岡山 <STU48>初の単独ライブ熱く AKB48の姉妹グループ“瀬戸内版” イオンモール岡山
STU 48  スケッチ


 アイドルグループ「AKB48」の姉妹グループで瀬戸内を拠点にする「STU48」が3日、イオンモール岡山(北区下石井1)で結成後初の単独ライブに臨んだ。詰めかけたファンら約500人を前に、元気いっぱいの歌やダンスを披露した。

 STU48は岡山など瀬戸内海に面する7県が活動拠点。オーディションで選ばれたメンバーの平均年齢は15・6歳(3月末)で3月に33人で結成された。

 この日は初のオリジナル楽曲「瀬戸内の声」やAKB48のヒット曲など5曲を披露。ダンスがそろわない場面もあったが、最後まで生き生きと歌いきった。

 メンバーで県出身の藤原あずささん(19)は「皆さんの熱気に圧倒された。初ライブを岡山でできたことに感謝している」と笑顔を振りまいていた。

 STU48はグループ初の広域アイドルグループで、今後は瀬戸内海での船上劇場を中心に活動する予定。

 笠岡市入江の環太平洋大3年、小野達也さん(20)は「みんな初々しくて、盛り上がって楽しかった。地元にグループができるのは夢みたい。船上劇場にも足を運びながら応援を続けたい」と話していた。