市民講座で胃がん予防と大腸検査  岡山  淳風会健康管理センター


 淳風会健康管理センター(岡山市北区大供)は7月8日午後2時〜4時、市民公開講座「胃がん予防と苦痛の少ない大腸検査」を山陽新聞社さん太ホール(同柳町)で開く。 井上和彦副センター長が「胃がんは予防できる〜ピロリ菌を知っていますか?」と題して講演する。川崎医科大消化管内科の松本啓志医師は「苦痛の少ない大腸検査」をテーマにコンピューター断層撮影(CT)やカプセル内視鏡の検査について話す。 先着200人。30日までに同センターへファクス(086—226—8251)かメール(center—prom@junpukai.or.jp)で申し込む。問い合わせは同センター(086—226—2666)。