世界(地域/岡山)に目を向けグローバル 366 岡山県を中心にグローカル GPS APS

岡山 中心 グローカル 地域目線で、世界を思考していきたいですね! 地域の紹介、世界の話題を考える。岡山県の善さをアピールしつつ・・・そんな感じで・・ね。旅行、グルメ・B級グルメ・・、パワースポット・・、iPhone やAndroidに役立つ情報も・・

2022年05月

岡山県 新型コロナ263人感染確認 減少傾向続く/ 岡山(税金のムダ?責任は?) モデルナ製ワクチン11万回分以上廃棄へ 3回目用
岡山0感染者推移カレ0530
岡山感染者0530
岡山感染者推移0530
岡山年代別感染者0530


ワクチン 大量廃棄? か有効期限延長? 00
岡山 モデルナ製ワクチン11万回分以上廃棄へ_1
岡山県ワクチン接種率0531



全国感染者0530
6月から値上げ 家計に直撃!
6月から値上げ
値上げの夏?秋も?
00 物価の上昇??
01 物価の上昇??
02 物価の上昇??

全国消費者物価指数_o

実質賃金 の推移

岡山県 新型コロナ263人感染確認 減少傾向続く

 新型コロナウイルスは30日、県内で263人の感染が発表されました。
前の週の月曜日より90人以上少なく、減少傾向が続いています。

新たに感染が発表されたのは、岡山市で77人、倉敷市で62人、津山市で36人、瀬戸内市で15人、総社市で12人、玉野市で10人、笠岡市と和気町でそれぞれ7人、浅口市で6人、早島町と鏡野町でそれぞれ5人、井原市と赤磐市、里庄町、奈義町でそれぞれ3人、新見市と美作市、美咲町でそれぞれ2人、備前市と真庭市、矢掛町でそれぞれ1人の、あわせて263人です。
このうち岡山市と津山市で、それぞれ1人が中等症となっています。
新たなクラスターは、岡山市と倉敷市の学校であわせて2件発生しました。
年代別でみますと、10歳未満が69人で最も多く、次いで30代が44人、40代が37人、10代が35人、20代が28人、50代が17人、60代が13人、70代が10人、80代が6人、90代以上が4人となっています。
前の週の月曜日と比べると91人少なく、減少傾向が続いています。
県内での感染確認は、のべ9万7758人になりました。

/////
2つの学校でクラスター 岡山県で263人感染【岡山】


5月30日の新型コロナウイルスの感染状況です。

岡山県は、新たに263人が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。

2つの学校でクラスターが発生しています。

県内の内訳
岡山市77人、倉敷市62人、津山市36人、瀬戸内市15人、総社市12人、玉野市10人、笠岡市7人、和気町7人、浅口市6人、早島町5人、鏡野町5人、井原市3人、赤磐市3人、里庄町3人、奈義町3人、新見市2人、美作市2人、美咲町2人、備前市1人、真庭市1人、矢掛町1人 

年代別
10歳未満…69人、10代…35人、20代…28人、30代…44人、40代…37人、50代…17人、60代…13人、70代…10人、80代…6人、90代以上…4人 

新たに確認されたクラスター(計2件)
岡山市…中学校7人、倉敷市…学校10人


/////
岡山(税金のムダ?責任は?) モデルナ製ワクチン11万回分以上廃棄へ 3回目用、岡山県と県内27市町村
ワクチン 大量廃棄? か有効期限延長? 00



  新型コロナウイルスワクチン接種の3回目用に配備され、使われないまま廃棄される事態が全国各地で続く米モデルナ製について、岡山県と県内27市町村では少なくとも計11万回分以上が廃棄される見通しとなったことが30日、山陽新聞社の調査で判明した。米ファイザー製に比べて接種希望者が少なく、使用期限が短いこともあって使い切れなかったという。県内のモデルナは今月下旬に相次いで期限を迎えていた。

 27、30日の両日、県と各自治体の担当者に電話などで聞き取った。結果によると、期限切れは「集計できていない」とした津山、玉野、浅口市を除き、県と15市町村で計約11万1400回分に上った。内訳は岡山市5万520回分▽倉敷市3万3855回分▽県1万6275回分▽備前市3450回分―など。

 井原市、和気町など9市町は「なし」と回答した。

 余った要因として各自治体が挙げたのが、接種希望者の伸び悩み。同じく3回目接種に用いられたファイザーに比べ、モデルナは発熱などの副反応が出やすいとの報告があり「ファイザーに需要が偏った」(倉敷市)という。

 使用期限もファイザーの12カ月間に対し、モデルナは9カ月間と短いことがネックに。県の担当者は「国から届いた時点で使用できる期間が残り2カ月ということもあった」と明かす。

 このほか、1バイアル(瓶)から想定より多い回数を確保できたため、余剰が生じたとする自治体担当者もいた。

 首相官邸の集計によると、県内の3回目ワクチン全体の接種率(29日時点)は57・13%で、全国平均(58・53%)を下回る。高齢者らを対象にした4回目接種もスタートした中、県ワクチン対策室は「需要と供給のバランスを見ながらワクチンを発注するとともに、市町村と連携してなるべく廃棄を出さないよう努めたい」としている。
岡山 モデルナ製ワクチン11万回分以上廃棄へ_1

/////

新型コロナウイルス 全国で1万2207人感染 東京では約4か月半ぶりに2000人を下回る/「ジョンソン・エンド・ジョンソン」のワクチン承認へ 厚労省/ 試験的な団体旅行で訪日の観光客 コロナに感染 ツアーは中止
全国感染者0530

新型コロナウイルス 全国で1万2207人感染 東京では約4か月半ぶりに2000人を下回る




新型コロナウイルスについて全国で30日、新たに1万2207人の感染が発表されました。

東京都が30日、発表した新たな感染者は1344人でした。

5月23日から681人減り、17日連続で前の週の同じ曜日を下回りました。新規感染者数が2000人を下回るのは今年1月以来、およそ4か月半ぶりです。

都道府県別の数字です。全国ではあわせて1万2207人で、5月23日と比べ6300人少なくなりました。

すべての都道府県で前の週の同じ曜日を下回り、全国的に減少傾向が続いています。

全国で入院している感染者のうち重症者は90人。新たな死者は24人発表されています。


/////

東京 コロナ 3人死亡 1344人感染確認 前週月曜より約700人減


東京都内の30日の感染確認は、1週間前の月曜日よりおよそ700人少ない1344人で、前の週の同じ曜日を17日連続で下回りました。

また、都は、感染が確認された3人が死亡したことを発表しました。

東京都は30日、都内で新たに10歳未満から100歳以上の1344人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。

1週間前の月曜日よりおよそ700人減りました。

前の週の同じ曜日を下回るのは17日連続です。

一日の感染確認が2000人を下回るのはことし1月11日以来です。

30日までの7日間平均は2758.3人で、前の週の78.6%でした。

30日に確認された1344人を年代別に見ると、30代が最も多く、全体の19.6%にあたる264人でした。

65歳以上の高齢者は109人で、全体の8.1%です。

感染経路が分かっている467人のうち最も多いのは「家庭内」で、71.9%にあたる336人でした。

また、これまでの都の基準で集計した人工呼吸器かECMO=人工心肺装置を使っている重症の患者は4人で、29日より1人増えました。

一方、都は、感染が確認された70代と80代の男性あわせて3人が死亡したことを発表しました。



/////


「ジョンソン・エンド・ジョンソン」のワクチン承認へ 厚労省



 アメリカの製薬大手「ジョンソン・エンド・ジョンソン」の新型コロナウイルスワクチンについて、厚生労働省は、18歳以上への使用を承認する方針を決めました。
承認されれば国内で5種類目のワクチンとなりますが、無料で受けられる公的接種の対象とはしない方針です。

厚生労働省は30日、専門家部会を開いて「ジョンソン・エンド・ジョンソン」のグループ企業「ヤンセンファーマ」が開発したワクチンを承認する方針を決めました。

対象は18歳以上で、承認されれば、国内の新型コロナウイルスワクチンでは5種類目です。

接種回数は基本的に1回で、2か月空けて追加の接種を行うこともできます。

海外で行われた臨床試験では、中等度以上の発症を防ぐ効果が、1回目の接種で66.9%、2回目では75.2%だったとしています。

一方、すでに承認されているほかのワクチンで、現時点で必要な量は確保できていることから、当面は無料で受けられる公的接種の対象とはしない方針です。

国からは供給しないため、医療機関や自治体が使用するには、独自に購入する必要があります。

アメリカでは、このワクチンについて、まれに血栓症が報告されていて、ほかのワクチンを入手できない場合などに使用が限られています。

アストラゼネカと同じ「ウイルスベクターワクチン」
これまで国内で承認を受けた新型コロナウイルスのワクチンには3つのタイプがあります。

このうち、ファイザーとモデルナは遺伝物質の「mRNA」を使っていて、「mRNAワクチン」と呼ばれています。

また、ノババックスのワクチンは「組換えタンパクワクチン」と呼ばれ、ウイルスのたんぱく質を人工的に作り出し、ワクチンとして接種します。

そして、アストラゼネカのワクチンは「ウイルスベクターワクチン」と呼ばれるタイプで、人体に無害なウイルスを使って遺伝物質を運びます。

ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンは、このうちアストラゼネカと同じ「ウイルスベクターワクチン」です。

ワクチンに詳しい北里大学の中山哲夫特任教授は、ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンについて「メリットとしては、1回の接種で済むという特徴がある。一方で、ウイルスベクターワクチンは、まれに血栓症を引き起こす可能性が指摘されたことから、あまり広く使われてこなかった。高い有効性を示しつつ副反応への懸念を軽減することが課題ではないか」と指摘しました。

そのうえで「新型コロナウイルスに対して、さまざまな仕組みのワクチンが次々と開発されることは、選択肢を増やすことにつながる。コロナだけでなく次の新興感染症への備えという意味でも、多くのワクチンが実用化されることには意味があると考えている」と話していました。

/////

試験的な団体旅行で訪日の観光客 コロナに感染 ツアーは中止 (なぜ?感染したかの可能性は?)
試験的な団体旅行で訪日の観光客 コロナに感染


 外国人観光客の受け入れ再開を前に実施している試験的な団体旅行で、タイから大分県を訪れている客の1人が新型コロナウイルスに感染したことが分かりました。観光庁によりますと、この客を含むグループのツアーを中止しましたが、来月10日からの受け入れ再開の方針に変わりはないとしています。


新型コロナウイルスの感染が確認されたのは、観光庁の試験的な団体旅行で今月27日にタイから訪れ、大分県内に滞在していた客の1人です。

観光庁によりますとこのツアー客は30日、のどの痛みを訴え、医療機関で抗原検査を受けた結果、新型コロナウイルスに感染していることが確認されたということです。

この客は合わせて4人のグループで参加していましたが、観光庁はこのグループのツアーを中止しました。

感染した客の症状は軽く、宿泊療養用のホテルに入ったほか、同行していたほかの3人の客は濃厚接触者に当たるとして、別のホテルで待機しています。

来月10日から添乗員付きのツアー客に限って外国観光客の受け入れを再開する方針に変わりはなく、今回は一連の対応をツアーの添乗員が行ったということで、観光庁は感染の疑いが出る場合に備え旅行会社向けのガイドラインを作成したいとしています。

/////

【国内感染】新型コロナ 24人死亡 1万2207人感染(30日18:15)



 30日はこれまでに全国で1万2207人の感染が発表されています。

また、埼玉県で5人、東京都で3人、北海道で2人、岐阜県で2人、福岡県で2人、三重県で1人、兵庫県で1人、大阪府で1人、宮城県で1人、広島県で1人、徳島県で1人、愛知県で1人、栃木県で1人、沖縄県で1人、熊本県で1人の合わせて24人の死亡の発表がありました。

国内で感染が確認された人は空港の検疫などを含め883万1816人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて883万2528人となっています。

亡くなった人は国内で感染が確認された人が3万584人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて3万597人です。

各自治体などによりますと、国内で感染が確認された人は累計で次のとおりです。

( )内は30日の新たな感染者数です。

▽東京都は153万8037人(1344)
▽大阪府は97万1507人(548)
▽神奈川県は75万2806人(903)
▽埼玉県は54万9775人(700)
▽愛知県は54万700人(535)
▽千葉県は44万9027人(423)
▽福岡県は42万4125人(799)
▽兵庫県は42万3719人(373)
▽北海道は35万7866人(894)
▽沖縄県は21万3780人(466)
▽京都府は20万3032人(220)
▽静岡県は16万9634人(244)
▽茨城県は15万8567人(273)
▽広島県は15万6665人(416)
▽岐阜県は9万9371人(248)
▽熊本県は9万7801人(233)
▽岡山県は9万7758人(263)
▽群馬県は9万4120人(99)
▽奈良県は9万956人(128)
▽栃木県は9万739人(84)
▽滋賀県は9万460人(128)
▽宮城県は8万6566人(148)
▽鹿児島県は8万2302人(219)
▽三重県は8万1886人(137)
▽長野県は7万3148人(115)
▽新潟県は7万1660人(181)
▽福島県は6万3299人(93)
▽長崎県は5万8241人(112)
▽青森県は5万7591人(101)
▽石川県は5万5607人(217)
▽大分県は5万3782人(143)
▽宮崎県は5万2505人(130)
▽佐賀県は5万2198人(130)
▽香川県は4万7949人(63)
▽山口県は4万4427人(139)
▽和歌山県は4万2015人(48)
▽愛媛県は3万9352人(98)
▽富山県は3万7187人(46)
▽福井県は3万5147人(196)
▽岩手県は3万4581人(103)
▽山梨県は3万2480人(65)
▽秋田県は3万300人(49)
▽山形県は2万8377人(47)
▽高知県は2万7455人(43)
▽徳島県は2万2067人(38)
▽島根県は1万6849人(25)
▽鳥取県は1万5056人(59)です。

このほか
▽空港などの検疫での感染確認は19171人(141)
▽中国からのチャーター機で帰国した人と国の職員や検疫官などの感染は合わせて173人です。

厚生労働省によりますと新型コロナウイルスへの感染が確認された人で、人工呼吸器や集中治療室などで治療を受けるなどしている重症者は、30日時点で90人(+2)となっています。

一方、症状が改善して退院した人などは30日時点で
▽国内で感染が確認された人が849万6184人
▽クルーズ船の乗客・乗員が659人の合わせて849万6843人となっています。

また、今月26日に行われた自主検査を除くPCR検査などの数は、速報値で6万3633件でした。

・集計は後日、自治体などにより修正される可能性がありますが、過去の原稿はさかのぼって修正しないため、累計数などで差が出ることがあります。

・在日米軍の感染者は含めていません。

///// 


岡山県庁通り「マルゴデリ」が実験的に朝営業 バナナジュースなど4種類提供/スーパーフード“モリンガ”で地球温暖化を防げ 栽培面積拡大目指し高校生や地元企業が種まき

岡山県庁通り「マルゴデリ」が実験的に朝営業 バナナジュースなど4種類提供 


 県庁通りのフレッシュジュース店「マルゴデリ」(岡山市北区田町1)田町店が6月1日、朝営業を始める。



 朝営業は、6月16日までの火曜・水曜・木曜に実験的に行う。提供するのは、フレッシュジュースの「バナナ」(450円)、名刀味噌(みそ)本舗(瀬戸内市)の甘酒を使った「甘酒バナナ」(550円)、アメリカーノ(400円)、カフェラテ(450円)の4種類。店外にベンチが2組、店内に1組あるほか、通りに新しく備え付けられた公共のテーブルと長椅子を使うことができる。

 同店は、2001(平成13)年にスペシャルティコーヒー専門店として、田町店をオープン。開業から約5年は7時から営業していたという。現在は、イオンモール岡山店(下石井2)、さんすて倉敷店(倉敷市)など8店舗を展開している。

 県庁通りでは3月、西から東へ向かう一方通行の車道2車線を1車線化する工事が完了。市役所通りから柳川通りまでの約600メートルにわたり歩道を拡張して街路樹を植え替え、照明やテーブル・椅子などを設置した。

 県庁通りの工事完了後、同店スタッフが店前で7時~9時の交通量を調査したところ、約700人が県庁通りを通勤・通学に使っている日もあったという。スタッフの堀部祐希さんは、「歩道が広くなったことで、子ども連れやベビーカーの人も増えた。歩道に敷かれたブロック舗装も明るくなり、開放感を感じ歩きやすくなった。県庁通りが整備され歩きやすくなったことをきっかけに、朝の時間も楽しんでもらえるように朝営業を始める」と話す。

 オーナーの平野裕治さんは「朝食代わりに栄養をチャージする人、コーヒーを片手に出勤する人、朝の時間をのんびり過ごす人など、生活の場面として使ってほしい。県庁通りで朝営業をする店が増えるともっと歩いて楽しい街になるはず。要望があれば、パンやサンドイッチの提供を検討する」と話す。

 朝営業の時間は7時30分~9時30分。通常の営業時間は11時~21時。


/////
スーパーフード“モリンガ”で地球温暖化を防げ 栽培面積拡大目指し高校生や地元企業が種まき【岡山】


栄養価に優れる「スーパーフード」として活用が進んでいるのが“モリンガ”という植物です。CO2の吸収力が高いことから地球温暖化防止など環境の分野でも注目されています。栽培面積を広げようと岡山市南区で先週種まきが行われました。

(ヒューマンヘルスアカデミー研究所 清水芳雄代表)
「これがモリンガの種です、結構大きいでしょう」

高校生の手で種が植えられていきます。北インド原産のモリンガは栄養価が高く、インドの伝統医学アーユルヴェーダでは300以上の作用があるともいわれます。岡山でモリンガを栽培する清水芳雄さんは美容や健康だけではなく、環境の改善にも役立つと話します。

(ヒューマンヘルスアカデミー研究所 清水芳雄代表)
「こちらが普通の樹木、モリンガが一番左、いかにモリンガが他の樹木に対して、優位にCO2を吸収するかということが分かる、自信を持って言っている」

岡山大学の調査では、モリンガの苗木と、大きさが同じくらいの身近な植物とを比べると、モリンガのCO2吸収力は数倍という結果になりました。新たに始まったプロジェクトは、栽培面積を増やし地球温暖化防止を目指すものです。この日は環境問題に関心のある企業や高校生などの協力でモリンガの種まきが行われました。

(植樹をした高校生)
「授業で聞いていくうちに、そんな食べ物があるんだと興味を持ち始めた」
「私たち高校生がこういうことを知っていくことで、少しでも環境問題の対策につながれば」

(コンケングループ環境・広報担当 小林未侑さん)
「私たちも環境をどう良くしていくか、未来にどんな風に豊かな生活を残していくかというところに重きを置いているので、すごく効果的な手段かなと思って取り組んでいます」

今年は約1万5000本を育て、8月ごろ収穫が始まります。

(ヒューマンヘルスアカデミー研究所 清水芳雄代表)
「自然をいかに培っていくか、もっと増やしていくか、植物を環境に活かすサイクルを作っていくことが一番地球にとっては優しいし、いいんじゃないかなと」

地球の救世主となる可能性を秘めたモリンガ。清水さんは2050年までに、3000万本まで増やしたいと意気込んでいます。
/////

岡山(税金のムダ?責任は?) モデルナ製ワクチン11万回分以上廃棄へ 3回目用、岡山県と県内27市町村

ワクチン 大量廃棄? か有効期限延長? 00

岡山 モデルナ製ワクチン11万回分以上廃棄へ_1
岡山県ワクチン接種率0531

  新型コロナウイルスワクチン接種の3回目用に配備され、使われないまま廃棄される事態が全国各地で続く米モデルナ製について、岡山県と県内27市町村では少なくとも計11万回分以上が廃棄される見通しとなったことが30日、山陽新聞社の調査で判明した。米ファイザー製に比べて接種希望者が少なく、使用期限が短いこともあって使い切れなかったという。県内のモデルナは今月下旬に相次いで期限を迎えていた。

 27、30日の両日、県と各自治体の担当者に電話などで聞き取った。結果によると、期限切れは「集計できていない」とした津山、玉野、浅口市を除き、県と15市町村で計約11万1400回分に上った。内訳は岡山市5万520回分▽倉敷市3万3855回分▽県1万6275回分▽備前市3450回分―など。

 井原市、和気町など9市町は「なし」と回答した。

 余った要因として各自治体が挙げたのが、接種希望者の伸び悩み。同じく3回目接種に用いられたファイザーに比べ、モデルナは発熱などの副反応が出やすいとの報告があり「ファイザーに需要が偏った」(倉敷市)という。

 使用期限もファイザーの12カ月間に対し、モデルナは9カ月間と短いことがネックに。県の担当者は「国から届いた時点で使用できる期間が残り2カ月ということもあった」と明かす。

 このほか、1バイアル(瓶)から想定より多い回数を確保できたため、余剰が生じたとする自治体担当者もいた。

 首相官邸の集計によると、県内の3回目ワクチン全体の接種率(29日時点)は57・13%で、全国平均(58・53%)を下回る。高齢者らを対象にした4回目接種もスタートした中、県ワクチン対策室は「需要と供給のバランスを見ながらワクチンを発注するとともに、市町村と連携してなるべく廃棄を出さないよう努めたい」としている。

岡山市 J2ファジアーノ岡山整備のフットサルコート 岡山市に完成/岡山 Tリーグ・岡山リベッツ、龍崎東寅と契約更新 「ファンから愛される選手目指す」


岡山市 J2ファジアーノ岡山整備のフットサルコート 岡山市に完成


 サッカーJ2のファジアーノ岡山が整備したフットサルコートが岡山市に完成し、さっそく地元の子どもたちが真新しい人工芝の感触を楽しんでいました。

フットサルコートは、岡山市北区のJR北長瀬駅の近くにある、JR西日本の3000平方メートルの土地をファジアーノが借り受けて整備しました。
記念のセレモニーではファジアーノ岡山の北川真也社長が「地域の皆さんに親しんでほしい」とあいさつし、テープカットが行われました。
このあと、地元の保育園に通うおよそ50人の子どもたちが人工芝のコートに入り、ボールを蹴ったり、投げたりして楽しんでいました。
大小2面あるコートにはナイター設備も設けられていて、ファジアーノがサッカースクールを開設するほか、一般の人もインターネットによる事前の予約で利用できるということです。
セレモニーに参加したファジアーノ岡山の廣木雄磨選手は「やわらかい芝で、子どもたちが転んでも大丈夫だと思う。サッカーの楽しさを感じられる場所になって欲しい」と話していました。
/////

岡山 Tリーグ・岡山リベッツ、龍崎東寅と契約更新 「ファンから愛される選手目指す」


  卓球Tリーグ男子の岡山リベッツは30日、龍崎東寅(23)と、2022~23年シーズンの契約を更新したと発表した。

 龍崎は威力のあるフォアドライブが武器でチームに加入した昨季はシングルス9試合で1勝8敗だった。「最高なチームで戦えることをうれしく思う。成績はもちろん、ファンの方から愛される選手を目指して頑張っていく」とコメントした。


/////

「地域に開かれたスポーツ施設目指す」ファジアーノ岡山フットサルパーク大安寺が完成【岡山】


ファジアーノ岡山が、岡山市北区に整備していたフットサルパークが完成しました。地域に開かれたスポーツ施設を目指します。

オープンした「ファジアーノ岡山フットサルパーク大安寺」です。チームのスポンサーでもあるJR西日本が保有する土地を活用して作られました。人工芝のグラウンド2面に照明設備を備え、クラブハウスも用意されています。

ファジアーノによりますと岡山県内の芝生のグラウンドの数は全国の都道府県で5番目に少なく練習場所に困るチームもあったと言います。新たな施設は誰でも気軽にスポーツが楽しめる場所を目指しています。

(保育園児)
「ボール蹴ったりした、楽しかった」

(ファジアーノ岡山スポーツクラブ 北川真也代表)
「地域の方がいつでもサッカーやスポーツをできる環境ができていく、そんな施設にしていきたい」

今後はファジアーノ岡山のサッカースクールの会場として使われるほか、有料で一般にも貸し出されます。


/////

岡山 「観光の起爆剤に!」キックボードなど電動バイクの活用策を大学生が模索【岡山】


 環境に優しく、気軽に街を巡ることができる移動手段として、キックボードなどの電動バイクの導入が世界的に進んでいます。岡山でも観光に役立てたいと、大学生が岡山市内を実際に走って、その活用策を探りました。

(リポート)
「乗り心地最高です。音も静かですね。こちらの電動バイク、電気で走るためエコな乗り物として今注目が高まっています」

最高時速は30キロ、小回りが利くためちょっとした街乗りに最適な電動バイクです。新たな移動手段やレジャーとして、観光の起爆剤にしたいと動き出したのは岡山理科大学の学生です。電動バイクのレンタル事業などを行う丸田産業の協力を得て取り組みを始めました。実際に道を走って観光への活用策やバイクの乗り心地などの改善点を調査しました。

(岡山理科大学経営学部 林恒宏准教授)
「お客さんたちの観光行動の範囲が広がるわけです。そうすることで、岡山の魅力をさらに全国に発信する」

電動バイクは狭い道を通ったり、気軽に寄り道をしたりすることができるため、様々な観光地で二次交通として普及が進んでいます。アフターコロナのインバウンド需要も見据え、岡山城など観光スポットを訪れて電動バイクで巡る観光コースも検討しました。

(学生)
「インスタや、友達にこんなものがあったと伝えたいです」
「風の気持ち良さを感じられてとてもいい経験になりました」
「蒜山でも爽快感がありますし、広い草原を走っていると楽しいので良いと思います」

電動バイクによる地域活性化に丸田産業も期待を寄せています。

(丸田産業 井上弘雅常務)
「こういうコースの方がいいのではないかということも出てくるのではないかと思いますので、ぜひそういった意見も取り入れてコースを作ってみたいなと」

岡山理科大学では調査結果を踏まえ、自治体への施策の提案も目指しています。

このページのトップヘ