コースターの安全バー外れ1人やけど 岡山の遊園地  「鷲羽山(わしゅうざん)ハイランド」

 
 岡山県倉敷市の遊園地「鷲羽山(わしゅうざん)ハイランド」で12日午後1時半ごろ、ジェットコースター「ウルトラツイスター」の安全バーが外れ、乗っていた千葉県市川市の男性会社員(38)が背中に軽いやけどをした。

 岡山県警によると、コースターは85度の急勾配を走る乗り物。ゴール手前で後ろ向きに走行中に男性の体を押さえていた安全バーが根元から外れ、姿勢を崩した男性が施設の一部と接触してやけどをしたとみられる。バーと車両の接続部分のボルトがとれて反対側に負荷がかかって折れ、ゴール付近の足場に落下したらしい。大きな音を聞いた係員が緊急停止ボタンを押して走行を止めた。

 コースターには男性のほかに4人が乗っていたが、けがはなかった。同園は毎朝、安全点検をしているといい、県警が事故原因を調べる。

//////

ジェットコースターの安全バー外れ 1人けが 岡山


警察によりますと、12日午後1時半ごろ、岡山県倉敷市にある遊園地、「鷲羽山ハイランド」で、「ウルトラツイスター」と呼ばれるジェットコースターの安全バーが突然外れ、乗っていた38歳の会社員の男性が背中に軽いやけどをしたということです。
//////

コースターの安全バー外れる=男性けが、ゴール手前で停止―岡山

 12日午後1時半ごろ、岡山県倉敷市下津井吹上の遊園地「鷲羽山ハイランド」で、走行中のジェットコースター「ウルトラツイスター」の安全バーが根元から外れ、乗っていた千葉県市川市の男性会社員(38)がコース脇のガードに接触し、背中に軽いやけどを負った。命に別条はないという。

 県警児島署によると、コースターのゴール前20〜30メートルの地点で、男性の上半身を固定していたU字形の安全バーが外れてコース上に落下。異音に気づいた従業員が緊急停止させたが、男性は体勢を崩しコース脇のガードに接触した。

 コースターは3列6人乗りで事故当時5人が乗車していたが、他の安全バーに異常はなかった。同署や運営会社が詳しい原因を調べている。 



//////

岡山 <ジェットコースター事故>安全バー外れ、やけど 施設に接触 倉敷・遊園地


 12日午後1時半ごろ、倉敷市下津井吹上の遊園地「ブラジリアンパーク 鷲羽山ハイランド」で、ジェットコースター「ウルトラツイスター」(全長約390メートル、高さ34メートル)最後部右側の座席の安全バーが外れ、乗っていた千葉県市川市の男性会社員(38)が背中に軽いやけどを負った。児島署によると、男性の上体が座席からずれ、コース沿いの施設の一部に接触したらしい。同署は安全管理に問題がなかったか調べている。

 同署によると、ウルトラツイスターは2人ずつ3列に座る6人乗り。安全バーは肩掛け式で、乗降場所のゴール手前約20メートルで根元から外れたとみられる。男性は妻子と計4人で来園していた。

 同園は7月に建築基準法に基づく年1回の定期点検を実施し、支柱をハンマーでたたいてチェックしたが問題はなく、この日の始業前の目視点検と試験走行でも異常はみられなかったという。事故後、ほとんどの遊具の運行を休止し安全点検。ウルトラツイスターは当面、休止する。施設を管理・運営する「鷲羽観光開発」(本社・倉敷市)の山本一彦運営部長は「申し訳ない。原因を究明し、安全管理を徹底していきたい」と話した。


//////