津山で子どもらミニSL乗車満喫 岡山


 JR津山駅構内の総合学習施設・津山まなびの鉄道館(津山市大谷)で11日、夏休みに合わせたイベントが始まった。ミニSL(蒸気機関車)の乗車体験などがあり、家族連れらが鉄道の魅力を満喫した。 9日に同駅前に設置されたばかりのSLと同じC11形のミニ車両乗車体験を初めて開催。実際に石炭を燃やし「シュッシュッ」と音を立てながらSLが進むと、連結した座席にまたがった子どもたちが大喜びしていた。 岡山市から家族3人で訪れた若草幼児舎年中組の男児(5)は「ちょっと煙のにおいがして本物みたいだった」と話した。 普段は扇形機関車庫に収蔵されている車両がよく見えるように3両を車庫から頭出ししており、車内を見学したり、車体をブラシで洗浄したりできる。車両の向きを変える「転車台」の実演、車掌の制服を着た写真撮影も楽しめる。 イベントは13日までだが、ミニSL乗車体験は12日で終了する。開館時間は午前9時〜午後4時。