岡山 幻想庭園(後楽園)、烏城灯源郷(岡山城) 28日開幕 「春の幻想庭園」「春の烏城灯源郷」


岡山市北区の後楽園、岡山城を光で彩る「春の幻想庭園」「春の烏城灯源郷」が28日開幕する。岡山城天守閣が昨年11月、再建50周年を迎えたことを記念し、天守閣前広場で両イベントのオープニングセレモニーを行う。 幻想庭園、烏城灯源郷は夏と秋に加え、昨年から春にも開催。2014年以降、会期をそろえているが、オープニングセレモニーは後楽園で開いており、岡山城で実施するのは初めて。 当日は午後6時45分に開始。岡山フィルハーモニック管弦楽団のファンファーレに合わせ、主催者と来賓の計6人が同7時に点灯ボタンを押し、天守閣をライトアップする。後楽園内の芝生広場なども発光ダイオード(LED)で照らし出される。 オープニングセレモニーは参加無料。先着200人に、かつて城主を務めた宇喜多、池田家の家紋入りパッケージの「大手まんぢゅう」1個をプレゼントする。同管弦楽団のミニコンサートもある。 幻想庭園は県、後楽園魅力向上委員会が主催、岡山市、山陽新聞社が共催。烏城灯源郷は岡山市、おかやま観光コンベンション協会、山陽新聞社でつくる実行委員会が主催する。 ともに5月7日までの期間中、午後6時〜9時半(入場は同9時まで)に点灯する。それぞれ入場料が必要。 
//////