岡山市長選、投票所入場券を発送

 岡山市の4区選管は12日、任期満了に伴う市長選(17日告示、10月1日投票)の投票所入場券を発送した。58万1716人分の31万2799通で、17日までに各世帯に届く見込み。市長選では初めて18歳選挙権が適用され、対象の有権者数は2013年の前回選挙から4・3%増えている。 市役所では、市選管と北区選管の職員らが、入場券が入った北区分の段ボール134箱のうち、岡山中央郵便局管内の94箱をトラックに積み込んだ。その他は各区選管が区内の郵便局に持ち込んだ。 入場券は投票の日時や投票所の地図、期日前投票の案内などを記載している。中区は市長選と合わせて投票が行われる市議補欠選挙(欠員1、22日告示)の入場券を兼ねている。 期日前投票は18日から各区役所など20カ所で受け付け、若者の政治参加を促すため、25日には山陽学園大・短大(中区平井)、26日には岡山大(北区津島中)に投票所を設ける。10月1日の投票は午前7時から午後8時(北区建部地区と東区犬島地区は午後6時)まで市内134カ所で行われ、中区の市議補選は16カ所で同じ時間帯に実施する。