岡山さくらカーニバル  3月31日から  「2017岡山さくらカーニバル」
岡山市・後楽園東側の旭川河川敷 01
( 2016 年 岡山さくらカーニバル)

岡山の春を彩る「2017岡山さくらカーニバル」(岡山県、岡山市、岡山商工会議所、岡山青年会議所、山陽放送、岡山放送、テレビせとうち、山陽新聞社でつくる実行委主催)が31日〜4月9日、同市・後楽園東側の旭川河川敷で開かれる。 旭川に架かる蓬莱橋—相生橋間約1・3キロと周辺にはソメイヨシノ約250本があり、県内を代表する桜の名所の一つ。ちょうちん約500個、ぼんぼり約150基、投光器80基の設置を終えており、期間中の日没から午後9時まで桜をライトアップする。飲食などの屋台約50店、幼児向けのプレーランドもある。 会場では、淡いピンクの桜のつぼみが膨らみ始めており、気象情報会社ウェザーマップ(東京)は「岡山市の開花は4月2日、満開は9日になるだろう」と予想している。 4月2日には共催行事として宗忠神社(同市北区上中野)の「御神幸(ごしんこう)」行列が会場付近を通り、平安貴族風の衣装をまとった信者ら約千人が古式ゆかしく練り歩く。 カーニバルの問い合わせは現地本部(086—273—1213)。