ファジアーノ 岡山、2ー0で長崎を完封 今季初3連勝


 明治安田J2第25節最終日(30日・シティライトスタジアムほか=3試合)ファジアーノ岡山はホームで長崎に2—0で快勝し、3連勝した。勝ち点を40(11勝7分け7敗)に伸ばしたが、順位は7位のまま。名古屋が熊本に1—0で勝ち、同40で得失点差の6位。岐阜は群馬を下した。岡山2—0長崎前半2—0後半0—0岡山 11勝7分け7敗(40)長崎 12勝5分け8敗(41) 【評】ファジアーノ岡山は早々に主導権を握った。前半9分、FW豊川が自陣からドリブルで一気に切り込み、ミドルシュートを突き刺してまず1点。直後の13分にはCKのこぼれ球をDF竹田が押し込んだ。欲を言えば、その後何度もあった決定機で追加点を取りたかった。攻守の入れ替えが激しい中、GK一森やMF沢口らが泥くさく守り抜いた点は収穫だ。 長崎は強力な外国人FWを中心に見せ場はつくったが、ゴールが遠かった。


///////

ファジアーノ、今季初3連勝

 サッカーJ2のファジアーノ岡山は30日、岡山市のシティライトスタジアムで長崎を2—0で破り、今季初の3連勝を飾った。11戦負けなしで勝ち点を40(10勝7分け7敗)に伸ばしたが、順位は7位のまま。 ファジアーノは前半9分、FW豊川がハーフライン手前からドリブルで持ち込み先制のゴール。同13分には左CKのこぼれ球に反応したDF竹田が今季初ゴールを決め、2点目を奪った。序盤から試合を優位に進め、スタジアムを埋めた1万人を超えるサポーターらに完封勝利を届けた。 ファジアーノは次節の8月5日、アウェーで京都と対戦する。



///////

ファジサポーターが祝福 愛を誓う

 さまざまな事情で挙式していない夫婦に人前式をプレゼントするイベント「夢婚」が30日、岡山市北区いずみ町のシティライトスタジアムで行われた。両家ともサッカーJ2ファジアーノ岡山のファンという高橋賢次さん(31)、江梨香さん(26)夫妻=同市南区=が、ホーム戦開始前のグラウンドに立ち、サポーターらに見守られながら変わらぬ愛を誓った。 2人は2012年1月に入籍。江梨香さんの父親が病気を患ったことと自身の妊娠が重なり、結婚式を挙げられなかった。昨年、岡山県内の婚礼関係36社でつくる「岡山ウエディング協議会」による夢婚の企画を知り「父と一緒にバージンロードを歩き、親孝行したい」と作文審査に応募。28件の中から選ばれた。 この日、チームカラーのえんじ色に染まるスタジアムにウエディングドレス姿の江梨香さんが登場。両親と手をつなぎ、賢次さんや長男楓矢(ふうや)ちゃん(4)、次男柊磨(とうま)ちゃん(1)らが待つピッチへ歩を進めた。夫婦が誓いの言葉を述べると、サポーターから家族の名前を歌詞に盛り込んだ応援歌の替え歌が贈られた。 式後、江梨香さんは「一生の思い出になった」、えんじ色のちょうネクタイをした賢次さんは「夢のような時間だった。これからも家族を大切にしたい」と喜んだ。江梨香さんの父・牧克美さん(56)=同市北区=も「念願がかない幸せ」と目頭を押さえた。 夢婚は13年に始まり3回目。

///////