<阿智の藤>倉敷で見ごろ 参拝者ら楽しむ 来月まつり /岡山
阿智の藤

倉敷市本町の阿智神社の県の天然記念物「阿智の藤」が五分咲きとなり、訪れた人が花の色や甘い香りを楽しんでいる。来月1日には満開となる見込み。

 樹齢350年以上とされるアケボノフジ。24日に訪れた倉敷市玉島阿賀崎1の主婦、岡本真弓さん(59)は「きれいで品があり、見応えがある」と話した。

 阿智神社では5月1~5日、藤まつりを開催。3日は、音楽家の住宅正人さんが「ちくわ笛」を演奏し、5日は、岡山城鉄砲隊が火縄銃の砲術を披露する。午前10時~午後3時。入場無料。問い合わせは阿智神社(086・425・4898)。