倉敷・円通寺などで良寛茶会
倉敷 円通寺 つつじ

江戸時代の禅僧・良寛をしのぶ第67回良寛茶会(聖良寛奉賛会主催、山陽新聞社共催)が12日、倉敷市玉島柏島の円通寺と国民宿舎良寛荘で開かれた。
円通寺本堂で追悼法要が行われ、仁保哲明住職が祭壇に献茶し読経した。円通寺と良寛荘には表千家、裏千家、藪内、煎茶の茶席を開設。岡山県内外から大勢の茶道愛好家らが訪れ、良寛和尚に思いをはせていた。 茶会は円通寺で修行した良寛を顕彰するため、1949年から開いている。

倉敷・円通寺 さくら