岡山市の フリー Wi Fi は、唯一安全らしい? 観光都市 京都 から・・
京都市の公衆WiFi「危険」


「京都から鹿児島まで、2014年末にタブロイドが独自取材した西日本主要8都市の自治体系フリーWi-Fiのうち、通信が暗号化されていたのはわずか1都市のみ(岡山市)でした。それ以外はユーザー登録や認証の仕組みこそ違うものの、基本的には通信の内容が第三者に傍受されやすい状態。」



「京都のフリーWi-Fiはあまりに危険」府警サイバー犯罪対策課が警告

悪用される恐れ、被害を受ける恐れ、どちらもありそうです。

外国人を中心とした観光客の利便性向上のため、無料で使えるW-Fi(無線LAN)スポットを提供する都市・観光地が急増中です。が、自治体によってセキュリティ意識に差があり、各方面から注意が呼びかけられています。


特に、京都府警サイバー犯罪対策課は、京都市が提供している『KYOTO Wi-Fi』について、「ネット環境があまりに危険」と指摘。これを受けて市も安全対策を見直すことにしたのだそう。

KYOTO WiFiとは

京都市の公衆WiFi「危険」 A

KYOTO Wi-Fiは,京都市と連携した事業者が提供するWi-Fiサービスです。
どなたでも無料で,簡単に24時間ご利用いただくことが出来ます。是非,ご利用ください。

「そうだ、京都でネットしよう!」KYOTO Wi-Fiの繋ぎ方

「そうだ、京都でネットしよう!」KYOTO Wi-Fiの繋ぎ方

京都の観光客向けネット環境『KYOTO WiFi』は、京都駅周辺の観光地一帯に大量のアクセスポイントを提供している、利便性の高い公衆無線LANです。

しかし通信が暗号化されていなかったり、セキュリティ面での懸念があったのは事実。また、誰でも簡単に使えることから、犯罪予告や薬物密売に悪用されると、発信元の特定が難しいという懸念もありました。

他の自治体はどうなっている?


京都から鹿児島まで、2014年末にタブロイドが独自取材した西日本主要8都市の自治体系フリーWi-Fiのうち、通信が暗号化されていたのはわずか1都市のみ(岡山市)でした。それ以外はユーザー登録や認証の仕組みこそ違うものの、基本的には通信の内容が第三者に傍受されやすい状態。

今回の京都の事例を受け、他の自治体でもWi-Fiセキュリティの見直しが行われる可能性は大いにあると予想されます。

こうしたアクセスポイントを悪用するつもりはなくても、ユーザーとしてはクレジットカード情報や個人情報を伴う通信をしないよう注意するなど、自衛策を講じておく必要がありますね。

 
 京都市の公衆WiFi「危険」 府警「犯罪インフラに」警告 [京都新聞]
古都(こと) 京都・・・! 公衆WiFiも「こと(古飛)」だった?
/////
安全なのは、どれだろうかね?!

/////
岡山県公衆無線LANスポット「おかやまモバイルSPOT」


設定の仕方

市区町村
岡山市北区(35)
岡山市中区(9)
玉野市(2)
赤磐市(2)
総社市(3)
笠岡市(3)
真庭市(2)
岡山市東区(6)
津山市(10)
高梁市(1)
倉敷市(42)
岡山市南区(12)
都窪郡早島町(3)

岡山市北区で35件のWi-Fiスポット???


岡山県のWi-Fi対応カフェは倉敷市・岡山市北区・岡山市南区などのエリアに多く集まっています。徒歩圏内に多くのお店があるのは岡山駅・岡山駅前駅・西川緑道公園駅などです。
岡山県にあるWi-Fi

/////
/////
岡山県公衆無線LANスポット「おかやまモバイルSPOT」

施設名
 
主な利用可能場所
 
県庁 1F県民室
岡山空港
待合室、搭乗待合室(国内・国際線)、出発ロビー(国内・国際線)、有料待合室
 
コンベックス岡山 1F交流広場、2Fロビー
天神山文化プラザ 1Fホワイエ、2Fロビー
県立図書館 1F休憩・喫茶コーナー、2Fサークル活動室
県立美術館 1Fロビー
県立博物館 1Fロビー、2Fロビー
県生涯学習センター 交流棟、人と科学の未来館サイピア
マスカットスタジアム 1塁側スタンド最上階付近、3塁側スタンド最上階付近、記者席、プレスルーム
桃太郎アリーナ メインアリーナ、1Fエントランス、2Fホワイエ
kankoスタジアム メインスタジアム東・中央・西
岡山武道館 主道場
岡山国際交流センター
B1Fレセプションホール、2F国際会議場、3Fロビー・研修室・傍聴席・同時通訳施設、4F図書資料室・交流サロン、5F会議室(1)・(2)・(3)、6F交流プラザ、7F多目的ホール、8Fイベントホール
 
テレポート岡山 1Fホール
きらめきプラザ 2Fボランティア・NPO活動支援センター、7F会議室
県立記録資料館 2F閲覧室
美作ラグビー・サッカー場 1Fエントランス、メインスタンド
テクノサポート岡山 1F研修棟ロビー
県民局・地域事務所 備前県民局、備中県民局、美作県民局、東備地域事務所、井笠地域事務所、高梁地域事務所、新見地域事務所、真庭地域事務所、勝英地域事務所 各1Fロビー
真庭市
真庭市役所久世本庁舎、蒜山振興局、美甘支局、久世公民館、北房文化センター、勝山文化センター、蒜山図書館、勝山図書館、久世エスパスランド、湯原ふれあいセンター、市民活動支援プラザ  ※詳しくは真庭市ホームページをご覧ください。
 
高梁市 文化交流館  ※詳しくは高梁市ホームページをご覧ください。
赤磐市
中央図書館、中央公民館、山陽公民館、熊山英国庭園、山陽ふれあい公園総合体育館、桜が丘いきいき交流センター、吉井図書館  ※詳しくは赤磐市ホームページをご覧ください。
 
岡山大学
津島キャンパス、鹿田キャンパス、倉敷地区、平井地区、芳賀地区  ※詳しくは岡山大学ホームページをご覧ください。
 

米子コンベンションセンター BiG SHiP
 1FPRコーナー、エントランスロビー、2F国際会議室、小ホール、多目的ホール、3F第2会議室、第3会議室、6F第8会議室
岡山県立大学 学部共通棟(南)・(西)、情報工学部棟、情報工学部教育研究棟、図書館、学生会館、体育館
とっとり・おかやま新橋館 1F店舗、2Fロビー、軽飲食スペース、催事スペース

/////
20160221
京都 複数の公衆Wi-Fiにひとつのアプリで接続、訪日客向けに実証実験へ

 総務省は、訪日外国人向けに提供される公衆無線LANサービスにおいて、利用開始の手続きを簡素化・一元化できるよう取り組んでいく方針を発表した。

 取り組みでは、共通の技術仕様を策定し、事業者が採用する際にも容易な方式の普及を図る。また、民間とも協力しながら、技術仕様の有用性を検証する実証実験を行うほか、データの取り扱いやセキュリティの確保についても社会合意の形成を促していくとしている。

 具体的には、Web API方式を基本にし、ユーザー(訪日外国人観光客など)がひとつのアプリを利用するだけで、複数の事業者の公衆無線LANサービスに接続できるなど、事業者の枠を超えたシームレスな接続環境を目指す。

 このほかにも、災害時に公衆無線LANサービスを経由して情報を配信できるようなシステムや仕様も、検討・検証が行われる。

 KDDIは、子会社のワイヤ・アンド・ワイヤレスが提供する自治体Free Wi-Fiエリアのうち、実証実験に参加する自治体のサービスで、ゲートウェイ・アップ・ジャパンが提供する接続アプリ「OMOTENASHI App」との連携を行う。参加する自治体は函館市、仙台市、名古屋市、京都府、京都市、神戸市。

 ソフトバンクはお台場エリアで実証実験に参加し、他の事業者と同一のアプリで、ソフトバンクの公衆Wi-Fiサービスに接続できるようにしたり、その逆でソフトバンクの公衆Wi-Fiのユーザーが他の事業者のサービスに接続できるようにしたりする検証を行う。


/////