岡山 竹下景子さんがメガソーラー視察(瀬戸内市)

女優の竹下景子さんが27日、瀬戸内市の錦海塩田跡地を訪れ、2019年春の操業を目指して建設中の大規模太陽光発電所(メガソーラー)を視察した。 竹下さんは、劇作家・演出家坂手洋二さん=岡山市出身=が主宰の劇団燐光群(東京)が上演した「天使も嘘をつく」に主演。瀬戸内市のメガソーラーをモデルにした場面が作品で登場したことを縁に訪問した。 工事関係者らの案内で、建設現場のほか、跡地の貴重な動植物を保護するために整備されたハビタット(自然生息地)を見学。牛窓オリーブ園(同市牛窓町牛窓)も訪れ、高台から工事が進む様子をじっくりと見た。 竹下さんは「想像を超えた壮大さ。『どう自然に配慮しながら生活を営むか』という人類の大きな問いに答えられる場所ではないだろうか」と述べた。 「天使も嘘をつく」は昨年、東京や岡山市など全国各地で上演された。