地方の商店街も免税OK 岡山天満屋に全国初一括カウンター
全国初! いいぞ! 
美人 スケッチ サポーター ss



免税店

岡山市北区の表町商店街とロマンチック通り商店街の計20店舗が免税店に生まれ変わり、買い物をした外国人観光客の免税手続きを一括して担うカウンターが28日、商店街内の岡山天満屋に開設された。地方の免税店を増やそうと、政府が4月に始めた免税手続一括カウンター制度で、商店街では全国初。増加する外国人観光客を呼び込み、商店街の活性化が期待される。

 岡山天満屋で行われたセレモニーで、表町商店街連盟理事長の大開博之さん(58)は「表町商店街は400年の歴史があり、訪日外国人にも楽しんでもらって、地域を活性化していきたい」と意気込んだ。

 観光庁によると、これまで免税販売は税務署への申請・許可が必要だったが、平成25年に訪日外国人が年間1千万人を突破したことなどを背景に、今年4月に税制が改定。「免税手続一括カウンター」として、税務署に承認された商店街振興組合加盟店やショッピングセンター内の店舗などに免税業務を第三者委託できるようになった。

 この制度を活用して、表町商店街、ロマンチック通り商店街の20店が、両商店街に加盟する岡山天満屋に外国人観光客の免税業務を委託し、新たに免税店になった。一括カウンターは岡山天満屋5階に設置。煩雑な免税手続きを一括カウンターに任せられるため、免税店登録に前向きな商店の増加が期待できる。同商店街などは今後も拡充を目指すという。

 消費税の免税対象が食料品や化粧品などを含む全品目に拡大されたこともあり、訪日客の消費額は平成26年に2兆円を超えるなど好調が続く。ただし、免税店は大都市圏に偏っており、地方での登録増加が課題となっていた。

 観光庁は「両商店街の取り組みをモデルケースにして、全国の商店街に『商店街の一体的な免税店化』を進めるように働きかけたい」と話す。

 県観光課によると、外国人観光客の県内宿泊者数は昨年度9万3437人で年々増加。同課は「商店街の利用が増えて、活性化につながるのでは」と期待する。岡山天満屋は「1つの店舗ではなく、地域での魅力を高め、外国人観光客に買い物を楽しんでもらい、地域の活性化につなげたい」と話していた。
/////
表町商店街の免税手続き代行開始

岡山市中心部の表町商店街で買い物した外国人旅行者の消費税の免税手続きを一括して担うカウンターが28日、天満屋岡山店(同市北区表町)に開設された。地方の免税店を増やそうと、政府が4月にスタートした一括カウンター制度を活用。商店街としては全国第1号となった。
 対象店舗は、同商店街の婦人服や文房具、仏具、眼鏡店などの20店。外国人客は消費税込みの金額を支払った後、天満屋の免税カウンター(2カ所)で商品とレシートを提示し、合計額が免税対象金額に達していれば消費税分を現金で渡す。各店は消費税分と手数料を天満屋に支払う。
 午前9時半から天満屋岡山店でセレモニーがあり、畑野浩朗・中国経済産業局長、河田守弘・中国運輸局長らが出席。岡山市表町商店街連盟の大開博之理事長は「さらに免税店を増やし、外国人も楽しくショッピングできる商店街としてアピールしたい」とあいさつ。岡山店の渡辺俊文店長とともに、一括カウンターにステッカーを張り付けた。
 煩雑な免税手続きを外部委託できる一括カウンター制度は、免税店の許可を取得している商店街振興組合加盟店や大型商業施設内店舗などが対象。大型商業施設では導入例がある。
/////
外国人 観光客 を 誘致 に力を 入れよう。
体験型 の観光


外国人 観光客

//////