「瑞風」初停車 岡山へようこそ 「トワイライトエクスプレス 瑞風」初の岡山入り
岡山駅 瑞風


「トワイライトエクスプレス 瑞風」初の岡山入り

 JR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス 瑞風」が21日、17日の運行開始以来初めて岡山入りし、岡山駅では乗客28人への歓迎セレモニーが行われた。1泊27万円からの「走る高級ホテル」として話題の列車の来岡に多くの鉄道ファンらも詰めかけ、羨望のまなざしでシャッターを切るなどしていた。

 この日は山陽・山陰地方を時計回りに周遊する2泊3日のコースで、午前中に京都駅を出発。昼過ぎに岡山駅に“瑞風グリーン”に包まれた10両編成の車体が姿を現すと、出迎えた県や岡山市の観光関係者、保育園児ら約100人が一斉に小旗を振り、県のマスコット「ももっち」も愛嬌をふりまいて歓迎した。

 瑞風の旅は1日1回の「立ち寄り観光」が特徴で、一行は専用バスで「日本三名園」の一つとされる同市北区の岡山後楽園へ。

 岡山城を望む庭園を散策し、かつて藩主の居室だった「延養亭」が特別公開され、“大名気分”を堪能。備中神楽の上演なども楽しんだ。

 乗客は夕方までに車内に戻って出発。夜間に山陽本線から山陰本線に乗り入れ、22日に島根県の宍道湖、23日には鳥取県の浦富海岸も訪問して京都駅に帰着する。

 瑞風には他にも山陽、山陰の各上下線での1泊2日の4コースがあり、県内では山陽下り線コースで倉敷市の大原美術館にも立ち寄る。同社岡山支社の森本卓寿支社長は「関係自治体と協力し、各訪問先でのもてなしでは、土産品や郷土芸能の中身などにも工夫を凝らし、魅力を高めたい」と話していた。

//////
岡山 <トワイライトエクスプレス瑞風>初停車 岡山アピール、おもてなしで 園児ら出迎え/後楽園で専用ガイド 

JR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」が21日、初めてJR岡山駅に停車した。ホームでは保育園児や駅で働く人たち約100人が出迎え、立ち寄り先の岡山後楽園(北区)では専用ガイドが付き添うなど、心づくしの「おもてなし」で岡山をアピールした。

 午後1時40分ごろ、ホームに独特の低いエンジン音が響き渡り、深緑色の車体が入ってくると、待ち受けていた人たちから「おおっ」と歓声が上がった。乗客たちは「ようこそおかやまへ」と書かれた横断幕で歓迎を受けると、専用バスで後楽園に移動。普段は非公開で、旧岡山藩主が後楽園を訪れたときの居間として利用された「延養亭」を見学し、能舞台で地元住民による備中神楽を鑑賞した。

 また、瑞風の乗客のために県郷土文化財団から歴史の指導を受け、立ち居振る舞いや言葉遣いも練習してきたという専用ガイドに付き添われて園内を散策した。

 列車内でも岡山ゆかりの品で歓待した。備前市出身で人間国宝の伊勢崎淳氏の備前焼の花入れと、瀬戸内市出身で瀬戸内海を中心に撮影した写真家の故緑川洋一氏の風景写真が飾られている。

 今回の乗客は、この日JR京都駅を出発、2泊3日で山陽と山陰を巡る周遊コースに参加した。2日目はJR宍道とJR松江駅、3日目はJR東浜駅にそれぞれ停車する。

 手作りの旗を振って出迎えた山陽桜保育園(赤磐市山陽4)の仁宮彩良(さら)ちゃん(5)は「電車が好き。瑞風はかっこよかった。乗ってみたい」と目を輝かせていた。

 また、瑞風は24日にJR倉敷駅に初めて停車する。倉敷市・美観地区の祭りに登場する「素隠居」の「じじ」「ばば」の面をかぶった倉敷素隠居保存会メンバーらが出迎える。乗客らはその後、普段は公開されていない大原家旧別邸「有隣荘」を見学、大原美術館の作品鑑賞や散策などを楽しむ予定。

///////
「瑞風」初停車 岡山へようこそ ( 岡山市の後楽園への立ち寄り観光のため )


 今月デビューしたJR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」が21日、岡山市の後楽園への立ち寄り観光のため、初めて岡山駅に停車した。到着ホームでは関係者や保育園児ら約100人が笑顔で出迎えた。 ダークグリーンの車両がホームに滑り込んだのは午後1時41分。JR西日本岡山支社や関連会社の社員、山陽桜保育園(赤磐市山陽)の園児らが緑色の小旗を振る中、乗客28人が次々とホームへ降り立った。園児たちは「ようこそ岡山へ」と声を合わせて歓迎した。 同保育園の男児(5)は「初めて瑞風を見られた。すごくかっこよかった」とにっこり。岡山市の繁定昭男副市長は「瑞風を通じて岡山の魅力を全国へ発信したい」と話し、JR岡山支社の森本卓寿支社長は「運行を岡山エリアの観光振興、地域振興につなげていきたい」と期待を込めた。 乗客は車体と同じ色に塗装された専用バスに乗り換え、後楽園を観光。夕方に再び岡山駅から下関方面へ向かった。この日、京都・大阪駅を出発した一行は2泊3日の日程で山陽・山陰を周遊する。 17日に運行が始まった瑞風は、10両編成で客室は全16室(定員34人)。旅のコースは五つあり、24日には1泊2日のコースが倉敷市の美観地区観光のため倉敷駅に初停車する。

//////

岡山 岡山駅で「瑞風」お出迎え 県内に初停車


17日に運行を始めたJR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」が21日、県内に初めて停車した。午後1時40分ごろ、岡山駅の1番線ホームに到着。約100人が出迎え、歓迎式典が行われた。

 山陽桜保育園(赤磐市)の児童約20人が小旗を振って「ようこそ岡山へ」と大きな声で呼びかけると、瑞風の乗客たちは、笑顔で手を振るなどして応じていた。瑞風を見た奥田香帆ちゃん(5)は「大きかった。いつか乗ってみたい」と興奮気味に話していた。

 瑞風が岡山駅に立ち寄るのは、大阪・京都を出発し、2泊3日で中国地方を一周する「山陽・山陰コース」。乗客は駅から専用バスで岡山後楽園に向かい、岡山藩主の居間として使われていたという「延養亭」から庭園の眺めを楽しむ。県内のもう一つの立ち寄り駅である倉敷駅には、24日に停車予定だ。岡山市の繁定昭男副市長は「『瑞風』をきっかけに岡山の魅力が広まり、全国からもっと多くの人に訪れて欲しい」と期待を込めた。



//////
参考

時刻 タイムスケジュール

トワイライトエクスプレス瑞風が岡山・宍道・東浜に初停車!6月21日~23日

//////