半田山植物園で「春の花まつり」  岡山

半田山植物園 美人
( 半田山植物園 スケッチ 美人 サポーター )

<春の花まつり>草花触れる、みどりの日 北区・半田山植物園 /岡山

「みどりの日」の4日、北区法界院の岡山市半田山植物園が入園無料になり、園内で「春の花まつり」が開かれた。家族連れなど多くの人が訪れ、リース作りや草花観察会など、植物に親しむイベントに参加した。

 「初夏のリースづくり体験」には約20人が参加。園職員と一緒に園内を散策し、リースを飾り付ける材料を採取した。普段は園内の草花などを摘み取ることはできないが、今回は特別に職員の指導で松ぼっくりを拾ったり、葉をハサミで数枚切り取るなどした。

 まつりは5日まで。開園時間は午前9時~午後4時半。ハーブティーのテイスティングや盆栽作りなどがある。問い合わせは同園(086・252・4183)。

//////
半田山植物園で「春の花まつり」  岡山

みどりの日の4日、岡山市北区法界院の半田山植物園で、恒例の「春の花まつり」が始まった。写真教室や草花観察会などを家族連れらが楽しんだ。5日まで。
 写真教室は市内外の約20人が参加。半田山写真クラブ講師の大寺義美さん(81)=同市東区=から「写真につけるタイトルを考えながら撮影すると、イメージが湧く」「構図をしっかりと決めて撮るように」などとアドバイスを受け、見頃のツツジをはじめ、ジャーマンアイリスやバラ、サボテンなどを写して歩いた。
 写真歴約20年の女性(71)=同市北区=は「花の美しさ、自然の素晴らしさをあらためて感じた」。倉敷市の男性(72)は「教わったことを生かし、人の気持ちを引きつけられる写真を撮りたい」と話した。
 5日は山野草を使った盆栽作り体験、ハーブティーの飲み比べなどがある。
//////