日産ゴーンがダメな三菱自動車を買う理由 不祥事が未解決でも傘下にする野心とは?



「三菱自動車がアライアンスファミリーの新たな一員となる。信頼を回復し新たなビジネスチャンスをつかむ」。日産自動車のカルロス・ゴーン社長は、5月12日の会見で自信満々だった。

軽自動車の燃費偽装問題に揺れる三菱自動車に対して、日産は2373億円を出資し、事実上傘下に収める。10月に予定する三菱自の第三者割当増資を日産が引き受けて、三菱自株の34%を取得。三菱グループを上回る筆頭株主になる見込みだ。

日産と三菱自は、2011年に軽自動車の共同開発を行う合弁会社を立ち上げ、三菱自が生産する車両を2013年から両ブランドで販売してきた。不祥事発覚からおよそ3週間。全容解明が進まない中で、日産は火中の栗を拾う形で三菱自の救済に乗り出す。

追い詰められた三菱自動車

リコール(回収・無償修理)隠しで、2000年代に2度の経営危機に瀕した三菱自が三たび、窮地に陥っている。

軽自動車「eKワゴン」「eKスペース」と、日産向けに供給する「デイズ」「デイズルークス」の4車種について燃費データを改ざんし、実際より最大15%よい燃費を届け出ていたことがわかった。きっかけは日産からの指摘。現行車種までは三菱自が開発を担ったが、次期モデルから開発する日産が現行車を測定した際、説明できないデータの乖離を見つけたという。

調査の過程では別の法令違反も浮上した。1991年以降、燃費を測定するためのデータを測る際、国内の道路運送車両法で規定される惰行法でなく、米国で使われる高速惰行法を採用。惰行法で測定していたのはわずかな車種にとどまった。四半世紀も法令違反を続けたことになる。

三菱自は2014年に懸案だった優先株を買い戻しで処理。2016年3月期末で自己資本比率48%、約4500億円の現預金を持つ。即座に資金繰りに窮するわけではない。


が、4月20日以降、三菱自は当該軽の生産・販売を中止したこともあり、4月の軽販売は前年同月比の55%に激減した。今後も販売再開のメドは立っておらず、たとえ再開できたとしてもブランドイメージは毀損している。「私どもで信頼を取り戻すのは困難」(三菱自の益子修会長)だ。

さらに軽以外にも疑惑が広がったことで、国内乗用車メーカー最下位でわずか10万台の国内販売は、大幅減が確実だ。販売台数の9割以上がアジアを中心とする海外で、国内依存度は低いとはいえ、母国市場の撤退となれば、経営へのダメージは大きい。

また三菱自の生産は国内が55%を占めている。国内最大の生産拠点である水島製作所(岡山県倉敷市)は日産への供給分が大半。今後を見据えると、日産から切り捨てられるわけにはいかなかった。

軽とアジアが欲しかった日産

会見では終始ゴーン社長の強気な姿勢が目立った

日産にも三菱自を見捨てられない事情がある。一つには軽がいまや国内販売には欠かせない存在だからだ。

「デイズ」と「デイズルークス」は日産の国内販売全体の約4分の1を占める。4月の日産の軽販売は、前年同月から半減以下まで落ち込んだ。不正の影響はむしろ日産のほうが深刻ともいえる。

軽の次期モデルでは日産が開発を担当するものの、生産は引き続き三菱自の水島製作所の計画だった。軽に求められる低コスト生産のノウハウは三菱自が優れている。三菱自を見切った場合、自社で軽の生産に乗り出すか、他のパートナーを探すしかない。

もう一つが日系他社に比べて伸び悩んでいる東南アジア市場の開拓だ。

タイやインドネシアではSUV(スポーツ多目的車)「パジェロ」やピックアップトラック「トライトン」を擁する三菱自の人気は根強い。それを日産が取り込めれば、東南アジアの勢力図は一変する。

しかし、問題の全容解明が遅々として進まない中、資本提携を急ぐことに疑問を呈する声も強い。「日産が三菱自を救済することに違和感はないが、不正問題がどこまで拡大するか読めない段階では、時期尚早で意外感がある」(アナリスト)。

これに対して会見では両トップとも、「2011年の合弁設立から提携拡大を話し合っていた」と口をそろえる。

仏ルノーのトップも兼ねているゴーン社長はかねてから、「自動車業界はスケールメリットが重要」と、世界ビッグ3入りを目指してきた。

狙うは世界ビッグ3の一角

自動車業界の熾烈な競争で勝つには、環境対応や自動運転のための巨額投資が必要で、規模拡大が必須とゴーン社長は信じている。2015年の日産ルノーの世界販売台数は世界4位。三菱自を加えれば上位3社に肉薄する。国際自動車ジャーナリストの清水和夫氏は「これは手始め。ゴーン氏はルノーと同じ仏政府が筆頭株主のグループPSA(プジョーシトロエン)との連合も視野に入れているはず」と分析する。

世界一になる。三菱自の救済はゴーン社長の野望に向けた第一歩かもしれない。
//////
三菱自、PHVでも偽装…「正しく測定」一転

三菱自動車の燃費偽装問題で、三菱自が2013年に発売したプラグインハイブリッド車(PHV)「アウトランダーPHEV」の燃費を調べるための走行データを測る際、法令で定められた重量より軽い車両を使い、机上計算で補正していたことがわかった。

  4月20日に軽自動車の燃費偽装が発覚した後に行った社内調査で判明した。5月11日の記者会見では公表していなかった。


 三菱自はこれまでアウトランダーPHEVについて、法令で定めた「惰行法」という走行試験のやり方で測定していた3車種の一つで、正しい方法で測定していたと説明し、現在も販売中だ。新たな不正が見つかり、三菱自のずさんな実態が改めて浮き彫りになった。

 関係者によると、タイヤと路面の摩擦や空気抵抗のデータ「走行抵抗値」を測る際、本来は荷物を積んだ状況などを再現するため、車両重量に一定の重さを加えて走行試験を行う必要がある。三菱自は、この手順を怠り、重量の違いによる測定値の変化を机上で計算したデータを審査機関に提出したという。

//////

オーナーが語る「三菱アウトランダーPHEVの燃費偽装を許せる5つの理由」

そしてついに5月16日、記者会見で公表していなかった三菱自動車の売れ線『アウトランダーPHEV』も法令で定められた走行試験をしていなかったことが発覚した。

この報道にはPHEVオーナーたちも激怒しているかと思いきや「僕は三菱自動車を許します!」と語るのは、東京都在住のオーナー男性・山岸さん(仮名)。

燃費も重要な要素となるアウトランダーPHEVのオーナー・山岸さんはなぜ三菱自動車をすぐに許せたのだろうか? 彼が語る5つの理由とは...

(1)ディーラーがいい人


「僕がPHEVを購入した港区の某ディーラーの担当者さんが超いい人だったんです。きっとこれが三菱自動車本体がアレなので、販売店が自主的にいい接客をしなければ売れない状態だったのでしょう。

ほかのメーカーのディーラーが高圧的だったとかいう話はよく聞きますし、偽装していたことが結果ディーラーの接客向上につながっているとしたら、余裕で許せますよ。ディーラーに文句は絶対言えません。」

(2)イオンにいた三菱自動車の担当者が子供にミニカーをくれた


「アウトランダーPHEVのマイナーチェンジのとき、全国のショッピングモールで大規模なお披露目が行われていたんです。僕はもうそのときPHEVを買っていたので冷やかしに行ったんですが、そのときの接客がよかった。

なんと何も言わず、僕の子供にPHEVのミニカーをくれたんです。それはヘッドライトがしっかり光るもので、こんな素晴らしいミニカーを貰える私は きっと特別な存在なのだと感じました。」

(3)日産リーフを見ると勝った気分になれた


「旅行などでドライブしているときに日産の電気自動車『リーフ』を見ると、航続距離がガソリン車に比べて低いのによく使えるなぁ...。

と、勝った気分になれたんです。まさかそんな笑っていた車を作ってる会社に助けられるとはね...ハハッ。(乾いた笑い)」

(4) ほとんどの部分で文句ナシにいい車


「 燃費偽装があったかは置いておいて、アウトランダーPHEVは本当にいい車なんですよ。ラゲッジも広いし電気で走っているあいだはホントに静かだし加速も最高。

私の感覚ではエアコンをつけなければ電気だけで最低40キロ、充電が切れてからはリッター10キロちょいは走ったので、まあ許せる範囲でした。確かにカタログの燃費から見るとアレですが、許せる範囲なので。

ただ、三菱純正のカーナビの操作性が悪かったり、ポケットに携帯電話が入ってるとキーレスエントリーが反応しなかったりというアレな部分はありましたので、日産傘下になったら直してほしい部分ではあります。」

(5)伝説の超大物自動車評論家『国沢光宏』氏がPHEVを買った


「日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員で、2013年の全日本ラリー選手権第9戦でも日産・リーフに乗りJN1クラスで優勝を果たした伝説の超大物自動車評論家『国沢光宏』氏がアウトランダーPHEVを購入したことも許せる理由のひとつ。

フォルクスワーゲンの排気ガス規制偽装問題が起きたときも、素人が不自然だと思ってしまうぐらいフォルクスワーゲンを擁護し、いまでは沈静化させたほどの権力を持つ自動車評論家が買った自動車なのであれば、燃費偽装ぐらいどうってことないですよ。

彼に歯向かうと日本自動車ジャーナリスト協会から除名させられるのでは? というウワサがネットで広がるほどの権威ですからね。きっと今回も国沢さんの手腕で沈静化させてくれるはずです。」

彼が許せる理由はPHEVの性能以外にも多数あるようだが、大物自動車評論家が認めて購入したのであれば、燃費以外の部分でも素晴らしい車だという可能性は非常に高い。

いったい三菱自動車の燃費偽装問題は、どこまで根深いのだろうか? 三菱自動車のオーナーにとっては、気が休まらない話題である。
//////