「たまごかけごはん食べ過ぎちゃいけんで」 “発祥の地”岡山・美咲町に『おしゃべり自販機』登場



「また来んちゃいな」などと自動販売機が利用客に方言で呼びかける「おしゃべり自販機」が、岡山県美咲町の観光施設「黄福(こうふく)広場」と「JR亀甲(かめのこう)駅」に設置され、観光客らを楽しませている。

 「たまごかけごはん食べ過ぎちゃいけんで」「美咲町の人口は1万5千人、ニワトリは150万羽」など、たまごかけごはん発祥の地をアピールする同町の観光案内など59パターンの音声データを自販機に内蔵。コイン投入時と商品が出たときに、利用客に呼びかける。

 開発した清涼飲料メーカー「ダイドードリンコ」によると、方言を取り入れた地域限定版の自販機は各地で導入されているが、観光PRの呼びかけパターンは県内初で、全国的にも珍しいという。

 たまごかけごはんを食べに兵庫県南あわじ市から訪れた介護士、金崎尚樹さん(29)は「わー、びっくりした。おもしろいですねえ」と好印象を持った様子。企画した町産業建設観光課は「遊び心で楽しんでいただければ。将来的には町内の小学校児童らのかわいい呼びかけで、美咲町をアピールしていきたい」と意気込んでいる。