岡山「てんちか」リニューアル  天満屋岡山店

岡山 「てんちか」グランドオープン

岡山市が歩行者天国 社会実験 から てんちか」リニューアル  天満屋岡山店
 
岡山 天満屋

岡山「てんちか」リニューアル 天満屋岡山店 に行ってみた!

チーズタルト専門店・パブロ  が おススメ!
おススメ

岡山「てんちか」リニューアル  天満屋岡山店

ゴールデンウイークに合わせて27日、天満屋岡山店(岡山市北区表町)は地下食品売り場を約4割増床し、5千平方メートルに広げ「てんちかフードガーデン」としてリニューアルした。中四国初を含む30店が新規出店。岡山県内の飲食店や加工食品を集めたコーナーも新設して「デパ地下」の魅力を高め、食料品売り上げの3割増を目指す。
 バスステーション地下で天満屋が運営していた商業ゾーン「天地下タウン」を再整備。本館地下にあった既存売り場(約3500平方メートル)と一体的に運営する。今後も一部で改装を続け、全面開業は6月3日の予定。投資額は約25億円で、同店では過去10年で最大規模という。
 チーズタルト専門店・パブロ、イタリアンスイーツのシーキューブなど7店が中四国初。パブロには、午前9時半ごろから約40人が行列をつくり、同10時の営業開始とともに、買い物客らが足早に目当ての店舗に向かった。
 また、県内の天丼や寿司(すし)店など6店を集めたイートインコーナー「晴れの国キッチン」、蒜山高原の乳製品や牛窓のママカリなど地場産品約500種類を扱う「岡山贔屓(びいき)」も設けた。全面開業後の食料品売り場の店舗数は計約100店となる。
 天満屋岡山店の渡辺俊文店長は「イオンモール岡山開業の影響を受けていたが、今回のリニューアルを機に客足を戻したい」と話している。

岡山 美人 天満屋にて スケッチ
(  岡山 天満屋 を応援 サポーター 美人 )

岡山 てんちか グランドオープン