倉敷の魅力 インスタグラムで発信 岡山  (「ブラタモリ」で倉敷が紹介される  4月4日 撮影 放送 6月3日 予定)
インスタ 00

倉敷市は、インターネットで写真を共有できる会員制交流サイト(SNS)「インスタグラム」を通じてイベントや市内の名所の写真を掲載し、国内外に倉敷の魅力を発信している。 インスタグラムは世界で月間7億人が利用。若い世代などに情報を伝える有力な手段の一つとして、4月から本格的に運用を始めた。アカウント名は「kurashiki_city」。 写真の掲載は市くらしき情報発信課が担当し、12日までに65枚の写真を投稿。2〜7日まで美観地区一帯で開かれた「ハートランド倉敷2017」などイベントの様子や、阿智神社(同市本町)にある県天然記念物「阿知の藤」などを掲載している。 これまでに、見た人が気に入ったことを示す「いいね!」が最も多かったのは、NHKの人気番組「ブラタモリ」で倉敷が紹介されることを伝えるポスター写真で、110人以上が評価した。 同課は「単なる観光名所ではなく、写真映えするスポットが評価されるなど、従来の情報発信とは異なる難しさがある。試行錯誤しながら、見られる写真を掲載し、倉敷のPRにつなげたい」としている。
インスタ



 (「ブラタモリ」で倉敷が紹介される  4月4日 撮影 放送 6月3日 予定)

ブラタモリ、岡山県・倉敷市へ!
白壁の蔵と洋館が立ち並ぶ、美しい町並みで知られる倉敷。町の中心部には500以上の伝統的な建物が残り、どこか懐かしい風景を作り出しています。でもそんな町並みはどうやってうまれ、なぜ今にその姿を残しているのでしょうか?倉敷の美しい町並みの秘密を、タモリさんがブラブラ歩きながら解き明かします。
まずは倉敷を代表する観光スポット「美観地区」で舟に乗ったタモリさん。美観地区の真ん中を流れるこの川、実は倉敷の繁栄を支えたとっても大切な運河。江戸時代の倉敷は、この川を利用した商業の町として栄えました。川から分かれた水路の跡をたどって今も残る豪商の屋敷に潜入したタモリさん。巨大な蔵の中で、黄金のお宝を発見!?
続いて観光スポットのひとつ、かつての紡績工場へ向かったタモリさん。工場の敷地に隠された倉敷発展の秘密と、工場の壁を彩る「ツタ」の意外な事実とは?
そして倉敷のシンボル「大原美術館」で、蔵のまちにそびえるギリシャ式の建築に圧倒されたタモリさん。豪商の「思い」が倉敷の町並みを守り抜いた・・・っていったいどういうこと?