岡山・最上稲荷周辺で交通規制

岡山西署は31日夜から来年1月3日まで、初詣客で渋滞が見込まれる最上稲荷(岡山市北区高松稲荷)周辺の道路を交通規制する。
 規制は31日午後9時-1月1日午後7時と2、3日の午前7時-午後7時。国道180号の高松駅東交差点から稲荷近くの池の下交差点までは北行き、池の下交差点から国道180号の高松駅西交差点までは南行きの一方通行になる。
 渋滞のピークは31日深夜-1日未明とみられ、とりわけ国道180号の混雑が予想される。岡山方面からは県道岡山賀陽線や県道妹尾御津線を通って北から稲荷に向かう迂回(うかい)路が比較的すいているという。参拝以外で稲荷周辺を通る場合は県道川入巌井線などの利用を勧めている。
 交通規制の案内図は県内の各警察署、交番などで約7千枚を配布。幹線道路の電光掲示板やラジオでも渋滞情報を提供する。
 同署は「安全で円滑な交通を確保するため、道路標識や看板をよく確認し、現場の警察官や警備員の指示に従ってほしい」としている。◇
 金光教本部(浅口市金光町大谷)の周辺道路は、初詣客の混雑が予想される大みそかから来年1月3日にかけ、一部で車の交通規制が行われる。
 対象エリアは里見川と国道2号に挟まれた一帯。通行禁止となるのは元日(午前6時-午後5時)、2日(午前8時-午後5時)、3日(午前8時-午後3時)。
 駐車禁止は31日午後3時-3日午後5時。期間中、近隣の下淵東、下淵西の両駐車場(計約500台分)を無料開放する。