安保法案廃案訴え岡山をパレード
岡山市役所筋

作家、弁護士らが共同代表を務める「戦争をさせない1000人委員会岡山」は24日、JR岡山駅周辺でパレードなどを行い、国会で審議中の安全保障関連法案の廃案を訴えた。
 約50人が参加。同駅前で法案の問題点を指摘するリーフレットを配ったり、廃案を求める署名への協力を呼び掛けたりした後、横断幕を手に岡山市役所筋約800メートル区間を往復パレードした。
 1000人委員会岡山は、憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認に反対する目的で昨年7月に発足。共同代表には岡山弁護士会の大石和昭弁護士、美作市在住の作家あさのあつこさん、岡山市出身の山口二郎法政大教授らが名を連ねている。
////
山口 二郎(やまぐち じろう、1958年7月13日 - )は、日本の政治学者。法政大学法学部教授。北海道大学名誉教授。専門は行政学、現代日本政治論。

岡山県岡山市出身。東京大学法学部卒業。

////