「穀雨」 岡山県内は蒸し暑い朝
お天気 お姉さんと
(  お天気 お姉さんと ・・・ スケッチ 美人 サポーター)

20日は二十四節気の一つ「穀雨」。穀物を潤す春の雨が降るころとされる。岡山県内は気圧の谷や暖かく湿った空気の影響で暦通りの雨が降り、各地の最低気温が平年より12~5度高い蒸し暑い朝となった。
 最低気温は真庭市蒜山上長田15・6度(平年3・7度)和気町17・7度(同6・3度)津山市16・2度(同6・8度)岡山市17・2度(同10・5度)などと5月下旬から6月並み。午前8時の湿度は津山市98%、岡山市90%に上った。
 同県美咲町東垪和(はが)地区の棚田には一面に水が張られ、5月上旬からの田植え準備が進められていた。
 岡山地方気象台は「21日は寒気の影響で雲が広がるが、その後はしばらく晴れる見込み。気温も平年より高めに推移するだろう」と予報している。