岡山電気軌道がクリスマス電車 1日5往復

岡山電気軌道がクリスマス電車 aa

岡山電気軌道がクリスマス電車sd

岡山電気軌道(岡山市中区)は2日、クリスマスリースやイラストポスターの装飾を施した「クリスマス電車」の運行を始めた。25日まで東山線(東山?岡山駅前)で、1日5往復を運行する。

 路面電車を通じて季節を感じてもらおうと、同社が平成6年から実施しており、今年で22回目。

 車両の前後は直径約60センチのクリスマスリース、車内はクリスマスツリーなどが描かれたイラストポスターで装飾。窓にはクリスマスリースやサンタクロースなどが描かれている。

 この日は、岡山博愛会保育園(同区)の園児35人が招待され、サンタクロースからプレゼントをもらうなどしていた。

 20日には、小学生以下の子供100人限定で、サンタクロースからお菓子の詰め合わせのプレゼントがもらえる「クリスマスプレゼント電車」を運行する。東山電停を午前9時半と10時半、岡山駅前電停を午前10時と11時に出発する2往復限定で、計100人が乗車できる。

 申し込みは往復はがきに保護者の住所・氏名・電話番号と乗車を希望する子供の名前と年齢、希望乗車時間を記入して郵送。あて先は〒703?8291 岡山市中区徳吉町2の8の22 岡山電気軌道 クリスマス電車係。10日必着。

 問い合わせは同社電車営業部(電)086・272・5520。
/////
岡山  路面電車にクリスマス飾り 出発式にサンタも登場

岡山電気軌道が毎年運行している「クリスマス電車」が2日から走り始め、サンタクロースがひと足早いクリスマスプレゼントを園児らに配った。東山線で25日まで1日5往復する。

 路面電車の前後に直径60センチのクリスマスリースが飾られ、車内に小さなリースが取り付けられた。この日朝、岡山市北区の岡山駅前電停で出発式がありサンタと中区の博愛会保育園の園児35人が乗り込んだ。年長の中山裕貴ちゃん(6)はプレゼントを受け取り「プニャプニャしたお菓子が入っている」と喜んでいた。

/////
岡山市中心部をXマス電車走る

師走の市街地を華やかに彩る路面電車「クリスマス電車」の運行が2日、岡山駅前?東山間で始まった。25日まで東山線(約3キロ)を1日5往復する。
 岡山電気軌道(岡山市中区徳吉町)が季節感を届けようと毎年企画。岡山城をイメージした黒い車両「KURO(クロ)」を使い、車体の前後には緑色のリース(直径約60センチ)、窓には白いスプレーで雪の結晶をあしらった。車内には金、銀のモールやモミの木の葉の飾りで装飾した。車両を手掛けた岡山市出身のデザイナー水戸岡鋭治さんが制作したポスターもつるしている。
 営業運転を前に、岡山博愛会保育園(同御幸町)の園児35人を乗せて、貸し切り運行。車内ではサンタクロースが登場して、園児に一足早いプレゼントを手渡すと、お礼にみんなでクリスマスソングを歌った。
 6歳の男子園児は「クリスマス電車は初めて。雪の飾りがきれい。プレゼントをもらってうれしい」と喜んでいた。
/////
<クリスマス電車>発車 岡電・岡山駅前−東山間 /岡山

クリスマスの装飾が内外に施された岡山電気軌道(中区)の「クリスマス電車」の運転が2日、岡山市内で始まった。25日までの間、岡山駅前−東山間を1日5往復する。

 毎年運行され、市出身のデザイナー、水戸岡鋭治さんが作成したクリスマス用ポスターやリースなどで飾り付けられている。

 この日は出発式がJR岡山駅前の停留場で行われ、中区の保育園の園児ら約30人が「1番電車」に乗車。車内では、社員が扮(ふん)したサンタクロースから、お菓子が入ったプレゼントが配られた。園児たちはお礼に「ジングルベル」などを歌い、「サンタさん、ありがとう」と笑顔で声をそろえた。
/////