県庁通り 1車線化「恒久的に」 岡山市


岡山市の大森雅夫市長は30日の記者会見で、市中心部で10月に実施する交通社会実験の詳細を発表し、1車線化する県庁通りについては「恒久的なものにしていきたい」と述べ、2017年度に事業化する意向を明らかにした。 県庁通りの実験は1〜7日に実施する。市役所筋—県農業会館(同市北区磨屋町)前の505メートルで、現行の2車線を1車線とし、両脇に自転車走行レーンを設ける。沿道の事業者向けに、北側に6カ所の荷さばき場を設置する。時間は1日午前7時から、7日午後4時まで。 大森市長は、県庁通りでの実験内容を「将来の事業化の基本案として考えている」と説明。岡山県警との協議については「まちづくりの面からも交通対策の面からも両者が納得し、大筋合意を得ている」とした上で、「1車線にして人や自転車がより安全に楽しく通っていけるような姿が望ましいと思っている」と話した。 県庁通りを1車線化する社会実験は、中心市街地活性化を掲げる大森市長が歩行者優先空間をつくり、回遊性を高める狙いで15年度に3回実施。本年度は1回行う。 市は、実験による自動車交通量や歩行者、自転車の通行量、渋滞調査結果を踏まえて地元関係者や県警と協議を進め、本年度末をめどに検討案を取りまとめる。スムーズにいけば、来年度にも予算化する方針。 10月の交通社会実験は、2日に西川緑道公園筋でも実施。西側の市道約270メートル(県庁通り—桶屋橋間)と野殿橋を正午から午後4時まで歩行者天国とし、オープンカフェやデッキチェア、ハンモックを設ける。

//////

歩行優先 事業化へ実験◇10月1~7日 県庁通り24時間調査

岡山市の大森雅夫市長は30日に開いた定例記者会見で、10月1~7日に歩行者優先の交通社会実験を市中心部で行うと発表した。

 計画によると、市役所筋―表町商店街の県庁通り900メートルのうち、西側の約500メートルで実施。2車線ある車道を1車線に規制、車道を挟んで両側に幅1・5メートルの自転車レーンを設ける。規制は24時間で、交通量や歩行者・自転車の通行調査などを行い、歩行者や事業者にアンケートを行う。

 これとは別に、9月11日午前11時~午後5時に西川緑道公園筋の桶屋橋―県庁通りの270メートルで交通規制を行い、正午からは西側の車道を歩行者天国にした社会実験を行う。オープンカフェが並び、給水車を展示して大切な水について考える。10月にも同様のイベントを行う。

 一方、社会実験に合わせ、同月1、2の両日の午前11時~午後4時、県庁通りでイベント「まちぶら実験」を行う。スタンプラリーや小中高生や大学生らによる「まちなか学園祭」がある。

 市は実験結果をふまえ、事業化に向けて準備を進めるとしており、大森市長は「どういう道路が人にとって最も望ましいかを、警察や関係機関と議論していきたい」と述べた。
//////
岡山  県庁通りの1車線化、「恒久化視野に」準備

岡山市中心部の道路の一部を規制して実施している社会実験について、大森雅夫市長は30日、県庁通りの「恒久的な1車線化」も視野に入れた事業化を進める考えを明らかにした。市は今年度末をめどに、県警などと協議しながら検討案をまとめる方針という。

 同日にあった定例記者会見で大森市長が話した。次の社会実験は10月1~7日、県庁通りの一部を約500メートルにわたって24時間規制し、2車線ある車道の片側を自転車や荷さばきをするトラックに開放するという。大森市長は事業化にあたり、県庁通りの1車線化を「基本案として考えている」と話した。

 社会実験をめぐっては、市中心部の歩行者が増えるなど、にぎわい創出に効果が見られた一方、交通渋滞や狭い生活道路に車が進入するなど、安全面を心配する声もある。市庭園都市推進課の担当者は「これまでの社会実験で、大きな渋滞は起こらなかったと考えている。県警や沿道の事業者と協議しながら事業化に向けた準備を進めたい」と話した。


//////
参考

イオンモール 岡山 周辺 秋は「早朝庭園」 岡山後楽園が初企画

イオン 岡山 周辺 <今夏振り返って>猛暑続き お疲れさま~◇雨少なく 総体開催 ポケGO特需

イオン 岡山 周辺 石山公園カフェ常設へ課題検証  (後楽園と岡山城 周辺)

//////