フェルメールの世界 ファン魅了
「フェルメール展」 記憶

オランダの画家ヨハネス・フェルメール(1632~75年)の現存37作品を制作当時の色調、質感に再現した「フェルメール
 光の王国展」(山陽新聞社など主催)は会期終盤。会場の岡山市北区駅元町、岡山シティミュージアムには29日も多くの美術ファンらが訪れ、繊細な光の陰影が織りなす作品世界に浸っていた。
 女性を包む柔らかな光が幸福感を醸す「窓辺で手紙を読む女」、闇に浮かび上がった向き合う2人の女性がドラマを感じさせる「女と召使い」…。最新のデジタル画像処理・印刷技術を駆使して色のくすみや表面のひびなどを補正した原寸大の複製が、制作年代順に並べられている。
 訪れた人たちは1点ずつ足を止め、透明感のある色使いと多彩な光の表現を堪能。会社員男性(62)=倉敷市=は「色が美しく臨場感たっぷり。人物周辺の細かな描き込みまではっきりと見て取ることができ、緻密な画面構成に圧倒された」と話していた。
 同展は5月6日まで。
/////
「フェルメール展」 

/////