岡山 牛窓映画、大賞受賞を瀬戸内市に報告


瀬戸内市の牛窓を舞台にした短編映画「U・F・O うしまどの、ふしぎなできごと」の藤原知之監督(38)らが27日に瀬戸内市役所を訪れ、昨年11月の山形国際ムービーフェスティバルで308作品の中からグランプリに選ばれたことを武久顕也市長に報告し、映画のDVDを贈呈した。

 映画は2014年、牛窓ムービープロジェクトと吉本興業が地域発信映画として制作した。「私は星から来たお姫様」と話していた中学時代の同級生の女の子との初恋の思い出を20年後にたどる主人公の不思議な体験を描く。初恋の相手を演じたのは、NHKで放送中の朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」のヒロインを演じている芳根京子さんだ。

 映画に出演し瀬戸内市観光PR大使になったお笑い芸人の桜稲垣早希(さくらいながきさき)さん(33)からDVDを受け取った武久市長は「牛窓をロケ地にした映画がグランプリになったのはとてもうれしい」。同じくPR大使の藤原監督は「地域映画がグランプリを取れるとは思っていなかった。牛窓をPRできたのは大きな成果」と話した。