フジ山崎夕貴アナ(岡山 出身)&小栗旬芸人の熱愛で露呈する”芸人×局アナ”裏事情
倉敷 小町


フジテレビの山崎夕貴アナウンサー(29)と、ものまねピン芸人のおばたのお兄さん(29)の“お泊まり愛”を、今月8日発売の『女性セブン』(小学館)が報じ話題になっている。11日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演した山崎は、この件について「本当です」とコメント。山崎は「こんなに早いタイミングで世の中に出るとは思わなかった」と語りつつ、おばたのお兄さんの「裏表がなくて芯がまっすぐ通っているところ」が好きだと語る一幕もあった。
 現在『めざましテレビ』や『ノンストップ!』(ともに同)といった平日の情報番組をレギュラーに持ち、さらにバラエティ番組に出演することも多い山崎。地方大学出身で就職するまで上京したことがなかったといい、局アナとしては珍しい素朴なキャラクターも人気の一つとなっている。一方おばたは芸歴5年目で、昨年からピン芸人として本格的に活動、最近では小栗旬(34)のものまねでプチブレイク中だ。
 そんな二人の交際について、世間でも「ほほえましい」「好感度高いよな」「安心感がある」と、祝福の声が上がっている。しかし一方では、アナウンサーと芸人というカップル故の弊害を心配する声もある。
「純粋に格差が大きいのではという声があります。過去に局アナと芸人でのカップルには、フジテレビの中村仁美アナウンサー(38)とさまぁ~ずの大竹一樹(49)、元TBSの青木裕子(34)とナイティンナインの矢部浩之(45)がいます。

どちらも十分メジャーな芸人であったため格差について問われることはありませんでした。しかしおばたは、まだまだ知名度が高いわけではなく、マイナーな芸人です。この格差が障壁とならないかが、今後二人の交際を左右するかもしれませんね」(芸能記者)
 おばたの給与を口頭で教えてもらったという山崎は、「想像以下だった」と明かしている。
■芸人×局アナのカップルが今後続出する可能性も?
 また局アナの結婚というと、退社を連想させることも多い。しかし仮に山崎とおばたが結婚に至った場合でも、退職に至る可能性は少ないという。
「アドリブも効きアナウンス力も高い山崎は、フリーになってもそのキャラクターが買われることでしょう。一方で、山崎のようなタイプはフジテレビでも珍しく、手放したくない存在でもあります。おばたが芸人でも若手である現実から、山崎も退社することはあまり意識していないかもしれませんね」(前出・芸能記者)
 さらにフジテレビでは、松村未央アナウンサー(30)も陣内智則(43)との結婚が秒読みであることが報じられている。局アナといえば、野球選手というカップリングがおなじみであったが、こうした相次ぐ局アナと芸人のカップルには、局の性質も関係するようだ。
「フジテレビのバラエティ的な軽いイメージは、野球選手よりも芸人の方と波長が合うのかもしれません。とくにアナウンサーは、バラエティのアシスタントに起用されることが多く、野球選手と同じくらい芸人と出会う機会があります。

以前は、御法度とも言われた組み合わせだったようですが、徐々にそんな風潮も変わってきているのかもしれませんね。局内関係者の中には『悪い芸人につかまってイメージを落としかねないのでは』と心配する声もあるみたいですが……」(前同)
 陣内やおばたの波に乗り、局アナを狙う芸人が今後も増えるかもしれない。

//////

おばたのお兄さん、山崎アナとの交際を赤裸々告白!初キッスの場所は?

 フジテレビの山崎夕貴アナウンサーとの交際を認めたモノマネ芸人のおばたのお兄さんが17日の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ)に出演。初デートに誘った時のことや初キッスの場所まで赤裸々に明かした。

 2人の出会いは、今田耕司が司会を務めるフジテレビの『モノマネ紅白歌合戦』だったそう。今田は「(おばたのお兄さんが)登場したときえらいハマってた」と当時の山崎の様子を明かした。

 昨年末、山崎が番組終わりにおばたのお兄さんと撮った写真を送るという口実で、タレントのJOYを介して連絡を取るようになったという2人。どうやって初デートに誘ったのかを問われると、「僕みたいなものが……と思ってたんで、『いつか山崎さんとご飯行けるように頑張ります』って言ったら、『じゃあ今度ご飯行きましょう』って」と話が進み、アナウンサーの後輩も呼んで食事をしようとしたが、日程が合わず2人で行くことになったことを告白。「個室で絶対にバレないようなところを」と1人1万円する店を予約したおばたのお兄さんに、山崎は「こんなところじゃなくていいです」と言ったそうで、「そのときにすごく素敵な人だなって」とおばたのお兄さんはのろけた。

 さらにスタジオの先輩芸人たちからの追及は続き、初キッスの場所は?と問われると「山崎さんち」とぶっちゃけ。スタジオからは「うらやまし~」と声が飛んだ。


//////
おばたのお兄さん、女子アナ交際のなれそめ紹介 - 初キスは「山崎さんち!」

お笑い芸人・おばたのお兄さんが17日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『さんまのお笑い向上委員会』に出演し、同局の山崎夕貴アナウンサーと交際することになった経緯を明かした。


同局系『ものまね紅白歌合戦』で共演していた、おばたのお兄さんと山崎アナ。1年前の収録で、小栗旬のものまねを『信長協奏曲』のネタで披露した際に山崎アナに注目されたそうで、昨年末の収録では、トレンディエンジェルのたかしから「山崎さんがおまえのファンらしいぞ」という情報を得て、あいさつに行ったのが2人で初めて話した場面だったそうだ。

それからすぐに、山崎アナが出演する同局午前の情報番組『ノンストップ!』にゲスト出演し、本番後に山崎アナから「一緒に写真撮りましょう」と誘われて撮影。しかし、その写真を共有するのに連絡先を交換するにも、「僕みたいな者が…」という思いがあったことから、共通の知人であるJOYを通じて、ようやく連絡先の交換に至った。

その後、少しずつ連絡し合うようになったが、おばたのお兄さんはまだ「僕みたいな者が誘うのも…」と遠慮があり、「いつか山崎さんとご飯行けるように頑張ります」と伝えていたそう。そこから、一緒にご飯に行こうという話になり、マスコミに撮られることを考え、後輩のアナウンサーも呼んでグループでの会にしようとしたが、日程が合わず、結局は2人で行くことになった。

そこで、おばたのお兄さんは、絶対にバレない1人1万円する個室のある東京・西麻布の店を選んだそうだが、食事代は、収入の低いおばたのお兄さんが「もちろん出しました」。店に入ると、山崎アナは「こんなところじゃなくていいんです!」と言ってくれたそうで、「その時にすごく素敵な方だなと思ったんです」と、好感を持ったことを振り返った。

ひと通りなれそめを聞いたスタジオの芸人メンバーは「キスの場所は?」と、おばたのお兄さんを追及。お笑い芸人のオラキオが、体操選手のネタに合わせて尋ねると、おばたのお兄さんは、バック宙して小栗旬のものまねネタ「まーきの!」のテンポで「山崎さんち!」と、首を横に曲げて告白した。
//////