後楽園・延養亭で特別公開  岡山

秋の景観 岡山県 紅葉 (もみじ カエデ) の 見頃 時期 地図

岡山 後楽園 秋 紅葉
(岡山 後楽園 の秋 )

岡山市の後楽園で26日、江戸時代に藩主の居間として使われていた「延養亭」の特別公開が始まった。入園者は、普段入ることができない場所からの絶景を眺めながら“殿様気分”を満喫した。
 延養亭(木造平屋約255平方メートル)は17世紀後半の創建。ここからの眺めが最も美しく見えるように園が造られたとされる。1945年の岡山空襲で焼失したが、60年に復元された。
 入園者は、ボランティアガイドの解説に耳を傾けながら室内からの景観を堪能。北隣の茶室「臨い軒」も特別公開され、倉敷市出身の日本画家・池田遙邨(1895-1988年)が描いた竜の天井画などを見学した。
 岡山市の女性(70)は「秋晴れの素晴らしい眺めで心が落ち着く。何時間でもいられそう」と見入っていた。
 今年の特別公開は5月に続き2回目。11月3日まで。参加料100円(別途入園料が必要)。各回先着20人。予約者優先で、定員になり次第締め切る。問い合わせは同園事務所(086 272 1148)。