清らか オオヤマレンゲ見頃  岡山 真庭
オオヤマレンゲ

 真庭市鉄山の玉泉寺で“森の貴婦人”の愛称で親しまれる「オオヤマレンゲ」が次々と開花し、清らかなたたずまいの白い花が山あいを彩っている。
 モクレン科の落葉低木。ハスに似た形の直径6?8センチの花を付ける。花の内側にはピンクや深紅の雄しべがあり、純白の花びらとのコントラストが美しい。
 同寺は参拝者に楽しんでもらおうと、1990年代後半から境内や裏山の遊歩道沿いで植栽を始め、現在は約100本にまで増えている。今年は例年より1週間ほど早い14日に咲きだし、地域住民らが訪れて写真に収めるなどしている。
 見頃は6月下旬まで続く見込み。同寺は6月7日午前10時?午後2時、「オオヤマレンゲ祭り」を開く。花を観賞しながら地元住民手製の山菜おこわ、そばが味わえる。
 玉泉寺は「きれいな花を見て、心と体を癒やしてほしい」としている。問い合わせは同寺(0867 56 2366)。