省のホームページにしか載っていないのはとても不便。各省庁の情報を共有し、コロナの情報をまとめた政府のサイトを作ればいい。これこそ行政改革担当である河野さんの仕事なのに、そういうことは全くしない。党内の評価は最悪です」(前出・角谷氏)

 ワクチン担当としても、

「河野さんは失敗したことを責められるのが嫌なのか、都合が悪いことは答えない。ワクチンの供給量が減ることを4月にわかっていたなら、そのときに正直に言っておくべきでした。それを今言うから、自治体の混乱を招くのです。そういえば、ハンコをやめると言ってましたが、どうなったのか」(前出・細川氏)

 ハンコよりも、説明不足をやめてほしい……。

 今回は衆議院議員に限定したためランキングには載せていないが、参議院議員の今井絵理子や蓮舫、丸川珠代にも多数の票が集まった。国会議員に物申す、女性の怒りはこんなものじゃない!!

///// 

岡山 秋の夜空を彩る「サプライズ花火」 運送会社約10社が企画
岡山 サプライズ花火


 感染拡大の影響で落ち込む空気を少しでも明るくできればと9月29日夜、岡山市で花火が打ち上げられました。

岡山の夜空に次々と開く大輪の花火。
新型コロナの影響で花火大会などのイベントが中止になる中、多くの人を勇気づけたいと、岡山の運送会社約10社が企画しました。
密を避けるため、事前の告知は行わないサプライズ形式で花火は打ち上げられました。

このページのトップヘ