「さんすて倉敷」20店を公開  岡山 倉敷


<さんすて倉敷>開業 JR駅ビルを改装 雑貨関係など計24店舗 /岡山


JR倉敷駅ビルの一部解体・改装工事が完了、27日に商業施設「さんすて倉敷」がオープンした。

 同ビル南口側ではJR西日本のグループ会社が商業施設「ルブラン」と「ホテル倉敷」を1983年から営業していたが、駅北側の倉敷チボリ公園が2008年末に閉園した影響もあり、営業不振で10年末までに閉鎖。2年前から3階以上を撤去し、内部を新たな商業施設にする改装工事にかかっていた。床面積は1万8000平方メートルから5500平方メートルになった。

 「さんすて倉敷」は、JR西日本のグループ会社でJR岡山駅の岡山一番街や「さんすて岡山」、JR福山駅(広島県)の「さんすて福山」を運営する山陽SC開発(北区)が手がける。「さんすて倉敷」は、ビル南側に書店やコーヒーショップ、ドラッグストアなどのほか、紳士服店などのファッション、雑貨関係など計20店舗が入った。営業を継続している北側の居酒屋など4店も含め、「さんすて倉敷」は計24店舗でスタートした。

倉敷駅 さんすて倉敷

解体工事が終了したJR倉敷駅ビル(倉敷市阿知)に整備していた商業施設「サンステーションテラス倉敷(さんすて倉敷)」が完成。26日、報道関係者らに公開された。
 さんすて倉敷は、8階建てだった同ビルの3階以上を撤去し、残った1、2階部分に入居。山陽SC開発(岡山市北区駅元町)がファッションや雑貨、飲食など計20店を誘致し、1日平均約3万8千人の同駅乗降客の取り込みを図る。オープンは27日午前10時。
 26日は、各店舗の担当者が商品やサービスのラインアップを紹介した。
 山陽SC開発によると、店舗面積は約2400平方メートル。ファッションや雑貨関連のテナントでは、天満屋(岡山市)が運営し化粧品や靴、バッグなどを扱う新業態店をはじめ、衣料品販売のサキヤクリエイト(倉敷市)の「ルカ」、紳士服大手のコナカ(横浜市)が展開する「スーツセレクト」などが入居する。
 このほか、ドラッグストアや書店、カフェ、居酒屋も誘致。駅構内の北側で既に営業している飲食店を含めると24店となる。山陽SC開発マーケティング推進部の永井秀和担当部長は「観光客や通勤通学者にとって、便利で使い勝手の良い施設にしたい」と話した。
 倉敷駅ビルは1983年に開業し、専門店やホテルが入居していたが、景気後退などで収益が悪化し、2010年末で閉鎖。JR西日本が13年2月から解体工事に入っていた。

/////
観光都市・倉敷の玄関口一新 JR駅ビルにさんすて倉敷オープン 岡山

倉敷市のJR倉敷駅ビルで27日、商業ゾーン「サンステーションテラス倉敷(愛称・さんすて倉敷)」がオープンし、観光都市・倉敷の玄関口が一新された。JRグループの山陽SC開発(岡山市北区)が整備。「さんすて」を冠した商業ゾーンは岡山(岡山市北区)、福山(広島県福山市)の各駅内に次いで3例目となる。

 同ビルは平成22年12月、8階建てのホテルと商業テナントが営業を終了したのを機に、24年度からJRが3階建てに減築。残された1、2階部分(店舗面積約2400平方メートル)を改修した。駅舎内の既存4店も加えた計24店があり、うち半数が飲食関係となった。地元の果物を使ったドリンクコーナーやマグロ解体をセールスポイントとする居酒屋、ベーカリーカフェなどがある。ファッション関係5店のほか、書店や薬局、コンビニエンスストアなども入居。全国初も含め計11店が同市で初出店となる。

 27日は同開発の押川正大社長や来賓の伊東香織倉敷市長らがあいさつ。「年間当たり約1300万人の乗降客がある県内有数の駅で、約300万人が訪れる倉敷美観地区の表玄関としても拠点性、滞在機能が高まり何より」などと話し、テープカットでオープンを祝った。

                  ◇

 「さんすて倉敷」のオープンを記念し、周辺の倉敷天満屋、アリオ倉敷、三井アウトレットパークをあわせた商業4施設は5月1~6日、スタンプラリー「倉敷駅ぐるり!! Happy クローバーラリー」を開催する。専用の応募用紙に4施設のスタンプを集めて申し込めば、1人に旅行ギフト券(10万円相当)、10人に特産品(カニ、和牛肉を選択)、140人に賞品(千、3千、5千円相当)が当たる。

 問い合わせは同開発(電)086・800・0100。

/////

倉敷駅 さんすて倉敷 夜